韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


大統領候補

さすが性犯罪大国!! バ韓国次期大統領候補が、日常的に秘書をレイプしていた!!

日常的にレイプしていた安熙正(写真・右)


次期大統領候補と言われているバ韓国の安熙正

この屑チョンが、秘書のメスを何度もレイプしていたことが判明していました。


秘書自身がテレビに出演し、被害を訴えていたようです。




いやぁ、さすが朝鮮ヒトモドキですなぁ。

バ韓国塵の次期大統領に相応しいと言えますねwwwwwwwww



息をするように嘘をつき、息を吐くように性犯罪を犯す……。

それでこそ、屑チョンなんですからwwwwwww


-----------------------
韓国ネットに衝撃!韓国次期大統領有力候補の「秘書への性的暴行」疑惑、警察が本格捜査へ

 2018年3月6日、韓国・聯合ニュースによると、秘書の女性に性的暴行を繰り返したとの疑惑が浮上した安熙正(アン・ヒジョン)前忠清南道知事に対し、韓国警察が捜査の前段階である内定調査を開始した。安前知事は韓国与党「共に民主党」の有力な次期大統領候補と言われていたという。 

 記事によると、韓国の警察関係者は同日、「メディアで明らかになった安前知事の性的暴行疑惑について内定調査を行い、事実関係が確認されれば正式に捜査を開始する」と明らかにした。韓国のテレビ局JTBCは5日夜の放送で、「安知事には、秘書のキム・ジウンさんを昨年6月から8月にかけて4回にわたり性的暴行をしたとの疑いがかけられている」と報じたという。同放送にはキム・ジウンさんが実際に出演し、被害事実を訴えたという。 

 これを受け、記事は「被害者が告訴などの処罰意思を示さなければ性犯罪を処罰できない親告罪の条項は13年6月に廃止された」とした上で、「安前知事の行為が昨年6月から始まったのであれば、警察は被害者の告訴がなくても自主的に捜査を開始できる」と説明している。 

 忠清南道警察署は同日午前、キム・ジウンさんから話を聞くなど、4回の性的暴行疑惑について事実関係の把握に乗り出したという。 

 一方、安前知事は同日明け方、自身のフェイスブックでキム・ジウンさんに謝罪し、知事職を退くことと一切の政治活動を中断することを明らかにしたという。 

 このニュースは韓国のネット上で大きな波紋を広げており、記事のコメントには「衝撃的過ぎて言葉が出ない」「この事件が今年最悪の事件になることは確実だ」「朴槿恵(パク・クネ前大統領)の国政介入事件よりひどい」など驚きの声や、「信頼していたのに残念」「こんな人が知事を?」「もし大統領になっていたらと考えると、恐ろしくて鳥肌が立つ」など安前知事に対する失望や批判の声が相次いでいる。 

 中には「すぐに逮捕してほしい」「知事職から退くだけでなく、完全に政界から追放すべき」などと訴える声も。 

 また、安前知事は文在寅(ムン・ジェイン)大統領が大統領に就任した際、国民への報告イベントの会場に現れ、文大統領の頬にキスをしたことでも話題になっていた。そのため、コメントには「文大統領にほろ酔いでキスした時から、なんとなく予感していた」「仲良しの文大統領に申し訳ないと思わない?」「仲良しの文大統領は絶対に知っていた」などの声も見られた。

http://www.recordchina.co.jp/b568567-s0-c10.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【バ韓国】次期大統領候補、バ韓国軍兵長の役立たずぶりを暴露wwww

反日姿勢が頼もしい文在寅


次期バ韓国大統領の有力候補の1匹である文在寅(ムン・ジェイン)の発言が話題となっているようです。


一等兵や上等兵の時は戦闘力が強いが、兵長になるとのらりくらり行動していないニカ


と討論会の場で発言したとのこと。


これに対し、屑チョンどもが反発しているようです。



しかし、中には、


兵長がのらりくらりと適当に遊んでいることは、

現役軍人だったら誰でも知っていることニダ


と冷めた意見もあるようですね。



ま、どっちみち屑しかいないのに変わりはないので、

朝鮮戦争の再開が楽しみで仕方ありません。



-----------------------
「韓国軍の兵長はのらりくらり」大統領候補の発言に韓国男性が激怒?=ネットには納得の声も「間違ってない」「現役軍人なら誰でも知ってること」

