韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


大気汚染

バ韓国塵どもが最も恐れているものとは……

陸海空すべてが汚染されているバ韓国


最新の調査によると、現在、屑チョンどもが最も恐れているものは大気汚染らしいです。



大地は放射能に汚染され、水は大腸菌まみれ、

そして空気も汚染物質だらけ……。



まさに、この世の地獄に相応しい環境ですなぁwwwwww


これだったら本当の地獄のほうが快適かもしれませんね。



朝鮮ヒトモドキに耐性がつかないうちに、

さっさと絶滅していただきたいものです。


それが大いなる地球の意志なのですから。



-----------------------
韓国人が最も恐れているもの―韓国紙

 2018年5月14日、環球網によると、韓国の国民が最も不安に感じていることはスモッグなどの大気汚染問題であることが、韓国保健社会研究院の調べで分かった。 

 韓国紙・亜州経済によると、韓国保健社会研究院は14日に「社会統合現況・緊急対策案研究」報告書を発表。韓国の成人3839人を対象に意識調査を行ったところ、景気低迷や高齢化社会、水質汚染などを抑え、大気汚染が国民にとって最も主要な不安要素であることが分かったという。 

 調査は各問題について5段階で不安の評価付けをしてもらう形式で行われ、大気汚染問題は3.46点。景気低迷は3.38点、高齢化社会は3.31点、水質汚染は3.29点、失業と貧困は3.27点、北朝鮮の核問題は3.26点だった。 

 韓国では2017年に入って大気汚染が例年よりも悪化しており、日常生活にも深く関わる問題として国民の間に強い不安が生じていることが調査で浮き彫りとなったと記事は伝えた。 

 調査ではまた、世代によっても不安に感じる事案が異なることも明らかになった。年齢が上がるほど自然災害や健康などに対する不安が大きい一方、若い世代では犯罪などの社会問題への不安が大きいという。 

 そのほか、学歴が高いほど環境問題に不安を感じ、収入が上がるほど経済問題への不安が高まることも明らかになったという。

http://www.recordchina.co.jp/b218774-s0-c30-d0035.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【胸糞画像】今年も開催されたバ韓国の“ボーッとする大会”wwww

無表情でも不細工すぎるバ韓国塵ども


何していてもバ韓国塵は不細工


このままバ韓国塵どもに自殺してもらいたい


また今年もバ韓国のソウルで気持ち悪いイベントが行われていました。

以前にも紹介したことがある“ボーッとする大会”ですwwww



いやぁ、屑チョンどもって、無表情であっても本当に醜いですなぁ。




どうせならボーッとするだけではなく、呼吸するのも止めてくれないものですかねwwww



きゃつらが1匹死ぬだけで、地球上の大気は綺麗になりますから。



-----------------------
みんなで「ボーッとする大会」開催/ソウル

 雨が時折降った22日、ソウル・汝矣島の漢江公園「広い野原」で「2018年漢江ボーッとする大会(2018 Space Out Competition)」が開催された。この大会は何かと忙しい現代に「ボーッとすること」を競い合うものだ。写真はさまざまなコスチュームや小道具を使って「ボーッとする」ことを競い合う参加者たち。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/04/23/2018042300835.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【まさにノータリンwww】太陽光発電システムを設置しても、管理の方法が分からないバ韓国塵どもwwww

太陽光発電はバ韓国では無意味


バ韓国でも、太陽光発電システムが普及し始めているようですが……。


やはり屑チョンどものすることなので、かなりいい加減なものでしたwwwwww


パネルを設置した後、なんの管理もしないのでほこりまみれとなり、発電効率が低下しまくっているようなのです。



太陽光発電の普及に大量の金を投じておきながら、設置後にそのまま放置とはwwww


さすがヒトモドキどものやることですなぁ。




この地球上の限られたエネルギーを効率的に使うためにも、

生かしておく価値がない屑チョンどもを粛正することが一番大事でしょう。



あ!

屑チョンの命なんてものは価値がないどころか、マイナスにしか過ぎませんでしたねwwwww


-----------------------
韓国の太陽光設備、大気汚染で発電効率が低下

 新・再生可能エネルギーの拡大に向け、公共機関がこぞって太陽光発電機を設置している。政府補助金などを使って設置し、宣伝する。しかし、設置後の管理を怠ったことで、太陽光発電設備にほこりがたまってしまっている。特に粒子状物質が頻繁に見受けられる春先は深刻だ。ほこりが積もれば太陽光の受光がままならず、発電効率は低下してしまう。実績のための普及には熱心だが、実質的な電気生産の助けとなる事後管理はおろそかにされている。

■放置された太陽光発電設備

 3月30日午前11時、ソウル市銅雀区のある文化福祉センター6階の屋上を訪れた。横10メートル、縦5メートルの太陽光発電パネル2枚が設置されていた。ティッシュペーパーで板を拭いてみたところ、黒い汚れが確認できた。センターの関係者は「太陽光パネルの掃除をいつすればいいのか分からない。掃除したのを見たことがない」という。同日午後4時に訪れた冠岳区役所の屋上にある太陽光パネルも状況は変わらなかった。区役所の関係者は「太陽光発電パネルは掃除していない。1年に2回行われている庁舍外壁の水掃除の際に一緒に洗っている」という。

