韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

執行猶予

これがバ韓国の当たり前ww ビールを飲んだ直後に運転して事故を起こしても、飲酒運転じゃない!?

バ韓国でまかり通る飲酒運転


バ韓国の裁判所でトンデモない判決が出ていました。


・30代のメスが、19時から30分かけてビール数杯を飲む

・20時過ぎ、そのまま車を運転し2匹を負傷させる

・警官が現場に出動し、メスの血中アルコール濃度を検査

・処罰基準を超える血中アルコール濃度0.035パーセントが検出される


……ここまでは何のこともないただの飲酒運転でした。


しかし、裁判官は、


「運転当時の濃度は、アルコール検査時の数値より低かった可能性があるニダ」


「だから、飲酒運転ではなく、ただの交通事故ニダ」


という判決を下していたのです。



全くもって意味不明ですねwwww


「運転当時の濃度は、アルコール検査時の数値より低かった可能性がある」とはどういう事なんでしょうか?



朝鮮ヒトモドキの構造は我々人類と異なっているので、こんな馬鹿げた事態が起こるんですかねwwww



ま、キチガイしか存在しない国なので、裁判をまともにやれるわけがありませんでしたね。



-----------------------
韓国、酒を飲んで衝突事故を起こした女に「飲酒運転ではない」の判決=ネットがあきれ

 2020年9月10日、韓国・朝鮮日報は「酒を飲んで車を運転し事故を起こした30代の女が飲酒運転ではないと判断された」と伝えた。

 記事によると、女は2月5日午後8時5分ごろ、大田(テジョン)市内を車で走行中、一時停止違反で他の車に衝突。この事故で2人が負傷した。現場に出動した警察が測定した結果、女の血中アルコール濃度は0.035%だった。女は午後7時ごろから約30分間、ビール2~3杯を飲んだと供述したという。検察は、数値が飲酒運転処罰基準(0.03%を)超過していることから、交通事故処理特例法上致傷の容疑と、道路交通法上飲酒運転の容疑を適用した。

 しかし、大田地裁は「飲酒運転罪に問うことはできない」との判決を下したという。裁判官は「事故発生と呼気検査は飲酒後から30~90分のことで、血中アルコール濃度の上昇期にあった可能性が高い」「運転当時の濃度は呼気検査時の数値より低かった可能性がある」と指摘。「被告人は飲酒運転を認める供述をしたが、飲酒した人間が血中アルコール濃度を正確に把握することは難しい」「被告人の供述だけでは、処罰の基準値を超えたと認定することはできない」とした。交通事故処理特例法違反の罪については、禁錮6月執行猶予1年を言い渡したが、検察は判決を不服として控訴したという。

 この記事に、韓国のネットユーザーからは「ふざけてるのか」「裁判官は何を考えている?」「数値はともかく、酒を飲んで事故を起こしてるのに、こんな処罰なのか?」「この国の裁判官は笑わせてくれるね。コメディアンになったら成功すると思うよ」「呼気検査を拒否し続けて時間を稼げばいいと教えているのか」「裁判官の弾劾制度はないのか」など、怒りとあきれ声のコメントが殺到している。

https://www.recordchina.co.jp/b834669-s0-c30-d0144.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















何をしても執行猶予www バ韓国・ナッツ婆の母親、3つの裁判全てで執行猶予を勝ち取る!!

家族全匹キチガイのバ韓国


バ韓国ナッツ婆は母親もキチガイ


本日、大韓航空のナッツ婆の母親であるイ・ミョンヒの裁判が行われていました。


運転手や警備員に対して、常習的な暴行を働いていたのにもかかわらず“執行猶予”の判決!!


このイ・ミョンヒは、

他にも「家事手伝いの違法採用」、「ブランドバッグ密輸」などでも訴えられていましたが、全て執行猶予!!



結局、バ韓国では金持ちが何をしても捕まらないということが証明されたわけですねwwww



本当にキチガイじみた話です。



-----------------------
“職員常習暴行”韓進グループ“ナッツ姫”&“水かけ姫”母、執行猶予付き判決

 運転手や警備員に対して常習的に暴言や暴行をはたらいた容疑で裁判にかけられた故チョ・ヨンホ韓進グループ会長の妻イ・ミョンヒ被告が一審で執行猶予付きの判決を言い渡された。

 「家事手伝い違法採用」と「ブランドバッグ密輸」裁判で執行猶予を受けたのに続き、3回目の執行猶予判決となった。

 ソウル中央地裁は14日、常習特殊傷害などの容疑で起訴されたイ被告に懲役2年、執行猶予3年を言い渡した。

 検察は当初、イ被告に懲役2年を求刑していたが、警備員1人を被害者に追加し、6か月増やした2年6か月を求刑した。

 量刑理由ついて裁判部は「自身の影響下にいる被害者らに常習的に暴行・暴言を加え、危険な物を投げつけて傷害が発生し、被害者が受けた心理的自壊感が相当であることを考慮すれば、罪質が軽くない」とし「被告人は大企業の会長の配偶者という地位にあり、被害者たちは自宅従事者と関連企業の職員であるため、被告人の不当な行為に耐えたとみられる」と指摘した。

 続けて「被告人は犯行について本人の責任と認めており、被害者と合意をした。被害者が処罰を望んでいない」とし、「瞬間的な怒りで暴力行為が現れただけで、特定人に対する持続的な嫌がらせと見えない点、傷害の程度が大きくない点、韓国社会の構成員たちが生きていく姿を省察する機会を持つなどを考慮して刑を決めた」と説明した。

 イ被告は裁判長が主文を朗読する間、無表情で頭を下げていた。宣告が終わるとイ被告は眼鏡を外して裁判部に向かって90度のあいさつをした。裁判直後、イ被告「執行猶予判決が出たが、感想はどうか」、「控訴するつもりか」という記者の質問には何も答えず、急いで席を立った。

http://www.wowkorea.jp/news/korea/2020/0714/10264620.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【無法国家】米国大使公邸を襲撃したバ韓国塵どもが全匹保釈される!!

