韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

免税店

【バ韓国の免税店】中国人観光客が増えても、閑古鳥状態wwwww

支那畜どもに見放されたバ韓国の免税店


頭の程度の低い中国人観光客が、少しずつバ韓国に戻りつつあるようです。

しかし、免税店に行く支那畜の数は激減したまま戻っていないとのこと。


中国の個人輸入代行業者が減り、そこに並べられているものに対する興味がなくなった結果でしょう。


それに、二度以上バ韓国を訪れるリピーターはよほどのキチガイしかいません。



一時的に中国人観光客が増えたとしても、

バ韓国の観光業界が衰退していくのは間違いなさそうですね。



そもそも、朝鮮半島はただの肥溜めにしか過ぎません。


ヒトモドキの生息地としては最適でしょうけど、

我々人類には一生縁のない場所なんですから!!



-----------------------
韓国を訪れる中国人観光客が再び増え始めたが、免税店に客が戻らない理由―中国メディア

 中国メディアの捜狐は2019年2月7日、韓国を訪れる中国人観光客の数が再び増え始める一方で、免税店など韓国の商業者は「笑えない状況である」と報じた。 

 記事は「多くの中国人観光客が韓国に行く目的について、8割ぐらいの人がショッピングと答えるかもしれない。しかし実はそれだけではない。韓国には済州島をはじめとする多くの観光スポットがあるほか、韓国グルメも試してみる価値がある」とした。 

 その上で「実際、韓国を訪れる中国人は免税店に足を運ぶ。それは化粧品などが世界的に有名だからだ。ただ現在、韓国の免税店には中国人観光客の姿はあまり見られず、韓国の商業関係者は喜べない状況にある」と伝えた。 

 記事は理由として「韓国の免税店人気を支えていたのは、個人輸入代行業者たちだった。彼らは頻繁に韓国を訪れ、中国から入った注文に基づき免税店の商品を買いあさり、それを販売することで利潤を得ていた。しかし、中国の税関当局が個人輸入代行対して厳しい政策を取るようになってから、韓国の免税店にあまり客が入らなくなった」と説明した。 

 記事は、現在中国の観光客は韓国の免税店に対してそこまで興味を持っていないとし、再び中国人観光客の心をつかむのはとても難しいかもしれないとの見解を示した。

https://www.recordchina.co.jp/b682427-s0-c20-d0135.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国ブーム終了www タイのバ韓流モール、閑古鳥状態に!!

タイのバ韓流モールが閑古鳥状態


タイのバンコクにある「バ韓流モール」が悲惨な状況になっているようです。

昨年4月にオープンしたものの、ここを訪れる現地のタイ人がほとんどいないんだとかwwww


しかも、モール内にある免税店は、

空港免税品の引き渡し許可を受けることができず、バ韓国製品がまったく置かれていないとのこと。


ま、これが当然でしょう。


バ韓国の化けの皮なんざ剥がれて当然なのですから。




それに引き換え、日本の新大久保一帯はまだそれなりに混雑しています。


当ブログの管理人である私は月に数回ほど仕事で新大久保に行くことがあるのですが、

キチガイの多さにいつも唖然としています。


路上で買い食いするキチガイ、バ韓流ショップで楽しそうに買い物するキチガイ、

バ韓国製の化粧品を購入するキチガイ……。



この国にまだこんなたくさんのキチガイがいることに、

怒りを通り越していつも悲しくなってしまうのです。




この国内から朝鮮ヒトモドキを完全に駆除して、

新大久保をバ韓流に汚染される前の姿に戻したいものです。


-----------------------
ガラガラのバンコク「韓流モール」…タイ各界リーダー94%「韓流、10年も続かない」

 タイ・バンコクの「弘大(ホンデ)通り」と呼ばれているRCA(ロイヤル・シティ・アベニュー)の中心には別名「韓流モール」と言われているShow DCの建物が立っている。ロッテ免税店をはじめ、PSY(サイ)ら韓国有名芸能人が投資したレストランが軒を連ねている場所で、昨年4月オープンした。だが、ここを訪れるタイ人はほとんどいない。 

