韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

大麻

【バ韓流】BIGBANGのメンバーが大麻吸引で“社会服務要員”に! 新たな兵役逃れか!?

大麻中毒者、バ韓国ビッグ便のT.O.P


バ韓国のオスグループビッグ便のT.O.Pとかいう屑チョンのお話です。


こいつが過去に大麻を吸引していたことが判明し、

兵役で不適合の判定を受けたとのこと。


その結果、兵役よりも遥かに楽な“社会服務要員”に配属されたようです。



これは新たな兵役逃れの手段として

流行りそうですなぁ。




日本の出入国管理法では、

大麻や麻薬等で処罰されたことがあるものについて、原則として入国を認めていません。


だから、屑チョンが全匹大麻中毒にでもなればこの日本の浄化が捗りそうですね。


-----------------------
大麻吸引のBIGBANGのT.O.P、新たな兵役配属先にネットから「特別扱い」と不満の声

 2018年1月4日、韓国・YTNなどによると、兵役のため義務警察として服務中に大麻吸引の過去が明らかとなり、不名誉除隊処分となった韓国の人気アイドルグループBIGBANGのT.O.Pが、今月中にソウル・竜山区庁に社会服務要員として配属されることが分かった。韓国ではこれに対し「特別扱い」を指摘する声が上がっているという。 

 T.O.Pは昨年、入隊前に大麻を吸引した疑いで在宅起訴され、1審で懲役10カ月、執行猶予2年、追徴金1万2000ウォン(約1270円)の支払いを命じる判決を受けた。義務警察の再服務審査では「不適合」の判定を受けていたが、その後の審査の結果、ソウル・竜山区庁で社会服務することが決まったという。 

 しかし、自宅から出勤できる竜山区庁の社会服務要員が部隊に入所して生活する義務警察より服務条件が良いことから、ネット上を中心に「特別扱いを受けた」「罪を犯した人により楽な思いをさせるつもりか」などと指摘する声が出ているという。 

 一方、兵務庁はこれに関し「問題ない」との立場を示している。兵役処分基準によると、1年6カ月以上の実刑判決を受けた場合は強制除隊、6カ月以上1年6カ月未満の懲役または禁錮の実刑判決を受けた場合は補充役(社会服務要員)の対象になるという。 

 この報道を見た韓国のネットユーザーからも「これで公平な国と言える?」「これが現実。政権が交代しても公務員の組織社会が変わらなければ意味がない」「子供たちが麻薬を良いものと勘違いしてしまう」「一般人だったら違う結果が出ていた」「最も危険できつい部隊に入るべきでは?」など不満を示すコメントや、「韓国はとても暮らしやすい国!金と権力がある人にとってはね」「兵役中のみんな、休暇中に大麻を吸って社会服務要員になろう」と皮肉交じりのコメントが相次いでいる。

http://www.recordchina.co.jp/b355370-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【バ韓流】BIGBANGメンバー大麻吸引で、事務所の株が大暴落中!!

このツラでアイドルとは、さすがバ韓国


バ韓国のBIGBANGとかいうグループのメンバーが、大麻吸引で捕まっていましたね。


その影響で、所属事務所の株が大暴落中とのことwwww


ま、どうでもいい話ですが、

これで日本に二度と入国できなくなったのはなによりの話ですね。




そもそも屑チョンなんてものは一匹の例外もなく、犯罪者なのです。

屑チョンの血が混ざっているものは全匹入国禁止にすることが、

この日本にとって緊急の課題でしょう。


-----------------------
BIGBANGのT.O.Pの大麻容疑、ダメージ大きく=事務所の株価も暴落!―台湾メディア

 2017年6月2日、韓国のダンスボーカルグループBIGBANGのT.O.Pの大麻吸引容疑が報じられたことで、所属事務所の株価が急落した。東森新聞が伝えた。 

 BIGBANGメンバーのT.O.Pがこのほど、大麻吸引容疑で警察に摘発されたことが明らかに。所属事務所のYGエンターテイメントもこれを認めたほか、先月の毛髪検査で大麻吸引の陽性反応が出ていたことも明らかになった。 

 海外でも人気の高いBIGBANGだけに、このショッキングなニュースは甚大な影響をもたらし、YGエンターテイメントの株価が一気に暴落。台湾メディアでは、8億4000万台湾ドル(約31億円)が一夜にして消えたと報じている。 

 BIGBANGからはリーダーのG-DRAGONも2011年、大麻吸引容疑で検察の捜査を受けている。また、すでに解散した女性ユニット2NE1のパク・ボムも、過去に麻薬密輸容疑が報じられた。このため、YGエンターテイメントに対してネットユーザーからは、「薬物タレント事務所」などとやゆする声が広がっている。

http://www.recordchina.co.jp/b180088-s0-c70.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








反日歌手のイ・スンチョル「日本に行くことを諦めてないニダ! コンサートしたいニダ!!」

ただただ気色悪いだけのイ・スンチョル



半月ほど前、羽田で入国拒否された屑チョン歌手のイ・スンチョル。

大麻吸引、飲酒運転など前科11犯以上を持ち、反日歌手としてニダニダ騒いでるだけの糞チョンです。



この馬鹿はまだ日本に入国することを諦めていないようです。


来年のワールドツアーでは米国のロサンゼルス、日本の東京と大阪でコンサートを行う予定ニダ。こんなことになったけど、日本には引き続きコンサートを行うためのビザの申請を行うニダ


こんな屑のコンサートなんて、糞在日ども以外に誰が見に行くというのでしょう?