 ソウル市は2022年までに太陽光発電機を原子力発電所1機の用量に相当する1ギガワットにまで拡大普及する計画だ。現在のソウル市内の太陽光発電用量(131.7メガワット)のおよそ8倍に当たる規模だ。2013年から17年まで予算約202億ウォン(約20億2000万円)を投入し、253カ所の公共施設に太陽光発電機を設置した。現在計489カ所に設置されている。今後は関連予算も増やしていく計画だ。太陽光発電機を設置する民間業者も数多く現れた。全国的にも太陽光発電機の設置メーカーは8500社に上っている。

 太陽光パネルにほこりと異物が積もっているものの、どのように管理したらいいのかよく分からない。公共機関の関係者たちは、そのほとんどが「雨や風でほこりが吹き飛ばされて、これと言った管理は必要ないと思っていた」と口をそろえる。

 太陽光発電の効率は、パネルに太陽光がどのくらい届くかによって決まる。ソウル大学電気・情報工学部のイ・ビョンホ教授は「空気中にほこりが多い場合は太陽光発電の効率が落ちる。ほこりが積もれば効率はさらに低下するほかない」と説明する。

■普及には熱心だが、管理機関は存在せず

 太陽光発電機の普及にはこぞって関心を示すが、事後管理のためのマニュアルや組職は存在しない。太陽光発電は設置メーカーと管理メーカーが別々になっている。業界の特性上、設置メーカーは設置拡大にのみ集中し、苦情が入ってこない限り事後管理はしないという。ある太陽光設備の管理メーカー関係者は「設置メーカーが事後管理の方法について説明しないため、どのように掃除すればいいのか問い合わせてくる顧客が多い」と現状に触れた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/04/20/2018042001777.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












さすが大気汚染大国!! バ韓国・プロ野球、汚染濃度上昇で3試合が中止に!!

朝鮮半島は空も陸も水も汚染まみれ


昨日、黄砂の襲来によってバ韓国のプロ野球3試合が急遽中止となっていたようです。

これはバ韓国でプロ野球が誕生して以来、初めての事態だったとのこと。


屑チョンの分際で、黄砂を警戒するだなんて笑わせてくれますね。




我々人類にしてみれば、

黄砂やPM2.5による大気汚染なんかより、

きゃつらの糞尿臭い呼気のほうがよっぽど悪質ですからね。



これ以上地球の大気を汚さないためにも、

朝鮮ヒトモドキを1匹残さずぶっロコすのが正解だと思われます。



-----------------------
大気汚染で警報発令、韓国プロ野球が初の中止

 6日、今年に入って初めて全国的な黄砂が発生、ソウルをはじめ首都圏などに粒子状物質(PM10=粒子径が10マイクロメートル以下)警報が発令された。突然の黄砂襲来により、同日行われる予定だった韓国プロ野球3試合が中止になった。1982年の韓国プロ野球発足以来、粒子状物質のために試合が中止になったのは今回が初めてだ。

 韓国野球委員会(KBO)は6日午後6時30分、ソウル・蚕室(NC-斗山)、水原(ハンファ-KT)、仁川・文鶴(サムスン-SK)球場で行われる予定だった試合の中止を決めた。試合開始1時間前、蚕室球場の粒子状物質濃度が377マイクログラム/立方メートルに達し、注意報レベル(150マイクログラム/立方メートル)はもちろん、警報(300マイクログラム/立方メートル)レベルの値をはるかに上回ったためだ。蚕室が午後5時35分に中止を決定すると、水原(6時05分)と文鶴(6時10分)も次々と中止を決めた。水原は午後5時に285マイクログラム/立方メートル、仁川も235マイクログラム/立方メートルで警報レベルの値に迫っていた。キム・ヨンヒ蚕室競技監督官は「中止決定は容易でなかったが、観客が快適に観戦するのは難しい上、選手たちも本来の力を見せられないと判断した」と説明した。KBOは2016年、「粒子状物質注意報が発令された場合、その試合の運営委員が審判員などと協議して試合を中止にできる」という規定を導入していた。

 一方、環境部(省に相当)は同日午後6時、ソウル市に粒子状物質(PM10)警報を発令した。粒子状物質警報は1時間の平均濃度が300マイクログラム/立方メートル以上の状態が2時間続く場合に発令される。これより前の同日午後4時には仁川市江華郡と京畿道北部・東部に粒子状物質警報が発令された。15年に導入された粒子状物質警報がソウルに発令されたのはこれが初めてだ。

 同日、ソウル市で1時間の平均濃度が最も高かったのは瑞草区(470マイクログラム/立方メートル・午後3時)だった。全国的には午後3時に忠清南道唐津市が481マイクログラム/立方メートルと最も高かった。気象庁は「2月に白ニョン(ペンニョン)島で黄砂が今年初めて観測されたが、ソウルをはじめとする内陸地域では今回が今年初の黄砂だ」と発表した。

 気象庁によると、今回の黄砂は4日からゴビ砂漠と中国内モンゴル付近で発生し、韓国に飛来したものだという。さらに、中国東北部付近で発生した黄砂の一部が7日、韓国上空を通過するものと予測されており、今週末も黄砂の影響がある見通しだ。気象庁は「黄砂が続くかどうかは、中国で追加発生する量と大気下層気流の変化により流動的だ」としている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/04/07/2018040700508.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る