韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


報酬

【バ韓国・平昌冬季五輪】開会式で舞踊を披露する学生どもの時給は、わずか105円wwwwwwwww しかも、強制参加!!!!

史上最悪の五輪となることが決定しているバ韓国・平昌冬季五輪


来年2月に開催“予定”の平昌冬季五輪。

その開会式のために、踊りを得意とするバ韓国中の学生たちが動員されるようです。


屑チョンの踊りなんざ見るに値しませんが、その報酬がトンデモないみたいですね。


30日に及ぶ練習期間と本番の舞台に対する対価が、

最高でも20万ウォン足らずとのこと。


時給に換算すると、わずか105円となるようですwwwwwwww



たとえ、学生に参加するつもりがなくても、

担当の教師から参加を“強制”されているんだとかwwww



いやぁ、さすがバ韓国ですなぁ。

国中のメスを売春婦に仕立てあげただけのことはありますねwwwwwww


-----------------------
平昌五輪開会式に韓国の踊れる高校生ら“強制動員”か、時給100円とも=韓国ネット「最低賃金は払ってあげて」「もう五輪自体やめた方が…」

 2017年12月21日、開幕までいよいよ50日となった韓国・平昌(ピョンチャン)五輪だが、この開会式公演のため韓国舞踊専攻の高校・大学生らが格安の報酬を対価に駆り出されているとの疑惑が持ち上がった。韓国・国民日報が報じた。 

 同紙の取材の結果、誠信(ソンシン)女子大と慶熙(キョンヒ)大の学生78人と、桂園(ケウォン)芸術高など4校の生徒140人、合計218人が、開会式の公式イベント公演の準備に入ったことが確認されたという。初回の団体練習は17日午後の7時間。以降19日間の合宿を含め、約50日後の本番までに延べ30日間の練習日程が組まれている。 

 問題は「低過ぎる報酬」と記事は指摘する。ある高校生は「開会式が終わったら10万ウォン(約1万500円)くらいもらえるはず」と教師から聞いたと話す一方、大学生は「イベント費用として20万ウォン(約2万1000円)もらえると聞いた」と言い、「お金に関する話はまったく聞いていない」という参加者もいる。最も高い20万ウォンが支払われるとしても、1日7時間、30日間の練習として計算すると、時給は1000ウォン(約105円)にも満たず、参加者の間では波紋が広がっているそうだ。 

 この問題について五輪組織委の関係者は、「イベント代行会社が各学校と協議し進めた内容」とし、参加者は「ボランティアの概念で参加を了解したと聞いている」と説明。また「事前に条件と日程を説明し、希望者を参加させた」「報酬は少ないが、五輪参加自体に意義を感じる参加者もいるだろう」と話している。組織委は、参加者に交通費や宿泊費、食費やおやつ代、衣装、練習用のロングダウンコートを別途支給するという。 

 しかし、参加の決定に本人たちの意思は反映されず、学校によっては教師から「必須参加」が言い渡されたと生徒の保護者らから証言も出ている。また、将来の進路が制限された韓国舞踊という分野の特性上、教師や教授らから参加を求められれば事実上拒否できないとの事情もあるという。 

 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「その時給はどうかしてる」「最低賃金の時給は少なくとも守ってあげないと」「教師が金を受け取って生徒を売ったんだろう」と組織委などに批判の声が上がっており、「もう五輪自体をやめるべき。韓国には開催資格がないと思う」「こんなひどい内幕があるなら今からでも取りやめた方がいい」と厳しい声もある。 

 しかし一方では、「ボランティアと分かって参加したのでは?普通、国際イベントはボランティアが運営するものだし」「お金のためでなく、そのステージに立ちたい人が他にたくさんいるはずだよ」など、ボランティア精神を持って参加すべきとの意見も少なからずあった。

http://www.recordchina.co.jp/b225788-s0-c50.html
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








「ウリに公務員の地位を保証するニダ!」、バ韓国・セウォル号の特調委が発火中!!!!!!!

ゴネ得を狙うセウォル号の調査委委員会ども


先日、バ韓国のセウォル号の特別調査委員会が活動期限を迎えていました。

これに対し、所属していた調査官42匹が猛反発!!


「ウリに公務員の地位を与えるニダ!」

「もっと給料を寄こすニダ!!」


……と顔を真っ赤にしているようです。


ゴネ得を狙い、この調査官どもはいまだ事務所に出勤し続けているんだとかwwwwww


遺族様どもと同様、一生遊んで暮らせるだけの金が欲しくて仕方ないんでしょうねぇ。

名前ばかりの調査ばかりで、何一つ結果を残せていないというのにwwwww


ま、いかにもバ韓国らしい日常風景ですね。


-----------------------
韓国、セウォル号遺族らが政府を提訴「真相究明は終わらない」=韓国ネット「また始まった」「遺族らはいつまで苦しむ?」

 2016年10月17日、韓国・ニューシスによると、韓国政府が14年4月に起こったセウォル号惨事を調査している「4・16セウォル号惨事特別調査委員会(特調委)」の活動期限を9月30日と通知した中、これに反発する特調委所属の調査官らが韓国政府を相手に「公務員の地位確認及び報酬支給請求」訴訟を起こし、活動期間について裁判所の判断を受けることにした。