 時折、免税店ショッピングのための観光バスがやってくるが、ガラガラのショッピングモールを埋めるには力不足に見えた。免税店の中には韓国製化粧品さえない。すべてタイ製だ。免税店の入口に立っている実物大の韓国芸能人の立像が面目を失うほど観光客の足は遠のいている。ロッテがタイ政府だけを信じて昨年4月に免税店を開いたが、いざオープンしてみると空港免税品の引き渡し許可を今まで受けることができず、韓国製品を置くことさえできずにいたためだ。 

 Show DCモールの不振は東南アジア諸国連合(ASEAN)進出公式の一つである「韓流=成功」がこれ以上通じないという事実を示す代表事例だ。韓流の援助格であるタイですら「韓流の余命はあとわずか」という言葉まで出ている。 

◆危険な韓流ブーム 

 韓国経済新聞は韓泰交流センター(KTCC)と共同でタイの政界・財界・言論界の主なリーダー85人を対象に、先月、アンケート調査を実施した。タイ国防省高位官僚および主要機関長や大企業、報道機関の役員が含まれている。このうち大多数である94%は、韓流効果があと何年続くかという質問に「10年未満」と答えた。このうち「5年未満」とする回答も38%に達した。 

 タイ国営放送局「MCOT」のリティクライ・トンマライ副社長も「最近、韓流の成功だけを信じてとりあえずやってみようというようなイベントが多すぎる」とし「行事の質も以前には及ばず、韓流の持続的発展に対する障害物になっている」と指摘した。今年だけでも、韓泰修交60周年を記念するとして韓国の大型放送局と芸能企画事務所が主催したアイドルコンサートが次々と中止となり、チケット払い戻し騒動が広がっている。バンコク市長を務めたアピラック・コーサヨーティン元泰韓親善協会会長も「今後、韓流をどのようにもう一段階発展させるかについて悩まなければならない」と話した。

https://japanese.joins.com/article/187/247187.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|top_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国のロッテ免税店、昨年の営業利益は前年比99パーセントダウン!!!!

バ韓国の免税店はどこも青息吐息


バ韓国最大の免税店である“ロッテ免税店”の営業利益が過去最低レベルに達していました!!!


昨年の売上額は10億ウォンも減少し、営業利益は99.2パーセントもダウンしたとのこと。


やはり糞支那による限韓令が効いているようですね。


バ韓国の観光業界は躍起になって東南アジアからの観光客を呼び込もうと必死ですが、

どう考えても焼け石に水でしょう。


なにしろ、まともな神経をした人がバ韓国を訪れたら、

「二度と来ない!」と思うのが普通なんですから。


あ!

まともな神経をしている人は、そもそもバ韓国になんか行くはずもありませんでしたねwwww


-----------------------
ロッテ免税店の営業利益が99%減、「冬は過ぎてもまだ寒風」―中国メディア

 2018年4月3日、観察者網は韓国メディアの報道を引用し、韓国のロッテ免税店の営業利益が過去最低レベルになったと伝えた。 

 韓国・聯合ニュースによると、韓国最大の免税店であるロッテ免税店の昨年の売上額は5兆4539億ウォン(約5454億円)で、前年と比べて10億ウォン(1億円)減少した。営業利益は25億ウォン(約2億5000万円)で、前年の3301億ウォン(330億円)と比べて、99.2%も減少し、過去最低となったという。 

 記事によると、業績低迷には多くの要素が関係しているが、主に「『高高度防衛ミサイル(THAAD)』の影響で訪韓中国人が減少していること、さらに仁川空港の免税店の賃料が値上がりしたこと」が大きいという。ロッテ免税店は、仁川空港側と賃料について話し合いを重ねてきたが折り合いがつかず、第1ターミナルにある4区画の売り場のうち、3区画から撤退している。 

 また、「韓国第2の免税店である新羅免税店も業績は芳しくない」と紹介。年間の売上額は3兆5762億ウォン(約3576億円)で、前年比7.1%増加したが、営業利益は26%減少し、583億ウォン(約58億円)だったという。記事は「その他にも、新世界とHDC新羅免税店以外のほとんどの免税店が赤字になった」と伝えた。 

