韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

去勢

バ韓国・ソウルで行われた海外就職博覧会! 日本企業が最多の65社も参加だと!?

バ韓国で行われた海外就職博覧会


バ韓国のソウルで海外就職博覧会が行われていました。


このイベントは、日韓関係の悪化で2か月ほど延期されていたとのこと。


大勢の屑チョンが職を求めて殺到していたようですが、

日本企業がこのイベント最多の65社も参加していたのが驚きです。



本当にふざけた話です。


バ韓国から大勢の犯罪者を呼び寄せるだなんて、とんでもない蛮行です。





あれだけ反日運動をしておきながら、よくもまあ日本で就職したいなどと言えるものです。


どうしても日本で就職したいのなら、全匹のDNAを採取しておき、去勢を義務付けるべきでしょう。


あ!

全匹に電子足輪を装着させておくのも必要でしょうねwwww




-----------------------
反日運動で2カ月延期された海外就職博覧会に1000人

 ソウル市内のホテルでは12日午後、日本、米国など9カ国の企業100社が採用ブースを設け、面接を行っていた。参加企業は日本企業が65社と最多で、韓日関係悪化がうそのように面接希望者が絶え間なくブースを訪れた。ブース近くの椅子には正装した青年らが準備してきた履歴書や企業情報をチェックしていた。

 今回の行事は雇用労働部と大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が青年の就職支援を目的として開いたものだ。会場には全国各地から1000人以上の青年が集まった。日本ボイコットのムードが色濃い中、前年(1011人)並みの参加者を集めた。

■韓日関係悪化で2カ月延期

 今回の行事は雇用労働部の主催で毎年2回開かれる韓国最大規模の海外就職博覧会だ。日本国内での求人難から韓国の人材を求める日本企業の参加が毎回最も多い。ところが、そのせいで当初9月初めに予定されていた博覧会は中止寸前となった。7月に日本の輸出規制で韓日関係が急速に悪化すると、雇用労働部は開催を保留した。雇用労働部関係者は当時、「関係がぎくしゃくする中、日本企業を就職博覧会に招くのは体裁が悪い」と話した。そして、反日ムードがやや和らいだことから、2カ月後に控えめに博覧会を開催した格好だ。

 遅れたものの開催された博覧会には、ソニー、日産、ハウステンボスなど65社が参加。各社は外交問題などお構いなしに韓国の人材確保に集中した。日本の家電メーカー関係者は「社内には韓国人に対する差別は全くない。悪化した雰囲気の中でも志願してくれた韓国人に感謝するばかりだ」と話した。参加者のPさん(26)は「日本企業は父母がどうしているかや健康状態、家庭状況などを尋ねた。韓国に帰ってしまうことがないように、長く働ける人材を探しているという印象を受けた」と語った。

 韓国統計庁が発表した9月の青年拡張失業率(体感失業率)は21.1%に達する。青年の5人に1人が仕事を持たない計算だ。雇用労働部関係者は「海外就職は容易ではない選択だが、国内の雇用が不足しているため、海外就職に目を向ける青年が多いようだ」と述べた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/13/2019111380064.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国塵の過半数が「結婚は必須ではないニダ」と回答!!

結婚しないバ韓国塵が急増中


な、なんと、バ韓国塵どもの半数以上が、「結婚は必須ではないニダ!」と考えているんだとか!!


経済状況が壊滅的となり、もはや結婚生活を送ることができるのは極一部の連中だけになんでしょうねwwww


でも、我々人類からしてみればきゃつらヒトモドキ同士の結婚なんてどうでもいい話です。



一番大事なのは、

これ以上醜いヒトモドキどもを誕生させないことなんですから。





現存している屑チョンのオスを全匹去勢するのが理想です。

ヒトモドキの数が増えなくなるし、世界中で発生している性犯罪が激減すること間違いないでしょう。



-----------------------
「結婚は必須ではない」、韓国人の過半数が回答―中国メディア

 2018年11月7日、新民晩報は、韓国人の過半数が結婚はもはや「必須」ではないと考えていると伝えた。 

 記事は、韓国統計庁が6日に公表した「2018年社会調査報告」について紹介。3万9000人の韓国人に対し、「恋愛・結婚観」について調査したところ、「結婚は必須」と回答した人は48.1%にとどまり、初めて50%を割り込んだという。 

 男女別では、「必須」と回答した男性は52.8%で、女性の43.5%を上回った。「必須ではない」との回答は女性が3.8%で、男性の2.2%を上回った。 

 記事によると、10年には「必須」との回答が64.7%だったが、12年は62.7%、14年は56.8%、16年は51.9%と年々減少しており、今年は初めて50%を下回った。 

 結婚生活において誰が家事を担当するかについては、59.1%の人が「夫婦が共同で分担すべき」と回答。この数字は08年の32.4%と比べるとほぼ2倍に増加した。「妻が家事を担うべき」との回答は38.4%で、08年の66.5%と比べると、大幅に減少した。 

 年齢別では、19歳から29歳の若者の49%が、「家事は夫婦が共同で分担すべき」と回答したが、40歳から49歳の中年層だと80%以上の人が「家事は妻が担うべき」と回答したという。

https://www.recordchina.co.jp/b660590-s0-c30-d0062.html
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【もっと憎しみ合え! もっと殺し合え!!】バ韓国の家庭内暴力が深刻化! オスの被害者も急増中!!

