韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

台風

【これぞバ韓国!】道路が突然消え、走行中の車が12メートル下へ落下wwwww

バ韓国でしか起こらない間抜け過ぎる事故


進入禁止のバリケードを撤去して事故発生。さすがバ韓国!!


バ韓国塵の生態をよく表していることで有名な“火病エレベーター落下”動画。

それに匹敵するくらい間抜けな事故が発生していました。



豪雨の中、1台の車が道路を直進。

見通しが悪いのに、徐行もせず。

突然、道路が途切れそのまま12メートル下に車ごと落下wwwwwww



……この道路は工事中で、本来なら進入禁止のバリケードが設置されていたとのこと。


しかし、台風の接近に備え、そのバリケードを撤去していたんだそうです。



こんな事ができるのは、世界広しといえどバ韓国塵くらいなものでしょうね。



とても残念なことに、車に乗っていた屑チョンは全治3週間程度の怪我で済んでしまったようです。



どうせなら車数百台くらいこの奈落に落ち、車体炎上などで全匹死亡してほしかったものです。





-----------------------
突然道が消え12メートル下に落下?韓国で“とんでもない”事故

 2019年10月7日、韓国・SBSは、韓国で工事現場に誤って進入した車が12メートル下に落下する“とんでもない事故”が発生したと報じた。

 記事によると、先月7日未明、台風13号が接近し雨が降る中、1台の車が道路を直進していたところ、突然道路がなくなり12メートル下に落下した。この事故で運転手は全治3週間のけがを負い、車は廃車になったという。

 普段は工事現場への進入を防止するバリケードや進入禁止を知らせる案内表示板が設置されているが、事故当時は台風に備えて全て片付けられていたという。該当工事現場の管理所長は「台風が来ると聞いて、風に飛ばされる恐れがあるものは一時的に片付けたが、従業員が進入防止用のバリケードまで片付けるとは思わなかった」と話したという。

 延世大学土木環境工学科名誉教授の趙元チョル(チョ・ウォンチョル)氏は、工事現場への進入を防ぐバリケードについて「(強風にも)飛ばされないコンクリート製のものがある。プラスチック製のものでも中に水を入れれば大抵の風には耐えられるようになっている」と指摘している。

 警察は該当業者を業務上過失で処罰できるか捜査しているという。

 これに韓国のネットユーザーからは「従業員が(バリケードを)片付けるとは思わなかった?現場管理者が最後に点検するべきだ」「台風に耐えられるバリケードを設置するべきだった」「管理者が現場に行って確認するべきだった」など工事業者の対応を非難するコメントが寄せられている。

 一方で「雨、工事現場、黄色い点灯器、幅が狭まっていく道路。この状況なら速度を落とすべきだ」「運転手もおかしい。途中から道が変になっていくのに速度も落とさずに走っている」「23年間運転してきたけど、あの状況なら徐行するべきだ」と運転手の行動を疑問視する声も上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b750709-s0-c30-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















10月開催予定のバ韓国ロケット爆発ショー、台風19号のせいで延期になるかも?

バ韓国の爆発ショー、延期の可能性


今年の10月に開催予定のバ韓国ロケット爆発ショー。

しかし、現在接近中の台風19号の影響で、そのショーが延期される可能性が高まっているようです。


現在は屋外に設置されているロケットを、強風に備えて一旦室内に戻すことになりそうですね。


うーん、残念ですなぁ。


一刻も早く爆発ショーを見物したかったのにwwwww



-----------------------
韓国の技術で開発のロケット、台風の影響で発射延期も

 台風19号の韓半島(朝鮮半島)上陸が予想される中、韓国の技術で開発されたロケットの試験発射日程が延期される可能性が出てきた。 

 韓国航空宇宙研究院(航宇研)によると、研究陣は10月の試験発射を控え、全羅南道高興(コフン)の羅老宇宙センター発射台に装着されているロケットを再び組立棟に移すかどうかを検討しているという。秒速30-50メートルの強風が吹く状況でロケットをそのまま置いておくことはできないという判断からだ。 

 航宇研の関係者は「今日(21日)午後に発表される気象庁の台風特別警報を見て最終的に決める」とし「外部の影響を最小化するためにロケットを室内(ロケット総合組立棟)に移す可能性もある」と伝えた。 

 試験ロケットは14日に羅老宇宙センターの発射台に立てられた。韓国の技術で開発した75トン級エンジンが搭載されたロケットは飛行性能を検証するために10月末に発射する予定だ。7月には実際の飛行時間と同じくエンジンを154秒間稼働する総合燃焼試験にも成功した。韓国は試験ロケット発射を通じて2021年に韓国型ロケットを打ち上げる予定だ。

http://s.japanese.joins.com/article/220/244220.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【全・力・応・援】台風19号、朝鮮半島を貫通の予定wwww

