韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

在韓米軍

米韓同盟の破棄目前!! バ韓国の"国軍の日"記念式典に在韓米軍司令官が欠席!!!!!!!

レッドチーム入り目前のバ韓国


10月1日にバ韓国で行われていた“国軍の日”記念式典


その式典に在韓米軍の司令官が欠席していました!!



これはどう考えても「もうバ韓国の面倒は見てやらない」というトランプ政権の意思表示でしょう。



いよいよ米韓の軍事同盟破棄が現実味を帯びてきました。



防衛ラインが日本海に南下することにより、我々日本の負担はどうしても増えてしまいます。


しかし、ヒトモドキ根絶という人類の宿願達成にためには甘んじて受け入れるべきでしょう。




想像してみてください。

この地上からヒトモドキが消えた姿を。



そんな楽園を実現するためなら、税金が増えようが、徴兵制が復活しようが構わないと思いませんか?



何はともあれ、バ韓国側の暴走で全てが理想的に動いているのは何よりですwwww



-----------------------
米韓同盟“破棄”の予兆!? 韓国「国軍の日」記念式典に米軍司令官が“欠席” 「従北・親中」文政権へ…トランプ政権の“怒り”反映か

 韓国は1日、建軍71周年の「国軍の日」を迎えた。同国南部の大邱(テグ)空軍基地で記念式典が開かれたが、何と、在韓米軍司令官が欠席した。同盟国・米国の警告を無視して、日米韓の安全保障上の基盤である日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定する一方、「核・ミサイル」を手放さない北朝鮮との統一に盲進する文在寅(ムン・ジェイン)政権の「反日・離米・従北・親中」姿勢への、ドナルド・トランプ政権の怒りを反映したものといえそうだ。「米韓同盟の危機」が、また明確となった。

(中略)

 中央日報(日本語版)は9月30日、在韓米軍のロバート・エイブラムス司令官の式典不参加を報じたのだ。同司令官は昨年11月に就任し、国連軍司令官も兼務している。

 今回の、在韓米軍司令官の「国軍の日」記念式典「欠席」報道を、どうみるか。

 元韓国国防省北韓分析官で、拓殖大学主任研究員の高永チョル(コ・ヨンチョル)氏は「エイブラムス司令官の欠席は、『北朝鮮主導の赤化統一を目指す態度は許されない』という強い怒りの表れだろう。文政権は、戦時作戦統制権(指揮権)の米軍(国連軍)からの移管まで求めている。米韓同盟を崖っぷちに追いやった。韓国国民は危機的現状を認識すべきだ」と語っている。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/191002/for1910020001-n1.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【実現にまた一歩前進】米国による朝鮮半島先制攻撃を促したバ韓国の文大統領www

朝鮮半島の赤化を望むバ韓国の文大統領


朝鮮ヒトモドキの根絶は、人類の悲願と言えるでしょう。


本来ならとっくの昔に淘汰されていた醜い生物が、

数えきれないくらいの害悪を垂れ流しているのですから。



文大統領によるGSOMIA破棄で、その悲願達成に一歩近づいています。


アメリカを敵視し、南北統一を狙っている文大統領。


その結果、米韓同盟がなくなり、なんの憂いもなく朝鮮半島を焼け野原にすることができます。


防衛ラインが日本海になることで、我々日本人の負担も大幅に増えてしまうでしょう。


しかし、朝鮮ヒトモドキどもを繁殖させてしまった責任を我々の世代でとるべきでしょう。



税金負担は当然のこととして、徴兵制の復活もアリでしょう。


なにしろ相手はヒトモドキなので、良心の呵責を感じることなくぶちロコせます。

わざわざ徴兵なんかしなくても、自ら志願する人が続出してもおかしくないでしょう。



今こそ、自殺したがっているバ韓国を現世の苦しみから救ってあげる時なのです。



-----------------------
米に「ケンカ売った」文政権 在韓米軍撤退なら…識者「米は躊躇なく北朝鮮を先制攻撃するだろう」 すべて見据えていた!?

