韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

低所得層

【いつものアレ】MERS騒動のバ韓国で、体液混入キムチ作りwwwww

屋外でキムチを作る不衛生なバ韓国塵ども


MERS騒動が巻き起こっているソウルで、

いつものキムチ悪いイベントが開催されていました。


屋外で大勢の屑チョンがぺちゃくちゃしゃべりながらキムチを作るというアレですwwwww



このキムチによって低所得層の屑チョンどもが大量感染してくれそうですなぁ。



ここは全力でMERSウィルスを応援したいものです。



-----------------------
心を込めてキムチづくり

 ソウル中心部の清渓広場で開かれたイベントで、参加者がキムチを漬けている。キムチは低所得層の家庭などに贈られる予定だ。

http://app.yonhapnews.co.kr/YNA/Basic/ArticleJapan/new_ArticlePhoto/YIBW_new_showArticlePhotoView.aspx?contents_id=PYH20180913203200882
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国の貧富格差】低所得層の収入、1年間で16パーセントダウンwwwwwwwww

全力でバ韓国を崩壊させている文大統領


経済政策がことごとく裏目に出ているバ韓国の文政権。

なんとこの1年間で、低所得層の収入が16パーセントも減っていたことが判明していましたwwww


大統領選で「雇用大統領」を掲げていた文大統領ですが、

やはり屑チョンらしくただの大ぼら吹きだったわけですね。


今後も貧富の格差は広がる一方なので、自殺率も間違いなく向上してくれることでしょう。


いやぁ、屑チョンどもが自らその数を減らしてくれるとは大歓迎ですなぁ。


後の除鮮活動が捗るばかりなので、もっともっと文大統領に活躍していただきたいものです。



-----------------------
韓国低所得層の勤労所得、1年で16%減少

 「雇用政府」「所得主導成長」を掲げる文在寅(ムン・ジェイン)政権下で、雇用情勢の悪化に続き、貧富の格差が前例のないペースで広がり、「所得ショック」まで発生している。

 韓国統計庁は23日、第2四半期(4-6月)の家計動向調査で、所得下位20%の世帯の所得が月額で132万4900ウォン(約13万700円)となり、前年同期に比べ7.6%減少したことを明らかにした。所得下位20%の所得減少は幅が1-3月(8.0%減)よりは小さかったが、4-6月期ベースでは2003年の統計作成以来最大だった。所得下位20%の勤労所得は15.9%、事業所得(自営業者)は21.0%減少した。最低賃金引き上げなどで低所得層の勤労者の所得を引き上げれば、消費が改善し、経済全般に活気が戻り、韓国経済が新たな成長軌道に入るという所得主導成長論は事実上の破綻宣告を受けた格好だ。

 反対に所得上位20%の所得は月額913万4900ウォン(約90万1400円)で、前年同期に比べ10.3%増えた。所得上位20%の世帯所得が2桁台の伸びを示したのは、2003年に統計を取り始めて以来初めてだ。不動産価格の急騰、フルタイム労働者の待遇改善などが所得上位の収入増につながった。

 所得分配指標も過去10年で最悪だ。4-6月期の均等化可処分所得5段階倍率(上位20%の所得を下位20%の所得で割った比率。大きいほど貧富の格差が大きいことを示す)は5.23倍で1年前(4.73倍)よりも広がった。過去最悪だった2008年4-6月期の5.24倍に迫る水準だ。同倍率が1年でこれほど上昇したのは初めてだ。過去にこの指標が最も急激に悪化したのは、05年4-6月期だったが、当時は倍数の上昇が0.26だった。

 所得下位20%だけでなく、所得下位20-40%、所得下位40-60%の階層でも所得が2.1%減、0.1%減となり、所得減少の推移が中産階級に拡大する様相を示している。

 統計庁のパク・サンヨン福祉統計課長は「造船、自動車、構造調整の衝撃で内需低迷が続き、零細自営業者の事業所得が目立って減少。最近は就業者数の伸びも減少し、所得下位40%増の所得が急減した」と説明した。専門家は「庶民のためだという政権下で、庶民が働き口を失ったり、以前より貧しくなるという逆説が2四半期連続で続き、政策転換が求められる」と口をそろえる。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/08/24/2018082400828.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















笑撃! 韓国経済を圧迫するほど「低所得層のデブ」が急増中wwwww

韓国では醜いデブが急増中wwww



馬鹿の国では、低所得層ほど肥満率が高いんだそうです。


下記の記事ではその理由に触れていませんが、肥満になればそれに関する病気となり医療費がかさむという悪循環になっているとのこと。


今後ますます悪化していくバ韓国経済。

ということは、これから先ますますデブの韓国塵が増えるってことですね。



パンストを被ったエラ張りのデブですかぁ。


ますます醜くなって、ヒトモドキですらなくなるんでしょうww




-----------------------
韓国では貧しい人ほど太る時代に突入、成人の肥満率が3割超え―韓国紙

 2014年8月18日、韓国紙・亜洲経済によると、韓国では低所得層ほど肥満率が高いという逆転現象が起こっている。中国新聞社が伝えた。 

 韓国保健福祉部と疾病管理本部が18日に発表した報告書によると、2012年末の時点で19歳以上の成人の肥満率は32.8%に達し、所得の低い層ほど、肥満率が高い傾向にあることが分かった。肥満率の計算方法はBMI指数を採用。BMI値(体重kg÷身長m×身長m=BMI値)が25以上で肥満と判定される。 

 男女別にみると、男性の肥満率は36.1%と女性の29.7%を大きく上回り、年齢別では50~59歳の肥満率が最も高い。所得別では、低所得層の肥満率は34.7%、中低所得層は35.7%、中高所得層は31%、高所得層は30.1%となっている。 

 この結果を2008年と比較すると、低所得層の肥満率が1.8%上昇したのに対し、高所得層の肥満率はわずか0.1%の上昇にとどまり、所得格差による健康の不平等が悪化していることが分かる。 

 報告によると、韓国人は肥満に関連する23の疾病で毎年12兆ウォン(約1兆2000億円)に上る医療費を支払っている。韓国政府は問題を重視、肥満などの健康問題の二極化を防ぐため、有効な関連政策を決定している。

http://www.recordchina.co.jp/a92856.html
-----------------------


一説によると、バ韓国の低所得層は「怠惰」の塊であり、その「怠惰」ゆえに太りやすいとのこと。


ってことは働かなくても一生遊んで暮らせる“遺族様”どもは間違いなくデブになるということですね。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る