韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


兵役

【バ韓流】BIGBANGのメンバーが大麻吸引で“社会服務要員”に! 新たな兵役逃れか!?

大麻中毒者、バ韓国ビッグ便のT.O.P


バ韓国のオスグループビッグ便のT.O.Pとかいう屑チョンのお話です。


こいつが過去に大麻を吸引していたことが判明し、

兵役で不適合の判定を受けたとのこと。


その結果、兵役よりも遥かに楽な“社会服務要員”に配属されたようです。



これは新たな兵役逃れの手段として

流行りそうですなぁ。




日本の出入国管理法では、

大麻や麻薬等で処罰されたことがあるものについて、原則として入国を認めていません。


だから、屑チョンが全匹大麻中毒にでもなればこの日本の浄化が捗りそうですね。


-----------------------
大麻吸引のBIGBANGのT.O.P、新たな兵役配属先にネットから「特別扱い」と不満の声

 2018年1月4日、韓国・YTNなどによると、兵役のため義務警察として服務中に大麻吸引の過去が明らかとなり、不名誉除隊処分となった韓国の人気アイドルグループBIGBANGのT.O.Pが、今月中にソウル・竜山区庁に社会服務要員として配属されることが分かった。韓国ではこれに対し「特別扱い」を指摘する声が上がっているという。 

 T.O.Pは昨年、入隊前に大麻を吸引した疑いで在宅起訴され、1審で懲役10カ月、執行猶予2年、追徴金1万2000ウォン(約1270円)の支払いを命じる判決を受けた。義務警察の再服務審査では「不適合」の判定を受けていたが、その後の審査の結果、ソウル・竜山区庁で社会服務することが決まったという。 

 しかし、自宅から出勤できる竜山区庁の社会服務要員が部隊に入所して生活する義務警察より服務条件が良いことから、ネット上を中心に「特別扱いを受けた」「罪を犯した人により楽な思いをさせるつもりか」などと指摘する声が出ているという。 

 一方、兵務庁はこれに関し「問題ない」との立場を示している。兵役処分基準によると、1年6カ月以上の実刑判決を受けた場合は強制除隊、6カ月以上1年6カ月未満の懲役または禁錮の実刑判決を受けた場合は補充役(社会服務要員)の対象になるという。 

 この報道を見た韓国のネットユーザーからも「これで公平な国と言える?」「これが現実。政権が交代しても公務員の組織社会が変わらなければ意味がない」「子供たちが麻薬を良いものと勘違いしてしまう」「一般人だったら違う結果が出ていた」「最も危険できつい部隊に入るべきでは?」など不満を示すコメントや、「韓国はとても暮らしやすい国!金と権力がある人にとってはね」「兵役中のみんな、休暇中に大麻を吸って社会服務要員になろう」と皮肉交じりのコメントが相次いでいる。

http://www.recordchina.co.jp/b355370-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【バ韓国】次期大統領候補、バ韓国軍兵長の役立たずぶりを暴露wwww

反日姿勢が頼もしい文在寅


次期バ韓国大統領の有力候補の1匹である文在寅(ムン・ジェイン)の発言が話題となっているようです。


一等兵や上等兵の時は戦闘力が強いが、兵長になるとのらりくらり行動していないニカ


と討論会の場で発言したとのこと。


これに対し、屑チョンどもが反発しているようです。



しかし、中には、


兵長がのらりくらりと適当に遊んでいることは、

現役軍人だったら誰でも知っていることニダ


と冷めた意見もあるようですね。



ま、どっちみち屑しかいないのに変わりはないので、

朝鮮戦争の再開が楽しみで仕方ありません。



-----------------------
「韓国軍の兵長はのらりくらり」大統領候補の発言に韓国男性が激怒?=ネットには納得の声も「間違ってない」「現役軍人なら誰でも知ってること」

 2017年4月26日、韓国・ニューシスなどによると、韓国最大野党「共に民主党」の大統領候補・文在寅(ムン・ジェイン)氏が「兵長はのらりくらり」と発言したことに波紋が広がっている。 

 問題の発言は25日、韓国メディア中央日報などが行った主要大統領候補者の討論会で飛び出した。討論会に出席した文氏は兵役期間の短縮に関し意見を述べる中で、「一等兵や上等兵(一等兵の上の階級)の時は戦闘力が強いが、兵長(上等兵の上の階級)になるとのらりくらり行動していないか」と発言した。 

 これには政界からの反発も強まっており、野党「国民の党」の選挙対策委員会報道官・金裕貞(キム・ユジョン)議員は26日の記者会見で、「文候補は自分が兵長の時にいいかげんに行動していたということか。昼夜を問わず誠実に国防の義務を果たし、国民の生命と安全を守るために青春をささげている大韓民国予備役兵長、現役兵長を明らかに無視する発言」と非難した。 

 文氏の発言直後、ネット上でも批判の声が寄せられており、予備役軍人と名乗るあるネットユーザーは「大韓民国兵長をそんなふうに無視していいのか。兵長が必要ないと思うなら、むしろなくせ」と述べている。その他にも、「こいつは軍隊に行ったことがないのか?」「文在寅は軍人のことを全く理解していない」「文在寅は韓国軍の兵力を弱体化することが目的らしい」など、批判の声が寄せられた。 

 その一方で、「兵長がのらりくらりと適当に遊んでいることは、現役軍人だったら誰でも知っていることだ」「間違ってないのに、なぜ非難する?」「この発言でいったい誰が怒っているんだ?」など、文氏の発言に共感する意見も寄せられた。 

 また、「兵長を見下す発言はいいとして、兵役期間の短縮問題は結局どうなるの?」との声もあった。

http://www.recordchina.co.jp/b176653-s0-c10.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








バ韓国のアイドルグループのオス6匹が、日本から帰国直後に行方不明に!!!!

