韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

墜落

【お笑いバ韓国軍劇場】大金を投じて用意した無人偵察機、帰還能力に欠け飛ばすことができないwwww

鉄くずに大金を投じるバ韓国軍


バ韓国軍には、510億ウォン相当の無人偵察機が存在しています。


しかし!


故障だらけでろくに飛ばず、電波妨害で墜落したり帰還できない代物のようですwwww



その結果、大金を投じて用意したものの倉庫に眠らせておくしか用途がないとのこと。



いやぁ、流石ヒトモドキのすることですなぁ。


結局、一部の関係者だけが私財を増やし、北朝鮮の脅威にはまったく抵抗できないといういつもの流れです。


こんな国、さっさと終わらせてあげるのが慈悲というものでしょう。




この日本国内に巣食っている害獣どもをさっさと送り返し、

ヒトモドキという種を地上から完全に消し去りたいものです。


-----------------------
墜落恐れ飛ばせない510億ウォン相当の韓国軍無人偵察機

 韓国が510億ウォン(約45億円)の税金を投じて導入した海洋情報艦の無人偵察機(UAV)の性能が劣り、事実上使い物になっていないとの指摘が出ている。韓国軍は北朝鮮による攻撃の兆候を積極的に探知しなければならないUAVの「故障」を懸念し、頻繁には活用していないという。野党は「数百億ウォン相当の装備が観賞用と化したのか」と批判している。

 自由韓国党の李種明(イ・ジョンミョン)国会議員によると、韓国軍の代表的な対北朝鮮情報資産である艦船「新世紀」「新紀元」に搭載されたUAVはGPS妨害への対処能力が著しく低いか、そうした性能そのものを備えていないことが判明した。新世紀艦のUAVは当初、GPS妨害対応能力が備わっていなかったが、監査院による監査で指摘が相次ぎ、その場しのぎで補完を済ませた。また、新世紀艦のUAVよりも先に導入された新紀元艦のUAVにはGPSは搭載されているが、妨害対応能力はないことが分かった。李議員は「現在の状況ならば、偵察作戦中に北朝鮮によるGPS妨害攻撃を受ければ、墜落するか、母艦への帰還が不可能だ」と述べた。その上、両艦のUAVは海軍の指揮統制体系とも連動しておらず、作戦指揮にかなりの障害があるとも指摘した。新世紀艦のUAVは2003年、新紀元艦のUAVは08年に戦力化が推進された。

 しかし、事業者選定過程で贈収賄や優遇といった雑音がやまなかった。UAVの運用は海軍、UAVで得た情報は国家情報院がそれぞれ管理する。野党からは「数百億ウォンの税金をつぎ込んだにもかかわらず、結局故障を恐れ、飾っておくしかない『スクラップ』ではないか」と指摘する声がある。海軍は「合同参謀本部、防衛事業庁などと性能改良に取り組んでいく」と説明した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/11/2019101180144.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国経済】アシアナ航空、社員に最大3年間の"無給休職"を通知! もう給料が払えないニダ!!

バ韓国のアシアナ航空、大幅リストラで事故多発間違いなし


バ韓国のアシアナ航空がとんでもない組織整備案を出していました。


その内容は、

職員に“無給休職”させるというもの!


最大で3年間にもなるようで、実質的なクビ宣告ですね。



職員の数が減ることにより、当然ながら安全性はさらに悪化します。


アシアナ航空機がアチコチで墜落する姿が目に浮かびますねwwww




そうした事故が、朝鮮半島の中だけで発生しますように。


-----------------------
アシアナに来るものが来た…「最大3年の無給休職」

「構造調整の信号弾ではないか。恐ろしい」 

 アシアナ航空のある職員はこのように訴えた。年内の売却作業完了を目指して組織を整備し、売却価格の引き上げを狙った作業に入ったアシアナ航空が職員に無給休職を通知した直後だ。 

 アシアナ航空人事チームは29日、社内全職員に「無給休職実施案内」に関する電子メールを一括送信した。無給休職対象者は2016年以降の希望休職未実施者だ。 

 職種は営業および空港サービス職、運航管理職、航空エキスパート職、国内整備職のうち事務業務遂行者だ。操縦士や客室乗務員、整備職は無給休職対象から除外された。無給休職期間は最小15日から最大3年だ。 

 アシアナ航空の別の職員は「苦痛分担次元という名目で突然会社が無給休職を通知して非常に困っている」とし「何の準備もなく、どうしたら無給休職に入ることができようか」と不満を吐露した。 

 これに対し、アシアナ航空側は「当社の自救努力に全職員が参加する次元で無給休職を拡大施行することになった」とし「安全運航と直結している一部職種は除いた」とした。これに先立ち、アシアナ航空のハン・チャンス社長は1日、アシアナ航空経営危機克服のための重点推進課題として▼追加的な資産売却を通した流動性確保▼非収益路線の整理▼航空機運営機数の縮小▼生産的で効率的な組織改編案--などを提示した。

https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=252941&servcode=300&sectcode=300
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【wktkが止まらないwww】バ韓国初の航空整備専門会社が誕生!!

