韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

化粧品

みんな知ってたwww バ韓国有名コスメの元スタッフが内部事情を暴露!!

バ韓国に衛生管理という言葉は存在しない


日本の低能メスどもにも人気となっているバ韓国コスメ。

その杜撰な管理体制が元スタッフによって暴露されていましたwwww


高温の倉庫で保管していたせいで、コスメが溶けたり、カビが生えたりしていてもそのまま放置していたとのこと。



たしいた暴露じゃありませんでしたね。

バ韓国という名が付いている時点でロクでもないということは分かっているんですから。



ま、バ韓国コスメを有難がるようなキチガイは、ヒトモドキと同列とみなして構わないでしょう。


バ韓国産のカラコンで失明したり、バ韓国コスメで肌がボロボロになっても、同情する気は全くおきませんね。


バ韓国産カラコンは虫入り!!!!


-----------------------
日本でも人気の韓国コスメにカビ、元スタッフが「ずさんな品質管理」を暴露し物議=韓国ネット「客をバカにしている」

 2019年7月9日、韓国・ソウル新聞によると、日本にも店舗を展開し人気を博している韓国のアパレルコスメブランド「IMVELY(イムブリー)」の元スタッフが同ブランドのずさんな管理体制を暴露し、物議を醸している。 

 記事によると、SNSインフルエンサーのイム・ジヒョンが手掛ける同ブランドは2013年に韓国で通販サイトを立ち上げた後、1700億ウォン(約156億円)を売り上げるなど人気を集めた。しかし最近、販売した商品からカビが見つかり問題となっていた。さらにコスメの副作用問題やデザイン盗用問題も浮上し、波紋を広げた。 

 そうした中、今月8日に放送された韓国のテレビ番組で、同ブランドの元スタッフらが「品切れ騒動を起こしたIMVELYのコスメは、クーラーすらない劣悪な環境で保管されていた」と暴露した。物流倉庫を管理していた元スタッフは「真夏は外より倉庫の中が暑かった。コスメが溶けてしまいそうだったのでエアコンの設置を頼んだが費用の問題で先送りになった。今回の(カビ)騒動が起きてから製造日の確認や温度の測定をし始めた」と話したという。 

 これに韓国のネットユーザーからは「代表は高価なマンションに住んで高級車やブランド品を買いあさっているのに、商品はまともに保管すらしていなかったのか。客をバカにしている」「1万ウォンの価値の商品を10万ウォンで売り、稼いだお金で遊びほうけていたのだろう」など批判の声が相次いでいる。 

 また、「大学で勉強したわけでも業界で経験を積んだわけでもない人が売っているものを何も考えずに買うのが悪い」「特に食品やコスメは大手企業のものを買うべきだよ」「何十年も研究を続けているコスメ専門店があるのに、こんないい加減なところで購入する人の気が知れない。副作用は自業自得だ」「それでも客はイム・ジヒョンが『放置ではなく熟成させていた』と言えばそれを信じるのだろう」などと指摘する声も上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b728568-s0-c30-d58.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















世界一醜い生き物www 小学校入学前から化粧に頼るバ韓国の幼獣どもww

餓鬼のことから化粧に頼る不細工バ韓国塵


最近のバ韓国の化粧品業界は、幼稚園児をターゲットにし始めたようです。


幼いうちから己の醜さに気づき、化粧に頼らざるを得ない屑チョンの幼獣ども。


そんな需要があるからこそ、化粧品メーカーも商品を供給しているんでしょうねwwww



売春婦根性が染みついているバ韓国塵のメスは、餓鬼のころから身も心も醜いというお話でした。



-----------------------
韓国で化粧の低年齢化、5歳で口紅塗り始める子も―中国メディア

 2019年2月28日、中国メディアの界面新聞は、「韓国では化粧品購入の低年齢化がますます顕著になってきており、小学校入学前の子どもも口紅を塗り始めている」と報じた。 

 記事はまず、米紙ワシントン・ポストがこのほど、「韓国の化粧品業界は小学校入学前の子どもをターゲットにしている」とし、「こうした働きかけの先駆者であり、2013年に設立されたShuShu Cosmeticsは、韓国国内で19のブティックを運営し、水溶性のマニキュアや食用色素成分を使った口紅など、子どものための『より健康的な』化粧品を提供している。また、同ブランドのスパ&ビューティーパーラーでは、4歳から10歳までの女の子が、足湯、足とふくらはぎのマッサージ、フェイスマスク、メーキャップ、マニキュアとペディキュアを含むスパ体験を楽しむこともできる」などと報じていることを紹介した。 

 そして韓国のインターネット通販サイト「11STREET」の関係者が、「韓国の子ども向け美容市場は非常に急成長している」とし、「2018年の関連製品の売上高は前年から約340%増加している」と話していることを紹介した。

https://www.recordchina.co.jp/b691332-s0-c30-d0054.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国の免税店】中国人観光客が増えても、閑古鳥状態wwwww

