韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

北京

全力でゴマすりwww バ韓国の文大統領が習近平と首脳会談!!

全力で習近平にゴマをするバ韓国のキチガイ文大統領


本日、北京でバ韓国の文キチガイと中国の習近平が会談していました。


その場で、習近平に訪韓するよう懇願していた文大統領。


外交努力を続けているのを国民にアピールし、支持率維持に必死なのでしょう。



そして、レッドチーム入りの地固めという側面もあるのでしょうね。




「中国の夢がバ韓国にとっていい機会になるように、バ韓国の夢も中国に役立ってほしいニダ」


「習主席と私が中国の一帯一路構想とバ韓国の新南方・新北方政策間の連繋協力を摸索するよう合意しているニダ!」


「バ韓国と中国が第三国に共同進出して、シナジー効果を出すことを期待しているニダ」



……こんな発言でゴマをするのに必死だった文大統領wwww




晴れてレッドチーム入りすれば、コウモリ外交をせずに済むので、

文大統領が一番それを望んでいるのかもしれません。




-----------------------
韓国大統領、米朝対話中断に懸念=中国主席の訪韓要請

 韓国の文在寅大統領は23日、中国・北京を訪問し、習近平国家主席と会談した。

 文氏は米朝対話が中断していることに言及し、「緊張が高まっている最近の状況は両国(中韓)にはもちろん、北朝鮮にとっても決して得にならない」と述べ、懸念を示した。文氏は米朝の非核化交渉継続に向け、中国の支援を求めたもようだ。

 文氏と習氏の会談は6月に20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)で行われて以来。このほか、文氏は習氏に来年早期の訪韓を改めて要請した。中韓関係は在韓米軍への最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備問題などで冷え込んだが、習氏は協力関係の強化を訴え、関係の改善に意欲を示した。

https://news.livedoor.com/article/detail/17567595/
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















ついに発狂!! バ韓国・文政権「北京や東京の主要施設を攻撃できるよう軍拡するニダ!」

中国と日本を攻撃する気マンマンのバ韓国軍


バ韓国の来年度の国防予算が発表されていました。


その国防戦略の中で、


「北京や東京の指揮部や主要施設を打撃できなければ駄目ニダ!」


との理由で、新たな項目が追加されていました。


今までは北朝鮮を敵視していたバ韓国ですが、

いよいよ支離滅裂になってきましたね。


ま、どれだけバ韓国が軍備に予算をつぎ込んでも、日中に太刀打ちできるわけがありません。


なにしろ予算の大部分が関係者の懐に入るだけで、実際に配備されるのは使い物にならないポンコツばかりなのですから。


それに、有事の際は、セウォル号の船長よろしく兵隊どもがイの一番に逃げ出すのがバ韓国軍の伝統です。





このまま対岸からキチガイどもの迷走ぶりを眺めるのも後わずかですね。


もう少し経てば、屑チョンどものクニモドキが地上から消えて無くなるのですからwwww




-----------------------
文在寅政権の自主国防新バージョン…平壌だけ? 北京・東京にも牽制球

 武器を導入する過程で最初の段階が所要提起だ。「○○○な理由のため○○○な戦力が必要だ」という形式だ。ところが今年所要を提起しなければならない理由として「北朝鮮の脅威」にもうひとつ加わった。「周辺国への備え」だ。国防部が先月29日に発表した2020年度国防予算案には北朝鮮と別に周辺国に対抗する戦力を確保する項目が別に用意された。韓国政府内で非公式的に「北東アジア予算」または「周辺国予算」と呼ばれるものだ。

 自主国防の概念が変わっている。これまで自ら国を守ろうとする対象は北朝鮮だけだった。しかし中国、日本のような周辺国にその対象が広がった。韓国政府関係者は「中国や日本が敵国という意味ではない」としながらも、「ただ今後両国との紛争が起きかねないためあらかじめ準備しようということ」と話した。日本は独島(ドクト、日本名・竹島)、中国は離於島(イオド)でそれぞれ韓国の領有権を認めていない。