バ韓国で航空整備専門会社が誕生www


バ韓国でトンデモない会社が設立されていました!


それは、航空整備専門会社!!!!!!!


今までは海外の会社に依存していた航空機の整備を、

この会社が請負うことになるようです。




いやぁ、もうオチが見え見えですなぁwwwww


バ韓国塵どもの整備による航空機なんざ、

落ちて当たり前の状態になるだけなんですから。



今後、ますますバ韓国からのニュースが楽しみになるわけですね。


-----------------------
韓国国内で航空整備可能に

 南部の慶尚南道・泗川に誕生した韓国初の航空整備専門会社「韓国航空サービス」(KAEMS)で事業着手記念行事が開かれた。整備第1号となる格安航空会社(LCC)チェジュ航空の旅客機の前で記念撮影する金賢美(キム・ヒョンミ)国土交通部長官(左から2人目)ら。韓国にはこれまで航空機の整備会社がなく、海外に依存していた。

https://jp.yna.co.kr/view/PYH20190221169600882
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国産ヘリ「スリオン」、フィリピンへの輸出計画が白紙にwwwww

バ韓国の欠陥ヘリ「スリオン」


フィリピン政府を騙くらかして欠陥ヘリ「スリオン」を売りつけようとしていたバ韓国。

しかし、その輸出計画が水泡に帰していましたwwwww


スリオンだと10機しか買えない金額で、アメリカが「ブラックホーク」16機を購入できると持ち掛けていたようです。



いやぁ、ちょっとばかり残念ですね。

フィリピンのあちこちで「スリオン」が墜落する様子を拝みたかったものです。



そもそも屑チョンの分際でヘリの輸出だなんて、身分をわきまえない暴挙でした。


なにしろ車輪ひとつまともに作れない連中なんですからwwww



世界最高水準のヘリだと宣伝しているバ韓国ですが、

そんな戯言を信じるキチガイは世界広しといえど朝鮮ヒトモドキくらいなものでしょうね。



-----------------------
韓国型ヘリ「スリオン」、フィリピン向け輸出計画が頓挫

 韓国航空宇宙産業(KAI)が推進していた韓国型機動ヘリ「スリオン」(KUH1)のフィリピン向け輸出が、事実上暗礁に乗り上げたことが11日までに分かった。韓国軍関係者は11日、「機動ヘリ事業を推進していたフィリピン政府が、機体部分に関する評価でスリオンよりも米国のUH60(ブラックホーク)に高い点数を付けた。韓国側では、企業協力や各種の追加支援などを『オプション』として打ち出して終盤の総力戦を展開しているが、ひっくり返すのは事実上困難な雰囲気」と語った。

 このことは、フィリピン政府関係者の公の発言にも表れた。フィリピンのデルフィン・ロレンザーナ国防相は最近、「最終的に、ブラックホークを購入するのが一番いいオプションだという結論を下すことになった」として、スリオンではなくブラックホークを配備することにしたと語った。ロレンザーナ国防相は「われわれは資金不足でスリオンを10機しか購入できない。ところが(ブラックホークは)16機購入できる」とも語った。

 韓国の防衛事業庁の関係者は「たとえ機体の評価がそのように出ても、最終決定されたわけではない」と語った。

 今回、事実上挫折してしまったスリオンのフィリピン向け輸出は、韓国の現政権が力を入れてきた事業だ。韓国国防部(省に相当)は、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が今年6月に韓国を訪れた際、ソウル市竜山区の国防庁舎前練兵場にスリオンを展示したこともあった。当時、ドゥテルテ大統領はおよそ10分間スリオンの性能や作動法について説明を受け、自らヘリを始動させてみることもした。その後、ドゥテルテ大統領はロレンザーナ国防相にスリオン購入を検討するよう指示を下した。

 だが問題は「価格競争力」だった。韓国軍関係者は「スリオン1機の価格は250億ウォン(現在のレートで約25億円。以下同じ)前後で、フィリピン側が策定した予算では10機買えるというレベルだった。だがブラックホーク側は同じ予算額で16機を提案したので、あちらに傾くのは避けられない面がある」と語った。また韓国政府の関係者は「結局、戦闘機や戦闘ヘリを輸出しようと思ったら米国と競争しなければならないが、米国側のけん制が強いという面もある。市場参入そのものが困難な状況」と語った。

 スリオンの「親類」に当たる韓国海兵隊上陸機動ヘリ「マリオン」の墜落事故も、今回の決定に影響を及ぼしたという。フィリピン政府側が直接、安全上の問題を提起したわけではないものの、スリオンに傾きそうだったフィリピンからのヘリ受注の件にブラックホークなどが食い込む余地が生まれた-という見方だ。事故直後、韓国大統領府(青瓦台)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官が乗り出して「われわれのスリオン・ヘリの性能と技量は世界最高水準」と語ったが、スリオンのイメージ失墜を防ぐことはできなかった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/12/12/2018121280024.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る