韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

保護施設

バ韓国政府が用意した家出少年の保護施設が、"犯罪者グループ養成場"に成り下がるwwwww

バ韓国の家出少年らは犯罪者となる


秋夕の連休期間に、家出少年を保護する目的で国内130か所に“憩いの場”なるものを運営していたバ韓国政府。


しかし!


その“憩いの場”が犯罪の温床と化しているようです。

ここに集まった屑餓鬼どもが犯罪の計画を練り、詐欺や売春の強制などが実行に移されているとのこと。



つまり、政府が大量の税金を投じて犯罪者グループを養成していることになりますwwwww




さすがバ韓国!!!!


本当に未成年を救いたいなら、さっさとあの世に送ってあげたほうがよっぽどマシでしょうねぇ。



-----------------------
韓国の家出少年を支援する場が犯罪の温床に

 秋夕(中秋節。今年は9月24日)翌日の25日、ソウル市竜山区のインターネット・カフェ。10代半ばから後半の家出少年ら約20人がゲームをしていた。彼らはインターネット・カフェやカラオケ、モーテルを転々として秋夕連休を過ごしたという。女性家族部(省に相当)が19日、「秋夕連休期間に家出少年らが街で危険にさらされないよう、全国130カ所余りの青少年憩いの場を24時間運営する」と発表したが、彼らはそこに行かなかった。7カ月前に家出したチョン君(17)も憩いの場ではなくインターネット・カフェに来た。彼は今年5月、ソウル市内の青少年憩いの場に入ったが、1カ月でそこを出たそうだ。チョン君は「憩いの場で会った子たちに『女の子たちに売春をあっせんする仕事をしよう」とそそのかされたり、毎晩『憩いの場を出て酒を飲もう』と言われたりした。憩いの場に長くいると、もっと悪い道にはまるような気がして、出ることにした」と言った。チョン君が過ごした憩いの場は定員が10人だったが、実際には13人が暮らしていたとのことだ。

 女性家族部が26日に明らかにしたところによると、憩いの場に来た青少年は最近5年間で約1万5000人から3万人と倍増しているという。その一方で、憩いの場は103カ所から130カ所と26%の増加にとどまっている。憩いの場1カ所当たりの定員は7-20人程度だが、寒くなって家出少年が集まる時は1カ所当たり多くて定員を5人前後オーバーして受け入れている。憩いの場は家出少年を支援するために政府が用意したものだが、その本来の役割を果たせずにいるとの指摘もある。

 憩いの場の教師たちは、子どもたちが滞在している間の生活指導もする。例えば、憩いの場の中では子どもたち同士で話ができないようにしている。これは、互いに通じ合ってさらに道を外れたり、犯罪に手を染めたりするのを防ぐためだ。

 ところが、家出少年の数は多いのに、彼らを管理する青少年指導士や社会福祉士は少ないため、1人1人をきちんと監督したり世話したりするのは難しい。韓国憩いの場協議会のキム・ギナム会長は「昼間は教師や指導士が2-3人いる憩いの場も、夜間は1人しかいないため、子ども全員について相談・管理するのは容易でない」と説明した。

 憩いの場の管理が行き届かない場所で計画された家出少年たちの犯罪が、大人も驚くほど大胆なものに発展することもある。憩いの場で知り合った家出少年たちが先月、20歳の男と共にインターネット中古品取引詐欺を図り、2500万ウォン(約250万円)相当をだまし取って警察に捕まった。昨年は17歳の高校生が憩いの場で知り合った女子中学生に売春をさせるなどして摘発されたこともあった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/28/2018092801768.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【米国社会の反発必至】ホームレス保護施設の設立に対し、猛反対する在米バ韓国塵ども!!

米国・ロスのコリアンタウン


アメリカのロスでのお話です。

ロスにあるコリアンタウンの中心部に、“女性ホームレスの保護施設”が設立されることになったようです。


しかし!!


コリアンタウンに住む屑チョンどもがこれに猛反発!!!

「子供の教育に良くないニダっ!!」

と署名運動を開始したとのこと。



ゴキブリ以下の存在のくせに、なにを血迷ったことを言ってるんですかね。


ま、血迷い事を言うのが屑チョンの習性でもありますが。


こうした屑チョンどもの醜い動きは、アメリカ社会の反感を買っているとのこと。


銃社会のアメリカで屑チョン狩りが解禁される日は、そう遠くないかもしれませんね。



ここは騒動の拡大に期待して、1匹でも多くの屑チョンが死んでくれることを願いましょう。


-----------------------
米ロサンゼルスのコリアンタウンがバッシングの的に、その理由は?=韓国ネットからは擁護の声も

 2018年5月16日、韓国・ノーカットニュースは「女性ホームレス保護施設の設立に反対する米ロサンゼルスのコリアンタウンが現地でバッシングに遭っている」と伝えた。 

 記事によると、LAタイムズなど現地メディアは2日、「LAコリアンタウンの中心に24時間体制のホームレス保護施設が設立される」と報じた。報道後、現地の韓国人団体や住民らは「子供の教育に良くない」として大規模な反対集会を行ったという。ネット上の請願サイトには「LAコリアンタウン内の24時間体制のホームレス保護施設建設計画に反対する」との文章も掲載され、15日午後5時までに8608人(1万人目標)が署名したそうだ。 

 しかし韓国人団体のこうした動きは米国社会の反感を買っているという。米国人らはホームレス保護施設の設立に反対する韓国人らに対抗するため、デモを行っている。14日にはコリアンタウンのある通りに老若男女が集まり、「女性ホームレスにはあなたの母や娘のように安全に暮らす権利はないのか」「コリアンタウンはホームレスも人間という事実を忘れたのか」「女性ホームレスの多くが家庭内暴力の犠牲者」などと書かれたプラカードを掲げる「沈黙デモ」が行われた。 

 デモを主導した団体関係者は「2月23日に女性ホームレスがコリアンタウンの道で低体温症により死亡した」とし、「こうした悲劇が二度と起こらないよう保護施設の設立を促す運動を続けていく」と話したという。LAホームレス管理局の17年の報告書によると、LA全体のホームレスの数は5万7150人で、そのうち約31%(1万7882人)が女性だが、女性ホームレス保護施設の数は男性ホームレス保護施設に比べて圧倒的に少ないという。 

 この報道は韓国のネット上で大きな注目を集めている。コメント欄には「恥ずかしい」「人を第一に考えるべき」「これが韓国人のレベル。自分の町への特別支援学校の建設や、自分の子どもを賃貸アパートに住む子と同じ学校に通わせることも嫌がり、強引に阻止しようとする」など現地の韓国人らに対する否定的な意見が寄せられている。 

 一方で「米国人が住む町の真ん中に建設すると言ったら、果たして住民は歓迎するだろうか?」「なぜわざわざコリアンタウンに?」などと疑問を呈する声や、「政府が弱者に責任転嫁している」「韓国人を下に見ている気がする」などと指摘する声も数多く上がるなど、さらに波紋が広がっている。

http://www.recordchina.co.jp/b601293-s0-c30-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る