韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

国会

シュールwww チョ・グクの登壇に背中を向けるバ韓国の議員どもwww

チョ・グクに背中を向けるバ韓国の議員ども


チョ・グクがバ韓国の国会で挨拶していたそうです。


その際、自由韓国党(パククネ婆政権時代の与党)の議員どもが、一斉に後ろを向いていましたwwww



この画像、なかなかシュールですねwwww



全世界の人類が、こんな感じでヒトモドキに背を向ける日は近いでしょう。




-----------------------
チョ・グク法務長官に背を向ける韓国党

 チョ・グク法務部長官が26日、任命後初となる国会対政府質問に出席して新任国務委員の資格で挨拶を述べる間、自由韓国党議員が椅子を反対にしてチョ長官に背を向ける形で座っている。

 韓国党議員はチョ長官に対して「帰れ」「法律違反者」「二重人格者」などのヤジを飛ばした。

https://japanese.joins.com/article/027/258027.html?servcode=200&sectcode=200&cloc=jp|main|top_photo
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















「日本が禁断の一線を越えたニダ!!」バ韓国の国会、全会一致で日本糾弾決議案を採択!!

バ韓国国会が全会一致で日本糾弾


昨日のバ韓国の国会で、

日本糾弾決議案が全会一致で採択されていました。


与野党ともに、


「ウリをホワイト国から外すとは、無謀な決定ニダ!」


とウンコ臭い鼻息を荒くしていたようです。



口でニダニダ騒ぐだけではなく、もっと実力行使していただきたいものです。



日本への渡航禁止や、屑在日どもの強制送還など、

出来ることはたくさんあると思うのですがねぇwwww



屑チョンのような虫けら以下の存在が、何をわめいても我々人間の耳には届きません。



もっと目に見えて分かるような措置をガンガン行っていただきたいものです。



-----------------------
国会、日本糾弾決議案を全会一致で採択

 国会は2日に本会議を開き、「日本政府の報復的輸出規制措置撤回要求決議案」を在席議員228人による全会一致で採択した。決議案は先月、与野党合意で国会外交統一委員会を通過していた。同委員会の尹相現(ユン・サンヒョン)委員長は「同日、日本が韓国をホワイトリスト(輸出審査優遇国リスト)から除外したことを追加反映し、最終的な決議案の文案を作成した」と述べた。

 決議案には、日本政府に輸出規制措置を直ちに撤回するよう促しつつ、「韓日政府が両国間の未来志向的関係再確立のため外交的解決に乗り出すよう促す」という内容が盛り込まれた。そして、「日本の強制動員問題に関する韓国の司法判決への報復的な性格を持つ、日本政府が取った対韓国輸出規制措置を断固排撃する。韓日友好関係の根幹を毀損するのはもちろん、両国国民に苦痛を与え、全世界の自由貿易秩序を後戻りさせる措置という点で深い懸念を表する」としている。

 決議案はさらに、「日本政府と一部の政界の人物が、大韓民国の対北朝鮮制裁違反疑惑など事実に基づかない非難をしていることに深い遺憾の意を表明し、これを直ちに中断するよう促す」としている。韓国政府に対しては「日本の輸出規制から国内産業と経済を保護し、日本の不当な輸出規制措置に積極的に対処せよ」と求めた。

 与野党5党の指導部は同日、日本の追加報復措置を一斉に批判した。与党・共に民主党の李海チャン(イ・ヘチャン)代表は「日本はついに経済戦争をするという意志を見せた。日本の措置には本当に怒りを禁じえない」と言った。共に民主党は同日午後、国会本会議場前で日本の措置を批判する糾弾大会も開いた。最大野党・自由韓国党の黄教安(ファン・ギョアン)代表は「安倍政権の間違った決定を厳しく糾弾する。ホワイトリスト排除は韓日関係を過去に後戻りさせる明らかに間違った決定だ」と述べた。野党・正しい未来党の孫鶴圭(ソン・ハッキュ)代表は「日本政府の無謀な決定に深い遺憾の意を表する」と、同じく野党・民主平和党の柳成葉(ユ・ソンヨプ)院内代表は「隣国の根拠のない無頼漢式報復」と、正義党の沈相ジョン(シム・サンジョン)代表は「安倍政権の挑発が韓日関係で禁断の一線を越えた」と述べた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/03/2019080380010.html
-----------------------


ま、あの低能どものことなので、

騒ぐ以外の方策を取れるとは思えませんが……。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















さすが朝鮮チンww バ韓国国会のドア、議員によって破壊される!!

バ韓国の国会が議員によって破壊される


バ韓国の国会が荒れに荒れているようです。

与野党の対立が激化した結果、

国会のドアがバールで破壊される事態になったんだとかwwww


さすが、いつでもどこでも発火するキチガイ生物ですねぇ。



しかし、死傷者はゼロとのこと。



せっかく凶器まで持ち出したんですから、数十匹単位の死体が見たかったものです。



そもそも、きゃつら低能生物に国家を運営するなんて無理難題過ぎましたね。

バ韓国は野糞時代に戻るべき


地べたに座り込んで道端の野糞を食らうという以前の生活に戻ることを強くオススメしたいですなwww


-----------------------
大荒れの韓国国会、バールでドアが破壊される事態に=韓国ネットは呆れ「歴史に残るシーンが誕生」

 2019年4月26日、韓国メディア・韓国日報によると、「選挙制度改革法案」のファストトラック(迅速処理案件)指定をめぐり韓国の与野党が激しく対立する中、同日明け方に国会の議案課のドアがバールとハンマーで破壊される事態が発生した。 

