韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

使いまわし

バ韓国で流行中の皮下注射ダイエット薬! 使用済みの注射針の中古品まで流通wwwwwww

バ韓国で危険なダイエット薬が流行中


現在、バ韓国では「サクセンダ」というダイエット薬が流行しているようです。

これは皮下注射の肥満治療剤で、本来なら医師の処方無しでは入手できないもの。


しかし!


中古品の売買が堂々と行われていて、使用済みの注射針のものが出回っているんだとかwwwww


いやぁ、本当に信じがたい連中ですね。

誰が使用したか不明の注射針を、なんの危機意識も持たずに使用するだなんてwwww




このダイエット薬によって、

栄養失調や感染症で死んでくれる屑チョンどもが大量発生してくれそうですなぁ。


-----------------------
韓国で皮下注射の痩せ薬が大ヒット。誤った乱用が相次ぎ社会問題に

 今、「サクセンダ」(一般名=リラグルチド)というダイエット薬が韓国で話題になっている。

 ノボノルディスクファーマ社が発売する、食欲を抑制し満腹感を与える事によりカロリー等の摂取を抑制する次世代の減量薬だ。日本ではまだ発売されていない。

 減量薬と言えば、過去にはその副作用が大きなニュースになった事から抵抗感がある人も少なからずいるだろう。

 2009年に米製薬大手ファイザーに買収されたワイスが、1997年自社が販売する肥満治療薬「フェンフェン」と、患者の心臓弁の損傷に関連性が認められたことから、その混合薬の成分の1つについて使用を中止された。

 また2010年には、米製薬会社アボット・ラボラトリーズが、自社調査において心臓発作や麻痺の危険性が高まることが示されたとして、肥満治療薬「メリディア」を市場から引き揚げた。

 韓国で爆発的なヒットとなっている「サクセンダ」に、そのような副作用はないのであろうか。またその効果は本当なのだろうか。

BMI30以上の高度肥満患者に限って処方されるが……

 「サクセンダ」を販売する韓国ノボ・ノルディスク製薬の広報担当者は、「具体的な販売量は明かせないが予想よりも需要が爆発的に高まり、8月には新規患者に2~3週間ほど薬を供給出来なかった」と明かした。

 「サクセンダ」はデンマークのノボ・ノルディスクが糖尿病治療剤の開発中に体重減少の副作用があることを発見し、それを肥満治療剤として出した新薬である。

 アメリカでは2014年12月FDA(米国食品医薬局)の承認を得て、2015年から販売が開始された。韓国では2017年7月アジアで初めて許可を得て今年3月から販売が開始された。

 問題は、韓国国内での極端な誤用乱用だ。

 肥満患者を対象に医師の診療のもと使用されなければならないのに、まるで化粧品を買うように肥満でもない20~30代の女性たちが、友達同士で共同購入をしたり中古売買をしたりしている。

 主婦の崔さん(47歳)は病院にも行ってない。彼女は「友達が買ってくれたのを3週間毎日打っている」と語った。

 また別の主婦は、夫が大学病院の肥満クリニックで処方された「サクセンダ」注射剤のうち、その一つを使用していると言う。

 30代会社員の金さんは、病院に行ったが診療を受けられなかった。SNSで探した「サクセンダ」を販売している病院(皮膚科)に行って「買いたい」と言ったら医師はBMI値や病歴を聞きもせずに処方してくれた。

 医師の処方箋もなく薬を買うのはもちろん違法であり、このように医師がまともに診断もせずに薬を売るのもガイドラインに反することだ。

 「サクセンダ」は、FDA(アメリカ食品医薬品局)や韓国の食品医薬品安全処などでBMI値30以上の高度肥満患者や高血圧・糖尿・高脂血症など他の危険因子があるBMI値27以上の肥満患者に限って処方が許可されている。

入手難で「中古」品まで

 中古売買は乱用以上に危険性をはらんでいる。

 「サクセンダ」は、18mgの注射液がペン型の注射器の中に入っていて、使用量によってペン一つで6日間~30日間使用できる。毎回注射針を交換し注射部位をアルコール消毒しなければいけない。感染の危険があるので複数人で共有することは出来ない。だが、一、二回使用した注射が堂々と中古市場に出回っているのが現状だ。

 肥満を改善し健康へといざなうはずの薬が、感染症や栄養失調などを引き起こせば、本末転倒である。

 美容大国を自認する韓国での、行き過ぎた「サクセンダ美容法」は留まる気配がない。

https://hbol.jp/177540
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















日本食を提供していたバ韓国のレストラン、客の食べ残しを再利用していたことが発覚!!

バ韓国塵の作る日本食は毒物同然


アメリカやアジア各国で展開して、日本食を提供しているレストラン「Todai」。

これは、屑チョンどもによる成りすまし商売で、実態はかなり酷いようです。


今回明らかになったのは、食材の使いまわし!!