大使館を襲撃しても釈放されるバ韓国


昨年の10月。ソウルにある米国の駐韓大使公邸に対してテロを起こしていた屑チョンども。


その内、1匹は選挙に出るという理由で釈放されていました。


(過去記事:アメリカ大使公邸に侵入したバ韓国のテロリスト、選挙に出るという理由で保釈される!!!!!)



今回、残り3匹のテロリストどもに対し、執行猶予の判決が出ていました。


国際的なテロを実行しておきながら、懲役されることなく娑婆に出てくるんですねwwww



さすがバ韓国!


きゃつらには法律の概念が存在していないので、こうなるのは当然かもしれませんね。




-----------------------
米大使公邸に侵入の大学生4人に有罪=ソウル中央地裁

 韓国が米国に支払う防衛費分担金の引き上げに反対し、米国の駐韓大使公邸に侵入した「大学生進歩聯合(大進聯)」所属の大学生4人に対し、一審のソウル中央地裁は29日、業務妨害罪などで懲役1年、執行猶予2年の有罪判決を言い渡した。4人のうち金裕珍(キム・ユジン)被告(29)は4月15日に行われた総選挙に民衆党から比例代表で出馬することを理由に保釈されており、残る3人は今回の判決を受け保釈された。

 4人は昨年10月、ソウル市中区貞洞にある米国の駐韓大使公邸の壁を乗り越えて庭に侵入し、「米軍支援金の5倍増額を要求したハリス(駐韓大使)はこの地を去れ」などと書かれたプラカードを掲げ、違法なデモを行ったとして、業務妨害などの罪で逮捕、起訴されていた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/04/30/2020043080037.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















文大統領頑張り過ぎwww バ韓国・パククネ婆の審理差し戻しに!! サムスン電子副会長の執行猶予判決も取り消し!!!!!

バ韓国・パククネ婆の審理差し戻しに


パククネ婆の一連の裁判が、バ韓国大法院の判断で高裁に差し戻されることになりました。



これにより、執行猶予となったサムスン電子の副会長のである李被告の判決も破棄されることに!!


つまり、実刑判決となる可能性がまた出てきたのですwwww




文大統領も頑張ってますなぁ。


次期大統領と見られていた側近のスキャンダルをうやむやにするため、

あの手この手で世間の目を逸らそうとしています。



その手段が全てバ韓国崩壊へと直結しているのですから、素晴らしい判断です。



まだまだこの程度では誤魔化しきれないので、

さらなる暴走に期待したいものですね。



-----------------------
朴前大統領らの審理差し戻し サムスントップに再び実刑か=韓国最高裁

 韓国大法院(最高裁)は29日午後、長年の知人、崔順実(チェ・スンシル)被告と共謀してサムスングループなどから多額の賄賂を受け取ったとして収賄罪などに問われた前大統領、朴槿恵(パク・クネ)被告(67)の上告審で、懲役25年、罰金200億ウォン(約17億4000万円)とした二審判決を破棄し、審理をソウル高裁に差し戻した。また、朴被告側への贈賄罪などに問われ、二審で懲役2年6カ月、執行猶予4年の判決を受けたサムスングループ経営トップのサムスン電子副会長、李在鎔(イ・ジェヨン)被告(51)の判決も破棄し、高裁に差し戻すよう命じた。

 朴被告は二審判断に法律違反があったとの理由で、李被告は崔被告側に提供した賄賂額と横領額が二審の判断よりも多いという理由などで、再び二審の裁判を受けることになった。李被告は一審で懲役5年の実刑判決を言い渡されたが、二審の執行猶予付き判決を受けて保釈された。差し戻し審で再び実刑判決が出て身柄を拘束される可能性もある。

 大法院は、朴被告の一審、二審の担当裁判所がほかの罪の案件と区別して判決を出すべき収賄罪の案件を分離せず、法に違反したと判断した。

 韓国の公職選挙法では、大統領などの公職者に適用された特定犯罪加重処罰法上の収賄罪はその他の罪と分離して宣告するよう規定されているが、朴被告の一審、二審判決は同規定から外れ、まとめて宣告された。

 大法院の判断により、朴被告の差し戻し審では有罪が認められた収賄罪について、ほかに問われている職権乱用罪や強要罪などと区別して判決を言い渡す必要がある。分離して判決を出す場合、量刑は重くなる可能性が高い。

 大法院は李被告について、二審が賄賂ではないと判断した崔被告の娘のための馬の購入費と、冬季スポーツ英才センターへの支援金を問題視した。

 サムスンが崔被告側に提供した乗馬用の馬について、所有権そのものを譲り渡したものとみて馬の購入額34億ウォンを賄賂と判断。冬季スポーツ英才センターへの支援金16億ウォンも、サムスン内部に存在していた李被告への経営権承継という懸案に絡む不正な頼み事の対価として提供した賄賂だとみなした。

 一方、大法院は懲役20年、罰金200億ウォンとした崔被告の二審判決も破棄し、差し戻した。崔被告が自身の事実上の支配下にあった財団などへの資金提供を企業に要求した行為は強要罪が成立するほどの脅迫ではないと判断し、強要罪を有罪とした二審判断は誤りだとした。ただ、これは差し戻し審の量刑に大きく影響しないとみられている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/29/2019082980217.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る