エボラを恐れて職員が逃げ出す病院とかwwww





バ韓国でエボラ出血熱が発生した場合、感染者の受け入れ先は韓国国立中央医療院という所になるんだそうです。

その決定を受け、エボラ出血熱を恐れた看護士4匹がさっそくその病院を辞職したとのこと。



うーん、じつに韓国塵らしい行いですね。



これから先、もっと辞職者は増えることでしょう。

そして、エボラ出血熱の発生と同時にほとんどの職員が逃げ出すことになるわけですね。


そもそも病院へ輸送する救急車のスタッフもイの一番に逃げ出すでしょうから、感染者は放置されたままになりそうです。


そしていっきにパンデミック、韓国塵の大多数が死滅すると……。



いやぁ、素晴らしい青写真ですね。

ぜひこの通りに事を運んでもらいたいものです。



屑チョンどもが日本に逃げてこないよう、日本政府は今のうちから入国規制の手配をしておくべきでしょう。








-----------------------
韓国で広がるエボラ熱への恐怖、受け入れ予定の病院では看護師4人が辞職―中国メディア

 韓国でエボラ出血熱感染者の受け入れ先である韓国国立中央医療院で、看護士4人が辞職した。韓国ではエボラ感染者が確認された場合、「打つ手なし」とされており、国民の恐怖が広がっている。国際在線が伝えた。

 22日付の韓国紙・朝鮮日報によると、韓国大韓医師協会と大韓看護士協会は同日、ソウル市内で共同記者会見を開き、国民のエボラ熱に対する恐怖を取り除くため、政府に対し、相応の対策を講じるよう求めた。また、今月末、韓国の医療チームがエボラ熱の感染が広がる西アフリカに派遣されることを受け、医療チームの安全確保も求めた。

 このほか、エボラ感染者の受け入れ先である韓国国立中央医療院で、4人の看護士が辞職したと大韓看護士協会の金旭洙会長が明かした。4人は感染内科に勤務しており、エボラ感染への恐怖が原因とみられている。金会長によると、韓国では今のところ、エボラ熱に対する有効な治療法が見つかっていない。西アフリカに派遣した医療スタッフが感染した場合、国内感染を防ぐ方法は「打つ手なし」だという。

 こうした状況に対し、韓国では国民のエボラ感染への恐怖が広がっている。これに先立ち、韓国国立中央医療院の李鐘福副院長が「韓国ではいまだにエボラ患者を隔離する施設や病棟などでの二次感染予防に関する措置が整っていない」と指摘していた。韓国の野党、新政治民主連合の南允議員は「医療チームが感染地域に間もなく派遣される。国内の隔離施設の準備を早急に整えるべきだ」と訴えている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141023-00000020-xinhua-cn
-----------------------


あ! バ韓国でエボラ出血熱が発生したら、屑在日や糞帰化チョンどももまとめて半島に送りつけることも是非!





韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