韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

大統領選挙

外相会談のため渡米していたバ韓国の康京和外相、しかし行われたのはただの昼食会だったwww

バ韓国と外相会談しても全く無意味


外相会談を行うため、渡米していたバ韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相。


しかし、実際に行われたのはただのランチwwww


大統領選挙直後にわざわざアメリカまで出向き、ただの昼食会で終わってしまうとは笑わせてくれますね。



もちろん国民の税金で行われたワケです。


このタイミングでマイク・ポンペオ国務長官と何を話そうが、まったく意味はありません。


ただのアメリカ旅行に終わった形です。



ちょうど康京和(カン・ギョンファ)外相の旦那がアメリカにいるので、外相会談をダシに会いに行っただけなんですかね?


相変らずヒトモドキというのはやることなすこと全てが間抜けですねぇ。



-----------------------
反対押し切り訪米した韓国外相、ポンペオ国務長官と正式会談できずさらに批判浴びる

 2020年11月10日、韓国紙・朝鮮日報は、マイク・ポンペオ国務長官と外相会談を行う予定だった康京和(カン・ギョンファ)外相が、実際にはワーキングランチを行っていたことが分かったと報じた。

 記事によると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は9日、米大統領選挙で勝利したバイデン氏に祝いのメッセージを送り、「現在の米韓関係と対北朝鮮政策が次期政権に引き継がれれ、さらに発展するよう最善を尽くす」との考えを示した。記事は「トランプ政権では2度の米朝首脳会談と3度の南北首脳会談が実現したため、バイデン政権でもこうした流れを続けていきたい考えだ」と説明している。その上で「しかしバイデン政権がトランプ政権の対北朝鮮政策の成果を受け入れ、継承する可能性は低い」と指摘し、「文大統領が願望的思考に陥っているとの指摘も出ている」と伝えている。バイデン氏は北朝鮮との関係において、首脳会談中心のトップダウン式ではなく、交渉チームの実務接触を優先するボトムアップ式でアプローチするとみられているという。

 こうした中、韓国外交部はこのほど「康外相が訪米し、9日にポンペオ国務長官と外相会談をする」と発表。これを受け一部では「米大統領選挙直後の敏感な時期に、もうじき交代する米外交長官と会談するのは適切でない」と批判的な見方が出ていたという。しかし記事は「その会談すらも、正式会談より格の低いワーキングランチだった」と指摘している。バイデン氏の当選が確実となった後、敗者側のポンペオ長官と会う外国の長官は康外相、そして7月に外相に任命され初顔合わせのため訪米したエクアドルのルイス外相など極少数だという。

 これに韓国のネットユーザーからは「ただ食事に誘われただけだったのか」「文政権になって韓国の格は顕著に下がった」と落胆する声や、「一体何をしに行ったのか。税金の無駄」「交代する米国務長官になぜ会いに行く?得られるものなんてないのに」「ランチするために米国まで。随分とリッチだね」「国際的な恥さらし」「忙しい人をわざわざ捕まえて何の話をしたの?」と批判的な声が続出している。

 また、康外相は先月、外交部が国民に新型コロナウイルス対策として海外旅行の自粛を呼びかけている中で夫がヨットを購入するため米国に渡航したことが物議を醸していたことから「本当は夫に会いに行ったのでは?」と疑う声も数多く見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b851730-s0-c10-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国政府が戦々恐々ww バイデン大統領の誕生で、ついにレッドチーム入りか!?