客の食べ残した物や売れ残った物をグチャ混ぜにして、

再び商品として提供していたとのこと。



さすが屑チョンどもですね。


衛生概念というものが無いので、何の罪悪感もなくこうした事が行えるのでしょう。




それにしても許せませんね。

日本風の名前の店を出し、日本風の料理を提供して金儲けするバ韓国塵ども。



海外で働くバ韓国塵売春婦も、日本人の振りをして客を騙しています。


こうした被害を根絶するためには、きゃつらヒトモドキを1匹残らずこの世から消し去るしかありませんね。


-----------------------
有名海産物食べ放題、「食べ残しの刺身でロール巻きを作れ」食材の使い回しが問題化=韓国

 米国で開店し、韓国首都圏にも多数のチェーン店を置く海産物食べ放題店「TODAI(トダイ)」が食材の使い回しをめぐる論争に巻き込まれた。お昼時間にお客さんが残した食材を再加工して夕方に活用したことだが、問題がないと主張していたTODAI側はその後、食材の使い回しを全面中断したと明らかにした。 

 12日、SBSによれば、TODAIで勤めていた調理士は「職業人としてとうてい良心が許せなかった」として食材の使い回し実態を告発した。 

 TODAI坪村(ピョンチョン)店では昼休みが終わった後、寿司の上に上がっていた蒸し海老、刺身などを集めてお湯からゆでる。細かく刻まれた刺身はロール巻きの中に入れるか、いなり寿司の上に上がった。売れ残った鮭も鮭ロール巻きの材料として使われ、中華料理や洋食コーナーで残った酢豚と天ぷら類もロール巻きを作る材料になった。 

 このように売れ残った食材でロール巻きを作るように指示されたのは団体チャットルームを通じて具体的に伝えられたという。 

 これを受け、TODAI側は台所総括理事がすべての支店に刺身の使い回しを指示した事実を認めながらも、お客さんが食べ残したものではなく陳列されていた食べ放題の食材をを使い回しするのは食品衛生法上問題にならないという立場だ。 

 TODAIの代表理事は「シェフらが刺身はたん白質も多く良い食材なのにこれを捨てるのか(として)ロール巻きに提供したという」とし「(使い回しのロール巻きには)多くの魚の種類が入っているのではないか。魚がたくさん入るとおいしい」と説明した。 

 しかし、食品専門家は信頼のレベルで健全だとみられないと指摘した。淑明(スンミョン)女子大学食品栄養学科のユン・ヨハン教授は「食べ残した食品を使い回しして消費者が思わぬ方法を通じて供給するのは健全でないとみられる。消費者の期待と信頼を崩すもの」と伝えた。その後、TODAI側は「食材の使い回しを全面中断した」と立場を変えた。

http://japanese.joins.com/article/976/243976.html?servcode=400
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















腐りかけが一番旨いニダ! 韓国で消費期限ギリギリ食品が人気!!

濃い味付けで腐臭を消すのが韓国料理
▲辛い味付けや濃い味付けで腐臭を消すのが韓国料理の特徴です。


いま韓国では不景気の影響で、売れ残った食料品や賞味期限切れが間近の食料品の安売りが人気になっているそうです。

日本では、腐る直前のモノが旨いと昔から言われていますが、韓国の場合は最初から腐ってるようなものです。
そんな韓国の食料品を賞味期限ギリギリで食べるということは、かなりリスクが高いですね。

普段から糞尿や寄生虫入りの食品に馴染んでいる韓国人にも、飲食店もこうした賞味期限間近な食料品を使っているので外食は避けるべきという風潮が見られるようです。



賞味期限ギリギリのものをお客に提供し、その客が残したら次の客へと使いまわすことが当たり前に行われている韓国の外食業界。



人類には決して真似できない所業ですね。



-----------------------
韓国で賞味期限ギリギリ食品が大人気 観光客に衛生注意の声も!?

 韓国では長期化する不況の影響で、より安い商品をもとめる消費者が増えている。これに目をつけた流通業界では、売れ残りの商品を積極的に販売する方向を打ち出した。賞味期限間近な食料品、キズ物の農作物などを売りだしたのだが、思わぬ人気となっている。その割引率は30~70%ということもあり、スーパーの同コーナーは黒山の人だかり、そういう商品をもとめてスーパーを行脚する主婦たちもいるとのこと。

 ロッテマートによれば、賞味期限が迫った商品を低価格で販売する店舗では、前年度の2倍を超える売上となっている。これを受けてロッテでは賞味期限間近商品の取扱量を70%増やす他、その陳列棚の長さも3メートルから5メートルに延長、外からも見える目立つ場所にスペースをとるなどの変更を行なった。

 こういった商品だけを扱う専門店や、インターネット上のショッピングモールも出てきており、韓国では賞味期限ギリギリ商品のマーケットが成立しつつあるという。

 しかし韓国内では、飲食店がこれらの店で仕入れをすることのゼヒが問われているという。またマスコミには、韓国外食産業での悪習である残り物の使い回し問題を考えると、賞味期限のリスクも考えると、むやみな外食は避けたほうがいいのではないかとの声もあがっている。また観光客がそれで食中毒を起こした場合の、国家的なイメージ損失なども考慮した方がいいのではないかとの意見も。

 旅行する際にはご注意を?

http://mogumogunews.com/2013/10/topic_3496/
-----------------------

韓国で肉を喰うのは、まさに命がけです。
期限が切れて返品された肉を水で洗い、新たな賞味期限に書き換えて再び販売するということが日常的に行われています。

たとえ韓国人が「そんなことしてないニダ」と言い張っても、貴方はそれを信じることができるでしょうか?




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る