韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

告訴

バ韓国・文政権幹部は犯罪し放題!! 10日1件以上のペースで告訴されるも起訴されないままスルーwwww

身内の不正にはとことん甘いバ韓国の文在寅


文在寅が大統領の座に就いてから3年3か月が経過しています。


この期間中、文政権の幹部が関与する告発事件が137件も発生していました!!


10日に1回以上のペースで、権力を不正に使っている違法行為が告発されているわけですwwww




しかし!


司法関係者は文在寅の子飼いばかりなので、

9割近くが起訴されないまま放置状態!!

残りの告訴は、検察段階で嫌疑なしと結論付けされていたのです!!



どうやらバ韓国塵には法治国家という概念がないようですね。





文在寅の任期中はずっとこの調子でしょう。


国家の未来より、税金をいかに着服するかばかり考えるとは……。



本当に、バ韓国に相応しい大統領ですね。



-----------------------
文在寅政権幹部の告発事件137件…120件余りは起訴するかも決まらず

 文在寅(ムン・ジェイン)政権幹部が関与した少なくとも137件の主な事件の捜査がずるずる引き延ばされ、結論が出ていないことが24日までに分かった。「権力型不正に対する検察の捜査が遅々として進んでいない」とする疑いの声が具体的な数字で表れた格好だ。秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官がこれら事件の捜査指揮系統に政権寄りの検事を大挙して投入したことで、「生きている権力」に対する捜査は事実上難しくなったのではないかと指摘されている。

 未来統合党が2017年7月から今年7月までに告発された政府関係者について、捜査進行状況を把握した結果、8月1日時点で137件の告発案件に対する結論が出ていないことが判明した。うち大多数の120件余りは起訴するかどうかすら決まっておらず、残りも検察段階で嫌疑なしとされたもようだ。これは統合党が直接告発した事件のほか、告発を行った市民団体による問い合わせ、メディア報道で確認された捜査進行状況を合算した数字だ。同様の事件を重複告発したケースも含まれている。

 告発を類型別に見ると、権力型不正が38件、政治工作が33件、職権乱用が14件、性犯罪が12件、その他が40件となっている。チョ・グク元法務部長官の場合、保守系の市民団体が昨年、集中的に告発を行った。秋美愛法務部長官が告発された事件も10件を超える。代表的なのは、秋長官の息子が軍の休暇から復帰しなかった疑惑だが、告発から半年が過ぎても捜査は足踏みだ。その間には秋長官の息子の同僚兵士がソーシャルメディアで「うちの母親も秋長官だったらよいのに」などという会話を交わしていたことがメディアの報道で明るみに出た。しかし、告発を受けた秋長官と息子は出頭を求められず、捜査を指揮していたソウル東部地検の金南佑(キム・ナムウ)次長検事が辞任した。

 正義記憶連帯(正義連)の不正疑惑事件も告発があってから3カ月になって、重要容疑者である共に民主党の尹美香(ユン・ミヒャン)国会議員が召喚された。文大統領の「30年来の友人」である宋哲鎬(ソン・チョルホ)蔚山市長を当選させるため、青瓦台の各部署が動員されたという「選挙不正疑惑」の捜査も理由なく先延ばしされている。統合党は2017-18年に告発された事件についても、捜査の結論が出ていない事件は「政権への配慮」だと指摘している。統合党の金度邑(キム・ドウプ)議員は「民主党最高委員候補者が検察を指し、『犬が飼い主をかむようなものだ』と言ったが、それが政権勢力の検察に対する見方だ」とし、「検察は『生きた権力を捜査しろ』という文大統領の指示に従え」と迫った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/08/25/2020082580074.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【警護の仕事は?】バ韓国・文在寅、国会敷地内で暴徒に襲撃されるwwwww

文在寅を襲撃したバ韓国塵


支持率が絶賛下降中のバ韓国大統領・文在寅。



昨日、この文在寅に“靴”が飛んできていましたwwww



国会での演説を終えて出てきたところ、周囲のヤジ馬の中にいた50代の屑チョンが履いてきた靴を脱ぎ投げつけていたんだとか。



文在寅に直撃していれば笑えたのですが、この靴は数メートルも手前に落ちたようです。


どうせ投げるのなら、もっと殺傷力の高いものにすればいいものを……。



それにしても、相変わらずバ韓国の警護体制はザルですねぇ。




アメリカのリッパート駐韓国大使襲撃事件を例に挙げるまでもなく、テロリストや犯罪者をただ眺めているのがバ韓国流の警護の仕事なんですかね?



