韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

制裁

中国の反応が見ものwww バ韓国・サムスン電子とSKハイニックスがファーウェイへのチップ供給を中断!!!!

米中の間で板挟みになるバ韓国。


バ韓国のサムスン電子とSKハイニックスが、中国・ファーウェイとの半導体取引を中止することになったようです。


アメリカが主導する中国制裁案に一枚噛んだ形ですね。


今回の取引中止を受け、中国がどんな反応を見せるのか楽しみですwwww




でも、既に密約が行われていそうです。

トンネル会社でも作って、裏取引することになっているのかも?



ま、屑チョンどものやる事なので、すぐにバレそうですがwwww



バランサー気取りのバ韓国が、いよいよ首を括るところまで追い込まれそうですね。



-----------------------
サムスン・ハイニックスもファーウェイへのチップ供給中断へ…米国の制裁に参加

 サムスン電子とSKハイニックスが15日から中国ファーウェイ(華為技術)との半導体取引を中断する。米国のトランプ政権が先月17日に発表したファーウェイ追加制裁案に基づく措置だ。

 部品業界によると、SKハイニックスは米国のファーウェイ追加制裁案が適用される前日(14日)までファーウェイにDRAM・NAND型フラッシュメモリーなどを供給し、サムスン電子半導体(DS)部門はファーウェイとのすべての新規取引を中断する。

 米商務省は先月、追加制裁案を発表し、「第3国の半導体企業でも米国のソフトウェア(SW)と技術・装備を使用した場合、ファーウェイに納品する前に事前承認を受けなければいけない」と明らかにした。世界で米国の技術・装備を使用しない半導体企業は事実上一つもない。このためサムスンとハイニックスもファーウェイとの取引関係を継続するのが難しくなった。

 台湾の半導体市場調査会社DRAMエクスチェンジは「9月中旬から始まる追加制裁に対応し、ファーウェイが半導体の在庫を増やしている。DRAM現物価格が最近上昇している理由もファーウェイの買い占めが影響している」と分析した。

 今回の措置でSKハイニックスは相当な営業被害を受ける見込みだ。SKハイニックスは今年上半期全体の売上高(15兆8050億ウォン)のうち41.2%(6兆5172億ウォン)が中国で発生した。中国企業が購入したメモリー半導体の多くはファーウェイのスマートフォン・タブレット生産に使用される。

 サムスン電子もアップル、ドイツテレコム、ベライゾン、香港テクトロニクスと共にファーウェイが今年上半期の5大販売先に含まれる。これはサムスン電子の子会社サムスンディスプレイのOLEDパネル販売分まで含めた数値であり、サムスン電子の年間売上高のうちファーウェイの比率は約3%。

https://japanese.joins.com/JArticle/270034
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【レッドチーム入り同然ww】中国・ファーウェイ、来年度のバ韓国への投資を大幅強化!!

ファーウェイが本格的にバ韓国へ進出


レッドチーム入りを宣言しているも同然の文政権。

来年度は、中国のファーウェイがバ韓国での投資と購入に注力するとのこと。



あ、もう先の展開が読めちゃいましたね。



アメリカ政府が、サムスンやLG製の通信機器を使用禁止にする流れがwwww



このご時世にファーウェイを迎え入れるということは、

アメリカに敵対する行為も同然でしょう。


もちろんこの日本でも中華製やバ韓国製は禁止にするべきです。



そもそもバ韓国製のスマホを使ってるようなキチガイは在日と同列に見做して構わないので、

片っ端から排除するのが正解でしょう。




-----------------------
ファーウェイ、来年韓国での投資と購入を強化―韓国メディア

 2019年12月20日、韓国・聯合ニュースの中国語版サイトは、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)について、「来年、韓国での投資と購入を強化すると発表した」と報じた。

 記事によると、ファーウェイのコーポレートコミュニケーション部門のバイスプレジデントである宋凱(カール・ソン)氏と韓国法人の孟少雲CEOは20日、ソウル市内での記者懇談会で、今年の韓国における購入額が13兆ウォン(約1兆2200億円)を超えるとみられるとした上で、来年韓国での投資と購入を強化すると発表した。

 主な購入先は、サムスン電子とSKハイニックスで、今年の購入額は昨年(106億ドル=約12兆ウォン)より小幅増となる。

 宋氏は、「ファーウェイはこれまでに、世界で60件を超える5G商用契約を締結し、5G基地局を40万基出荷した」とし、「韓国では基地局を1万8000基出荷し、LGユープラスが5G分野で主要な役割を果たすことができるように協力した」と強調した。ファーウェイは来年前半に、韓国にR&Dセンターを構築することも検討中だ。

 孟氏は、「韓国の顧客は技術基準に対する要求が高い。ファーウェイは製品の品質で信頼を獲得していく。28GHz帯域幅の機器・SA機器もいつでも供給可能だ。米国による制裁の中で引き続き当社を選択していただけるのなら、われわれはそれに見合った価値を示す」とした。

 ファーウェイの今年の5G基地局生産数は60万基で、来年は150万基まで増やす計画だ。

https://www.recordchina.co.jp/b768896-s0-c20-d0054.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国・文大統領がトランプ大統領に「北朝鮮への制裁緩和」を訴える!!