 文在寅(ムン・ジェイン)政権の自主国防観は『2018国防白書』で表れた。国防部は8年ぶりに白書から「北朝鮮は敵」という表現を抜いた。代わりに「敵」を「大韓民国の主権、国土、国民、財産を脅かし侵害する勢力」と定義した。同当局者は「北朝鮮に限定せず、状況により周辺国も敵になることがあるという拡張概念」と説明した。

 政府消息筋は「現政権は基本的に北朝鮮は在来式戦力で韓国に勝てないと判断している。問題は北朝鮮の核・ミサイルなど大量破壊兵器(WMD)だが、これは米国の拡張抑制(核の傘)で防げるとみている」と話した。彼は「韓国の国力と経済力が大きくなったため、いまは北朝鮮一辺倒から脱却し周辺国にも対応できる能力を備えた」と話した。

(中略)

 韓国政府は中国と日本を牽制する戦力が必要だと判断した。まず局地戦や制限戦、具体的には独島近隣や離於島周辺の上空や領海で中国と日本の海空軍に最小限押されない水準の戦力がなくてはならないとみた。もう少し欲を出し東南アジアのマラッカ海峡まで戦力を送り海上交通路(SLOC)を保護しようともする。

https://japanese.joins.com/article/843/257843.html?servcode=400&sectcode=400
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















まるで戦争前夜! 中国・北京市から一夜にしてバ韓国企業の看板が強制撤去される!!

中国・北京からバ韓国企業の看板が強制撤去される


中国の北京から、一夜にしてサムスン電子や現代自動車の看板が多数消えたようです!!

どうやら北京市が100人近くの人員を割いて、市内のバス停にあった看板を撤去したとのこと。


しかも!!


これらの看板は、2025年まで広告契約がされていたものなんだとか!!


いやぁ、まるで戦争前夜のようですねwwwww


北京市側の言い分は、

「街の景観を守るため、不良広告物を整理したアル!」

というもの。


たしかに、これは納得せざるを得ませんね。

屑チョンが関わった広告なんざ、不良以外の何物でもないんですから。



どうせなら看板だけではなく、中国に巣食っているバ韓国塵どもを一斉に駆り殺してくれればいいものを……。


-----------------------
北京市、サムスン・現代自看板を多数撤去

 中国・北京の中心部である長安街に設置されていたサムスン電子や現代・起亜自動車の街頭看板が多数、一夜にして消えた。バス停留所にあるこの看板は契約期間が2025年末までだったが、北京市当局が「景観改善」を理由にまるで軍事作戦を遂行するかのように一方的に撤去したのだ。

 現地に住む複数の韓国人によると、北京市は12日午後11時から4つの撤去チーム・約100人を投入し、長安街一帯のバス停留所190カ所(サムスン電子91カ所、現代99カ所)の看板のうち67カ所を撤去した。残りの看板もすべて撤去される予定だ。

 両社の看板は韓中国交正常化20周年だった2012年、長安街一帯に設置されたもので、バス停留所で風雨を避ける施設と看板を兼ねたものだ。長安街は北京を東西に貫く長さ43キロメートルの中心道路で、天安門・人民大会堂・各官公庁・金融機関・最高級ホテルが立ち並ぶ、北京を象徴するような区域をなしている。ここにあるバス停留所にはほかの外国企業の看板はない。サムスン電子と現代自動車の看板は「終末高高度防衛ミサイル(THAAD)問題確執」で一時撤去説が流れたが、実際には撤去されなかった。

 これらの看板は、中国の抗日戦勝70周年パレードが行われた2015年、「パレードに合わせてアップグレードしてほしい」という北京市側の要請に応え、韓国企業が30億ウォン(約3億円)かけて発光ダイオード(LED)照明・ステンレス製にリニューアルしたものだ。この時、北京当局は2017年末終了予定だった広告契約を2025年12月までに延長した。