屑チョンの夫にDVされまくりの関根麻里


常に火病を発症していてキチガイしか存在していないバ韓国。

暴力・放火・レイプ・窃盗・偽証などの行為が日常生活と一体化しているトンデモない国なのです。


そんなバ韓国における「家庭内暴力」が最近になって変化してきたようです。

それは、夫婦双方が傷つけ合うケースが急増したこと!!


メスによる反撃が増えたとのことです。

オスメス問わず殺しあってくれるのは大歓迎ですが、せめて相手の生殖能力を破壊するくらいのことはヤってもらいたいものです。



これ以上害獣を増やさないためにも、どうかもっと激しくいがみ合って殺しあってくださいませ。


-----------------------
韓国の家庭内暴力、夫婦双方が傷つけ合うケースが増加―中国メディア

 2015年12月4日、中国新聞(電子版)は、韓国の家庭内暴力について「程度の深刻化と範囲の拡大が著しく、夫婦双方が傷つけ合うケースが増えている」と伝えた。

 韓国の女性家庭省が3年ごとに実施している13年の「全国家庭内暴力調査」結果によると、調査対象となった19~65歳の45.5%が「過去1年間に配偶者から暴力を受けた」と回答した。暴力には身体的、性的、精神的、経済的暴力が含まれる。

 また、男性の35.2%、女性の35.3%が暴力の被害者になっていた。過去1年に限ると女性の9.7%が暴力を受けており、男性(4.1%)の倍以上の多さだった。肉体的な力の差から女性が被害者になっているとみられる。

 韓国の家庭問題専門家によると、韓国ではかつて家庭内暴力の被害者は主に女性だったが、最近ではお互いに傷つけ合うケースが増えているという。

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20151205-124505/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








来るか? 睾丸摘出ブーム! 兵役逃れのために猟奇的手術に頼る韓国塵が増加中!!!!!!

人類の常識が通用しない屑チョンはキライ!





兵役から逃れるために自らの身体を傷つけるバ韓国塵どもwww

相変わらずその手法で逃れようとする連中が数多く存在しているようです。


酔い止め薬を目に塗って眼病疾患を偽装するケースはその手軽さから流行しているようで、昨年だけでも同じ手口による兵役逃れは20件も発生していたんだとかww


また、兵役逃れのためだけに入れ墨を入れるというのも毎年増えているとのことでした。


しかし、こんなのはまだまだ序の口で、指を切断したり、睾丸を摘出したりするケースも発覚していました!



ほほぅ、睾丸摘出ですか!

これ以上腐ったヒトモドキを増殖させないためにも、生殖機能を自ら放棄した韓国塵は少しだけ認めてあげます。



でもどうせなら、その誤差みたいに小さい陰茎も切り取って欲しかったものですね。



この睾丸摘出による兵役逃れがバ韓国で大ブームになることを期待してます!!




-----------------------
徴兵:兵役逃れで自傷行為、後を絶たず

睾丸摘出まで…酔い止め薬を目に塗って眼病疾患を装うケースも

 自分の体の一部を故意に傷つけるという手口で兵役の免除を受けようとし、兵務庁に摘発される件数が、最近再び増えていることが分かった。猟奇的な方法で体を傷つけるケースも多数摘発された。

 国会国防委員会に在籍している与党セヌリ党所属の鄭美京(チョン・ミギョン)議員が、10日に兵務庁から受け取った兵役逃れの摘発現況によると、兵役逃れを試みて摘発されたケースは、最近5年間で計178件に上った。2010年には66件に達していたが、11年には15件と大幅に減り、12年には19件と再び増加、昨年は48件まで増えた。今年は、8月末現在で既に30件が摘発された。

 兵務庁の資料によると、13年には、軍隊に行かずに済むよう押切機で指を切断したケースがあった。また、兵役免除を受けるため、二つの睾丸(こうがん)と前立腺を摘出する手術を受けたケースもあった。鄭議員側は「この人物は、自ら勃起不全剤を注射した後、睾丸の欠損を理由に手術を受けて兵役を免除されたが、その後、兵役逃れの目的があることが判明して摘発されたようだ」と語った。酔い止め薬の「キミテ」を目に塗って眼科疾患を装い、兵役免除を受けようとして摘発されたケースも、昨年20件発生した。

 入れ墨で兵役を逃れようとするケースも減っていない。入れ墨がある場合は4級の補充役判定が可能ということを知り、手足や上体、もしくは体全体に故意に入れ墨を施して摘発された人の数は、12年が3人、13年が10人、今年は12人に上った。兵務庁の関係者は「入れ墨の場合、施術の時期などを調べ、兵役逃れの目的があるかどうかを徹底して調査する」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/10/11/2014101100549.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る