韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


修学旅行

バ韓国の中学校が、中国行きの修学旅行を続々とキャンセル!! そして行き先を日本に変更だと!?

化け物だらけのバ韓国の中学生


THAAD配備の影響で、中国から本格的に憎まれているバ韓国。

その影響で恐怖を感じたのでしょう。

ここに来て、バ韓国の中学校が中国行きの修学旅行を続々とキャンセルし始めたようです。


そして、修学旅行の行き先を日本に変えるなどしているとのこと。



本当に糞迷惑な話です。


屑チョンの分際でこの日本に修学旅行で来るだなんて、腹立たしいにもほどがあります。



我が日本も今以上に屑チョン排斥の声を高め、

きゃつらが修学旅行先に選ばないような国を目指すべきでしょう。


-----------------------
韓国の学校が中国への修学旅行を続々キャンセル、日本などに変更―韓国メディア

 2017年3月17日、環球網は、韓国・聯合ニュースの報道を引用して、THAAD(高高度防衛ミサイル)配備による中国国内の対韓感情悪化に伴い、韓国の学校が続々と中国への修学旅行をキャンセルしていると伝えた。 

 韓国・大邱(テグ)市教育庁は15日、中国への修学旅行を計画していた市内の高校7校のうち4校が行き先を台湾や日本に変更したと発表。同庁は10日に市内の学校に対し「近ごろ国内外の情勢が不安定につき、国外旅行を計画する学校はスケジュールの延期やキャンセルを行い、子どもの安全を守ること」との通知を送っていたという。 

 また、釜山(プサン)でも中国への修学旅行を計画していた5校のうち4校がキャンセル。忠清南道でも20校中14校がキャンセルし、残り6校も変更を検討している。さらに、同道論山市では高校生の訪中研修プロジェクトを全面的に中止することを決定。市内の高校12校の1600人余りが4月24日から6月1日まで上海などを訪れる予定だったが、日本などへの変更を考えているという。

http://www.recordchina.co.jp/b172566-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








ワクテカ! バ韓国で修学旅行再開の動きwwwwww

反日屑チョンどもに相応しいのは死です





修学旅行中の反日学生どもが大勢死んでくれたセウォル号沈没事故。

あの事故以降、修学旅行を中止にしていた学校が多いようですが、ボチボチと再開の動きがあるようです。


行き先を近場にしたり、分散して行ったり、観光バスの運転手の飲酒運転を厳しく取り締まったりと訳のわからない対策が色々とほどこされているみたいですね。



一番歓迎すべきなのは、「海外」へ修学旅行するケースが自粛されていることでしょう。


どんな形であれ、屑チョンが半島から海外へ行くことは、害悪の拡散でしかありませんからね。



ま、きゃつらのことですからあと数カ月もすれば、コロっと忘れるんでしょうが……。


第二第三のセウォル号沈没事故を心待ちにしている今日この頃でした。









-----------------------
修学旅行再開するも安全最優先 行き先にも変化=韓国

 韓国で4月に大勢の修学旅行生が巻き込まれる旅客船沈没事故が発生した後、しばらく中断していた小中高校の修学旅行が再開した。安全を最優先とし、分散して近場に出掛けるなどの変化が見られる。

◇徹底した安全点検
 慶尚北道浦項市のある高校は最近、道内の慶州に体験学習を兼ねて修学旅行に出掛けた。その前に教師が宿泊施設を訪れ、安全面を細かくチェックした。認可された施設ながら、教師らは消防や電気、ガス、衛生施設、非常時の非難経路など、この1年間の安全点検結果を直接確認した。教育当局のマニュアルに従ったものだが、保護者から同意を得るためでもあった。

 各自治体の教育庁は、修学旅行や体験学習の支援組織を設けたり、教員と児童・生徒の旅行者保険加入を義務付けたりと、安全確保の対策に取り組んでいる。また、警察も修学旅行生を乗せる観光バスの運転手の飲酒運転を厳しく取り締まっている。

◇班を分けて近場へ
 大勢の児童・生徒を一度に移動させるケースは減りそうだ。教育部は150人以上を大規模な団体旅行とし、安全担当者の基準も細かく定めた。そのため、学校側はいくつかの班に分けて100人未満で修学旅行を行う方向に変化している。行き先を別にしたり、日程をずらす学校もある。

 海外への修学旅行も自制する雰囲気だ。首都ソウルや歴史の街・慶州など、伝統的な修学旅行地があらためて注目される一方、学校から近い所へ自然観察や歴史探訪など体験学習に出掛けるケースも増えている。

◇旅行自体を取りやめ
 修学旅行を取りやめにする学校も多い。

 江原道では全体の38%にあたる240校、慶尚北道は半分以上の約460校が、今年は修学旅行を行わない。全羅北道は約4割の315校が修学旅行を取りやめたか未定だ。蔚山市と世宗市の学校もほぼ半分が修学旅行を断念した。

 慶尚南道の教育庁関係者は「学校側は修学旅行の安全を確保することに少なからぬ負担を感じている。保護者の心配も大きく、修学旅行の推進にはかなり慎重な状況だ」と話した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/10/23/2014102303942.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【さすがバ韓国ww】修学旅行に救助隊員が同行することにwwwwwwww

