韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

医療

バ韓国・医療業界の「妊娠順番制」とは……

バ韓国の出生率が早くゼロになりますように


バ韓国の医療業界のトンデモない慣行が明らかになっていました。


それは、「妊娠順番制」というもの。


女医や看護師が妊娠や出産によって休みが重なると、他の者に迷惑がかかるということで、

職場で「妊娠の順番」が決められているんだとかwwwwwwww



ヒトモドキの分際で出産をコントロールだなんて、笑わせてくれますねぇ。


アチコチの職場でボトルネックが発生してくれれば、生まれてくる幼獣の数が減ってくれるというワケですね。

こりゃあ改善なんかせず、バ韓国中のありとあらゆる職場で導入してもらいたいものです。


-----------------------
女性医療従事者の「妊娠順番制」、韓国人権委が改善勧告へ

看護師と看護助手の4割「好きなときに妊娠できない」

 韓国の国家人権委員会は29日、医療機関で働く女性の人権を侵害する「妊娠順番制」などの慣行の改善を促す勧告案を雇用労働部や保健福祉部(いずれも省に相当)などの政府機関に提出すると明らかにした。

 妊娠順番制とは、医療機関に勤める女性の研修医や看護師、看護助手などの産休・育休が重なり業務に大きな支障が出ることのないよう、職場で「妊娠の順番」を決める慣行を指す。

 国家人権委が昨年、12の病院を対象に調査した結果、女性研修医の71.4%と看護師、看護助手の39.5%が「好きなときに妊娠できない」と答えた。妊娠の「順番」を守らなければ職場で周りの目が気になるという。また、看護師、看護助手の44.8%が言葉による暴力を経験したと答えたほか、身体的暴力、セクハラを経験したとの回答率はそれぞれ11.7%、6.7%となった。

 勧告案は、医療機関が産休・育休制度を順守しているかどうか雇用労働部が管理・監督を強化すること、暴力・セクハラ予防活動の有無を保健福祉部が医療機関の認証基準に加えることを盛り込んでいる。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/30/2016083001085.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【当然の結果】ぼったくりや死亡事故の多発で、バ韓国で整形手術する外国人が半減中wwwwwwww

バ韓国で整形するようなバカが死んでも同情できません


バ韓国で整形手術を行う外国人観光客が激減しているようですwwwwww

2014年には2万人以上いたようですが、その翌年の2015年には1万2000人ほどとほぼ半減したんだとか。


その原因は、

ぼったく価格や死亡事故にあるとのこと。


ま、バ韓国で整形手術を受けようとするだなんて、

自殺行為そのものですから被害者に同情する気はさらさら起きませんがねwwwwwww


この患者の減少に焦ったバ韓国の病院は、手術の様子を録画するサービスを始めたりしているようです。

まぁ、今さらどんな対策を講じても無駄でしょうね。


今後どれだけ金をかけてアピールしようとも、そんな手にヒっかかるのは中国人くらいなものでしょうからwwww

-----------------------
韓国で整形する外国人観光客が激減、ネットで被害事例が拡散=韓国ネット「自業自得だ」「韓国での整形は運試しゲーム」

 2016年6月8日、韓国・JTBCによると、韓国で整形手術を受ける外国人観光客が激減している。 

 整形外科病院が密集しているソウル江南区の狎鴎亭駅。2年ほど前まではあちこちで中国語が飛び交っていたが、最近は中国人観光客の姿はほとんど見られない。韓国の保健福祉部によると、江南の整形外科を訪れた外国人観光客は2014年には2万480人ほどだったが、昨年は1万2000人ほどにとどまった。 

 整形手術のために訪韓する中国人観光客が減少したのは、複数の中国メディアが昨年、相次いで韓国の整形外科でのぼったくりや死亡事故などの被害事例を報道し、SNSなどで韓国での整形に対する否定的な世論が拡散したためとみられている。また、高額な料金を請求するブローカーに対する不信感も強まっている。 

 窮地に立たされた整形外科病院は対策に乗り出している。「医師免許を確認したい」「保護者が参観できるようにしてほしい」といった中国人観光客の要望に応えるため、手術中の様子を録画したり、監視カメラの映像を公開するサービスを行うところが増えている。また、死亡や傷害事故が発生した場合に医師免許を停止したり、医療事故紛争処理機関をつくるなど、「政府レベルでの本質的な対策を講じなければならない」との声も高まっている。 

 これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。 


金に目がくらんだ韓国の整形外科。自業自得だ」 

韓国人にも副作用についてちゃんと説明してくれないのだから、外国人にはもっとひどい対応をしているのだろう」 


確かに韓国の整形外科には問題がある。副作用も深刻だし、医者のコンディションによって仕上がりが全然違う。つまり運試しゲーム。大げさに言うと、賭博のようなものだ」 

「ブローカーは医者よりも高額な料金を請求するらしい」 


よかった。中国人観光客にも整形で稼ぐ医者にもうんざりしていたところだ」 

「有名な韓国の病院の多くが中国に開院している。それなのに、わざわざ韓国に来て整形するか?」 


中国人と聞くと、韓国人は通常の2倍の金額を請求する。韓国観光の未来が心配

「政府がはりきって『整形は医療韓流だ』と言った時から分かっていた。しっかり管理する気などさらさらないことを…」

http://www.recordchina.co.jp/a141022.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








恐怖! 韓国サムスン電子が、医療の分野に本格進出か!

ある日、突然爆発するサムスンのスマホ


糞サムスンが空恐ろしい計画を立てていました。

なんと医療・ヘルスケア分野に本格的に乗り出すとのことです。

心拍数をチェックするセンサー搭載のスマートフォンなどのスマート機器を出しているとのことですが、ゾっとしますね。



突然爆発するような機器を医療行為に用いるだなんて、キチガイならではの発想ですね。


いつの間にか日本の医療の現場で使われていた、なんてことがないよう願いたいものです。


-----------------------
三星副会長 “新たな中核ビジネスは医療・ヘルスケア”

 人口の高齢化が進み、ヘルスケア産業が次世代の有望分野になるとして、三星電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が11日、医療・ヘルスケア事業を自社の新たな中核ビジネスとして位置づけ、積極的に投資していくとの考えを示しました。

 これは、三星電子の李在鎔副会長が9日、中国海南省で開かれた「ボアオ・アジア・フォーラム」で述べたものです。

 このなかで、李副会長は、「三星は、医療とヘルスケアの分野で新たな可能性を探るため、多くの研究開発資源を投入している。特に、モバイル技術をもとに、病院と医師、それに患者をリアルタイムでつなぐ技術や自己診断を可能にする新たな応用技術の開発に力を注いでいる」と述べました。

 また、李副会長は、「高齢化問題に直面した多くの国で、医療費支出が大幅に増えている。医療費を削減できる方法を見つけることができれば、極めて大きなビジネスチャンスになる」と強調しました。 

 三星は2020年までに、医療・ヘルスケア分野に1兆2000億ウォン、およそ1180億円を投資し、年間売上高10兆ウォン、およそ9800億円の達成を目指していて、心拍数をチェックするセンサーが搭載されたスマートフォンなど、健康管理に役立つスマート機器を続々と市場に出しています。

「ボアオ・アジア・フォーラム」は、2001年に、アジアの26か国の代表が相互の交流と協力を活性化させようと設立したもので、アジアのダボス会議とも呼ばれています。

http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Ec_detail.htm?No=49891&id=Ec
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る