 ところが北京市の態度は2016年3月から急変、看板を設置した韓国企業に撤去を要求していたことが分かった。「長安街景観を改善し、不良広告物を整理する」というのが理由だった。北京市の要請・許可に基づいて看板を作成し、合法的に契約までしたのに、まさに「青天のへきれき」となった韓国企業は、「撤去すれば数百億ウォン(数十億円)の損害は避けられない」として損害賠償を請求してきた。だが北京市は「納得できないなら裁判所に提訴せよ」と主張し続け、とうとう撤去を実施した。中国にある韓国大使館が面談を申し入れたが、これも無視されたとのことだ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/07/14/2018071400396.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【世界ナンバー1】中国・北京よりも大気汚染が悪化しているバ韓国wwwwww

大気汚染でバ韓国塵と支那畜が全匹死んでくれ


バ韓国の大気汚染のニュースが相次いでいますが、

ここにきて遂にPM2.5の濃度が中国の北京を上回ったようです!!


中国からの汚染物質、そしてバ韓国国内で発生した毒性物質が混ざり合ってトンデモないレベルになっているとのこと。


この事態が明らかになっても、

バ韓国政府が対策を始めたのは3日も経ってからなんだとか。



まぁ、コレは大いなるガイアの意志ってヤツでしょうね。



支那畜も屑チョンどももこの地球に仇名す害獣なので、

その意志に逆らわずとっとと死んでいただきたいものです。



隣国である我々日本にも悪影響があるでしょうけど、

きゃつらが消えてなくなってくれるのであれば甘んじて受け入れるべきでしょうね。



-----------------------
北京より深刻な韓国の大気汚染、“ずさんな対策”が原因に?=韓国ネットからは不満の声

 2018年3月29日、韓国・世界日報はこのほど、「大気汚染が悪化して4日目となる26日午前のPM2.5(微小粒子状物質)の濃度が、発生地とされている中国・北京より高いレベルになった」とし、その原因について報じた。 

 韓国国立環境科学院などによると、26日午前9時の時点でソウルのPM2.5の濃度は1立方メートル当たり94マイクログラムと悪かった。済州(チェジュ、70マイクログラム)や光州(クァンジュ、74マイクログラム)など南部にも広がったそうで、記事は「韓国の全国民が息の詰まるような朝を迎えた」と伝えている。 

 一方、同じ時間帯(現地時間午前8時)の北京のPM2.5の濃度は90マイクログラムとソウルより低かった。特に、今回のPM2.5の発生地とされる中国南東部も南京は86マイクログラム、上海は80マイクログラム、広州は71マイクログラム、杭州は48マイクログラムにとどまったという。これについて、記事は「発生地より濃厚な大気汚染物質が朝鮮半島に積もる要因は、不利な気象条件と不十分な低減対策のため」と指摘している。国立環境科学院・大気の質統合予報センターのチャン・イムソクセンター長は「国外から流入した粒子状物質が停滞した大気に閉じ込められて抜け出せず、さらにここに国内で発生した粒子状物質も加わった」と話し、「今月24日は国外、25〜26日は国内の要因が大きい」と説明したとのこと。 

 その上で記事は、韓国政府の対応について「大気の質が急速に悪化してから3日後にようやく非常低減措置を発令した」とし、「対策がずさん極まりない」と厳しく非難している。 

 これを受け、韓国のネット上は不満の声であふれている。「中国のせいで韓国国民が苦痛を受けている」「中国の空にふたをしたいぐらい。もううんざり。世界的に監禁措置をとるべき」など中国へのコメントが相次ぐ中、「ちょっとは中国に抗議して。これが人の住むところ?」「おかしな政策を実施するお金があったら、巨大空気清浄機を設置してよ。中国より対策できてないってどういうこと?」など韓国政府への怒りの声も目立つ。 

 また国内に原因があるということには不服のようで「どうか韓国に原因があるというのはやめて。原因は中国にある」「原因は中国だっていうのに、なぜ韓国内だけで規制しようとするの?」といった記事への反論意見も寄せられた。

http://www.recordchina.co.jp/b587026-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る