韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

化粧品

【バ韓国の免税店】中国人観光客が増えても、閑古鳥状態wwwww

支那畜どもに見放されたバ韓国の免税店


頭の程度の低い中国人観光客が、少しずつバ韓国に戻りつつあるようです。

しかし、免税店に行く支那畜の数は激減したまま戻っていないとのこと。


中国の個人輸入代行業者が減り、そこに並べられているものに対する興味がなくなった結果でしょう。


それに、二度以上バ韓国を訪れるリピーターはよほどのキチガイしかいません。



一時的に中国人観光客が増えたとしても、

バ韓国の観光業界が衰退していくのは間違いなさそうですね。



そもそも、朝鮮半島はただの肥溜めにしか過ぎません。


ヒトモドキの生息地としては最適でしょうけど、

我々人類には一生縁のない場所なんですから!!



-----------------------
韓国を訪れる中国人観光客が再び増え始めたが、免税店に客が戻らない理由―中国メディア

 中国メディアの捜狐は2019年2月7日、韓国を訪れる中国人観光客の数が再び増え始める一方で、免税店など韓国の商業者は「笑えない状況である」と報じた。 

 記事は「多くの中国人観光客が韓国に行く目的について、8割ぐらいの人がショッピングと答えるかもしれない。しかし実はそれだけではない。韓国には済州島をはじめとする多くの観光スポットがあるほか、韓国グルメも試してみる価値がある」とした。 

 その上で「実際、韓国を訪れる中国人は免税店に足を運ぶ。それは化粧品などが世界的に有名だからだ。ただ現在、韓国の免税店には中国人観光客の姿はあまり見られず、韓国の商業関係者は喜べない状況にある」と伝えた。 

 記事は理由として「韓国の免税店人気を支えていたのは、個人輸入代行業者たちだった。彼らは頻繁に韓国を訪れ、中国から入った注文に基づき免税店の商品を買いあさり、それを販売することで利潤を得ていた。しかし、中国の税関当局が個人輸入代行対して厳しい政策を取るようになってから、韓国の免税店にあまり客が入らなくなった」と説明した。 

 記事は、現在中国の観光客は韓国の免税店に対してそこまで興味を持っていないとし、再び中国人観光客の心をつかむのはとても難しいかもしれないとの見解を示した。

https://www.recordchina.co.jp/b682427-s0-c20-d0135.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















当然の結果www 中国の化粧品市場、バ韓国製のシェアが絶賛急落中!!!!

バ韓国の化粧品はヒトモドキ専用です


中国におけるバ韓国の化粧品シェアが急落しているようです。

直近の11月には一桁台にまで落ちていたとのこと。


やっと支那畜どももバ韓国製の化粧品の正体に気づき始めたのでしょう。

メイドインコリアの化粧品はあくまでもヒトモドキ用なので、人類に適しているわけがないのですからwwww



残念ながらこの日本には未だにバ韓国製化粧品を使っているキチガイも少なくありません。

そんなキチガイどもの顔面が、ある日を境に一気に崩壊してくれたら笑えるんですがねwwww


-----------------------
中国のビューティー市場で韓国製品のシェア急落

 中国で韓国化粧品(Kビューティー)の位置づけが揺らいでいる。中国のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)・電子商取引ビッグデータ分析スタートアップのメジャーチャイナが中国主要オンライン通販サイトのビッグデータを収集・分析したところ、今年はこうした流れが目立った。 

 メジャーチャイナは23日、「中国内売り上げトップ1000ブランドのうち韓国ブランドが占める割合は5月の12.2%から9月には10.5%、11月には1桁台の8.8%まで落ちた」と明らかにした。業界が通常中国市場でのシェアを10~11%前後と捉えているのに満たない数値だ。その上11月は光棍節(独身者の日)で消費が最も活発に起きる時期という点を考慮すれば体感する減少幅はさらに大きいとみられる。 