 2017年4月26日、韓国・ニューシスなどによると、韓国最大野党「共に民主党」の大統領候補・文在寅(ムン・ジェイン)氏が「兵長はのらりくらり」と発言したことに波紋が広がっている。 

 問題の発言は25日、韓国メディア中央日報などが行った主要大統領候補者の討論会で飛び出した。討論会に出席した文氏は兵役期間の短縮に関し意見を述べる中で、「一等兵や上等兵(一等兵の上の階級)の時は戦闘力が強いが、兵長(上等兵の上の階級)になるとのらりくらり行動していないか」と発言した。 

 これには政界からの反発も強まっており、野党「国民の党」の選挙対策委員会報道官・金裕貞(キム・ユジョン)議員は26日の記者会見で、「文候補は自分が兵長の時にいいかげんに行動していたということか。昼夜を問わず誠実に国防の義務を果たし、国民の生命と安全を守るために青春をささげている大韓民国予備役兵長、現役兵長を明らかに無視する発言」と非難した。 

 文氏の発言直後、ネット上でも批判の声が寄せられており、予備役軍人と名乗るあるネットユーザーは「大韓民国兵長をそんなふうに無視していいのか。兵長が必要ないと思うなら、むしろなくせ」と述べている。その他にも、「こいつは軍隊に行ったことがないのか?」「文在寅は軍人のことを全く理解していない」「文在寅は韓国軍の兵力を弱体化することが目的らしい」など、批判の声が寄せられた。 

 その一方で、「兵長がのらりくらりと適当に遊んでいることは、現役軍人だったら誰でも知っていることだ」「間違ってないのに、なぜ非難する?」「この発言でいったい誰が怒っているんだ?」など、文氏の発言に共感する意見も寄せられた。 

 また、「兵長を見下す発言はいいとして、兵役期間の短縮問題は結局どうなるの?」との声もあった。

http://www.recordchina.co.jp/b176653-s0-c10.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【バ韓国大統領選】国民を畜生扱いする候補者たちwwwwwwwwww

反日キチガイだらけのバ韓国次期大統領候補


本格化したバ韓国の大統領選挙ですが、世にも醜い事態になっているようです。

それぞれの候補者が、他の候補者を支持している層を犬畜生扱いしてけなし合っているというのです!!


なんて失礼な話なのでしょう!!



畜生ほどの価値もない屑チョンが、たとえ話であっても犬や獣と比較するなんて許せませんね。


ま、こんな候補者だらけなので、誰が大統領になっても結果は同じでしょう。



パククネ婆がせっせと築いたレールに乗っていただき、

国家崩壊まで全力疾走していただきたいものです。


-----------------------
「民衆は犬や豚」発言が大問題になった韓国で、今度は議員が国民を獣に例え=「コメントするのもばかばかしい」「国民として非常に残念」―韓国ネット

 2017年4月25日、韓国野党「国民の党」の大統領候補・安哲秀(アン・チョルス)氏の共同選挙対策委員長の発言が物議を醸している。聯合ニュースなど複数の韓国メディアが伝えた。 

 安候補の共同選挙対策委員長を務める朴柱宣(パク・ジュソン・67)議員は24日、南部の光州(クァンジュ)広域市で行われた遊説で、「私の周りでは(大統領候補の)文在寅(ムン・ジェイン)に投票するという人を見た人もいないし、文在寅に投票するという言葉を聞いたこともないのに、なぜ世論調査で文候補が安候補よりも少しとはいえ(支持率が)高く出るのか分からないという話がよく出る」とし、「『人を対象とした、有権者を対象とした世論調査ではなく、獣かまたは犬や幽霊を対象とした世論調査ではないか』と疑問を持っている人が99%だ」と述べた。 

 この発言を受け、「共に民主党」文候補の選挙対策委員会主席報道官・洪翼杓(ホン・イクピョ)議員は25日、記者会見で「世論調査で文在寅候補を支持する国民や、さらには安哲秀候補ではなく他の候補を支持する国民は、獣や犬、幽霊だと言うのか。朴柱宣委員長の言葉通りなら、国民の70%前後が獣ということか」と反論した。 

 一方、安候補の陣営は朴選対委員長の発言について「現実を反映していない世論調査の問題点を指摘したもので、単に知人の話をそのまま伝えたもの」と釈明するとともに、「一部不適切な発言が含まれていた点については遺憾の意を表する」との立場を明らかにした。 

