韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

再利用

生ゴミを販売する屑バ韓国塵、生ゴミ料理を客に提供するバ韓国塵

バ韓国の一般的な食材


生ゴミを調理中のバ韓国塵ども


バ韓国で数多くの飲食店が警察に摘発されていました。


なんと生ゴミを安く購入し、それを食材として客に提供していたんだとか。




なんだ、ただのバ韓国の日常じゃないですかwwwwwwwww



生ゴミを売る方も売る方ですし、買う方も買う方ですよね。

ま、ヒトモドキどもにしてみれば立派な食材なんでしょうがwwwww




こうした料理を平気な顔して外国人観光客に出しているのが問題ですね。

もっとも、バ韓国に観光しにいくようなキチガイがどうなろうとも知ったこっちゃありませんが。




>「これじゃあ中国と変わらないニダ。そろそろ外国人らが『メイド・イン・コリア』を避ける日がやって来る気がするニダ


随分と能天気な屑チョンのコメントですね。

とっくの昔から『メイド・イン・コリア』が避けられているというのに。

本当にお目出度い連中ですねぇ。



-----------------------
生ごみがおかずに変身…韓国飲食店の衝撃の実態に、韓国ネット「怖くて外食できない」「韓国人はMERSウイルスよりも恐ろしい」

 2015年7月2日、韓国・チャンネルAによると、韓国・ソウルで、農水産物市場の生ごみを安く購入し、食材料として使用してきた飲食店が警察に摘発された。

 ソウルのある農水産物市場では、腐敗した貝やタコ、ジャガイモ、マンゴーなどが飲食店経営者らに安値で売られている。警察によると、流通業者は賞味期限が切れて廃棄しなければならない食品や腐りかけた水産物を、おかずとして再利用して販売したり、韓国料理ビュッフェレストランなどに供給してきた。

 また、警察が飲食店を摘発して食材料を押収したところ、農水産物だけでなく、賞味期限が2年過ぎたソースや麺類など、加工品も流通していたことが分かった。警察は今後、食品衛生法違反の疑いで調査を進める。

 これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。


「怖過ぎる。飲食店の名前や経営者の顔を公開してほしい」

客が残したものを再利用しているのは知っていたけど、まさか生ごみを再利用しているとは思わなかった


「飲食店経営者らは客を人間として扱っていないようだ」

「怖くて外食できない」

これじゃあ中国と変わらないよ。そろそろ外国人らが『メイド・イン・コリア』を避ける日がやって来る気がする…


「韓国人はMERSウイルスよりも恐ろしい。韓国は毎年、数十万件の詐欺事件に、数千件の殺人事件が発生する国だ」

「食べ物で遊ぶなんて許せない!厳しく処罰してほしい」

「刑務所に入れて、腐った飯を食わせろ!」

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20150705039/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【平昌冬季五輪】急きょスケート競技場の設計を変更か!? 採算があわないため使い捨ての競技場へwww

農作業中ではなく競技場を作る糞韓国塵ども


4年後に開催予定の平昌冬季五輪。
あくまでも予定は予定なので、実際にどうなるかはまだまだ未定ですね。


そんなバ韓国は、競技場の建設でもスッタモンダの真っ最中。


新設されるスケート競技場も当初は五輪後の施設再利用を計画していましたが、採算がとれないとのことで五輪後すぐに撤去することになるんだとか。




どうせ五輪だけでしか使わないから、鉄筋の数を減らしても大丈夫ニダ!

急な予定変更で工期が厳しいから、思いっきり工程を省くニダ!



そうやって完成された競技場に入るなんて、度胸試しみたいなもんですね。



このままでは選手、スタッフ、観客ともに外国人の犠牲者が膨大な数となってしまいます。




ま、この4年でバ韓国が跡形もなく消えることを祈りたいものです。

そう荒唐無稽なお話ではありませんしね。





-----------------------
朝鮮日報日本語版) 平昌冬季五輪、施設計画を見直し

 文化体育観光部(省に相当)は、2018年に開催予定の平昌冬季五輪に向け、江原市江陵市に新築する予定だったスピードスケート競技場とアイスホッケー第1競技場について、規模の縮小、五輪後の撤去を限定にした再設計または一部設計変更を検討している。

 文化体育観光部の禹相一(ウ・サンイル)体育局長は12日、「新築競技場2カ所は必要以上の設計である上、五輪後の活用策に現実性がなく、運営費の負担が重いという判断に従い、適切な解決策を検討している」と述べた。

 文化体育観光部は今月初め、江原道に問題の競技施設の施工業者選定をひとまず延期するよう指示した。うち、スピードスケート競技場は、五輪後にウォーターパークへの転用が計画されているが、禹局長は「江原道ではウォーターパークが飽和状態(既存5カ所、1カ所建設中)であり、当初計画には収益性がない」と述べた。撤去、移転することを前提に設計されたアイスホッケー第1競技場についても、禹局長は「(移転先候補の)原州市が反対している上、維持費を確保するのが難しいとみている」と述べた。

 江原道は五輪後の活用計画に問題がある点は認めながらも、工期が間に合わなくなることを理由に、文化体育観光部の方針に反対している。

 江原道のチョ・ギュソク五輪推進本部長は「現在の設計は、国際オリンピック委員会(IOC)との長い協議と調整の末に決定したものだ。仮に再設計を行う場合、IOCとの再協議にかかる時間まで考えると約1年を要するが、そうすると五輪1年前に消化しなければならないさまざまなテストイベントの開催が不可能になる」と主張した。
 平昌五輪組織委員会が作成したマスタープランによると、各競技施設は16年10月までに完成し、17年2月にテストイベントを開催することになっている。江原道は再設計をすれば、これまでに約100億ウォン(約10億円)を投じた設計費が無駄になると主張した。

 禹局長は「政府の対応が後手に回った点は認めるが、今からでも(見直すべき)そうした点を発見できたことは不幸中の幸いだと思う。工期を守る上でも大きな問題はないはずだ」と反論した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140613-00000822-chosun-kr
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る