 メジャーチャイナは5月から11月までタオバオとTモール(各グローバルサイト含む)で販売された3万5000件の化粧品ブランド、2100万件の個別商品、5億5000件のデータを分析対象とした。両通販サイトは韓国の通販サイトと異なり各販売者が商品別の売り上げを公開している。両社を合わせると中国の化粧品オンライン取引で売り上げ70%占めており、中国内のブランド市場シェアと流れを把握するのに重要な基準になる。 

 売り上げトップ20のうち、韓国ブランドは「后」(15位)と「イニスフリー」(17位) の2つだけが順位に入った。Kビューティーを代表するアモーレパシフィックの「ラネージュ」は38位、「雪花秀」は49位だった。1~7位はエスティローダー、ロレアル、資生堂などグローバルブランドが占め、中国ブランドも7件含まれた。

https://japanese.joins.com/article/408/248408.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|top_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国ブーム終了www タイのバ韓流モール、閑古鳥状態に!!

タイのバ韓流モールが閑古鳥状態


タイのバンコクにある「バ韓流モール」が悲惨な状況になっているようです。

昨年4月にオープンしたものの、ここを訪れる現地のタイ人がほとんどいないんだとかwwww


しかも、モール内にある免税店は、

空港免税品の引き渡し許可を受けることができず、バ韓国製品がまったく置かれていないとのこと。


ま、これが当然でしょう。


バ韓国の化けの皮なんざ剥がれて当然なのですから。




それに引き換え、日本の新大久保一帯はまだそれなりに混雑しています。


当ブログの管理人である私は月に数回ほど仕事で新大久保に行くことがあるのですが、

キチガイの多さにいつも唖然としています。


路上で買い食いするキチガイ、バ韓流ショップで楽しそうに買い物するキチガイ、

バ韓国製の化粧品を購入するキチガイ……。



この国にまだこんなたくさんのキチガイがいることに、

怒りを通り越していつも悲しくなってしまうのです。




この国内から朝鮮ヒトモドキを完全に駆除して、

新大久保をバ韓流に汚染される前の姿に戻したいものです。


-----------------------
ガラガラのバンコク「韓流モール」…タイ各界リーダー94%「韓流、10年も続かない」

 タイ・バンコクの「弘大(ホンデ)通り」と呼ばれているRCA(ロイヤル・シティ・アベニュー)の中心には別名「韓流モール」と言われているShow DCの建物が立っている。ロッテ免税店をはじめ、PSY(サイ)ら韓国有名芸能人が投資したレストランが軒を連ねている場所で、昨年4月オープンした。だが、ここを訪れるタイ人はほとんどいない。 

 時折、免税店ショッピングのための観光バスがやってくるが、ガラガラのショッピングモールを埋めるには力不足に見えた。免税店の中には韓国製化粧品さえない。すべてタイ製だ。免税店の入口に立っている実物大の韓国芸能人の立像が面目を失うほど観光客の足は遠のいている。ロッテがタイ政府だけを信じて昨年4月に免税店を開いたが、いざオープンしてみると空港免税品の引き渡し許可を今まで受けることができず、韓国製品を置くことさえできずにいたためだ。 

 Show DCモールの不振は東南アジア諸国連合(ASEAN)進出公式の一つである「韓流=成功」がこれ以上通じないという事実を示す代表事例だ。韓流の援助格であるタイですら「韓流の余命はあとわずか」という言葉まで出ている。 

◆危険な韓流ブーム 

 韓国経済新聞は韓泰交流センター(KTCC)と共同でタイの政界・財界・言論界の主なリーダー85人を対象に、先月、アンケート調査を実施した。タイ国防省高位官僚および主要機関長や大企業、報道機関の役員が含まれている。このうち大多数である94%は、韓流効果があと何年続くかという質問に「10年未満」と答えた。このうち「5年未満」とする回答も38%に達した。 