N-SONICとかいうバ韓国の巨頭短足集団


バ韓国のアイドルグループのオス6匹が行方不明に!?

日本での公演を終えてバ韓国に帰国した途端、全匹そろって行方をくらましているんだとか。


さらに、事務所に対し一方的に契約解除の要求を出したとのこと。


このグループのリーダーは兵役を目前に控えているようですが、新手の兵役回避法かもしれませんねwwwww



どうせながら行方不明とか半端な真似なんてせず、

そのまま土に還ってくれればいいんですがねぇwwwww


-----------------------
韓国アイドルが日本から帰国後に行方不明 / メンバー全員と連絡とれず

 K-POPや韓流と呼ばれる、韓国エンタメ。日本では、いっときの勢いはなくなったと言われつつも、やはり根強い人気だ。定期的に来日するグループも少なくない。

 そんななか、ある韓国アイドルグループが日本ライブから帰国後、メンバー全員と連絡がつかなくなっているという。

・韓国アイドルが日本から帰国後に行方不明

 行方がわからなくなっているのは、韓国の6人組男性アイドルグループ「N-SONIC(エヌソニック)」だ。彼らの足取りがわかっているのは、2016年5月9日が最後。7日、8日に行われた日本ライブから帰国した日だ。

 その日を境に、メンバーとは一切連絡がつかなくなってしまったとのことである。

・一方的に契約解除を要求

 だが、5月17日に動きがあった。なんと、事務所宛に弁護士を介してメンバーから契約解除の申し出があったというのだ! 事務所によるとまだ契約期間が4年ほど残っているそう。

 しかも、行方をくらますという方法を使い、全てのスケジュールは強制的にキャンセルに。となれば、それなりの損害も発生したはずで、事務所はかなりお怒りだ。法的措置も辞さない構えを見せている。

・兵役前のイベントを中止にしてまでの行動

 9日以降のスケジュールはすべて白紙になってしまったわけだが、実は、5月21日に、兵役を控えているリーダー J.Heart の最後のファンミーティングが予定されていたそう。もちろん、これも中止になっている。

 彼は兵役のため、2年間芸能界から離れる予定だった。韓国では日々、アイドルが誕生しており、どんなに売れっ子であっても退役後、かつての人気を再び得られる保証はない。

・なぜこのタイミングで?

 兵役中、どれだけのファンをつなぎとめておけるかが、復活の鍵のひとつであろう。このお別れファンミーティングはファンにとってだけでなく、J.Heart、ひいてはグループにとっても非常に重要なイベントだったはずだ。そのなかで、なぜこのタイミングで強引な契約解除要求を出したのだろうか。

 よほどのことがあったのではないか、と気になってしまうが……。心配して待っているファンのためにも、一日でも早く問題が解決することを願いたいものだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/11558413/
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【キチガイ増加待ったなし!】バ韓国軍が徴兵検査の判定比率を引き上げることに!!!!

徴兵検査を受けるバ韓国塵ども


少子化によって兵役志願減少が見込まれているバ韓国。

とうとう切羽詰まって、

徴兵検査の兵役判定比率を引き上げることになったようですwwwwwww



ってことは、バ韓国軍に入隊するキチガイが増えるということですね。


いやぁ、また楽しい乱射事件が起きてくれそうですねぇ。



本当に笑いのネタがつきませんね、バ韓国軍って。

-----------------------
「弥縫策」ではすまない韓国軍の兵役志願不足

 国防部は先日、少子化にともなう兵役志願減少に備え、理工系の兵役特例者の転換・代替服務要員制度を廃止する方針を進めると発表して物議をかもすと、「確定した方針ではない」とトーンダウンさせた。代わりに徴兵検査の兵役判定比率を引き上げるように身体検査基準を緩和し、女性兵士を増やして、戦闘勤務支援業務を民間にアウトソーシングするなどの方針を表わしている。

 現役兵判定基準を調節する国防部の弥縫策(びほうさく)は最近始まったことではない。国防部は2008年に現役判定審査基準を緩和して服役待機者が増え、入営の遅れが深刻化されると、昨年10月に兵役判定基準を厳格に強化した。そして再び兵役判定基準を低くするカードを使おうとしているのだ。女性兵士の増員や民間アウトソーシングも過去に出された対策の二番、三番煎じに過ぎない。

 明日のことも見通せない国防部のお粗末な兵役志願管理対策は、「参与政権」時代に設けた「国防計画2020」を李明博政権になって廃棄した際に、すでに見通されていた。現代戦の性格に見合った軍の構造改革、常備兵力規模の段階的縮小、専門兵役中心の人材再編など、現代的な軍隊のスリム化は無視したまま千鳥足で進んでいる。さらには中長期の兵役志願創造などにおいて、国防部と兵務庁の間に食い違いが生じて、それぞれが違った数値をあげているのが実情だ。こうした状況であるため、国防部が他の部署とまともに協議もせずに転換・代替服務制度の廃止方針を立て、右往左往するのは当然のことである。

 持続的な人口減少による兵力不足現象は、国家安保のために解決すべき重要な問題であることは明らかだ。しかし国防部が今のようにどんぶり勘定な弥縫策に汲々としていては、解決法は導き出されない。もう少し長い視点でわが韓国軍の構造を再編する根本的な対策準備に乗り出さねばならない時だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160523-00024215-hankyoreh-kr
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






オススメ息抜きネタ
拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。

★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る