韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

在日どもに4を

アメリカ政府の怒りMAX! バ韓国から撤退する際は朝鮮半島を焦土化してからだ!!

国民を道連れにして自殺するバ韓国の文大統領


米国政府関係者によるバ韓国糾弾が過激化していますwww


既にGSOMIAが破棄されることを前提にしていて、


「われわれがこの半島から撤収するときは、焦土化して引き上げる」


と発言していました。



これはアメリカだけにやらせるのは忍びないですね。


税金をどれだけ投入しても構わないので、我々日本も参加するべきでしょう。



米韓同盟とは名ばかりで、米韓の軍事機密がバ韓国政府関係者によって中国や北朝鮮に筒抜けとなっているのも問題です。


アメリカによる焦土化作戦が実現すれば、これらの問題は全てクリアになるのです。



朝鮮半島を焼け野原にした後、この日本に巣食っている害獣どもを炙り出して始末することも忘れちゃいけませんね。



-----------------------
韓国は中朝への情報漏洩の“張本人”だ 過去にも米国防関係者が日本に警告「韓国に漏らせば、中国に筒抜け」

 米国がこれだけ、GSOMIA継続を説得している意味が分からないでいる。GSOMIA破棄は「米韓同盟解消」を宣言したに等しい。米国の同盟国である日本との軍事情報共有拒否は、米国との共有拒否でもある。米国はすでに韓国が米韓同盟を解消し、「レッドチーム」入りを志向していることを視野に入れている。

 米連邦議会「米中経済安全保障調査委員会」の米中関係公聴会で9月4日、アジア専門家のマイケル・グリーンCSIS(戦略国際問題研究所)副所長が「日本と異なり、韓国は中国の冊封体制に歴史的に組み込まれてきた。中国は習近平政権以降、韓国を米国との同盟から引き剥がすために著しく強力な圧力をかけている」と発言した。韓国は歴史的に中国の「属国」で、米韓同盟は壊れやすい状態にあるということだ。

 米国はそれを承知で、韓国のGSOMIA破棄を引き留めている。「これだけ言ったのにそうするのなら仕方がない」とのポーズを示すためだ。

 その代わり、韓国をただでは置かない。米国の安全保障専門家が「われわれがこの半島から撤収するときは、焦土化して引き上げる」と発言したとの証言もある。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「日本と軍事情報を共有し難い」と述べているが、韓国こそが中国や北朝鮮へ軍事情報を流してきた張本人でもある。

 朝鮮半島情勢に精通するジャーナリストの鈴置高史氏の著書『米韓同盟消滅』(新潮新書)によると、1995年ごろ、米国防関係者が日本側に警告を発した。金泳三(キム・ヨンサム)政権が日米の軍事機密を中国に漏らしているというのだ。

 米韓が高官級の軍事協議を実施すると、直後に韓国の情報機関トップが極秘訪中し、江沢民主席と面談、米韓協議の内容を伝えている。「今後、韓国に軍事機密を漏らしてはならない。漏らせば、中国に筒抜けになる」と警告したという。

 北朝鮮への漏洩(ろうえい)は金大中(キム・デジュン)、盧武鉉(ノ・ムヒョン)の両政権でもあったという。米国はすべて承知だが、あからさまに非難しなかった。韓国が同盟国であったからだ。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/191120/for1911200002-n1.html
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















前代未聞の決裂!! アメリカ・バ韓国の防衛費交渉、わずか80分で強制終了wwww

アメリカ・バ韓国の防衛費交渉が前代未聞の決裂!


昨日、ソウルの韓国国防研究院で米韓の防衛費交渉が行われていました。


当初は7時間の予定で行われるはずだった協議。


しかし!


アメリカの担当者が途中で席を立ち、わずか80分ほどで終了wwwww




10年以上行われているこの協議が決裂で終わったのは、今回が初めてのようです。



いやぁ、かなりいい感じですね。




文大統領が勢いに任せてGSOMIA破棄を言い出し、それが見事なまでのブーメランと化していますwww


朝鮮半島に赤化朝鮮国家が誕生するのも時間の問題ですね。




そうなれば正々堂々とこの日本に巣食っている害獣どもを駆除できるわけです。


本当に文大統領には足を向けて寝ることができませんねwww




-----------------------
米韓が防衛費めぐり対立、異例の協議打ち切りに韓国ネット怒り

 2019年11月19日、韓国・マネートゥデイは「来年以降の防衛費負担をめぐって米韓が対立している」とし、「交渉途中で議論が中断されるという異例の出来事も起きた」と報じた。

 記事によると、今年に入って3回目となる協議は同日午前10時に始まった。米国は新しい分担項目を作り韓国の防衛費分担をこれまでの5倍以上の「50億ドル(約5430億円)」にすべきと主張したが、韓国はこれに難色を示した。協議は午後5時まで予定されていたが、開始から1時間半後の午前11時半に終了したという。

 先に席を立ったのは米国務省のジェームス・ディハート防衛費分担交渉代表で、1991年の1回目から今回の11回目にいたるまで、協議の途中で議論が中止されたケースはないという。

 今年韓国が負担する在韓米軍駐留費用の分担金は1兆389億ウォンで、在韓米軍で勤務する韓国人の賃金、軍需支援費、軍事建設費に使われる。米国はこれに米軍の朝鮮半島巡回配置費用、朝鮮半島の安保と関連した費用などの項目を追加し、増額を求めているという。

 記事は「米韓の立場の相違を考慮すると、年内の妥結はもとより最終合意の過程までかなり難航するだろう」と予想している。

 これを受け、韓国のネット上では2000件以上のコメントが寄せられるなど注目を浴びている。「金持ちなんだから50億ドルなんて大した金額じゃないでしょ?」「もう国に帰って。何の役にも立たない」「そんなお金があったら、そのお金で毎年航空母艦や核ミサイルを開発する」「そのお金で自分の国は自分で守る!」と反発する声があちこちで飛び交っている。

 一方で「韓国だけで自主国防が可能なら、米国が米軍を駐屯させたい場合にお金をもらって駐屯させるのが正常。でも(韓国は)力がないから仕方ない」「米軍は絶対に撤収しない。だから心配せずに交渉して。中国や北朝鮮、ロシアから米国本土を守るには韓国が最適。だから高高度防衛ミサイル(THAAD)も配備したんでしょ。ま、その代わりに中国にはたたかれたけど」などと主張するコメントも。

 中には「南北統一して米軍が撤収したらいいなあ」と願う声も見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b760776-s0-c10-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る