韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

出生率

前代未聞!!!! OECD加盟国の中で初めて出生率が1未満になったバ韓国wwww

バ韓国の出生率低下は前代未聞


バ韓国の昨年の出生率は、0.98匹!

これはバ韓国史上最低の数値とのことwwww


さらに!

出生率が1未満になったのは、OECD加盟国の中でバ韓国が初めてのようです。



この前代未聞の出生率の低下で、バ韓国の少子高齢化にますます拍車がかかることになります。


日本の大きなミスによって21世紀の現在まで生きながらえてしまった朝鮮ヒトモドキ。

その間違いが自然の摂理によって正されようとしているわけです。



何がなんでも我々の目の黒いうちに、屑チョンどもの絶滅を実現させましょう!


-----------------------
韓国、出産率世界最低…「類例を見つけにくい」

 韓国の合計特殊出生率が史上初めて0人台に落ちた。合計特殊出生率は一人の女性が妊娠可能な期間(15~49歳)に産むと予想される子どもの数を意味する。 

 統計庁が27日に発表した「2018年出生・死亡統計暫定結果」によると、昨年の出生数は前年(35万7800人)よりも8.6%減となる32万6900人と集計された。これは統計を作成し始めた1981年以降、歴代最低値だ。 

 昨年合計特殊出生率は0.98人で歴代最低だった前年(1.05人)を下回った。現在の人口水準を維持するには合計特殊出生率が2.1人でなければならない。「0人台出産率」は世界的にも類例を見つけにくい。統計庁のキム・ジン人口動向課長は「経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち、合計特殊出生率が1未満に落ちたところはなかった」と話した。 

 このような少子化の原因は複合的だ。まず20~30代序盤人口そのものが減った。加えて青年の婚姻年齢がますます遅れている。就職ができず、住居費負担などで結婚そのものを回避している。結婚しても出産を先送するか子供を産まない夫婦が多くなっているのも主な原因だ。 

 これに伴い、韓国の人口減少時点も早まる展望だ。カン・シヌク統計庁長は、最近中央日報とのインタビューで「少子高齢化が予測よりも早く進行していて、韓国の総人口減少時点が前倒しになるかもしれない」とし「急激な人口構造の変化によって雇用・福祉・年金・教育・住宅など主要政策に波及効果が大きいものと予想される」と話した。

https://japanese.joins.com/article/694/250694.html?servcode=400&sectcode=400
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国の8月の出生率、前年比9.3パーセントもダウン!!!!!!!!!!

バ韓国塵の絶滅は時間の問題


少子化が加速しているバ韓国ですが、今年8月の出生率は前年比9.3パーセントも減っていました!


この調子で行けば、年間出生数は30万匹を下回るとのこと。


2016年が40万匹。

2017年が35万匹。

そして、

2018年は30万匹!!!!


晩婚化が進み、既婚者も稼ぎが少ないので子供を産まない……。

そんな素晴らしい負の連鎖が行われているからです。


高齢化による死者の数も増えているので、屑チョンの棲息数は減るばかりwwww



とにかくバ韓国と真逆を行くのが人類の正義です。

我々日本人としては、少子化を解決して更なる発展を目指したいものです。


-----------------------
韓国、8月の出生数が前年比9.3%減…年間30万人割れも?

 韓国で今年8月に生まれた子どもの数は1年前に比べて9.3%少なかったことが分かった。世宗市(セジョンシ)など一部の地域を除いたすべての市・道で出生児が減少している。 

 韓国統計庁が24日に発表した8月の人口動向によると、今年8月の出生数は2万7300人と、前年同月比で9.3%減った。月別出生数は2014年8月の3万6500人から今年8月には3万人を下回り、今後も減少する傾向だ。 

 2018年1月-8月の出生数累計は22万6000人。9-12月の間に7万4000人以上が生まれなければ「年間出生児30万人」割れとなる。 

 2016年に40万6200人だった年間出生児は2017年に35万7800人に減った。 

 保健社会研究院のイ・サンリム研究委員は「月別基準の出生数の前年比減少幅は7-8%台が一般的だが、その幅がしだいに拡大しているようだ」とし「前月比で減少幅が拡大したのはよくない信号」と説明した。 

 出生数が減少した背景は大きく3つある。 

 1つ目は妊娠適齢期の女性の減少だ。統計庁によると、主な妊娠適齢期29-35歳の女性の人口は2016年の246万人から昨年は235万人に減少した。 

 2つ目は婚姻件数の減少が挙げられる。2012年に32万件を超えていた婚姻件数は昨年26万4500件まで減った。今年1-8月の累積婚姻件数は17万1800件と、前年同期比2.9%減少した。 

 一方、高齢化により死亡者の数は増加傾向にある。昨年の死亡数は28万5600人と、前年(28万800人)より1.7%増えた。今年8月の死亡数は2万3900人と、前年同月比4.8%増加した。今年1-8月の累積死亡数は20万人で前年同期比7%増。 