朝鮮半島を直撃する台風19号


滅多に台風が直撃しないバ韓国ですが、今回はかなり期待できそうです。

この調子でいけば、台風19号が朝鮮半島を縦断する勢いなんですからwwwww



屑チョンどもに、治水という概念はありません。

治水のための施設も軒並み手抜き工事だらけなので、有事の際に役立つことは決してないのです。



だから、同じ規模の台風であっても、

日本の数千倍の被害が出ることは間違いないでしょう。



セウォル号沈没の時の阿保学生どものように、

自宅の2階にまで浸水しても能天気にスマホでもイジっていそうですねwwwwwww




いやぁ、今から楽しみで仕方がありません。


数万匹とまでは言いませんが、数千匹単位での死者に期待できそうですなぁ。




-----------------------
台風ソーリック6年ぶりに韓半島貫通の予定...23〜24日の豪雨予報

 第19号台風『ソーリック(SOULIK)』が23日、韓半島(朝鮮半島)に上陸すると予想される。これによって南海岸と済州島を中心に、非常に強い風とともに大雨が降る。

 気象庁によれば19日の午後3時現在、台風ソーリックは日本の鹿児島の南東約1080km付近の海上を通過して、韓半島に向かって近付いている。中心気圧は955hPa(ヘクトパスカル)、最大風速は40mに至る強い中型の台風である。気象庁は台風『ソーリック』が22日に済州島(チェジュド)付近を通過して、23日の午前に全南(チョンナム)の海岸に上陸すると予想した。台風が韓半島に上陸するのは2012年9月の『サンバ(SANBA)』以来、6年ぶりである。台風はその後、全羅道(チョンラド)と忠清(チュンチョン)、江原道(カンウォンド)を経て東海(トンヘ)上に抜ける見込みである。

https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=025&aid=0002843741
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















反日の分際でwww 台風進路が気になるバ韓国塵、自国の気象庁より日本の気象庁を信頼!!

台風の進路が気になるバ韓国塵


台風が相次いで発生しているこの時期、屑チョンどもが日本の気象庁のウェブサイトにアクセスしているようです。


そのワケは、

バ韓国の気象庁の予報があてにならないためwwwwwwww


より正確な進路予報を知るために、日本の気象庁のデータを見ているようです。



反日国の分際でけしからん行いですね。

きゃつらに情報をタダ見されていると思うだけで、実に不快です。



これから先、日本の天気予報図は背景に旭日旗の意匠を置いてはどうですかね?


それにしても、わざわざ日本のサイトを覗きにくるだなんて、屑バ韓国の気象庁の信頼性の無さにあきれるばかりですwwww


-----------------------
ネチズンら日本の気象庁のウェブサイトに接続して台風ソルリク(SOULIK)予想経路を確認する殺到...台風シマロン(CIMARON)も注視

 19号台風ソーリック(SOULIK)の北上を控え、『日本気象庁』のWebサイトへの接続者が国内で増えている。気象情報は完璧ではなく流動的な分、韓国気象庁の情報を参考にしながら、台風を同時に注視している日本気象庁の情報も比重を置いて考慮するためだ。 

 最近、インターネットの各種のWebサイトが提供する翻訳レベルが高くなった分、日本気象庁のWebサイトに直接アクセスして関連情報を容易に取得するネチズンが多い。また、韓国気象庁より日本気象庁の情報の方を信頼して、一部の認識を基に分析する為である。 

 日本気象庁によれば、台風ソーリックは北西に進み、22日の午前3時には日本の九州の西に到達する。 

 ここまでは、韓国気象庁が予想する進路と同じである。続いて韓国気象庁によれば、台風ソーリックは進路を北東に変えて23日に大韓海峡(対馬海峡)を通り、24日には東海岸、鬱陵島近くに近づく。したがって、22日頃から済州島と南海岸をはじめ、韓半島(朝鮮半島)が直・間接的に台風の影響を受ける事になる。 

 一方で日本気象庁は19日午前3時、グアムの東970kmの海上に位置している20号台風シマロン(CIMARON)の進路も慎重に見守っている。 

 この台風が24日には、日本の四国(松山市、岡山)と本州の関西(大阪、神戸、京都)地域の近くまで北上すると見ている。台風シマロンは、韓半島には直接影響はないと見られる。 

https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=088&aid=0000549376
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る