韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

入院

【さっさと楽になっては?】バ韓国塵どもの年間通院回数、OECD平均の倍以上!!!!!!!!!!

日本が統治していなければバ韓国は終わっていた


バ韓国保健福祉部が発表した年報によると、

屑チョン1匹あたりの年間通院数は17回とのことでした。



この数値は、OECD加盟国平均の倍以上!



呼吸器系や消化器系統の疾病の他に、精神や行動障害系の患者が多いんだとか。



これが種の限界というヤツですね。



本来ならとっくの昔に淘汰されていたはずの生物なので、

さまざまな弊害が現れているのでしょう。



我々日本人はもっと責任を感じるべきでしょう。


日本統治によって屑チョンどもの寿命を延ばしてしまったことにより、全世界に迷惑をかけているのです。


この責任を取るには、我々が率先してヒトモドキどもを駆除するしかありません。



既に終わっている生物だとはいえ、一刻も早く種の終焉を迎えられるよう努力するべきでしょう。




-----------------------
韓国人の1人あたり年間通院回数17回、OECD平均の倍以上―韓国メディア

 2019年12月24日、環球網は、韓国人1人あたりの年間通院回数が約17回だったことが明らかになったとする、韓国メディアの報道を伝えた。

 記事は、韓国・東亜日報の23日付報道を引用。韓国保健福祉部が22日に発表した「2019保健福祉統計年報」で、昨年の韓国人1人あたりの平均通院回数が16.9回、患者1人あたりの入院日数が19.1日となり、いずれも2015年から徐々に増加する傾向にあることが分かったという。

 また、経済協力開発機構(OECD)メンバー国の平均は通院回数7.1回、入院日数8.2日で、韓国は平均よりも通院回数、入院日数いずれも倍以上の多さとなっている。韓国人が通院する理由で最も多いのは、頸椎や膝関節の疾患で全体の20.4%を占めた。これに呼吸器系や消化器系統の疾病が続いたという。

 入院患者では、精神や行動障害系の患者が165.8日と最も期間が長くなっており、神経系の疾患、事故や疾患の後遺症を持つ患者がその次に多いとのことだ。

 東亜日報の分析によると、韓国で通院回数と入院日数が非常に多くなっている理由は、「社会全体の高齢化が加速していること」「病院へのアクセスが便利で費用も保険制度のおかげで低廉なため、ちょっとしたことですぐに病院に行く習慣があること」だという。

https://www.recordchina.co.jp/b769338-s0-c30-d0135.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















「腰痛が悪化したニダ!」バ韓国パククネ婆が刑の執行停止を申請wwww

バ韓国の歴代犯罪者の写真www


拘置所で余生を送っているパククネ婆。

この婆が、拘置所を出て外部の病院に入院することになったようです。


なんでも「肩が痛いニダ!」と訴えていたためなんだとかwwww


さらに、


「腰の痛みが悪化したので、刑の執行停止を望むニダ!!」


……と申請しているとのこと。



さすがに執行停止の可能性は低いと思いますが、

あのキチガイどもの国なのでどうなるか不明ですね。



文大統領も任期終了後に塀の中から同じような事を言いだしそうですねwwww


その事を踏まえ、パククネ婆に寛大な措置をとってもおかしくないでしょう。




-----------------------
収監中の朴槿恵前大統領が外部病院で手術へ=韓国ネットは冷たい反応

 2019年9月11日、韓国・ニューシスは、拘置所で収監生活を送る朴槿恵(パク・クネ)前大統領が外部の病院に入院し、手術を受けることになったと報じた。 

 記事によると、朴前大統領は16日に肩の手術および治療のため外部の病院に入院する。朴前大統領は5日、腰の痛みの悪化を理由に刑の執行停止を申請していた。今年4月にも側近のユ・ヨンハ弁護士を通じて「刀で肉を切り裂くような痛み」を訴えて申請していたが、受け入れられなかったという。 

 なお収監先のソウル拘置所ではこれまで、所属医療陣の診療や外部医師の招聘(しょうへい)診療、外部病院の後送診療などで朴前大統領の治療を進めてきたが、状態は改善しなかった。その後、精密検査の結果『左肩の手術が必要」という専門医の所見が出たという。 

 これを受け、韓国のネット上では「つらそう。手術が無事成功しますように」と心配するコメントも見られるものの、「ずっと横になってテレビ見てたら肩も痛くなるよ」「弾劾された時点で全て剥奪された。前大統領じゃなくて朴さん」「食べて遊ぶのはほどほどにして、作業時間には仕事しなよ。そうすればよく眠れるし痛みもなくなるだろう」など冷たい反応が目立つ。 

 また「それなら他の収容者にも適用すべき」「犯罪者に寛大過ぎる国」など“異例の対応”に疑問を示す声も上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b744112-s0-c10-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国】兵役中のバ韓流アイドル、特別扱いで病気休暇取り放題wwwwwww

