韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

受注量

バ韓国の造船受注量が7年ぶりに世界一に!? しかし、その実態は……

受注が増えても赤字増大のバ韓国・造船業


バ韓国の造船業の受注量が、7年ぶりに世界1位になっていたそうです。


しかし!


この受注にはカラクリがあり、低価格で無理やりゲットした仕事ばかりなんだとかwwwww



つまり、受注量の多さに比例して赤字が増えることになるんだとか。


いやぁ、見事な自殺っぷりですなぁwwwww


低能な屑チョンどもにぴったりの死にざまです。




でも、きゃつらの断末魔など聞きたくもないので、

我々の知らないところでさっさと死んでいただきたいものです。


-----------------------
韓国造船、7年ぶり世界1位目前も喜べない理由

 2018年11月6日、韓国・ファイナンシャルニュースは、7年ぶりに世界1位を記録するとみられる韓国造船業界が抱える悩みについて報じた。 

 記事によると、韓国の造船業界は2015年以降3年ぶりに年間受注量が1000万CGTを突破。最大のライバルである中国を追い抜き、7年ぶりに受注量で中国を抑えて世界トップ達成が有力になった。造船業況が息を吹き返しつつある中、韓国の造船各社は全世界の発注量の半分近くを席巻しているという。 

 しかし「造船業界の表情は明るくない」という。業況は好転するも造船会社の業績は依然として低迷しているためだ。今年に入り受注は増えたが、2~3年前の受注低迷期に低価格で引き受けた結果であることから、少なくとも1年以上は同じような状況が続く見通しなのだという。船舶を引き渡すまで全額が支払われないという業界の特性上、すぐに業績の改善にはつながらず、造船会社は絶えず受注をストックしておかなければならない。造船業界関係者は「現在は原材料の価格まで上がった状態なので、進行中の作業が赤字を増やすことになる」とし、「船価上昇スピードも期待より遅いようだ」と話しているという。 

 これを受け、韓国のネット上では「世界の受注の半分を占めてるのに嘆き?」「好調なのに記事は悲観的」「もう景気の悪くなる話はやめて」と指摘するコメントが寄せられる一方で、「(造船業の業績は)受注が基準になるから。まだ状況は楽観的とは言えない」「受注の質が重要であって、受注量が重要なわけじゃない」「受注が多いのは自慢にならない。低価格の受注は数年後に災難を呼びかねない。中国より安く造ることなど無理。(韓国の)賃金は10倍も高いんだから」などと懸念するコメントも。 

 その他に「きっと大丈夫。みんな元気出して。韓国人も雇用してみんなで生きて行こうよ」「米国では会社の赤字が膨らんだ時に会長や社長が給料を上げて活気づける会社があったけど、韓国の会社はそんな姿を見せてくれないの?。どうせ政府が補ってくれるから心配いらないんでしょ?」など韓国の現状を皮肉る声も上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b659785-s0-c20-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国経済崩壊まっしぐらww】先月の造船受注量、わずか3隻wwwww

受注量が増えても赤字を増やし続けるバ韓国の造船業界


造船大国を勝手に自認してホルホルしている屑チョンども。

しかし、化けの皮がはがれつつある現在は受注量が激減中wwwww

11月期の受注量はわずか3隻という有様だったようです。


それでも屑バ韓国の受注実績は中国よりも多く世界1位とのこと。

ま、「受注実績」で1位だったとしても。それによってもたらせられる利益は皆無で赤字なんでしょうがね。


違約金だので赤字を生み出し続けるバ韓国の造船業。

その調子で、全力で自分の首を絞め続けてほしいものです。

-----------------------
“造船の国”韓国に危機、11月の受注わずか3隻で中国の20分の1=韓国ネット「中国はまるでブラックホール」「造船も下降し、韓国に残るのは…」

 2015年12月3日、韓国・ニュース1によると、韓国の造船業界が、受注件数で世界一の座を中国に明け渡した。今年7~9月に中国に抜かれた後、10月には1位を奪還したものの11月は再び順位が逆転した。

 韓国の造船・海運分析機関によると、韓国の先月の船舶受注はわずか3隻に終わった。標準貨物船換算トン数(CGT)基準では約8万CGTで、金融危機の影響で受注が減った09年9月以来の最低数値を記録した。一方、中国の先月の受注は60隻、146万CGTで、世界の発注量の80%を占めた。日本は5万CGTだった。