 記事によると、議案課のドアが破壊されたのは同日午前3時ごろ。国会関係者が与党「共に民主党」関係者と共にバールとハンマーを使い、野党「自由韓国党」議員らにより封鎖されたドアの開門を試みた。これによりドアは激しく破損したという。 

 議案課は、前日に「自由韓国党」を除く与野党がファストトラック法案である検察・警察捜査権調整関連法案を提出しようとした場所。提出は「自由韓国党」議員らに阻止され実現しなかった。 

 これを受け、「韓国自由党」のナ・ギョンウォン院内代表は同日午前8時の議員総会にドアの破壊に使われたバールを持って現れ、「議会クーデターであり議会への暴挙だ。私たちは対抗せざるを得ない」と抗議した。その後「自由韓国党」関係者らは議案課の前で座り込みを開始し、ドアの破壊された部分を発泡スチロールなどで覆ったという。 

 一方「共に民主党」のホン・イクピョ首席報道官は「会議室のドアを開けるためにハンマーなどの道具が使われたのは、自由韓国党議員らの違法な会議妨害により国会議長の警護権が発動されたことを受け、国会の防護課職員が行ったもの」と説明したという。 

 これに、韓国のネットユーザーからは「危険過ぎる」「まるで小学生のけんか」「また1つ、歴史に残るシーンが誕生した」「そこは国会なのか工事現場なのか…。この国は腐ってしまった」「韓国の議員たちは国会を戦場と勘違いし、対立することしか考えていない」などため息交じりの声が上がっている。 

 また、「修理に国民の税金を使ったら、バールを持って抗議しに行く」「罰として国会議員らの給料を半分に減らすべきだ。これはひど過ぎる」と主張する声も。 

 その他にも「共に民主党の指示以外考えられない」「共にバール党に改名すべきだ」「違法占拠した人たちにバールを批判する資格はない」などさまざまな声が上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b701045-s0-c10-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【ザ・バ韓国脳】国会議員「少子化対策のため、胸の整形手術を支援するニダ!!!!!!」

バ韓国の出生率がゼロになるのが理想


バ韓国でも少子化が問題になっていますが……。

先日、バ韓国の国会でメスどもに出産を推奨するため、

胸の美容整形手術の付加価値税を免除する」案が推進されていました!!



まさにキチガイの発想ですね。

胸の整形手術と出産がリンクするだなんて、我々人類には到底考えつきませんからねwwww



この案を推進した議員は、整形業界から多額の献金を受けているに違いないでしょう。


屑チョンどもの出生率が“完全にゼロ”となってくれる日が早くこないものですかねぇ。


-----------------------
少子化対策で胸の整形手術を支援!?韓国国会で推進された法案が物議=韓国ネットから非難の嵐「恥ずかしい」「議員を辞めたら?」

 2018年2月15日、韓国・京郷新聞によると、韓国の国会で女性らの出産を推奨する方法として「胸の美容整形手術の付加価値税を免除する」案が推進され、物議を醸している。 

 同紙による取材の結果、国会の予算決算特別委員会のペク・ジェヒョン委員長(与党・共に民主党)が最近、上記の内容の「租税特例制限法改正案」を作り、共同発議しようと同僚議員らに協力要請書を配ったことが確認された。この法案は、付加価値税の免除対象を定める租税特例制限法106条に「医師、韓方医または看護師が出産後3年以内の女性の乳房拡大・縮小手術に供給する診療領域も新設しよう」との内容が要点になっているという。 

 ペク委員長は協力要請書で「少子化問題の原因はさまざまだが、出産や授乳による体形の変化に対する女性らの懸念も相当な影響を与えている」とし、発議の理由について「これは整形手術を通じて解決できるが、現行法上は美容整形に該当し付加価値税が課税されるため、費用負担が大きいという制約がある」と説明したとされる。さらに「出産した女性が受ける房拡大・縮小手術は、妊娠・出産の延長線上で産後の回復や管理のための医療保健サービスとしての性格を持っていることから、付加価値税を免除し出産を奨励しよう」と提案したというのだ。 

 これに対し、他の与党議員からは「法案に問題がある」との指摘が出ているという。ある与党議員は「趣旨は理解できるが、不適切に見えてしまう可能性がある」と話しており、韓国女性民友会のキムミン・ムンジョン代表も「多くの女性が出産を諦める理由は社会にまん延した性差別のせいであり、かえって女性に厳格な外見の基準を突き付けて性差別をあおっている」「少子化の原因を見誤った安易で恥ずかしい法案」と批判しているそうだ。 

 記事によると、ペク議員側はこの物議を受け「税理士業界が提案したさまざまな少子化対策の1つ」とし、「ひとまず発議は中断した状態。女性界・市民団体の諮問した後、再び推進していきたい」と明らかにしているとのこと。 

 これに対し、韓国のネット上では女性ユーザーより男性ユーザーの方が多く意見を寄せている。「おかしい」「恥ずかしい」「あんなのが国会議員だなんて情けない。国民の税金を無駄遣いしてる」「レベルが低過ぎ。議員を辞めたら?」「少子化と整形に何の関係がある?次からあんな議員は選ばないようにして」など非難の嵐は避けがたいようだ。 

 国会議員に代わって代案を寄せるユーザーも見られ、「それならバイアグラを保険適用にした方が出産の奨励につながりそう」「胸の形を気にして出産しないわけじゃない。回復に焦点を当てて医療支援をするのなら、(出産後の)失禁や骨盤臓器脱の支援をした方が現実的」などの声が上がった。

http://www.recordchina.co.jp/b567468-s0-c10.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る