韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


大統領選

【バ韓国大統領選】テレビ討論会で“醜いクチ喧嘩”に終始した候補者どもwwwww

テレビ討論で大統領候補どもがクチ喧嘩wwww


いよいよ終盤に差し迫ってきたバ韓国の大統領選挙。

先日、各候補者によるテレビ討論会が行われていたようですが……。

その内容は、それぞれが互いを汚く罵るというネガティブキャンペーンで終始したとのこと。


政策だのビジョンだのは一切提示されず、

クチ喧嘩しかしなかっただなんてwwwwww


いやぁ、さすが屑チョンですなぁ。



どいつが大統領になっても、その矛先は日本に向かうことでしょう。

ますます日韓関係が悪化すれば、日本にとっていい事ばかりなので楽しみですね。



-----------------------
まるで小学生の口げんか!韓国大統領選のテレビ討論会にネットが失望=「韓国の未来が不安」「一体誰を選べばよいのか…」

 韓国で5月9日投開票の大統領選挙を前に行われた各党候補者によるテレビ討論会に対し、ネットユーザーから失望の声が上がっている。 

 ソウル経済によると、4月23日に中央選挙管理委員会の主催で行われた第19代韓国大統領選候補によるテレビ討論会では、「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)候補、「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)候補、「自由韓国党」の洪準杓(ホン・ジュンピョ)候補、「正義党」の沈相ジョン(シム・サンジョン)候補、「正しい政党」の劉承ミン(ユ・スンミン)候補によって、「外交・安保・対北朝鮮政策および権力機関・政治改革案」についての深い議論が展開される予定だった。しかし、実際に始まると、政策に対する具体的なビジョンの提示は行われず、お互いへの人身攻撃やネガティブキャンペーンばかりが繰り広げられた。 

 同討論会を見たネットユーザーからは「時間の無駄。国民の視聴権を侵害している」「討論会の間でさえ最低限のルールも守れない候補者たち」「政策もビジョンもない大統領選のテレビ討論会」「討論の本質が消えている」「米国やフランスの大統領選討論会の後にはとても見られない」「一体誰を選べばよいのか…」「感情的な文在寅と安哲秀にがっかり」「文在寅は質問に対する答えを避け、自分の主張だけをしていた」「韓国の未来はどうなる?とても不安」「韓国の大統領選テレビ討論会はコメディーよりコメディー」など、怒りやあきれたとのコメントが寄せられた。 

 また、洪候補は24日、自身のフェイスブックに前日のテレビ討論会について「テーマとかけ離れた人身攻撃ばかり行われた」とし、「小学生レベルの討論になってしまい誠に残念だ」と書き込んだ。洪候補は討論会中も、文候補と安候補の言い争いを見て「小学生の感情的な口げんかなのか、大統領候補の討論なのか全く分からない」と数回にわたり非難していた。

http://www.recordchina.co.jp/b176151-s0-c10.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【ワクワク!】バ韓国大統領選、いよいよ本格化!!

果たしてパククネ婆の次の大統領は


反日だらけのバ韓国次期大統領候補


どいつが大統領になっても同じでしょう


いよいよバ韓国の大統領選があと20日となりました。

候補者15匹のポスターが掲示され、本格的な選挙戦が始まったようです。



いやぁ、とても楽しみです!!!!!!!!!!


どいつが大統領になっても、

一昨年末の追軍売春婦問題の日韓合意が反故にされるに違いないですからね。



パククネ婆の置き土産にはただただ感謝するばかりです。


これで日韓関係はますます悪化するでしょうから、我が国にとってはウエルカムなことだらけですねwwwww



-----------------------
韓国大統領選:ポスター掲示始まる

 選挙管理委員会の関係者たちが20日午前、ソウル市鍾路区東崇洞にある「芸術家の家」の塀に、大統領選候補者15人のポスターを掲示した。全長およそ10メートルになる選挙ポスターは22日までに、人通りの多い場所にあるビルの外壁や塀など、全国8万7600カ所余りに掲示される予定。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/04/20/2017042001560.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【バ韓国大統領選】有力候補・文在寅の選挙カーがバイクと衝突!! バイクの運転手死亡で、遺族様どもが歓喜中wwww

選挙運動中に屑チョンを殺した文在寅


大統領選が始まったバ韓国ですが、さっそく微笑ましい事故が発生していましたwwwwwww


なんと文在寅(ムン・ジェイン)の選挙カーとオートバイが衝突して、オートバイを運転していた屑チョンがおっ死んでいたのです!!


