韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

半導体

【バ韓国が崩壊する前に絞り取るアル!!】中国独占禁止当局がバ韓国企業を調査! 課徴金は最大で8700億円に!!!!

他国のパクりで荒稼ぎしていたバ韓国企業


中国の独占禁止局が、過去に例を見ないほどの大規模な調査に乗り出したようです。

ターゲットは、バ韓国企業!!


半導体の価格に関し、サムスン電子、SKハイニックスらが談合していたとみているようです。


この調査により、科せられる課徴金の額は最大8700億円にもなるとのこと。



いやぁ、中国の狙いも見え見えですなぁwwww


バ韓国経済が完全に崩壊する前に、

ブン取れるだけブン取っておこうという腹積もりなんでしょう。




ま、アルとニダで醜い争いをしていただき、

1匹でも多くの害獣が死んでくれることに期待したいものです。


-----------------------
中国独占禁止当局が韓国企業など調査、課徴金最大8700億円も―米華字メディア

 2018年6月4日、米華字メディアの多維新聞は「中国の独占禁止当局(反壟断局)が初の大規模調査、韓国企業に照準」とする記事を掲載した。 

 記事は韓国紙・朝鮮日報の報道を引用し、中国の反壟断局がこのほど、サムスン電子、SKハイニックス、米マイクロンのメモリー半導体3社に対し、価格談合など独占禁止法違反の疑いで調査に着手したことを伝えた。 

 韓国産業通商資源部の白雲揆(ペク・ウンギュ)長官は5日から6日まで北京を訪問し、中国当局に対し、公正な調査を行うよう求めるという。 

 朝鮮日報は今回の調査について、「半導体価格の上昇に対する中国のスマートフォン、パソコン業者の不満解消、自国の半導体産業育成という中国政府の意向を反映したものとみられる」「米国が自動車、鉄鋼など韓国の輸出製品に対する貿易圧力を強化する中、中国当局が最大の輸出品目である半導体に照準を合わせた格好だ」などと伝えている。 

 中国紙・21世紀経済報道は2日、中国国家市場監督管理総局傘下の反壟断局の調査官らが先月31日、北京、上海、深センにある3社のオフィスを突然訪れ、検査を実施したと報じていた。 

 朝鮮日報は反壟断局について、「今年3月、国家発展改革委員会価格調査局、商務省反壟断局、国家工商行政管理総局を統合して発足した市場監督機関だ」とし、「反壟断局がこれほど大規模に調査を行ったのは発足以来初めてだ」と伝えた。

 反壟断局は3社が半導体価格談合をはじめ、製品の供給不足を悪用した抱き合わせ販売など違法行為をしていないかどうかを調べたとされる。21世紀経済報道は「3社が市場での支配力を乱用したと判断されれば、2016年以降に中国で販売した半導体の売上高を基準として、課徴金の規模は8億~80億ドル(約876億~8760億円)になる」と報じている。

https://www.recordchina.co.jp/b608226-s0-c20-d0054.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












お先真っ暗www バ韓国・サムスン電子、主力商品の世界シェアがダダ下がり中wwwwww

バ韓国のサムスン、各分野でシェアが激減


バ韓国の屋台骨を支えていると言っても過言ではないサムスン電子。

そのサムスン電子の世界シェアがここ数年ずっと右肩下がりの状態となっています。

テレビ、携帯電話、ディスプレイと主力分野のシェアが下がり続けていて、回復の見込みは無しwwwwwwwww



バ韓国政府は、北朝鮮と中国とアメリカの顔色を伺うのに必死で、何の対策も出せないまま。

頼みの綱の半導体が大コケしたら、そのままバ韓国経済の崩壊に繋がるのは間違いないでしょう。



じわじわと世界規模で広がっていたバ韓国製品の不買運動が、身を結んできた感じですかね。


もっとも屑チョンの製品なんざ、不買運動をしなくとも誰も買わなくなるのは当然の結果でしょうwwww



なんにせよ、バ韓国崩壊の時がいよいよ迫ってきたんですねwwwwww


-----------------------
サムスン業績危機、4大製品で半導体除くシェア急落=韓国ネット「バブル崩壊直前の日本を見ているよう」「半導体まで駄目になったら韓国は終わる」