北朝鮮の手先に徹するバ韓国の文大統領


訪米中の文大統領が、トランプ大統領に対して、


「北朝鮮に対する制裁を一部緩和するべきニダ!」


と訴えていたようです。



さすが、北朝鮮の手先ですなぁwwwww


この発言に対してのトランプ大統領の反応はまだ報道されていません。

しかし、推して知るべしでしょう。



そろそろトランプ大統領も気づいていることでしょう。


コリアンにグッドもバッドもなく、ただ存在を抹消すべき存在だということに。



なんにせよ、朝鮮半島を丸ごと焼け野原にしやすい条件がまた一つ整ったことだけは間違いありません。



-----------------------
韓米首脳会談:文大統領、2時間かけて対北制裁の一部緩和を訴え

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は11日正午(韓国時間)、米ホワイトハウスで米国のトランプ大統領と首脳会談を行い、北朝鮮の非核化を引き出すための「一部制裁緩和」の必要性を訴えたという。

 ある韓国政府関係者は「制裁の枠を維持した上で、包括的非核化ロードマップに合意し、それを段階的に実行に移すことが最善という韓国政府の考えを米国に伝えた」と明らかにした。北朝鮮が寧辺核施設の廃棄に加え、大量破壊兵器の凍結など非核化に向けたプラスの措置、いわゆる「寧辺プラスアルファ」に向けて動けば、米国が段階的に見返りを与えるとする「グッド・イナフ・ディール(十分に良好な取引)」を文大統領が提示したようだ。

 トランプ大統領は米朝対話再開の必要性には同意したという。しかし制裁の緩和についてどのような考えを示したかは確認されていない。米国のポンペオ国務長官は前日行われた米議会上院の公聴会で、北朝鮮に対する制裁について「多少の余地を置きたい」と証言した。

 北朝鮮に対する制裁にやや柔軟な姿勢を示したポンペオ長官のこの発言について、韓国と米国の外交関係者の間では「制裁の緩和を望むのであれば、寧辺核施設の廃棄以上の前向きな非核化に乗り出せ」という米国から北朝鮮へのメッセージという見方が出ている。ポンペオ長官は制裁緩和の余地の具体例として「その時々における(出入国)ビザの問題」を挙げた。これについては「海外に派遣される北朝鮮労働者の滞在制限緩和、あるいは北朝鮮への人道支援に向けた北朝鮮旅行の禁止解除などがあり得るのでは」との見方もある。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/12/2019041280047.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国の立場wwww】米朝首脳会談決裂は、日本とアメリカの安全を守るためだった!!

アメリカにとってバ韓国の安全は関係ない


トランプ大統領に近しい駐日米国大使によると、

先の米朝首脳会談が決裂したのは日本とアメリカの安全を守るためだったとのこと。


トランプ大統領の考えを代弁してくれたわけですが、素晴らしい内容ですね。


つまり、バ韓国の安全など全く考えていないということですwwwww



在韓米軍の縮小が進んでいる今、アメリカはバ韓国を守るつもりなんて毛先ほども考えていないのでしょう。


バ韓国と北朝鮮を同一視して、朝鮮半島を丸ごと焼け野原にできるのも時間の問題ですねwwww


-----------------------
駐日米国大使「トランプ大統領、日米の安全が重要なため北の要求を拒否」

 ハガティ駐日米国大使が日米間の連携による対北朝鮮圧力基調を強調した。ウォール街出身のハガティ大使はトランプ大統領と随時連絡を取ることができる側近の一人だ。米朝間のハノイ会談決裂後、北朝鮮が挑発の兆候を見せる中、米国も警告性のメッセージを出している。 

 ハガティ大使の「対北朝鮮、日米連携が要」と題した寄稿が20日付の日本経済新聞に掲載された。ハガティ大使は寄稿で「トランプ大統領が北朝鮮の要求を拒否したのは(北朝鮮の提示案が)日米や地域の安全には寄与しないと認識したからだ」と明らかにした。 

 これとともに北朝鮮を交渉テーブルに引き出すうえで日本の役割が大きかったと強調した。ハガティ大使は「日本は国連安全保障理事会での米国のリーダーシップを強く支援し、3度にわたる対北朝鮮制裁を引き出した」とし「その結果もたらされた経済的な圧力は、北朝鮮を交渉の場に着かせ、昨年シンガポールでのトランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)委員長の首脳会談に至った」と評価した。 

 続いて「北朝鮮が制裁の圧力を感じていることは、国連の経済制裁を事実上すべて解除するようハノイサミットで求めたことからわかる」と指摘した。また「日本の支援がなければハノイサミットは実現しなかっただろう」とし「米国とトランプ大統領は、最終的かつ完全に検証された北朝鮮の非核化に向けた努力への日本の揺るぎない支援に深く感謝している」と明らかにした。 

 安倍政権が繰り返し要求してきた日本人拉致問題の解決については「(ハノイでの)首脳会談は日本人拉致被害者問題の解決が重要だとトランプ大統領があらためて金委員長に表明する機会にもなった」と言及した。 

 ハガティ大使はハノイ会談の決裂について「ハノイで合意に至らなかったことで進展がなかったと混乱してはいけない」とし「日米と国際社会は、最終的かつ完全に検証された北朝鮮の非核化について認識を共有している」と主張した。 

 今回の寄稿は韓国について最後に一度だけ言及した。ハガティ大使は「我々は日韓と強い同盟関係にある。この連携は今後の対北朝鮮外交に不可欠だ」と主張した。 

 一部では、今回の寄稿は日本の対米外交力が対北朝鮮問題に深く投影されていることを示唆するものだという評価もある。このため段階的な対北朝鮮制裁緩和を強調する韓国の立場はさらに狭まるという解釈も出ている。

https://japanese.joins.com/article/482/251482.html?servcode=A00&sectcode=A00&cloc=jp|main|top_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る