韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

出生率

またまた出生率が低下!! バ韓国の出生率はOECD内で“圧倒的”な最下位wwww

バ韓国塵の自然消滅を待っていられない


ここに来て、急激にバ韓国の出生率が低下していました!!


とっくの昔に0匹台に突入していましたが、本日発表された2019年の出生統計によると合計特殊出生率は「0.92匹」!!



これは、OECD加盟国の中で、圧倒的な最下位の数値なんだとかwwww



いやぁ、素晴らしい表現ですね。


圧倒的とはwwww



しかし、このままじわじわと屑チョンどもが減っていくのを見守るわけにはいきません。


我々人類がもっと積極的に関与して、害獣どもを駆除していくべきでしょう。



染色体に欠陥を抱えている不良品なんざ、我々人類にとってただのお荷物にしか過ぎません。

一刻も早く朝鮮半島を焼け野原にするべきです。



もちろん、諸外国に散らばっている害獣どもを草の根を分けて狩りだすことも重要ですね。


-----------------------
韓国、また出生率低下…0.92人でOECDの圧倒的最下位

 0人台に突入した韓国の合計特殊出生率がまた低下した。生まれる子供の数は55カ月連続で減少した。ことし史上初めて人口が減る見込みだ。過去10年間で韓国政府は少子化に対応するために210兆ウォン(約19兆円)に及ぶ予算を投じたが、子供の産声は減るばかりだった。

 韓国統計庁が26日に発表した「2019年出生統計」によると、昨年韓国の合計特殊出生率は0.92人で、出生統計を出し始めた1970年以降の最低を記録した。女性が妊娠可能年齢の間に産むと予想される平均出生児数が1人にも満たないという意味だ。

 昨年の出生児数は30万2700人で、前年より2万4100人(7.4%)減少した。人口1000人当たりの出生児数を意味する粗出生率は5.9人で、前年比0.5人減少した。

 平均出産年齢は33歳を突破した。10年前の2009年(31歳)より2年遅くなった。年齢別出生率は40代を除くすべての年齢層で減少した。出生率(女性人口1000人当たりの出生児数)が86.2人で最も高い30代前半(30~34歳)出生率が前年比5.2人(12.9%)で最も大きく減少した。続いて20代後半の出産率も5.7%下落した。

 韓国の合計特殊出生率は、経済協力開発機構(OECD)国家と比較すると圧倒的最下位だ。2018年を基準にOECD加盟国の合計特殊出生率の平均は1.63人だった。

 問題は、韓国政府が過去10年間に少子化対策予算として209兆5000億ウォンを注ぎ込んだにも関わらず、状況は全く改善されなかったという点だ。政府は、2011年から少子化対策予算は年平均21.1%ずつ増やしてきた。この期間の合計特殊出生率は、むしろ0.32人減少した。すでに統計庁は2060年に生産年齢人口(15~64歳)が現在の半分(48.1%)水準に縮小すると予測している。

 そもそも「予算投入=出生増加」という認識自体が間違っていたという指摘が出ている。ソウル大学保健大学院のチョ・ヨンテ教授は「なぜ子供を産まないかの診断が十分に行われないまま、予算が投入された」とし「そのため、予算を使わなくても、もっと多く使っても、結果は変わらなかっただろう」と指摘した。チョ教授は「ソウルと首都圏への人口集中で表現される青年世代の競争激化が少子化の本質的原因」と分析した。

 実際、昨年の合計特殊出生率は公務員の人口が相対的に多い世宗(セジョン)市(3.1%増)を除くすべての市・道で減少した。ソウルは0.72人で全国で最も低く、0.83人の釜山(プサン)が続いた。

 ことしから出生児数が死者数よりも少ないため人口が減る自然減少が確実視されている状況だ。この日、統計庁が併せて発表した「6月の人口動向」によると、6月の出生児数は2万2193人で、前年同月比7.5%減少した。6月基準、4-6月期基準、上半期全体を通して史上最も少ない。