 17日午前11時ごろ、特調委所属の調査官ら42人はソウル市内で会見を開き、「政府は特調委の活動期限に対する法的根拠を明らかにしなかった。セウォル号特別法によると、特調委の活動期間は『構成を完了した日から1年6カ月』であり、まだ6カ月ほど残っている」と主張し、「調査活動が途中であるにもかかわらず、一方的に終了を告げた政府の決定を受け入れられない」と訴えた。

 特調委の調査官らは政府が活動期間終了を通知した後もソウル市内の事務所に出勤して業務を進めてきたが、政府は6月30日以降、これに対する報酬及び特調委への支援金を一切支給していない。

 これについて、韓国のネットユーザーからは「また始まった」「何もしていないくせに、国民の税金を搾り取るつもり?」「今までの調査で何を明らかにした?中間発表もないのに、国民が納得できるわけない」「今後は自分の金で調査してほしい」「バスの火災事故とセウォル号事故の違いは?」「まるで金の亡者。セウォル号事故で亡くなった子供たちが空で泣いている」など、特調委に否定的なコメントが多く寄せられた。

 一方で「真実は沈まない。最後まで戦ってほしい」「なぜこの国は罪を犯した人が堂々とし、被害者が批判されるのだろうか?」「政府はなぜ事故に関する情報を隠そうとする?遺族らはいつまで苦しまなければならないのか…」「真相究明に反対したり、船体の引き揚げを妨害する人が犯人だ」など、特調委を指示するコメントもみられた。

http://www.recordchina.co.jp/a152867.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【セウォル号沈没】生涯サポートの約束で、遺族様が大勝利!!!!

熱唱した甲斐があった遺族様どもwww


まさに「遺族様」の大勝利といったところでしょうか?


セウォル号沈没で亡くなった屑どもの遺族様への補償がだいぶ厚くなるようです。

一回限りのサポートと報酬で終わるのではなく、被害家族の生涯にわたってサポートできるようにするニダ」というのが政府の方針とのこと。



ああ、この考えってアレですね。


日本に賠償金もらっても1回限りでは済まさないニダ! 未来永劫にわたって金を要求するニダ!


コレとまったく同じことでしょう。






それにしても「一回限りのサポートと報酬」って何なんですかね?

報酬ってことは、やはり遺族様にとって家族の死はご褒美だったということでしょう。




-----------------------
セウォル号国条特別委員会・家族対策委"画期的なレベルの法案用意"

「被害家族の生涯ライフサイクル全体にわたって継続支援を受けられるようにする」

 国会セウォル号国政調査特別委員会の委員会とセウォル号の犠牲者、行方不明者、生存者、家族対策委員会は8日、「国会は、年月号特別法の制定を通じて、災害対応および事後対応システムを確立するに当たり、類例がなく、先進国がベンチマークすることができる画期的なレベルで法律案を用意する」と明らかにした。

 この日、国会セウォル号沈没事故の真相究明のための国政調査特別委員会に所属する幹事であるセヌリ党ジョ・ウォンジン議員や、新しい政治民主連合キム・ヒョンミ議員らが、国会で記者会見を開き、「一回限りのサポートと報酬で終わるのではなく、被害家族が生涯ライフサイクル全体にわたって継続サポートを受けることができるよう、制度やシステムを構築する」と明らかにした。

 また「被害地域に対する政府支援策の妥当性を確認し、その後の対策を講じできるようにして、被災地の経済、社会的に回復の基盤を用意することができるようにする」とも明らかにした。

 これらは、今後行われる国政調査と関連しても「真相究明におけるセウォル号の被害家族の参加を保証し、特に聖域のない真相調査のためにすべての情報を透明に公開するようにする」と明らかにした。これらは「答えは現場にある」とし「このため、国会は、セウォル号国調特別委員会の現場本部を、珍島の室内体育館に設置し、現場担当議員を割り当てするようにして、行方不明者家族の声に常に向き合って調査し、救助のために可能なすべての措置を責任を持って実行できるように、すべてのサポートを尽くす」と話した。

 引き続き「特に潜水士の安全性の問題は国会でも格別にチェックして、これ以上の事故が発生しないようにしたい」とするだけでなく、「行方不明者の流出が二度と発生しないよう、積極的な対策を用意して実行するように措置する」と付け加えた。

 また、「海軍と海上警察は、新しい調査、救助案を研究して実行するにあたり、国会も専門家集団の助言を通じ、これを責任を持って後押しする」と明らかにした。

http://joongang.joins.com/article/755/14900755.html?ctg=1002&cloc=joongang|home|newslist1
-----------------------


韓国政府も、そんなこと考えるヒマがあるのならこの日本に巣食うダニどものことを考えてあげてくださいな。


在日どもを一匹残らず祖国に帰国させて財産を取り上げれば、財政難が一時的にでも好転するのでは?

日本も喜ぶし、韓国も喜ぶ。珍しく利害が一致しているのですから、ぜひ!!









あ、さすがバ韓国。お笑いの要素もブチ込んできてましたね。

先進国がベンチマークすることができる画期的なレベルで法律案を用意するニダ


はいはい、さいですか。せいぜい先進国に先駆けた気分で頑張ってくださいな。
だれも真似しませんし、そもそも韓国なんざまともに見ていませんからwww 



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






オススメ息抜きネタ
拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。

★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る