 こうした現状について関係者は、「東南アジアからの観光客の呼び込みに努めているが、中国人団体客の穴をなかなか埋められない」と話している。今年中にTHAADの影響から脱して大勢の中国人観光客が訪れることに期待しているという。 

 韓国メディアは「冬は過ぎたものの、中国人観光客の減少は続いている。中国人観光客を主な顧客としてきた免税店などの旅行業界にとっては、まだ寒風が顔に当たっている状態だ」としている。

http://www.recordchina.co.jp/b589425-s0-c20.html
-----------------------


なんにせよ、着々とバ韓国の終わりが近づいているのが改めて実感できました。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












バ韓国ではコレが常識!! 仁川空港の免税店が引き渡し前の商品をトイレに大量保管!!

バ韓国では糞も料理も同じ場所


バ韓国・仁川空港の免税店のとんでもない実態が明らかになっていました。

なんと購入者に引き渡す前の商品を、トイレに大量保管していたというのです。


しかも、トイレを倉庫代わりにするのを空港側も認めていたというのです!!


このトイレは使用禁止にされていたわけでもなく、利用客も普通にいたとのこと。



いやぁ、さすが屑チョンどもですなぁ。


我々人類には考え付かないようなことを平気でヤルのですからwwww



あ!

でも糞尿喰らいの屑チョンどもにしてみたら、

トイレと冷蔵庫の区別がついていないのかもしれませんねwwwwwwww



-----------------------
韓国・仁川空港の免税店、購入者に引き渡す免税品をトイレに大量保管=ネットで非難集中

 2017年7月6日、韓国最大の国際空港、仁川(インチョン)空港内の免税店が、購入者に引き渡す前の商品をトイレに保管していたとして波紋を呼んでいる。韓国・毎日経済が伝えた。 

 6日、免税業界や韓国のインターネット掲示板への投稿により、仁川空港4階西側にある免税品引き渡しカウンター近くの男性用トイレと障害者用トイレの一部に、新世界免税店の商品が大量に置かれていたことが分かった。これらはいずれも外国人客や海外に出発する韓国人など購入者にそれぞれ引き渡される予定の商品だったという。 

 引き渡しカウンターは、市内の免税店などで購入した免税品を、客が空港で最終的に受け取る場所だ。免税店では、自社の物流倉庫に保管していた商品を関税庁に申告、その後空港の統合物流倉庫に送り、購入者の出国日に合わせて引き渡しカウンターに届ける方式を取っている。引き渡し前まではカウンター裏の保税倉庫で保管され、課税されない保税商品として一般に厳格な管理がなされる。 

 今回の問題について、仁川空港公社関係者は「旅行シーズンで保税商品が多く、該当の男性トイレは利用客が多くないことから、免税店協会の要請により数日前から臨時策として一部業者が免税品を保管してきた」と認め、今後は問題が起きないよう保管所を増設する計画と明らかにした。 

 一方、新世界免税店関係者は「保税倉庫が足りず、空港側の許諾を得て一時的に保管した。空港公社と協議して改善していくようにする」と話している。 

 この騒動を受け、韓国のネットユーザーからは「空港側と協議したから問題ないって?」「障害者を荷物係だとでも考えているんだろう」「『新世界』とは名ばかりで『後進国』」「国の恥だ!宣伝に使うお金はたんまりあるくせに」と新世界免税店に非難の声が集中している。 

 また、ネット掲示板には「空港サービスで世界一の仁川空港が大企業の免税店の倉庫に化けた」という感想もつづられており、「出張で1年に10回以上仁川空港を利用するけど、職員も親切じゃないし『空港サービス1位』は理解できない」というコメントが寄せられた。 

 その他、「これがヘル朝鮮(地獄のような韓国)のレベルなんだ」「財閥が商売しやすい国、韓国。これから変わるかな?」と韓国の現状に対する嘆き節もみられた。

http://www.recordchina.co.jp/b183683-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る