 6月の死者数は2万3651人で、前年同月比2.7%増加した。死者数が出生児数を上回り、人口は8カ月連続の自然減少記録を立てている。キム・スヨン統計庁人口動向課長は「主に出産する30代の人口が減る傾向のため新生児数も同時に減少している」とし「結婚する人が減り、婚姻年齢が遅くなることも新生児の減少に影響を与えている」と説明した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4191f1018c627efa1aaa9e7e713cd82f5601e722
-----------------------

今回の統計には現れていませんが、間違いなく心身ともに障害を抱えた幼獣も激増していることでしょう。

我々が考えるよりずっと早くヒトモドキが地上から消えてくれる可能性も高いですね。

でも、本当に待っていられません。

今日明日にでも害獣が綺麗さっぱり消えてなくなることを願うばかりです。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















棲息数の減少が加速中!! 46か月連続で出生児が減り続けているバ韓国www

バ韓国の出生率。1日も早く消えてなくなってほしい


バ韓国の出生率がトンデモない事態に突入したようです。


今年の1月の死亡者数は32万匹で、出生児数は29万匹ほど。


毎月3万匹のペースで害獣どもが死んでくれれば、

138年後には屑チョンどもが1匹もいなくなる計算となります。



ん? 138年?


そんなに長くかかることはないでしょう。



なにしろ、バ韓国の出生率は、


0.98 (2018)
0.92 (2019)
0.81 (2020)


と加速度的に下がっています。



今回の大邱コロナ騒動で、さらに拍車がかかるのですからもっと速まることでしょう。



出来ることなら、我々の世代で害獣どもを完璧に駆除したいものです。



減っていくのを見物するだけではなく、もっと積極的に狩りだしてぶちロコすべきでしょうね。



-----------------------
「2020年生まれ鼠友達30万人なら良いね」少子化に今年から人口自然減

 1月の出生児数が史上初めて3万人の下に落ちた。 今年出生児数が30万人下に落ち、人口の自然減少が始まると予想される。

 25日、統計庁が発表した1月の人口動向によると、1月の出生児数は2万6818人で、前年同月(3万340人)に比べ11.6%減少した。 2015年12月から50ヶ月連続で前年同月比出生児数が減っている。 昨年には、1月には、出生児数が3万人を超えたが、今年は1月に生まれた子供の数が3万人を超えていないものである。 月間出生児数は2016年4月から「同月基準歴代最低」を46カ月連続塗り替えている。 1月の出生児数は、すべての市・道に減少した。

 統計庁、将来の人口推計によると、今年初めての死亡者数(32万3000人)が出生児数(29万2000人)を駆け抜け人口が3万1000人減少すると予想される。 すでに昨年下半期(7~12月)に死亡者数(14万8238人)が出生児数(14万4281人)を追い抜いて、人口の自然減少(3957人)が実質的に開始されたことがある。

https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=023&aid=0003517762&date=20200325&type=1&rankingSeq=4&rankingSectionId=101
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【出生率1未満の終わった国】バ韓国の20代、6割が「子供ほしくないニダ!!」

バ韓国の出生率が一日も早く0になりますように。


屑チョンの20代のうち、

6割が「子供がほしくないニダ!」と考えているようです。




ヒトモドキのくせに、素晴らしい考えをしているじゃないですか!!


さすが、世界で唯一の出生率1未満の国ですなぁwwww



でも、4割近くの害獣どもが子孫を残す気マンマンのようです。



もっとバ韓国を追い詰め、屑チョン全匹が子作りを諦めるようにしなければいけませんね。




-----------------------
韓国の20代、6割が「子どもほしくない」=中国ネットでも共感多数

 韓国人口保健福祉協会(KoPHWA)の調査により、韓国で20代の若者のうち6割が「子どもがほしくない」と考えていることが分かった。4日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で中国メディア・時差視頻が報じると、中国のネットユーザーからも大きな関心が寄せられた。

 子どもを望まない理由として最も多かったのは「現在の社会は子育てにふさわしくないから」で、36%が回答した。同協会の研究員は、「今の20代は社会の不平等さにかなり触れてきた世代で、彼らは同世代の人々の生活もそれほど幸せではないと捉えている。そういった経験や印象が、結婚・出産に対する考え方に影響を及ぼしているのだろう」と分析している。