バ韓国のアイドルに夢中になるのはキチガイだけ


ビッグ便とかいうバ韓国の屑アイドルグループの屑チョンが、兵役中です。

しかし、その屑チョンが軍で特別扱いされていることがバレていました。



・仮病で入院

・本来なら幹部しか使えない個室を割り当てられる

・2か月のうち、病気休暇で30日もサボっている



といった有様です。

こんなに楽勝なら、兵役も余裕そうですなぁ。


軍は必死で否定しているようですが、屑チョンどもの言うことなので信用できませんねwwwww



ま、オツムの程度の低い連中なので、兵役期間が終わって芸能活動を再開するころには忘れているんでしょうねぇ。



-----------------------
入隊G-DRAGONを軍が優遇?韓国ネット騒然

 韓国のアイドルグループBIGBANG(ビッグバン)のメンバーで、兵役のため軍に入隊しているG-DRAGON(本名クォン・ジヨン=29)が、特別扱いを受けているとの疑惑が浮上した。国防省は全面的に否定したが、芸能人への優遇疑惑は過去にもあり、インターネット上で論争になっている。

 韓国の一部メディアは6月下旬、G-DRAGONが足首の治療のため入院した軍の病院で「一般の兵士は大部屋を使うのに、幹部専用の個室を使っている」と報道。最近2カ月間で病気休暇を約30日使ったとも指摘した。

 国防省は「誰もが使える個室だ」と否定し、病気休暇も「規定の範囲内だ」と説明。所属事務所は「悪意のある報道」と反論した。

 しかし、ネット上では「失望した」「芸能界から追放しろ」と批判する書き込みが相次いだ。韓国では、持病などを理由に兵役に代えて公的機関で勤務する社会服務要員になった芸能人が「今まで派手なアクションをこなしていたのに」と非難を浴びるなど、特例疑惑はこれまでも指摘されてきた。

 兵役を既に終えたソウル市の男性会社員、厳進鎔さん(28)は「みんな軍隊に行きたくないのにやむを得ず行ってきたからこそ、こうした問題には敏感になる」と批判に理解を示す一方、「不確かな情報を基にバッシングするのも問題だ」と話した。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201807010000449.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【バ韓国・平昌冬季五輪】あのパシュート土下座のキム・ボルム、ついに精神科へ入院wwww

土下座したバ韓国のキム・ボルム選手が入院


先日の平昌冬季五輪の女子パシュートで、屑チョンの醜さを世界に広めてくれたキム・ボルム選手。

チームメイトを小馬鹿にしたり、嘘泣きで謝罪したりとバ韓国塵らしい姿を披露していたわけですが……。


なんとバッシングに耐えられなくなり、

精神科に入院したとのことwwwwwwwwww



ここは屑チョンらしくさっさと自殺していただきたいものですなぁ。



ま、鶏ほどの脳みそすら持たない連中なので、

しばらく入院していれば事態は鎮火してしまうんでしょうねwwwww



-----------------------
五輪選手が精神科入院…韓国ネットの度を越えたSNS攻撃に警鐘

 2018年3月19日、韓国・中央日報によると、平昌(ピョンチャン)五輪スピードスケート女子代表のキム・ボルム選手が、精神科の治療を受けるために入院していたことが分かった。 

 記事によると、平昌五輪女子パシュートで「仲間へのいじめ問題」が取り沙汰された直後、キム選手は自身のインスタグラムを閉鎖し、選手村の部屋に閉じこもっていた。しかしその後、マススタートで銀メダルを獲得した際に氷上で土下座のような仕草をして「申し訳ない」と述べたり、先月末には所属チームの江原道(カンウォンド)庁が主催したイベントで明るく笑い「今回のことで多くのことを学んだ」と語ったりしていたことから、精神的安定を取り戻したとみられていたそうだ。 

 キム選手の母キム・ソンオクさんは「ボルムが人々の前に立つことを極度に恐れている。最初はソウルの個人病院に行ったが、状態が深刻だったので(故郷の)大邱(テグ)に戻ることにした」と語ったという。所属事務所の関係者も「事実確認ができていない状況で度を超えた非難や悪質な書き込みが殺到したら誰でもパニックに陥るのではないだろうか」と述べたとのこと。 

 これについて、中央大学心理学部のホ・ジオン教授は「インターネットの世論はちゃんと誤りを判別する前に、当事者を天使か悪魔に断罪してしまう」とし、「コメントも互いに競うため内容が徐々に刺激的、攻撃的になり、ターゲットに回復困難な傷を負わせる」と指摘しているという。 

 他の専門家たちも「悪質な書き込みはこれ以上放置できない段階に達した」と主張している。成均館(ソンギュングァン)大学メディア情報大学院のクォン・サンヒ教授は「人々は記事の内容には関心がなく、コメント(の内容)でそのニュースに同調するか非難するかを決定している」とし、「さらにポータルサイトが刺激的なコメントをトップに配置することで、感情の無分別な広がりに同調している」と述べたという。 

 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「胸に太極旗(韓国国旗)を付けて国民の税金でスポーツをしているのだから、責任感を持った行動をしないといけない」「自分の発言、行動には自分で責任を持てる年齢だろう」「悪質な書き込みは良くないが、パシュート後のインタビューの態度は良くなかった」「加害者がまるで被害者みたいじゃないか」など、相変わらずキム選手への厳しい意見が寄せられている。 

 その一方で「コメントをする前に事実関係をしっかりと調べるべき」「実名でコメントするようにすれば無責任な書き込みは減ると思う」など、過激な書き込みへの批判の声も見られた。

http://www.recordchina.co.jp/b583407-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る