 国民を動物に例えるような韓国の公職者の不適切発言は今回に限らない。昨年7月、当時教育部の高官だったナ・ヒャンウク氏は、報道機関との夕食の席で「99%の民衆は犬や豚と同じで、食べて生きていけるようにさえすれば良い」などと発言し大問題となり、懲戒機関から罷免処分を受けていた。 

 今回の報道を受け、韓国のネットユーザーからは「エリート人生を歩んできた人からしたら、国民は獣や犬同然なんだろう」「コメントするのもばかばかしい」「辞めさせろ」「獣の私から見ても、おまえの党の候補に投票する価値はない」「国民の一人として非常に残念だ。私の税金がこんな人のために使われているとは…」など多くの批判の声が寄せられた。

http://www.recordchina.co.jp/b176309-s0-c10.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








バ韓国・次期大統領候補が、オバマ前アメリカ大統領やリンカーン元アメリカ大統領の演説をパクリまくるwwwwwwww

「国民の党」代表の安哲秀(アン・チョルス)


バ韓国次期大統領候補の1匹であるアン・チョルスが、とんでもない演説を行っていたようです。

なんと2004年のオバマ前アメリカ大統領の演説をパクっていたとのことwwwwwwwwwwww


しかも、演説の際のパフォーマンスまで丸パクリしていたんだとかwwwwwww


さらに、さらに!!

リンカーン米元大統領やマーティン・ルーサー・キング牧師の演説からも文章をパクっていたことも判明!



さすが屑チョンですなぁ。


そして、パクりを指摘されると、


「パクりじゃないニダ! インスピレーションを受けただけニダ!」

「難癖をつけられるのは心外ニダ!!」


逆ギレしているようです。



実に頼もしい大統領候補ですねぇ。

健闘を祈りたいものですwwwwwww


-----------------------
韓国大統領候補がオバマ氏の演説をパクリ?「単語を入れ替えただけ」の指摘も=韓国ネット「まるパクリ…」「これじゃ朴槿恵と変わらない」

 2017年4月7日、韓国・ヘラルド経済などによると、韓国大統領選の有力候補の一人である安哲秀(アン・チョルス)氏が、オバマ米前大統領の演説を盗用したのではないかとの疑惑が持ち上がった。 

 安氏は4日、「国民の党」の大統領選候補に正式に選出されたことを受け演説を行ったが、内容の一部が2004年8月にオバマ氏が米民主党の党大会で行った演説の盗用ではないかと指摘されている。安氏の演説は「この国は進歩の国でも保守の国でもありません。国民の国です。この国は若者の国でもお年寄りの国でもありません。国民の国です。この国は男の国でも女の国でもありません。国民の国です」というもの。一方、オバマ氏は「進歩的な米国も保守的な米国もない。あるのは米国だけだ。黒人の米国も白人の米国も、ラテン系の米国もアジア系の米国もない。あるのは米国だけだ」と発言していた。単語だけ入れ替えれば、安氏の演説はオバマ氏のものと文章構造が酷似していると指摘されているのだ。

 文章だけではない。演説の際、安氏がワイシャツにネクタイ姿で片手を振り上げたしぐさも、オバマ前大統領のイメージの「借用」ではないかとも言われている。 

 さらに安氏はこの日の演説で「私、安哲秀は、国民による国民のための国民の大統領になります」「私には夢があります。(中略)全国民に夢を見させます」とも話し、リンカーン米元大統領やマーティン・ルーサー・キング牧師の演説からも「借用」していた。 

 安氏陣営はこの指摘について「盗用ではなくインスピレーションを受けただけだ。良い文言を引用、発展させたものに盗用と難癖をつけるのは受け入れ難い」としているが、韓国のネットユーザーからは「こっちが恥ずかしいよ」「安さん、これはない」「他の国から演説文をパクるなんて」「まるパクリじゃないか。インスピレーションとか、うそもほどほどにしてくれ」と厳しい声が飛んでいる。 

 また、「これじゃ朴槿恵(パク・クネ前大統領)と変わらない。ただの操り人形だ」「演説は米国の進歩系からパクり、票は韓国の保守系からもらう。こんな男を一国の大統領と呼べるか?」「中身がないやつは消えてくれ」と、安氏の大統領候補としての資質を問題視する声も多数。 

 さらに、「ソウル大まで出たはずなのに、なぜクリエーティビティーがゼロなんだ?」と素朴な疑問を投げ掛けるユーザーもいた。

http://www.recordchina.co.jp/b174596-s0-c10.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る