 3つ目は既婚者までが出産を避ける傾向だ。仕事と家庭の両立が難しいため出産をあきらめたり先に延ばしたりする女性が多いということだ。イ研究委員は「妊娠適齢期の女性自体が減少し、婚姻と既婚者の出産までが減っているため、出生数の減少はしばらく続くだろう」と話した。 

https://japanese.joins.com/article/423/246423.html?servcode=400&sectcode=400&cloc=jp|main|breakingnews
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【少子化が止まらないニダ!!】バ韓国メディア「正常な国で起こるべき現象ではないニダ!」

この世に良い韓国塵なんて存在しません


年々出生率が下がり続けているバ韓国。

今年度の合計特殊出生率はついに1以下となり、0.9という数値を叩き出す見込みなんだとか!!


バ韓国のメディアは、


「正常な国で起こるべき現象ではないニダ!」


と指摘しているようですが……。



バ韓国が、異常な国であるという自覚が足りないようですねwwww




種として滅びたがっているんですから、無駄な抵抗はしないでほしいものです。


我々人類としてはそのお手伝いを粛々と行いっていくべきでしょう。


視界に入った屑チョンどもを問答無用でぶっロコせる……。

そんな社会を一刻も早く実現したいものです。




-----------------------
韓国で「正常な国で起こるべきではない」現象、人口問題が大変なことに

 2018年9月4日、環球時報は、韓国の今年の合計特殊出生率(1人の女性が一生に産む子どもの平均数)が0.9まで落ち込む可能性があることを報じた。 

 記事によると、この予測は韓国の専門家が示したもので、韓国メディアからは「正常な国で起こるべき現象ではない」との指摘が上がったという。 

 この問題を報じた韓国・朝鮮日報は「第2次世界大戦終結後に一定規模以上の国で1を割ったのは2例だけ」と説明。「2001年以降、韓国はずっと『超低出生率』国家に属している」とした上で、「仕事」「家」「教育」を韓国人が子どもを産みたがらない3大要因として挙げているという。 

 記事によると、今年4月の韓国の若者(20~29歳)の失業率は10.7%。「仕事がないから収入がない。つまり、家を買ったり結婚するお金がないということ。結婚しないのにどうして子どもなんて…」となり、仕事を見つけて結婚した人も高額な教育費を負担に感じて出産を諦めることがあるという。

https://www.recordchina.co.jp/b640802-s0-c30-d0063.html
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国政府「このままではバ韓国塵が消滅するニダ!!」

一刻も早くバ韓国塵が絶滅しますように


バ韓国政府が、途轍もなく素晴らしい発表をしていました!!



「西暦2750年、韓国人は最後の1人が死んで地上から消えるニダ!!」



出生率が年々低下していることからこの数値が出されたようです。


今後、バ韓国経済がますます悪化するのは確実なので、

かなり前倒しされても不思議じゃありませんね。



いやぁ、ここは是が非でも長生きして、屑チョンどもが地上から消えてなくなる瞬間に立会いたいものですなぁwwww


最後の1匹を殺せる権利なんてもんがオークションにかけられたら、相当な高額で落札されるかもしれませんね。



ま、あの低能どもの発表なので、あまりアテにはできませんが、

この予測だけは当たってほしいものですwwww




-----------------------
韓国政府、「韓国人が消滅」との予測発表…超格差社会で20代の未婚率91%、諦める若者

●下がり続ける底なしの出生率

 西暦2750年、韓国人は最後の1人が死んで地上から消える――。韓国の行政機関、国会立法調査処がこんな発表をしたのは、14年8月のこと。これは前年の合計特殊出生率1.19が持続した場合の推計だ。

 だが3年半後に発表された17年の合計特殊出生率は、さらに大きく悪化して1.05。推計値を含む同年の国際比較では、1を割り込んでいるマカオ、シンガポールに次いで世界ワースト3位だ。

 韓国でも少子化と同時に高齢化が進んでいる。昨年の総人口5144万6000人のうち、65歳以上の高齢者は全体の13.8%。いっぽう14歳以下は13.1%にとどまり、史上初めて高齢者と子供の数が逆転した。

●非婚化、晩婚化は日本以上
 
 高齢化の進行は予想を超えるスピードで進んでいる。人口の20%を高齢者が占める超高齢社会の到来は26年といわれたが、1年ほど前倒しになりそうだ。死亡数が出生数を上回る人口減少も、当初予想の30年から23年に早まるとの見通しがある。

 今年3月には、もう一つ悪い数字が発表された。婚姻件数が12年から6年連続で減少し、昨年に前年比6.1%減で過去最低を記録したのだ。これで出生率のさらなる悪化はほぼ確実となった。

 韓国の婚姻率の低下と晩婚化は日本以上だ。初婚年齢は09年から日本を上回り、20代の未婚率は日本79.7%に対して91.3%に上る。

(後略)

http://news.nicovideo.jp/watch/nw3532255?news_ref=search_search
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る