 2018年5月27日、韓国・聯合ニュースによると、サムスン電子が生産する4大製品の中で半導体を除いた全ての世界シェアが数年間下降曲線を描いていることが分かった。 

 業界によると、今年第1四半期、サムスン電子の家電(CE)事業部門の主要製品であるテレビ(TV)の市場シェアが20.1%となり、前年同期(21.4%)に比べ1.3ポイント下落。TVのシェアは12年以降、昨年までの6年間連続で20%台を記録したが、年初に不振となり今年は7年ぶりに10%台に落ち込む可能性がささやかれている。 

 IT・モバイル(IM)事業部門の主な製品である携帯電話は状況がさらに深刻だ。今年第1四半期のシェアが18.9%となり、1年前(21.4%)に比べ2.5ポイント急落。世界シェアトップの座は守ったが、13年第1四半期(28.6%)と比較すると、10ポイント近く下落したことになる。 

 デバイス・ソリューション(DS)部門は、ディスプレイと半導体事業の悲喜が交錯。ディスプレイパネルは、主要品目の中でシェア下落の速度が最も速い。15年までは20%を上回っていたが16年に17.1%、17年に14.8%に下落し、今年第1四半期には前年同期(15.0%)に比べ1.8ポイント下落した13.2%に落ち込んだ。 

 主力の半導体製品であるDラムは、圧倒的な技術格差をもとに今年の第1四半期の市場シェアは44.9%に達し、前年同期(44.8%)とほぼ同水準だったが、決して安心できないというのが業界の指摘だ。 

 業界関係者は、「李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が最近、人工知能(AI)のような新たな道の発掘に乗り出しているのも、このような現実認識に基づくものとみられる」とし、「半導体景気が下火になる前に、新成長動力の確保が必要」と指摘している。 

 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「サムスンが駄目になったら、現政権にも大ダメージなはずなのに、文大統領は北朝鮮問題ばかりに一生懸命だ」「サムスンが生き残るためには、韓国を離れるしかない」「文政権の財閥締め付けがうまくいった証拠だろう」など、現政権の経済政策を疑問視する意見が寄せられた。 

 また、「Dラムしかないのに、これに米国から輸入関税を掛けられたらおしまいだ」「半導体まで駄目になったら韓国は終わる」など、韓国の将来を憂える声もみられた。 

 その他に「バブル崩壊直前の日本を見ているようだ」とするコメントもあった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/27/2018052702534.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【朗報】中国が半導体の調達先をバ韓国からアメリカへ変更か!?

バ韓国の半導体なんて糞尿みたいなもの


いよいよバ韓国の終わりが近づいてきました!


この度、中国が半導体の調達先をバ韓国からアメリカに変更する可能性が出てきたというのです!!


いやぁ、着々とバ韓国包囲網が整ってきている感じですなぁ。



アメリカによる関税引き上げはいろいろと問題もありますが、

屑チョンどもが苦しむのなら大歓迎です!!



-----------------------
中国が半導体の調達先を韓国から米国へ変更か、実現すれば韓国経済に打撃―中国メディア

 2018年3月27日、澎湃新聞網によると、中国が対米貿易黒字の解消に向け、半導体の調達先を韓国から米国に変更する可能性が出てきた。実現すれば韓国経済にとって打撃となりそうだ。 

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、中国の知的財産権侵害を理由とした米国による通商制裁で、トランプ政権のマヌーチン財務長官は中国に対し、自動車輸出関税の引き下げと米国製半導体の輸入拡大、中国金融市場への米国企業の参入支援などを要求していた。 