乗客に成り済まして逃げ出すセウォル号の船長



相変わらず馬鹿は馬鹿ですねぇ。


セウォル号沈没事故の際に修学旅行中の学生が数多く犠牲になったことを受け、来月から韓国で行われる修学旅行には人命救助士の資格を持つ救助隊員を同行させることになったようです。


そんなのが同行していても、命を左右する事態に直面したらセウォル号の船長と同じような行動を取るに決まっていますからね。








職務を放棄し、他者を犠牲にして生き延びたセウォル号の船長。

コイツのことを異常だと思ってはいけません。

韓国塵ならコレが正常なのです。





セウォル号沈没事故のような悲惨な事故を避けるには、この地上から韓国塵が一匹残らず消えてくれればいいだけの話ですね。



-----------------------
旅客船沈没:特殊学校の修学旅行、来月から救助隊員が同行

 来月から、生徒の安全を守るため、ソウル市内の特殊学校などの修学旅行に119救助隊員が同行する。

 ソウル市の朴元淳(パク・ウォンスン)市長とチョ・ヒヨン教育監(教育庁〈教育委員会に相当〉トップ)は25日、こうした内容の「学校の安全に関する業務協約」を結んだ。協約に基づき、市と市教育庁は安全な学校づくりに向け緊密な協力体制を築いていく計画だ。

 市と教育庁はひとまず、2学期が始まる9月から、特殊学校7校と初等教育福祉優先学校156校の修学旅行に人命救助士の資格を持つ救助隊員72人を同行させる。議論を経て来年から対象学校を拡大する計画だ。教育福祉優先学校とは、基礎生活保障(生活保護)受給対象世帯の生徒が40人以上の教育部(省に相当)指定の学校で、親が子どもの面倒を十分見ることができず、安全が懸念される生徒が相対的に多い。

http://news.livedoor.com/article/detail/9183821/
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








秋田県で、韓国行きの修学旅行が相次いでキャンセルへ!

韓国から学ぶものなんてビタイチありません!


秋田県の県立高校と私立高校の2校が、修学旅行で韓国を訪れる予定だったそうです。

しかし、
セウォル号をはじめとした韓国の交通機関での事故多発を受け、急きょ中止となることになったようです。


いまだにキチガイ教師や糞在日教師や成り済まし教師のせいで、韓国に修学旅行へ行こうとするケースがあるようですね。


でも、まさにセウォル号のおかげで最悪の事態を避けられたといったところです。



今後も月に1度くらいのペースで構わないので、同じような事故が継続して発生してほしいものです。




-----------------------
韓国への修学旅行中止に 秋田の2高校、旅客船沈没受け

 今年秋に韓国への修学旅行を予定していた秋田県立能代松陽高(能代市)と私立明桜高(秋田市)が、先月16日の旅客船セウォル号沈没事故を受けた現地交通機関への不安などから韓国行きを中止したことが14日、分かった。県教委高校教育課は「学校の意向を尊重したい」としている。

 能代商高と能代北高が統合して昨春開校した能代松陽高は「実践的な国際教育に力を入れる学校」を目標に掲げ、修学旅行の行き先を韓国と決めていたが、初年度の昨年は北朝鮮による弾道ミサイル発射の動きを受けて行き先を京都、奈良、大阪に変更していた。

 今年も沈没事故の直後から韓国行きへの不安の声が保護者から上がり、先月27日の2年生のPTAの会合で反対論が噴出。ツイッターに疑問の声を書き込んだ生徒もいた。今月に入って学校側が保護者に参加承諾書への記入を求めたところ、9割以上が韓国なら承諾しないと回答したため、行き先を昨年同様、関西に変更した。

 長岡光夫校長は「情勢の変化で行き先変更となった。保護者の不安の気持ちはよく分かり、やむを得ない」と話している。

 一方、明桜高の近藤和裕校長によると、沈没事故を受けて韓国政府が各学校に外国からの修学旅行受け入れを中止するよう通達したため、姉妹校を訪問できなくなったという。同高も関西に行き先を変更した。

 県は大韓航空の秋田-ソウル便の路線維持策として、補助金を出すなどして韓国への修学旅行を推進しており、観光振興課によると、ピーク時の平成23年度には公私立の28校が韓国を訪れていたが、昨年以降は減っている。

 県教委によると、能代松陽高以外に今年韓国行きを予定していた県立高3校に変更の動きはない。秋田公立美術大付属高等学院や、中学校で唯一韓国に行く県立大館国際情報学院中も予定通り実施するとしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140515-00000503-san-kr
-----------------------


一方、秋田県は大韓航空の秋田-ソウル便の路線を維持するために、補助金を出すなどして韓国への修学旅行を推進いるとのこと。


駄目だ、コリア。


県民のためを思うのなら、秋田-ソウル便なんて今すぐにでも取りやめるべきでしょう。


それができないというのだから、相当腐っているようですね。





韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






オススメ息抜きネタ
拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。

★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る