韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

圧力

究極の選択を迫られるバ韓国! THAAD問題がある限り習近平の訪韓はない!?

バ韓国に圧力外交する王毅外相


王毅外相の訪韓は、予想通り「THAAD圧力」をかけまくっていた圧力外交ようです。



文政権府側は、支持率回復のため習近平に訪韓してほしくて仕方がないのに、


中国側は、「THAAD解決しなければ習主席訪韓ない」というスタンスとのこと。



今までのらりくらりとアメリカや中国に媚びへつらっていたバ韓国。


しかし、そろそろハッキリと答えを出さざるを得ない状況になっています。




どちらを選択しても、裏切られた側の怒りは相当なものでしょう。


つまり、どう転んでもバ韓国が崩壊するという未来ですねwwww



バ韓国という国、そしてヒトモドキという種が消えてなくなる瞬間を我々の世代で見届けたいものです。


-----------------------
王毅外相「THAAD解決しなければ習主席訪韓ない」…課題投げ掛ける

 中国の王毅・外交担当国務委員兼外相が訪韓期間中に与党・共に民主党の李海チャン(イ・ヘチャン)代表に別個に会い、「敏感な問題をうまく処理すべきだ」と言ったことが6日、確認された。「敏感な問題」とは、慶尚北道星州に臨時配備された在韓米軍の終末高高度防衛ミサイル(THAAD)を意味する。今月4日と5日に約4年ぶりに訪韓した王毅外相は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官、李海チャン代表という韓国側の主要人物全員に「THAAD圧力」をかけて韓国を去ったことになる。

 文在寅大統領をはじめとする韓国側の主要人物たちは「習近平国家主席の早期訪韓」問題を集中的に取り上げたが、王毅外相は確答しなかったとのことだ。外交消息筋は「中国が習近平主席の訪韓とTHAAD解決を結びつけようとしている意図が見え隠れする」と話す。

 中国外務省が6日に明らかにしたところによると、王毅外相はソウル到着当日の4日、李海チャン代表に会い、「中国は韓国との意思疎通を強化し、一帯一路(中国主導の新シルクロード構想)を韓国の発展戦略とつなぎ合わせることができるよう努力し、第3者の協力を積極的に研究するだろう」と語った。米国からインド太平洋戦略への賛同を求められている韓国に「一帯一路への合流」圧力をかけたものだ。そして、「両者は互いに心から接し、相互核心利益と重大関心事を尊重すべきだ。中韓関係のしっかりとした発展に影響を与える敏感な問題をうまく処理し、両者関係の発展を守らなければならない」と述べた。

 ある元外交部次官は「中国が公に反対しているTHAADや米の中距離ミサイル配備といった『敏感な問題』を韓国がうまく処理しなければ、習近平主席の訪韓など両国関係の発展は難しいという警告を外交的修辞で包んだものだ」と話す。中国の外交部によると、これに対して李海チャン代表は「両国関係がさらに高い水準になるよう、共に民主党にはいっそう大きな役割を果たす意向がある」と明らかにしたとのことだ。

 外交消息筋は「(現在の)韓国の政権が発足して3年になろうとしているのに、中国の首脳が訪韓していない事例は1991年の韓中修交以降、見当たらない。韓国政府の焦りをよく知っている中国としてはできるだけ確答を遅らせ、THAAD問題解決への圧力をかけるだろう」とした。

 しかし、中国は限韓令などのTHAAD報復措置をほぼ放置している上、最近になってTHAAD圧力の程度を高めている。このため、中国は限韓令を強化したり緩和したりしながら、「韓国を手なずける」戦略を駆使しているとの見方もある。2017年末のいわゆる「三不」誓約でTHAAD問題は解決したという韓国政府の立場がない状況だ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/07/2019120780017.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















小野寺前防衛相「バ韓国とは同じ土俵で戦わず、丁寧に"無視"する必要がある」

バ韓国を無視するのが一番利口なやり方


レーダー照射問題で嘘をつき続け、挙句の果てに逆ギレしているバ韓国。

我々日本人にとってはいつもの事なので、何の驚きもありませんねwwww


そんなバ韓国に対し、日本の前防衛相の小野寺氏が、


「バ韓国とは同じ土俵に上がってさまざまにやり取りをしても仕方がない」


「むしろ『丁寧な無視』をするくらいの心構えが必要でないだろうか」


と発言していました。



いやぁ、大人な対応ですなぁ。


言葉こそ丁寧ですが、要するにキチガイはガン無視するってことですねwww



このままバ韓国無視を継続すれば、日本にとってはメリットだらけでしょう。


困るのは屑チョンどもだけなので、どう転んでも楽しい結果が待っているはずです。



-----------------------
日本前防衛相「韓国とは同じ土俵で戦うのではなく、丁寧に無視を」

 小野寺五典前防衛相が4日、日韓関係の悪化に関連し、「韓国とは同じ土俵で戦うのではなく、丁寧に無視する必要がある」という趣旨の主張をした。 

 直前の防衛相であり自民党内安保調査会会長の小野寺氏は、この日衆議院予算委員会に出席し、安倍晋三首相をはじめ、閣僚に韓日関係に対する質問を投じた。 

 小野寺氏は、米国ジョージ・W・ブッシュ政府で大統領特別補佐官を務めたマイケル・グリーン氏が最近のメディア寄稿で「オーストラリアからシンガポールまでアジア国家のほとんどの政府は現在の日韓関係悪化の主要な原因は韓国にあるとみている」と指摘した部分を集中的に浮き彫りにし、韓国を相手にするよりも国際世論に訴える方がよいと主張した。 

