韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

地下水

【バ韓国・平昌冬季五輪】集団食中毒の原因が確定!! やはりウ●コ由来の大腸菌だったwwwwwww

もっとも人が死ぬことになるバ韓国の平昌冬季五輪


先日、平昌冬季五輪の宿泊施設で発生したノロウィルスの集団感染

その原因が、地下水を利用した調理用の水だったことが判明していました!!!!!!!

トンデモない汚染っぷりのようで、

大便から発生する大腸菌まみれだったんだとかwwwwww


糞尿喰らいの屑チョンでも感染したのですから、

かなり感染力が高かったんでしょうねぇ。


ま、場所がバ韓国なだけに驚きは少ないですね。

なにしろ、首都の高級ホテルであっても、シャワーから大腸菌まみれの水が出てくるところなんですから。



さて、

五輪期間中に何人の犠牲者が出るのでしょう?


もっとも人が死んだ五輪として、歴史に名を刻んでいただきたいものです。



-----------------------
平昌五輪を襲ったノロウィルス集団感染の原因は調理用地下水、「不十分な点検」を指摘する声も

 2018年2月13日、韓国メディア・ノーカットニュースによると、平昌五輪の警備員らがノロウィルスに集団感染した問題で、原因は調理用地下水の汚染であることが分かった。 

 韓国の疾病管理本部は同日、疫学調査の結果を発表し「集団感染の原因は修練院の集団給食とみられ、調理用の水からの汚染である可能性が高い」と明らかにした。修練院を利用した1014人のうち94人のノロウィルス感染が確認されているが、給食を食べた人は食べていない人に比べ、ノロウィルス発生のリスクが6.5倍高かった上、食事のみで利用した人からも感染者が出たという。また、調理用の水から大便物質などによる汚染から発生するふん便性大腸菌が検出されたことから、調理用の水が汚染された事実も確認された。 

 疾病管理本部関係者は「問題のある地下水を調理用の水として使用する中で給食が汚染され、集団感染が起きたとみられる」と話した。 

 これについて、同メディアは「平昌五輪組織委員会が宿泊施設を選定する際に地下水の安全性を点検していれば、集団感染を防ぐことができた」と指摘している。また、問題の起きた平昌青少年修練院について、組織委員会宿泊専門担当部署は「団体の宿泊に適さない」との判断を出していたが、組織委員会保安要員管理部処がこれに応じず、当該施設を使用するよう指示していたことも分かったという。 

 さらに、韓国メディア・メディカルトゥデイによると、組織委員会の感染者への対応も物議を醸している。感染者を隔離せず他の宿泊者と共に生活させているため、「不十分な対応により感染が拡大しそう」と懸念する声が出ているという。これに対し、疾病管理本部関係者は「呼吸器からではなく、大便から伝染するという疾病の特性を理解していないようだ」と反発している。 

 これを受け、韓国のネットユーザーからは「原因が分かってよかった。今後の管理を徹底してほしい」と安堵の声が寄せられる一方で、「いまだに地下水を使う飲食店があったなんて。ちゃんと水質検査を受けているのか?」「多少お金がかかっても、衛生管理はしっかりしてほしい。基本を守らない店が多過ぎる」など問題が起きた施設への批判の声も多く寄せられている。 

 また「全く管理ができていない」「殺処分して土に埋める国で地下水を信じられるはずがない」「政府は何をしているの?今回の五輪に関し、良い思い出だけを世界に残したいのに」など国に対する不満の声も見られた。 

 その他「他の店でも地下水を使っているだろうに、なぜよりによって五輪警備員の宿泊施設で?」「本当かな?平昌五輪の成功を嫌がる国の仕業では?」と疑う声も出ている。

http://www.recordchina.co.jp/b568212-s0-c50.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








バ韓国・ソウル近郊のベッドタウンでシンクホール多発中!!!!!!!

道路陥没が日常茶飯事のバ韓国


ソウル近郊のベッドタウンで、道路陥没事故が相次いで発生していますwwwwwwww


どうやら高層マンションの工事の影響で、付近に陥没現象が多発しているんだとか。

さらに、地盤がズブズブでかなり脆弱な地層構造の地域だったようです。


いやぁ、イイ感じっすね。

あの低能どもが地盤にまで頭が回るわけがないのです。

今後もいい加減な工事が多発していくに違いありません。


そして、数年後……。

次は道路なんてケチなことを言わず、高層マンションが崩壊するレベルのシンクホール発生となるのでしょう。


ワクテカが止まらないとはこのことを言うのでしょうね。


-----------------------
ソウルのベッドタウンで道路が相次ぎ陥没、住民に不安広がる=韓国ネット「安全と言われるとむしろ不安」「建築許可が下りたこと自体がおかしい」

 2017年2月15日、韓国・ソウル新聞によると、ソウル近郊、京幾道高陽(コヤン)市一山(イルサン)の道路で陥没現象が相次ぎ発生し、住民らが不安を募らせている。 

 ソウルの北西部に位置し車や地下鉄で1時間ほどの距離にある一山は、いわばソウルのベッドタウン。テレビ局や韓国最大の大型コンベンションセンター「KINTEX(キンテックス)」などもあり、最近では観光客が多く訪れる街としても知られている。 

 高陽市によると、異変が起こったのは14日午後6時ごろ。一山東区白石(ペクソク)洞にある59階建て2400世帯の住商複合マンション「ヨジンワイシティ」近くのオフィス工事現場で、道路3車線と歩道150メートルにわたって陥没現象が発生し、鉄製の歩道の柵はぐにゃりと曲がってしまった。同様の現象は今月6日、一山新都市の真ん中を通る8車線の大通りでも見られ、3車線50メートルほどの区間に10センチ以上の亀裂が入った。 

 実はこの付近では、同マンションの建設が始まった2015年、さらには07年、04年、02年など、ビル新築のたびに陥没現象の発生が確認されている。高陽市市民安全課のキム・スオ課長は「今回の現象は土地の掘り起こし工事の際、止水壁部分のミスから地下水が一度に流れ出たことにより発生した」と明らかにしている。 

 しかし専門家からは付近の脆弱(ぜいじゃく)な地層構造を原因と指摘する声も出ている。同マンション付近は80年前まで漢江(ハンガン)の水が出入りする干潟地帯で、その後堤防ができて畑などに変わったものの、地中には依然として大量の地下水があるのだ。漢江の下流と同水位と推定される地下13~18メートルの砂利層は潮の干満の影響を受け、秒速8メートル前後の水が流れていることも分かっているという。 

 中部大土木工学科のキム・チュンホ教授は「一山干潟地域の地層を考慮し、工事費が多少多くかかっても地層に適した工事方法を採択するよう、高陽市が建築認可過程で勧告しなければならない」と話している。 

 これを受け、韓国ネットユーザーからは「数日前にも別の箇所で地盤沈下したにもかかわらず、市とマンション側はアスファルトで応急処置。市長さん、今は大統領選が問題じゃない。しっかりしてくれ」「大統領選に出馬するとかでしゃばる前に、市の安全対策をしっかりしろ」と高陽市長の対応を求めるコメントや、「この国で安全だと言われるとむしろ不安」「このままだと大変なことになりそう」「一山に住んでるんだけど…陥没現象のあった道路もバスで通るから、気をつけなきゃ」と心配するコメント、「ここに建築許可が下りたこと自体がおかしい」「そもそも高層ビルには向いてない土地。公園のような施設を造ればよかったものを」と嘆くコメントなどが多く寄せられている。

http://www.recordchina.co.jp/a164091.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る