バイデン大統領の誕生に怯えるバ韓国政府


バ韓国の文政権が、バイデン大統領の誕生に怯えているようです。


バイデン氏の姿勢は「対中強硬派」。トランプ氏と違って経済より人権問題を重視するとみられています。


その結果、中国に擦り寄ろうとするバ韓国にも強気に出てくるわけです。



そこで、文政権は何とかバイデン氏にコンタクトを取ろうと必死のようです。



なんとパククネ婆のツテを使おうと、動き始めているんだとかwwww


まさになりふり構わずといった感じですね。


今さら何をしようが、ヒトモドキどもの浅知恵が通用するわけもありません。



屑チョンどもがここまで嫌がっているのなら、バイデン大統領の誕生を心から祝いたいものですね。



-----------------------
韓国・文大統領、“対北・対韓強硬派”のバイデン新大統領に戦々恐々? 「中国にすり寄る韓国が嫌い」の見方 文氏は何とか取り入ろうとしているが… 

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、米大統領選で民主党のジョー・バイデン前副大統領が勝利に近づいたことに戦々恐々としている。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との首脳会談を3回行ったドナルド・トランプ大統領とは違い、バイデン氏は「対北・対韓強硬派」とみられるのだ。「南北統一」を悲願とする文大統領の外交政策が、厳しい状況に置かれる可能性が高まってきた。

 「青瓦台・与党『米国大統領に誰が当選しても韓米血盟は堅固』…康京和(カン・ギョンファ)外相は8日に訪米へ」

 朝鮮日報(日本語版)は6日、こんなタイトルの記事を報じた。

 韓国大統領府と与党「共に民主党」は、バイデン氏が北朝鮮への圧力を前面に出す「戦略的忍耐」政策に転換すると分析。康氏を訪米させて、さまざまな関係者と接触するという。

 バイデン氏は10月22日のテレビ討論会で、正恩氏を「Thug(=悪党、乱暴者、凶悪犯)」と呼び、正恩氏との良好な関係を築いてきたトランプ氏を猛烈に批判していた。

 朝鮮日報(同)には6日、「WTO事務局長候補の兪明希(ユ・ミョンヒ)氏、『美しい辞退』検討」との記事も掲載された。

 WTO事務局長選挙で兪氏を支持してきたトランプ政権の継続が難しくなったため、兪氏の敗色は濃厚と白旗を上げるようだ。

 そもそも、バイデン氏は「韓国嫌い」という見方がある。米国の同盟国なのに、中国にすり寄る姿勢が許せないとされる。副大統領時代に訪韓し、当時の朴槿恵(パク・クネ)大統領に、「米国の反対側(=中国)に賭けるのはよくない」と厳命したとされる。

 韓国事情に詳しいジャーナリストの室谷克実氏は「バイデン氏は、韓国にはいい印象を持っていない。文氏は焦って、自分が追い落とした朴前大統領派の人脈に頼って、何とか取り入ろうとしている。バイデン氏は、実務者交渉を積み上げる外交をする政治家で、トランプ氏のような思い付きでは動かない。南北統一どころか、南北融和もあり得ないと判断し、北朝鮮にも韓国にもきつく当たるのではないか」と語っている。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/201107/for2011070003-n1.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バイデン大統領の誕生でバ韓国のコウモリ外交が崩壊か!?

バ韓国塵が歓迎しないほうを応援したい


まだアメリカの大統領選挙に決着がついていませんが……。

トランプ大統領が再任されてもバイデン氏が就任しても、バ韓国に待っているのは地獄のようですね。



バイデン氏が大統領になった場合、バ韓国のコウモリ外交が通用しなくなる可能性が高くなります。



対中包囲網に関し、トランプ大統領以上に強硬な手段を取ると見られているので、

バ韓国のレッドチーム入りが現実味を帯びてくるわけです。



どちらが当選したほうが屑チョンどもの苦しみが増すのか?