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が8月22日、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を決定したことは、米国を激怒させた。米国は対中国戦略上、GSOMIAを不可欠な軍事情報上のネットワークとしてカウントしている。米国は中国と新冷戦を戦っており、最前線基地は韓国と日本と考えている。

 しかも、韓国は事前通告なしに決定した。

 マイク・ポンペオ国務長官は同日、韓国のGSOMIA破棄決定に「懸念と失望」を表明した。ランドール・シュライバー国防次官補も「再考を望む」「今回のGSOMIA破棄決定は、米国の安全保障の利益にも悪影響を及ぼす」と繰り返し、文政権に伝えた。

 だが、韓国外務省の趙世暎(チョ・セヨン)第1次官は同月28日、ハリー・ハリス駐韓米国大使を同省に呼び付けて、「米国の失望表明は、両国関係強化に役立たない」と高圧的に叱り付けた。

 これは極めて異例だ。粘り強く説得をする米国にタンカを切ったのである。米国を裏切った韓国。その結果、文政権は窮地に立たされている。

 今後、米国がとる対応は2つ。「文政権の崩壊」か、「在韓米軍の撤退」である。

 在韓米軍の撤退は、文氏の望むところだろう。日本の朝鮮半島統治からの解放記念日「光復節」(8月15日)の式典で、文氏は「2045年には南北統一を目指す」と宣言し、在韓米軍撤退を促した。米軍が韓国にいる限り、南北統一は成りたたない。文氏は、日本をたたく(=GSOMIA破棄決定)ことで、統一を果たそうとしたのだ。

 しかし、米国は文氏に「三くだり半」を突き付けた。

 在韓米軍の撤退は、米国が韓国を北朝鮮と同じ「脅威」と認識し、韓国も米軍の抑止(攻撃)対象となる。北朝鮮主導の朝鮮半島統一が画策されれば、米国は躊躇(ちゅうちょ)なく北朝鮮を先制攻撃することになる。

 1990年代の第1次北朝鮮核危機当時、クリントン政権は北朝鮮への先制攻撃を、韓国の人命被害を憂慮してあきらめた。だが、韓国が同盟国でなくなれば、考慮に入れる必要はなくなる。

 米国は現在、地球規模の米軍再編(GPR)に着手しており、在韓米軍はすでにないとも言われる。その場合、日本の防衛ラインは長崎県・対馬まで下がる。朝鮮半島有事の軍事作戦計画(OPLAN)も全面修正となる。今後、日本と韓国の偶発的衝突が起きないともかぎらない。

 これらを見据えて、安倍晋三首相は「河野太郎防衛相、茂木敏充外相」という布陣を敷いたのか。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/190918/for1909180001-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsListSoc
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















「日本の肩を持つなんて許せないニダ!」バ韓国政府が在韓米軍基地の返還に言及!!!!!!!

バ韓国塵をゴキブリのように見るトランプ大統領


バ韓国大統領府が、在韓米軍基地の早期返還を口にしていました!!


「バ韓国に駐在できなくなったら困るだろ? ウリの言う事をもっと聞け!」


「日本の肩を持つのは駄目ニダ! もっとウリの事を見るニダ!!」


……というのが本音でしょうね。



交渉のためのカードを切ったつもりでしょうが、

全くの無意味でしょう。



なにしろ、南も北も分け隔てなくヒトモドキどもを根絶させるというのが人類の宿願なのですから。



-----------------------
青瓦台「米軍基地の早期返還を」…「GSOMIA葛藤」圧力カード?

 青瓦台(チョンワデ、大統領府)が30日、鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長の主宰で国家安保会議(NSC)常任委員会を開き、米軍基地の早期返還を積極的に推進することにした。政府はこの日の発表について「定められた手続きに基づいている」という立場だ。しかし韓日の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了決定で韓米関係が冷え込んだ時点に発表されたという点で微妙な波紋を呼ぶと予想される。米軍基地返還問題は韓国が米国を相手に攻勢的に使える「カード」であるからだ。 

 青瓦台は報道資料を通じて▼移転完了または移転予定の米軍基地26カ所の早期返還▼龍山(ヨンサン)基地返還手続きの年内開始▼基地返還が長期遅延中の基地4カ所の最大限早期返還--を推進すると公開した。 