-----------------------
国会を出た文大統領に飛んできた靴

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が16日、21代国会開会演説を終えて国会本館を出る際、50代の男性が靴を脱いで文大統領に投げ付ける事態が発生した。文大統領はこの日、国会開会演説と与野党代表との会談を終え、午後3時20分ごろ国会本館を出た。文大統領が本館正門を出て、近くに止まっていた車に乗ろうと歩いていたところ、黒い靴の片方が飛んできた。文大統領を見るため本館前の階段に集まった人たちの間にいた50代のある男性が「北朝鮮の人権無視」と叫びながら、履いていた靴を投げ付けたのだ。この靴は文大統領の数メートル前に落ちた。

 現場にいた警察官が男性を直ちに取り囲み制圧した。その際、男性は「アカの文在寅を今すぐ引きずり下ろすべきだ」「偽の人権主義者、偽の平和主義者・文在寅」と叫んだ。男性は意図的に文大統領に靴を投げるため、国会前で待っていたという。男性は警察に連行される際にも「(靴を)文在寅に投げたので、あいつに告訴するよう言え」と叫んだ。

 一般人が国会の敷地内で大統領に近づき、脅威を加える事態が発生したことで「警護に問題がある」との指摘が相次いでいる。大統領警護処は「親近な警護、開かれた警護、低い警護」を掲げているが、その一方で「警護の基本がしっかりと守られていない」という指摘だ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/07/17/2020071780011.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















さすがバ韓国!! 大統領府がトンデモ造語を作って自殺市長を全力で擁護wwww

セクハラ告訴された途端自殺したバ韓国の朴元淳


バ韓国の大統領府が、キチガイじみた造語を作っていましたwwww


先日自殺したソウル市長の朴元淳(パク・ウォンスン)。



このパクにセクハラを受けていて告訴したメスを、

「被害者」ではなく「被害呼訴人」と呼んでいたのです!!



被害者と呼称してしまうと、朴元淳(パク・ウォンスン)の犯罪事実を認めることになるので、



被害を訴えている者』と呼称するしかなかったんでしょうねwwww




あ!


これは屑チョンどもの自称・被害者全匹に当てはまりますね。


文政権を守るため無理やり作りだしたこの造語が、今後バ韓国では当たり前のように使われてもおかしくないでしょう。




我々日本人も、元売春婦や元募集工の連中を『自称被害呼訴塵』と呼ぶべきでしょうね。



-----------------------
他の事件時は被害者…朴元淳事件時は「被害呼訴人」

 「『被害呼訴人』の苦痛と恐怖を考慮し、『被害呼訴人』を中傷する2次加害をやめるようお願いする」

 青瓦台が13日、記者らにこのような内容のテキストメッセージを送った。朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長を告訴した元秘書Aさんのことを「被害者」ではなく「被害呼訴人(被害を訴えている人の意)」と称し、朴市長が疑惑を持たれている「わいせつ行為・セクハラ(性的嫌がらせ)」という言葉には言及しなかった。匿名を希望する多くの女性学者たちは「『被害呼訴人』という言葉は、被害者ではないかもしれないという余地を残した単語だ。青瓦台がこのように前例のない単語まで作って被害者のことを呼ぶことこそ、真の2次加害だ」と批判した。

 青瓦台・与党でも告訴人Aさんのことを「被害呼訴人」と呼ぶケースが続出している。朴市長が持たれている容疑が確定していないだけに、告訴人を「被害者」と呼ぶことはまだできないという論理だ。与党・共に民主党の陳聲準(チン・ソンジュン)議員も同日、MBCラジオの番組『キム・ジョンベの視線集中』に出演した時、Aさんのことを「被害呼訴人」と呼んだ。同党の李海チャン(イ・ヘチャン)代表も「被害を訴える女性の痛みにいたわりの意を表する」とした上で、現在の状況を「予期していなかったこと」「このような状況」などと表現した。