いやぁ、微笑ましいどころか、実に爽快な事故ですなぁ。


さて、次期大統領の有力候補である文在寅(ムン・ジェイン)はどんな反応をするんでしょうね。


ま、バイクの運転手の遺族様どもは小便をチビるくらい大喜びしているのだけは間違いないでしょう。





大金をふんだくるため、

遺族様どもが率先して文在寅(ムン・ジェイン)を応援してもおかしくないのがバ韓国なのですからwwwwwwww



-----------------------
韓国大統領選スタート、有力候補者の選挙カーが相次ぎ事故起こし死者も=韓国ネット「候補がどう対処するか注目」「これがこの候補の未来…」

 2017年4月17日、韓国大統領選の本格的な選挙戦がいよいよ始まったが、この一方、有力候補者の遊説カーが相次ぎ事故を起こした。韓国・中央日報などが伝えた。 

 選挙戦スタート前日の16日午後1時45分ごろには、京畿道(キョンギド)楊平(ヤンピョン)郡内の国道で、「共に民主党」公認候補・文在寅(ムン・ジェイン)氏の遊説カーがオートバイと衝突、オートバイを運転していた35歳の男性が死亡した。文候補が遊説に使用する予定だった1トントラックはこの日、楊平郡の看板製作工場で看板を設置した後、ソウルに向けて移動中、車線変更を行った際に事故を起こしたという。警察は車載カメラに残された映像を基に詳しい事故原因を調べている。 

 また、選挙戦初日の17日午前には、「国民の党」の候補・安哲秀(アン・チョルス)氏の遊説カーが事故を起こしたとの現場写真がネットのコミュニティーに投稿された。投稿によると、安氏の遊説カーは、全羅南道(チョルラナムド)順天(スンチョン)市内の立体交差式の地下道を走行する際、交差する道路側面に看板上部をぶつけ停車した。この事故で、安氏の写真に「未来」などの文字が描かれた看板は大きく斜めに傾いた。看板の高さを勘案せずに地下道を通行しようとしたことが原因とみられている。 

 報道を受け、韓国のネットユーザーからは亡くなったチョさんの冥福を祈る声が多数寄せられているほか、「選挙運動のスタートからなんてことだ!」「遊説も結構だけど、頼むから安全運転してほしい」と驚きや嘆きの声、そして「文候補は『人が優先』と言っていたのに」「文候補がこれにどう対処するか注目せざるを得ない」といったコメントが寄せられている。 

 また、安候補に関しては「この傾いた感じが哲秀の未来か…」とからかう声がある一方、掲載された写真を見て「これは遊説カーじゃなくて、ただの看板業者の車では?」「正面から撮られた写真がない。捏造(ねつぞう)はやめろ」と指摘するものもあった。

http://www.recordchina.co.jp/b174506-s0-c10.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








やっぱヤメるニダ! パン・ギムンがバ韓国大統領選不出馬を宣言!!

大統領選不出馬を表明したパン・ギムン


ナヌムの家を訪問しようとするなど、次期大統領選に向けて躍起になっていたパン・ギムン。

しかし、自分の評判の悪さにようやく気付いたのでしょうか?


昨日、大統領選不出馬を記者会見で宣言していたようです。

ま、屑チョンのことですから三歩歩いたら不出馬宣言も忘れるんでしょうけどwwww


-----------------------
口を堅く閉ざした潘基文氏…韓国大統領選不出馬を宣言

 潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長が1日午後、ソウルの国会・正論館で、韓国大統領選不出馬を宣言する記者会見を開いた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/02/01/2017020102124.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






オススメ息抜きネタ
拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。

★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る