そう考えると、バイデン大統領の誕生も歓迎できそうですね。



なにしろ、バ韓国塵どもが苦しむことは我々人類にとっての正義なのですから。


-----------------------
「バイデン氏当選時、韓国は選択の岐路に…日米韓の同盟を強調するだろう」=韓国専門家

 韓国の専門家らは、米大統領選挙で当選が有力視されるジョー・バイデン政権が発足する場合、韓国の外交力が全分野にわたって試されることになると予想した。これに伴い、共に民主党が、米新政権発足に備えて、超党派外交戦略を立てなければならないと注文した。

 イ・ナギョン(李洛淵)共に民主党代表とミン・ホンチョル国会国防委員会委員長、ホン・イクピョ民主研究院院長などはこの日午後、ソウル・ヨイド(汝矣島)の国会で民主研究院が主催した「米新政権の対外政策基調と朝鮮半島における政策の見通し」についての討論会を通じて、米大統領選挙の結果に応じた専門家らの意見を聴取した。

 専門家らは、伝統的な同盟を重視するバイデン政権が発足した場合、韓国が南北・日韓・韓中関係など多方面で選択の岐路に立たされると予想した。

 国家安全保障戦略研究院のチョ・ソンニョル諮問研究委員は、「バイデン政権が日米韓の同盟の重要性を強調するだろう」とし「その前に日韓間の慰安婦・強制動員問題について、接点を探すべきだ」とした。続けて、「(米国)民主党内では、日本との協調路線が強いため、バイデン政権発足前に日韓協議において妥協点を探すべきだ」と述べた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e3c5589d8605f92647372bc60fa8b10e52b3d302
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国政府「菅首相より先に米大統領選挙の当選者と電話会談するニダ!!!!!」

米大統領との電話会談に熱心なバ韓国政府


本日から明日にかけて行われるアメリカの大統領選挙。


トランプ氏とバイデン氏のどちらが当選するかまだ不明ですが、バ韓国政府が顔を真っ赤にしながら準備を進めているようです。


その準備とは、


「日本の菅首相より1秒でも早く次期大統領と電話会談をするニダ!」


というもの。


安倍前首相とトランプ大統領のような関係を構築したいとでも思ってるんですかね。



あらゆる伝手を辿ってコンタクトする気満々なんだとか。


あの馬鹿どもは後回しされる可能性を考えていないのですかね?



菅首相就任時に電話会談をスルーされたばかりのバ韓国ですが、既に覚えていないのでしょう。


本当に醜くて哀れな生物ですねぇ。



-----------------------
菅首相より先に当選者にコンタクトを…米大統領選に奔走する韓国外交部

 米国の第46代大統領選挙が翌日に迫り、韓国政府も緊張を高めている。まだ終盤の状況分析、シナリオ別点検をまとめている段階だが、勝敗の輪郭が明らかになった瞬間に、世界最強の大国である米国の次期大統領に対する世界各国の熾烈な外交戦の幕が上がることになる。

(中略)

 ある政府当局者は「今(担当局では)少なくとも日本よりは早く電話会談を行わなければならないという考えで進めているはず」と述べた。

 当選者側との接触の第一線には在米韓国大使館がある。トランプ大統領が再選された場合は、既存の政府ラインを通じて協議が行われることになる。一方、バイデン前副大統領が当選した場合は、民主党の上下両院議員から補佐陣にいたるまで、あらゆるラインを使って接触を試みる予定という。選挙期間中、バイデン陣営は国外の関係者とは一切接触していないため、最初の「アウトリーチ」は民主党周辺の関係者をはじめ、韓国系の有権者団体などを通じて多方面から行われる見通しだ。

 その次の段階で重要なことは、早ければ来週にも行われるカン・ギョンファ外交部長官の訪米だ。マイク・ポンペオ米国務長官の10月の訪韓が実現しなかったために決まったものだが、米大統領選挙直後という「微妙な時期」なだけに、政府でもこれを活用する方策に苦心しているという。バイデン前副大統領が勝者になった場合、いかなる形であれ接触を試みるものとみられる。外交部当局者は「現職に非礼にならない程度に、民主党側関係者と懇談会などを通じて韓国政府の立場を伝え、コミュニケーションを取るきっかけを作ればよいだろう」と述べた。

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/38198.html
-----------------------



菅首相より早く電話会談すれば、イニシアティブを取れるとでも思っているんですかね?


いかにも低脳屑チョンどもの考えそうなことですwww




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る