 英紙フィナンシャル・タイムズは、中国側が米国の対中貿易赤字削減に向け、金融市場のさらなる開放を検討していると報道。中国がこれまで台湾や韓国から調達していた半導体を、今後は米国から輸入することを検討しているという。中国の半導体輸入額全体のうち、米国からは昨年の時点で1%にとどまっている。 

 中国商務部の王受文(ワン・ショウウェン)副部長はこのほど開かれた経済フォーラムで、金融、電信、医療、教育、福祉分野の開放を進める意向を示していた。

http://www.recordchina.co.jp/b586819-s0-c20.html
-----------------------



真綿でジワジワと首を絞めていくのもいいですけど、

不愉快な断末魔なんて聞きたくないのでさっさと自滅していただきたいものです。





韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【主力産業が壊滅状態!】中国市場を失ったバ韓国の“自動車”、“造船”、“半導体”

バ韓国の主力産業は壊滅状態www


THAAD配備に端を発した中国の“限韓令”によって、バ韓国の崩壊が本格的に始まっていました。


自動車業界、造船業界、半導体産業といったバ韓国の主力産業が、

ことごとく中国での市場を失っていたのです!!


ここから挽回するのは、屑チョンがヒトに進化するより難しいでしょうなぁwwwww


まさに“危機的状況”ってやつでしょう。



でも、屑チョンどもの首を真綿で絞めるのは気持ち悪いだけですから、

さっさとトドメを刺したいものですねぇ。



-----------------------
自動車、造船、半導体…、韓国の主力産業、中国市場失い「危機的状況」

 2018年1月4日、中国メディアの「瞭望智庫」は、韓国の主力産業である自動車、造船、半導体は、中国で300日以上を「失い」危機的状況に置かれているとする記事を掲載した。 

 エネルギーの持続可能な発展に取り組む企業などでつくる国際組織「全球能源互聯網発展合作組織」経済技術研究院の高級研究員、相均泳(シアン・ジュンヨン)氏は記事で、「高高度防衛ミサイル(THAAD)危機が、中韓関係を安定させる『重し』であった経済・貿易往来に大打撃を加え、韓国経済に巨大な圧力をもたらした」と指摘し、韓国の主力産業である自動車、造船、半導体への影響について分析した。 

 記事はまず韓国の自動車産業について、16年の自動車の輸出総額は413億ドル(約4兆6700億円)に上り、輸出全体の8.3%を占め、「関連産業を含めれば、自動車産業の韓国経済に対する貢献は間違いなく巨大だ」と指摘。その上で、THAADをめぐり「中国との関係をぶち壊した」ことで、17年1〜11月の現代・起亜自動車の中国での販売台数は前年同期比38.2%減の97万台に落ち込み、加えて新エネルギー車分野において比亜迪、北汽集団、長安汽車など中国ブランドが台頭したことで、「中国市場でのシェアを奪われた」と分析した。 

 「漢江の奇跡」を代表し、以前は受注ランキングで韓国企業が世界の上位7社を独占していた造船産業については、「過去2年間で、韓国の造船会社は数十億ドルの損失を被り、従業員を解雇して延命を図ってきた」と指摘。一方、中国については、英国の造船・海運分析機関クラークソンによると、17年の船舶受注量で中国は713万CGT(標準貨物換算トン数)で首位となり、韓国は574万CGTで2位だったとした。 

 半導体産業については、韓国ではGDP全体の5%を占める主力産業であり、メモリ分野ではサムスン電子とSKハイニックスが世界シェアの3分の2をほぼ独占しているとした一方で、「中国も黄金期を迎えている」と指摘。中国政府が、14年に半導体産業の育成指針である「国家集積回路産業発展推進ガイドライン」を公表し、半導体の自給率を高めるとともに、30年までに世界トップクラスの半導体メーカーを数社育成するという目標を掲げたことで「韓国は中国を最大の脅威とみなすようになった」と論じている。

http://www.recordchina.co.jp/b383490-s0-c20.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る