 小野寺氏は「韓国に対して何か言うよりもむしろこのような国際社会の雰囲気が韓国には強力なメッセージになる」としながら「韓国とは同じ土俵に上がってさまざまにやり取りをしても仕方がない。むしろ国際世論に訴えていくことが大切」と述べた。 

 続いて「韓国にしなければならないことは、事実に基づいた冷静な抗議であり、(低空飛行をはじめとして)韓国側がいうさまざまな問題については、同じ土俵で戦わずに、むしろ『丁寧な無視』をするくらいの心構えが必要でないだろうかと思う」とした。 

 小野寺氏はレーダー照準問題を取り上げて「(日本だけでなく)北朝鮮の瀬取り監視活動に協力している米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど多く国があるが、このような国々も哨戒活動中に韓国からレーザーを照準されるのではないかという心配がある」としながら「このような国々と共に韓国に圧力を加えることが重要だ」とも主張した。 

 あわせて「(韓国艦船からレーザー照準があったと日本が主張する)昨年12月20日、日本の排他的経済水域内では北朝鮮船舶の操業そのものが違法なのに、その船舶はいったい何をし、なぜ韓国軍艦と警備艦がそこにいたのか謎」とし「韓国は遭難船舶に対する人道的な作戦を行っていたと主張しているが、本当に救助だったのかどうか不可解さは消えない」と繰り返し疑惑を提起した。 

 先月7日開かれた自民党国防部(韓国)会などでは「実は韓国軍が国連制裁決議を破って北朝鮮と接触していたのではないのか。その場面 をP-1(哨戒機)が発見したため火器管制レーダーを照射して追い払おうとしたのでは」という主張が出たことがある。 

 一方、安倍首相は韓国との葛藤問題を国際世論に訴えなければならないという小野寺氏の主張に対して「国際社会の理解を得ようと努力していくのは当然のこと」と同調した。

https://japanese.joins.com/article/885/249885.html?servcode=A00&sectcode=A10&cloc=jp|main|top_news
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【暴挙!!】北朝鮮が、アメリカとバ韓国の合同訓練の中断を要求!!!!!!!!

北チョンがアメリカとバ韓国の合同訓練の中止を要求


北朝鮮がココにきてトンデモない要求を突き出していました。


「米朝首脳会談を望むなら、米韓の合同訓練を中止させろ!!」


と今年の8月に行われる予定の訓練の中断を求めてきたのです。



いやぁ、どうなるか見ものですなぁwwww


いっそのことアメリカも朝鮮半島から軍隊を引き払い、在韓アメリカ人を帰国させるべきなのでは?


そうなれば、なんの躊躇もなく朝鮮半島を丸ごと火の海にできますからね。



どちらにせよ、朝鮮ヒトモドキが苦しむ結果になることを祈るばかりです。



-----------------------
「会談を望むなら韓米訓練中断を」…また米国に圧力加える北朝鮮

 米朝首脳会談の実務交渉が軌道に乗ると、北朝鮮が対米圧力を再開した。今度は毎年8月に実施している乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン(UFG)韓米連合訓練の中断を要求した。 

 北朝鮮労働党機関紙の労働新聞は29日、「対話の雰囲気に合わせて対応すべき」という論評を掲載し、「米国が会談を心から望むのなら、相手を力で脅迫する賭けをしてはいけない」とし、UFGを中断するよう主張した。 

 北朝鮮はトランプ米大統領が24日に米朝首脳会談の中止を発表した後、対米非難を自制してきた。しかしまた会談開催の方向に向かうと対米圧力を繰り返したのだ。ただ、トランプ大統領が問題視した「露骨な敵対感」や暴言は自制した。 

 労働新聞はこの日、「朝米が懸案を解決しようという意志を持って対話に向かって進んでいる時に、米国が南朝鮮と共に合同軍事演習をあえてする必要があるのか。合同軍事演習をすればすべてのことが元の状態に戻るというのは明らかだ」とし「米国が南朝鮮と結託して我々に脅威を与えれば、米国の安全もそれだけ深刻な危険に陥ることになる。今こそ米国は自らに利益になることが何か、はっきりと区別して対応する時だ」と主張した。 

 労働新聞は27日付では、米政府関係者を非難する代わりに米国メディアに矛先を向けた。そして翌日、また米国政府を狙ったのだ。UFGは8月に行われている年次訓練で、通常コンピューターシミュレーション中心の指揮所演習だ。にもかかわらず北朝鮮が早くもUFGを取り上げたのは、北朝鮮が建国節として記念する9月9日、すなわち「9・9節」が背景という解釈が出ている。UFG中断を9・9節の祝砲のための序幕にするということだ。北朝鮮にとって今年の9・9節は70周年であり、特別な意味がある。北朝鮮は0または5で終わる年に意味を付与する。 

 金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長も今年の「新年の辞」で「新年はわが人民が共和国創建70周年を大慶事として記念することになり、南朝鮮では(平昌)冬季オリンピック(五輪)が開かれる」と述べた。金正恩委員長のカレンダーでは、平昌(ピョンチャン)冬季五輪を契機に南北関係の突破口を開いた後、米朝首脳会談で経済発展の礎石を築いて9・9節を迎えるという計画になっているのだ。その前にUFGの中断を自身の業績の一つにするという狙いがあるとみられる。

http://japanese.joins.com/article/809/241809.html?servcode=500&sectcode=500&cloc=jp|main|top_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る