 同調査では、「努力しても報われない」「社会の不平等を自ら経験したことがある」と答えた人の割合もそれぞれ全体の74%に上ったという。また、具体的にどういった点に不平等さを感じるかについては、「親世代から受けられるサポート」「経済能力」「性別」の順で多かったという。

 この話題は、微博でも関連キーワードが一時検索キーワードランキングの上位に登場するなど広く注目を集めた。中国のネットユーザーからは、「中国だって似たようなもの」「自分のことで精いっぱいなのに、子どものことまで手が回るはずがない」「子どもがいらないどころか、結婚すらしたくない」などと同調する意見が数多く見られたほか、「中国はまだいい。経済が急速に発展しているから、将来に希望が持てる」という意見も寄せられた。

 韓国統計局が以前発表した統計によると、2018年の韓国の合計特殊出生率は0.98で、同年に世界で唯一の出生率1未満の国になった。

https://www.recordchina.co.jp/b764674-s0-c30-d0148.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【これがバ韓国の当たり前】医療ミスで産婦人科医が投獄されるシステムwwww

少子化でバ韓国が滅んでくれるのが楽ですね


バ韓国の産婦塵科医は相当過酷な職業のようです。


分娩の際の事故で子供に障害が発生したり、妊婦が死亡したりすると、

医師が拘束されて刑務所行きになるんだとかwwwww



その結果、産婦塵科医を目指す屑チョンが激減しているようです。



少子化が加速度的に進んでいるバ韓国ですが、

出産できる病院が目に見えて少なくなっていますwwww



ま、いいんじゃないですかね。



この世に生まれ落ちてくるヒトモドキの数が減ることは、

我々人類にとってありがたいことなんですから。






問題は、きゃつらが海外で出産するケースです。

万が一事故でも起きようものなら、顔を真っ赤にして発火するのは間違いないのですから。


各国が申し合わせ、ヒトモドキの出産は獣医が行うってことにしてはどうですかねwwww



-----------------------
肌のしわ取りで稼ぐ韓国の産婦人科医たち

 ソウル市江南区清潭洞のA皮膚科は、皮膚を伸ばしてしわを改善する「リフティング」など美容整形が専門の皮膚科医院だ。それ以外の診療科目はない。しかし、健康保険審査評価院によると、ここの院長は産婦人科専門医だ。本人が訓練を受けた専門科目とは異なる診療科目で開業したことになる。

 出産が減少していることに加え、分娩手術時の医療事故訴訟リスクが高いという理由で、産婦人科専門医が皮膚科、内科など他の診療科目に従事するケースが増えている。韓国保健福祉部が国会議員に提出した資料によると、A皮膚科の院長と同様、他の診療科目を専門に診療したり、兼業したりする産婦人科医専門医(医院クラス)は昨年時点で1078人だった。2014年の936人から5年間で15%ほど増えた。

 ソウルで産婦人科と皮膚科を兼業するある女性院長は「ソウル峨山病院など大病院で(産婦人科専門医としての)訓練をしっかり受けても、開業する際に別の科目を選択する後輩が徐々に増えている」と話した。インターン、レジデントなど新人医師の間では産婦人科の人気が低下している。昨年に続き、今年も全国40の研修病院で専攻医の産婦人科志願率が定員割れを起こした。

 産婦人科関係者は「分娩数が少ない上、出生率は低下の一途で、分娩手術は危険度が高いのに、韓国ではとりわけ医師の責任が重い」と主張した。

 大韓産婦人科医師会のキム・ドンソク会長は「日本や台湾の場合、脳性まひ、分娩中の妊婦死亡については国家が賠償責任を負っている。故意や過失ではない医療行為で悪い結果が出たという理由によって、医師を拘束することに医師らが恐怖を感じている」と話した。

 今年6月に大邱地裁が分娩手術中の妊婦死亡事故の控訴審で、一審の無罪判決を破棄し、産婦人科医を収監すると、医師らはソウル駅広場で抗議デモを行った。

 自由韓国党のキム・スンレ議員は「最小限の出産インフラを維持するためには、産婦人科医の報酬補償体系を見直し、法的、制度的に支援を行うなど積極的なインセンティブが求められる」と指摘した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/15/2019111580157.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る