 だが、以前はこうではなかった。青瓦台のカン・ジョンス・デジタル疎通センター長は今年5月1日、「15年間にわたり性的暴行をしてきた実の父親を厳罰に処してほしい」という内容の国民請願投稿に言及した際、「捜査と裁判の過程で『被害者』の立場が十分に反映されて、罪状に相当する刑罰が言い渡されるように積極的に努力する」と述べた。裁判が終わる前だったが、「被害者」「加害者」と呼んでいたのだ。

 陳重権(チン・ジュングォン)元東洋大学教授は14日、フェイスブックで、「『被害呼訴女性』とはどういう意味なんだ。再びあの畜生みたいな無罪推定の原則か」「被害者という言葉を差し置いて、被害呼訴女性という見慣れぬ造語を作り出して使うのは、わいせつ行為・セクハラの事実を認める意思がないということだ」と指摘した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/07/15/2020071580091.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【国家権力が総出でwww】セクハラ捜査の状況を伝えられていたバ韓国・朴元淳ソウル市長wwwww

バ韓国の性被害者は偽証まみれ!


先日自殺したバ韓国・ソウル市長の朴元淳(パク・ウォンスン)。


元秘書がパクのセクハラを告訴していたわけですが、その詳細が判明していました。



昨日、記者会見を開いたこの秘書によると、


「告訴と同時に加害者に捜査の状況が伝えられていたニダ!」


「本格的な捜査が始まる前に、証拠を隠滅する機会を得ていたニダ!!」


これが事実だったとすればトンデモない事ですねwwww

国家権力が“総出”で市長を守ろうとしていたことになるんですから。



ま、人類の常識が通用しないバ韓国では、当たり前のことかもしれません。




しかし、この自称・被害者の元秘書の証言も鵜呑みにできません。


なにしろ、自らの意志で職業売春婦になったメスが、後になってから「強制されたニダ!」と手の平を返すような連中です。



微粒子レベルの可能性ですが、セクハラの事実は一切なかったということも考えられますね。



ま、なんにせよ死者が出たのはいいことです。


パク1匹だけではまだまだ物足りないので、この自殺に関連してもっと多くの死者が出ることに期待したいものです。



-----------------------
「朴元淳市長告訴と同時に市長本人に捜査状況が伝えられた」

 故・朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長をセクハラ容疑で警察に告訴した元秘書Aさん側は「告訴と同時に被告訴人(朴市長)に捜査の状況が伝えられた」と主張した。

 Aさん側は13日午後2時、NGO団体「韓国女性の電話」の事務所で記者会見を開き、このように述べた。韓国性暴力相談所のイ・ミギョン所長は「ソウル市長という地位にいる人物に、本格捜査が始まってもいないのに証拠隠滅の機会が与えられるということを我々は目の当たりにした」として「このような状況で誰が国家のシステムを信じ、威力による性暴力の被害事実を告訴できるだろうか」と訴えた。

 イ所長は「我々は、あからさまでしつこい男性中心の性文化の実態と構造が何なのかを痛切に嘆き、糾弾せずにはいられない」として「故人となったため刑事告訴事件としては進められないが、真相を究明せずに終わりにできるような事案ではない」と主張した。

 Aさん側は8日午後4時30分、ソウル地方警察庁に告訴状を提出した。その翌日の午前2時30分まで告訴人に対する1回目の陳述調査が行われた。Aさん側は「告訴状に書いてある犯罪事実は性暴力特例法違反であり、具体的には通信メディアを利用したわいせつ行為、業務上の威力によるセクハラ、刑法上の強制わいせつ」と説明した。また、Aさんが秘書をやめた後の2月6日、朴市長が機密性の高い通信アプリ『テレグラム』の対話ルームに被害者を招待した証拠も提出したと明らかにした。

 Aさん側は「9日午前2時30分ごろまで被害者の1回目の陳述調査が行われたが、9日午後に加害者(朴市長)が失踪したという記事が出て、(10日未明に)死亡したという報道があった」と説明した。

Aさん側は「きょう午前、被害者に対するオンライン・オフラインでの2次加害について、追加で告訴状をソウル警察庁に提出した」と明らかにした。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/07/13/2020071380232.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る