 今年11月までの累計受注実績では、韓国が992万CGTで世界トップを維持、次いで中国(882万CGT)、日本(677万CGT)の順となっている。

この報道に、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せた。


受注量にこだわっていたら赤字が増えるばかりだよ。価格競争で中国に勝てるわけがない

造船も鉄鋼も家電も海外建設も駄目。これから20年は社会人生活をしないといけないのに、国の将来は暗いなあ

「造船も海運も下降か。せいぜい残るのは現代・起亜自動車とサムスン電子ってとこだね」


中国に押される代表的な産業が造船業だ。その次はLCD(液晶ディスプレー)に半導体、スマートフォンなどなど。中国製は同じような品質で値段が半額なんだから、誰も韓国製を買わないよ

「日米やドイツ、フランス、英国は、理由もなく造船をやめたわけじゃない。造船は人件費がかかり過ぎるんだ」


造船がもう駄目だって、もうみんな分かってるよ

「自然な流れ」

「皆さん、大企業を心配する前に、自分たちの将来を心配しよう」

中国は周辺国の競争力を一度に制圧している。まるでブラックホールのように、すべてをのみ込みそうだ

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20151205-124480/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【滑稽すぎワロタwwww】品質問題発覚でバ韓国のサムスン重工業が瀕死状態wwww

鉄屑製造を行うサムスン重工業


バ韓国造船業の大手であるサムスン重工業。

昨年度は粗悪品発覚などの問題が相次いでいたみたいですね。

もっとも屑チョンが製造に関わる限り、粗悪品にしかなりようがないでしょうがwwwww


その影響でサムスン重工業の受注量は目標額の半分にも達しなかったとのこと。



韓国塵のみなさん。
そろそろ諦めたほうが利口ですよ。


生きていたって辛いだけでしょ?


-----------------------
サムスン重工業、品質問題相次ぐ

 韓国造船大手3社の一角、サムスン重工業は8日、昨年品質問題が36件起き、前年(14件)を大きく上回ったことを明らかにした。その影響でドリルシップ(掘削船)9隻の引き渡しが遅延した。また、昨年の受注実績は73億ドル(約8730億円)で、目標の150億ドル(約1兆7960億円)に遠く及ばなかった。

 一方、労使関係では、会社設立以来40年余りで初めて、賃上げ交渉が妥結しないままで越年した。朴大永(パク・テヨン)社長は「生き残りのため、特段の措置が急がれる」と述べた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/01/09/2015010900700.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








バ韓国の造船受注量、2014年度は前年比36パーセント減wwwwwwwww

バ韓国産の船舶なんざ海に浮かぶ棺桶です


2014年度のバ韓国の船舶受注量が、前年比36パーセント減だったようです。

それでも中国に次いで受注量は世界2位なんだとか。



バ韓国塵の携わった船舶がまともに運行できるワケがないというのに……。


騙されてしまう人類がまだまだ多いようですね。


ま、そろそろコリアンタイマー発動の時期でしょうから、世界中のアチコチでバ韓国産の船舶が沈み始めることでしょう。

我々人類にも損害が発生してしまうでしょうが、それをきっかけにバ韓国塵の完全なる根絶やしができれば文句無しですね。


-----------------------
昨年の韓国造船受注 36%減も世界2位守る=日本は回復の兆し

 韓国造船業界の昨年の船舶受注量が前年比約36%減少したことが8日、分かった。

 海運・造船市況分析機関の英クラークソンによると、昨年の世界の船舶発注量は3969万9000CGT(標準貨物船換算トン数)で前年比34.7%減少した。

 これは昨年、世界経済が減速し、不確実性が高まったことに加え、国際原油価格が下落傾向にあり、発注の取り消しが増加したためとされる。

 この影響を受け、韓国造船業界の受注量も1178万4000CGTとなり、前年比36.4%減少。中国(1531万CGT)に次ぎ、2010年以来5年連続の世界2位となった。

 シェアは29.7%で、2012年の32.1%、2013年の30.5%から減少傾向にある。中国は38.6%で前年(41.5%)より減少したが、1位は変わらなかった。

 一方、日本造船業界の昨年の受注量は783万6000CGTで、前年比25.9%の減少にとどまった。シェアも2012年の17.1%、2013年の17.4%から、昨年は19.7%と上昇した。円安と政府支援を背景に、韓国や中国に対する価格競争力を高めたことが影響したものとみられる。日本は昨年、月間ベースで3、6、10月は韓国より受注量が多かった。

 業界関係者は「昨年下半期の原油価格の下落傾向が反映され、新造船舶の発注が減ったが、今年も原油価格が急落しており、業界の状況が良くなるとは思われない。(今年も)昨年と同程度か、悪化した状況が続くだろう」と予想した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/01/08/2015010803834.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る