 政府はこの日の発表を拡大解釈しないよう強調した。青瓦台の関係者は「いくつか作業をしてきたことをいつか発表しなければならず、それをきょう発表した」と述べた。NSCが定例的に開かれる木曜日でなく金曜日のこの日に開かれたことについては、「昨日は国会予算決算委員会が予定されていたため」と説明した。国防部の当局者も「ほとんどの米軍基地返還事業は予定よりも遅れている。関係部処間で議論が続いてきたが、この日、その結果が公開された」と話した。 

(中略)

 キム・ドンヨプ慶南大極東問題研究所教授は「GSOMIAで一方的に日本の肩を持ち、韓国に向かって露骨に不満を表出する米国に対し、我々も言うべきことは言うというメッセージを米国とわが国民に同時に伝えている」と説明した。また「今後の防衛費分担金交渉を控え、韓国が米軍のために直接間接的にど多くのことを譲歩していて、これによる不便と損害も防衛費分担であることを話している」と分析した。 

 今回のカードの効用性については見方が分かれる。匿名を求めた外交安保専門家は「在韓米軍基地を米国が非常に重視していると考えるのは進歩の錯覚」と指摘した。

https://japanese.joins.com/article/138/257138.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国・与党幹部「在韓米軍の防衛費分担金、国民が知ってどうするニカ!?」

在韓米軍の負担金額を隠したがるバ韓国政府


在韓米軍の防衛費に関して、バ韓国の与党幹部がキチガイじみた発言をしていました。


「正確な防衛費分担金の額を、国民が知ってどうするニカ?」


「1兆400億ウォンならどうであり1兆500億ウォンならどうだと何の差があるニカ?」


と言い放っていたのです。



正確な金額を知られると、なにか不味いことでもあるんですかね?




実際は……、

関係者が私腹を肥やせなくなってしまうので、何がなんでも隠したいといったところでしょうwwww



-----------------------
「防衛費、国民が知ってどうするのか」…韓国与党議員の発言で波紋

 李秀赫(イ・スヒョク)共に民主党議員が韓米両国の在韓米軍防衛費分担金に関連し「分担金の金額を国民が正確に知ってどうするのか」と述べたと、MBNが10日報じた。

 国会外交統一委員会の与党幹事の李議員は7日、党政策調整会議で「防衛費分担金が妥結する局面」と明らかにし、「今年度分だけをまず決定することにして協議中であり、国防費引き上げ率8.2%を反映して1兆500億ウォン(約1026億円)未満で合意する過程にある」と明らかにした。今年の分担金9602億ウォンを基準に8.2%引き上げた金額は約1兆389億ウォンだ。

 報道によると、李議員はこの日、「正確な金額は1兆380億ウォン台か」と質問する取材陣に対し、「何のためにそのように正確な数字を書こうとするのか。国民に1兆400億ウォンならどうであり1兆500億ウォンならどうだと何の差があるか」と答えた。また「そのように先走る必要はない。国民が知ってどうするのか」と反問した。このような李議員の発言に「不適切だ」という指摘が出ている。

 李議員は在米大使館の参事官だった1997年にジュネーブ4者会談を実現させ、参加政府当時は外交部次官補を務め、2003年に開催された6カ国協議に最初の首席代表として出席した。2007年の国家情報院第1次長を最後に公務員生活を終えた李議員は、共に民主党の3人目の人材招聘で政界に入った。2017年に比例代表の文美玉(ムン・ミオク)議員が青瓦台科学技術補佐官に任命され、議員職を継承した。

 一方、韓米両国は10日、ソウル外交庁舎で在韓米軍防衛費分担特別協定(SMA)に仮署名した。今回の協定に基づく韓国の分担金総額は米国が当初最低ラインとして提示した10億ドル(約1兆1305億ウォン)より少ない1兆300億ウォン台で妥結したという。

 仮署名された協定は法制処の審査をはじめ、次官会議、国務会議、大統領の裁可など政府内手続きを踏んだ後、3月ごろ正式署名される見込みだ。その後、4月ごろ国会に提出され、批准同意を受けなければならない。

http://news.livedoor.com/article/detail/16005394/
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る