 タイ国営放送局「MCOT」のリティクライ・トンマライ副社長も「最近、韓流の成功だけを信じてとりあえずやってみようというようなイベントが多すぎる」とし「行事の質も以前には及ばず、韓流の持続的発展に対する障害物になっている」と指摘した。今年だけでも、韓泰修交60周年を記念するとして韓国の大型放送局と芸能企画事務所が主催したアイドルコンサートが次々と中止となり、チケット払い戻し騒動が広がっている。バンコク市長を務めたアピラック・コーサヨーティン元泰韓親善協会会長も「今後、韓流をどのようにもう一段階発展させるかについて悩まなければならない」と話した。

https://japanese.joins.com/article/187/247187.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|top_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国の化粧品メーカー、中国に嫌われて株価30パーセント下落wwwwwww

ゴキブリパックで有名なバ韓国


バ韓国の化粧品会社の株が、とんでもなく下落しているようです。

なんと今年に入ってから30パーセント以上も下げているのですから、よっぽどのことですね。



その理由は……、


中国人観光客が屑チョン製の化粧品を見限り、日本製を購入し始めた為なんだとか。



支那畜の連中もやっと気づいたようですね。


バ韓国製の化粧品なんてものは、ヒトモドキという動物用のものなので人類に適していません。

つまり、動物実験しか行われていない粗悪品にしか過ぎないのです。




そもそも、バ韓国の薬事法はまともに機能していないので、禁止された添加物が含まれていることが当たり前なのです。


ま、支那畜どもには相応しいと言えなくもないですがwwwwwww



なんにせよ、バ韓国の経済力が弱まることは人類にとって歓迎すべき事態なので良しとしましょうか。



-----------------------
化粧品は韓国より日本?中国人観光客の好みに変化=韓国ネットから厳しい声

 2018年10月10日、韓国メディア・韓国経済は「日本に向かう中国人観光客…アモーレは横ばいなのに資生堂はぐんぐん」と題する記事を掲載した。 

 記事によると、韓国と日本の化粧品メーカー大手のアモーレパシフィックと資生堂の株価が反対の動きを見せている。今年に入ってアモーレパシフィックの株価が30%以上下落している一方で、資生堂は40%以上上昇した。両社が中国市場をめぐってし烈な競争を繰り広げる中、中国人観光客の日本製品を好む傾向が強まったことから、資生堂が反射的利益を得ているとの分析が出ているという。 

 かつてはアモーレパシフィックの方が人気を博していたが、2016年の韓国への「THAAD(高高度防衛ミサイル)」配備以降、中国人観光客の足が日本へと向かい始めて逆転した。今年上半期に日本を訪れた中国人観光客は405万人で、韓国を訪れた中国人観光客(217万人)より約2倍多い結果となっている。今や東京・銀座は、かつてのソウル・明洞(ミョンドン)のように中国人観光客でにぎわっている。 

 専門家からは「中国政府による違法仲介業者規制の強化も悪材料」と指摘する声も上がっているという。 

 これに、韓国のネット上では「ずっと韓流に乗っかっていればいいと安易に考えていたのだろう」「基礎研究をしない韓国の化粧品業界に未来はない。マーケティング費用のせいで研究費がない。資生堂に追いつくには10年は研究しなきゃ」「今年の国慶節(※中国の祝日)の人気旅行先はタイ・日本・香港・台湾・ベトナム・シンガポール・韓国・インドネシア・マレーシアの順。これが韓国の観光業界の現実」「中国人は元々日本製品好き。韓国製品は安くて質が悪くないからとりあえず売れていただけで、いろいろ試してブランド志向が強まれば日本やフランスの化粧品を使うようになる」「韓国人も海外の方が安くて見るものもたくさんあると思ってる」など厳しい声が目立ち、あるユーザーからは「国内の内需市場を回復させるには、規制を緩和してプレミアム市場を拡大させるべき。観光産業は政府の力が重要なのに、3流政府に3流政治はKPOのP一本推し」との声も上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b652440-s0-c20-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る