支那畜どもに見放されたバ韓国の免税店


頭の程度の低い中国人観光客が、少しずつバ韓国に戻りつつあるようです。

しかし、免税店に行く支那畜の数は激減したまま戻っていないとのこと。


中国の個人輸入代行業者が減り、そこに並べられているものに対する興味がなくなった結果でしょう。


それに、二度以上バ韓国を訪れるリピーターはよほどのキチガイしかいません。



一時的に中国人観光客が増えたとしても、

バ韓国の観光業界が衰退していくのは間違いなさそうですね。



そもそも、朝鮮半島はただの肥溜めにしか過ぎません。


ヒトモドキの生息地としては最適でしょうけど、

我々人類には一生縁のない場所なんですから!!



-----------------------
韓国を訪れる中国人観光客が再び増え始めたが、免税店に客が戻らない理由―中国メディア

 中国メディアの捜狐は2019年2月7日、韓国を訪れる中国人観光客の数が再び増え始める一方で、免税店など韓国の商業者は「笑えない状況である」と報じた。 

 記事は「多くの中国人観光客が韓国に行く目的について、8割ぐらいの人がショッピングと答えるかもしれない。しかし実はそれだけではない。韓国には済州島をはじめとする多くの観光スポットがあるほか、韓国グルメも試してみる価値がある」とした。 

 その上で「実際、韓国を訪れる中国人は免税店に足を運ぶ。それは化粧品などが世界的に有名だからだ。ただ現在、韓国の免税店には中国人観光客の姿はあまり見られず、韓国の商業関係者は喜べない状況にある」と伝えた。 

 記事は理由として「韓国の免税店人気を支えていたのは、個人輸入代行業者たちだった。彼らは頻繁に韓国を訪れ、中国から入った注文に基づき免税店の商品を買いあさり、それを販売することで利潤を得ていた。しかし、中国の税関当局が個人輸入代行対して厳しい政策を取るようになってから、韓国の免税店にあまり客が入らなくなった」と説明した。 

 記事は、現在中国の観光客は韓国の免税店に対してそこまで興味を持っていないとし、再び中国人観光客の心をつかむのはとても難しいかもしれないとの見解を示した。

https://www.recordchina.co.jp/b682427-s0-c20-d0135.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















当然の結果www 中国の化粧品市場、バ韓国製のシェアが絶賛急落中!!!!

バ韓国の化粧品はヒトモドキ専用です


中国におけるバ韓国の化粧品シェアが急落しているようです。

直近の11月には一桁台にまで落ちていたとのこと。


やっと支那畜どももバ韓国製の化粧品の正体に気づき始めたのでしょう。

メイドインコリアの化粧品はあくまでもヒトモドキ用なので、人類に適しているわけがないのですからwwww



残念ながらこの日本には未だにバ韓国製化粧品を使っているキチガイも少なくありません。

そんなキチガイどもの顔面が、ある日を境に一気に崩壊してくれたら笑えるんですがねwwww


-----------------------
中国のビューティー市場で韓国製品のシェア急落

 中国で韓国化粧品(Kビューティー)の位置づけが揺らいでいる。中国のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)・電子商取引ビッグデータ分析スタートアップのメジャーチャイナが中国主要オンライン通販サイトのビッグデータを収集・分析したところ、今年はこうした流れが目立った。 

 メジャーチャイナは23日、「中国内売り上げトップ1000ブランドのうち韓国ブランドが占める割合は5月の12.2%から9月には10.5%、11月には1桁台の8.8%まで落ちた」と明らかにした。業界が通常中国市場でのシェアを10~11%前後と捉えているのに満たない数値だ。その上11月は光棍節(独身者の日)で消費が最も活発に起きる時期という点を考慮すれば体感する減少幅はさらに大きいとみられる。 

 メジャーチャイナは5月から11月までタオバオとTモール(各グローバルサイト含む)で販売された3万5000件の化粧品ブランド、2100万件の個別商品、5億5000件のデータを分析対象とした。両通販サイトは韓国の通販サイトと異なり各販売者が商品別の売り上げを公開している。両社を合わせると中国の化粧品オンライン取引で売り上げ70%占めており、中国内のブランド市場シェアと流れを把握するのに重要な基準になる。 

 売り上げトップ20のうち、韓国ブランドは「后」(15位)と「イニスフリー」(17位) の2つだけが順位に入った。Kビューティーを代表するアモーレパシフィックの「ラネージュ」は38位、「雪花秀」は49位だった。1~7位はエスティローダー、ロレアル、資生堂などグローバルブランドが占め、中国ブランドも7件含まれた。

https://japanese.joins.com/article/408/248408.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|top_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る