犯罪者は入国させない!
韓国塵はこっち来んな!


という態度を日本は守り通すべきでしょう。



-----------------------
日本行きはあきらめない!羽田で入国拒否された韓国人歌手、日本公演に向けてビザ申請―韓国メディア

 2014年11月26日、韓国・亜洲経済は、日本の税関で入国を拒否された韓国人歌手イ・スンチョルさんが、日本に行くことをあきらめていないと報じた。

 イさんは先日に開かれた記者会見で今後の計画について、「来年のワールドツアーでは米国のロサンゼルス、日本の東京と大阪でコンサートを行う予定。こんなことになったけど、日本には引き続きコンサートを行うためのビザの申請を行う」と語った。

 今月9日、イさんは知人に会うため羽田空港に到着したが、「メディアに出ていた件で」という理由で4時間抑留された。イさんが入国を拒否された理由について、複数のメディアは8月に竹島(韓国名:独島)で行った公演が原因だとの見方を報じていた。

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20141127038/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








今年の8月に竹島へ不法侵入していた屑チョンの歌手、羽田空港で入国拒否される!!!!!!!!!!

入国拒否されたイ・スンチョル



バ韓国のイ・スンチョルとかいう歌手が羽田空港で入国拒否されるという痛快な出来事があったようです。


その理由は、過去にこいつが大麻を喫煙していたという事実があったからです。



しかし、この屑は、

今年の8月に竹島に上陸して歌を発表したからニダ! 不当な扱いに積極的に対処して戦い抜くニダ!!

と息巻いているようです。



これは日本側の落ち度です。


日本の領土に不法侵入していたのですから、その場で逮捕拘留し焼却場にでも連れて行って銃殺処分にすべきでしたね。



これからはどんな微罪でもバ韓国塵犯罪者の入国を断固拒否してほしいものです。

と同時に、国内に巣食う屑在日や屑帰化チョンどもを粛々と処分していき、屑チョンのいない日本を目指すべきでしょう。





-----------------------
歌手イ・スンチョル、日本入国拒否される…「独島のせい」

 歌手イ・スンチョルが日本の空港で足止めされたのち入国を拒否されるという辱めに遭った。 

  最近、独島(ドクト)で統一ソングを発表し、これに関する各種マスコミの報道が相次いだことに対する報復および標的性入国拒否と思われ、韓国内での公憤を呼び起こしている。 

  イ・スンチョルは9日午前、日本現地の知人の招待でアシアナ航空便を利用して羽田空港に到着した。その後、釈然としない理由で出入国事務所に4時間ほど抑留された。 

  当時、出入国事務所の職員はイ・スンチョル側が入国を断って待機させた理由を尋ねると、「最近、マスコミから出た記事のため」という立場を先に示した。特に夫人のパク・ヒョンジョン氏を一緒に抑留したことに対してはこれといった説明を出さないままごまかした。 

  これに先立ち、イ・スンチョルは光復節を翌日に控えた今年8月14日、脱北青年合唱団と共に独島を訪問して統一を願う楽曲『その日に』(原題)等を発表したことがある。 

  イ・スンチョルが抑留当時、日本側の不当な処置を問題にすると言って強硬な立場を示すと、突然独島関連の言及は伏せつつ「あなたは有名な歌手ではないのか」と話しながら20年ほど前の大麻草喫煙事実を取り出した。 

  日本の出入国事務所は当初からイ・スンチョルに対してすでに多くのことを把握していたという点で「事前資料調査」および「標的入国拒否」が疑われる。 

  イ・スンチョルは大麻草事件以降20余年間、これまで日本に15回入国しながらも入国時にいかなる制裁も受けたことがない。さらに、2000年代初期には日本現地でコンサートを開催するなど活動にいかなる制約も受けたことはなかった。過去、日本で大麻所持容疑で逮捕されたポール・マッカトニーも今年4月、日本に入国して公演したことがある。 

  イ・スンチョルに対するこのような日本側の対応は、独島に行って独島および統一キャンペーンを行ったため出てきたという点で疑惑を深めている。 

  一時入国を拒否することで無言の警告をしてきたこれまでの事例とも重なる。

 これに先立ち、日本側は独島問題と関連して了見は狭いが緻密にその立場を堅持してきた。2012年には独島水泳横断プロジェクトに参加した俳優ソン・イルグクに対して外務副大臣の山口壮氏が「ソン・イルグクは日本に入国するのは難しい」と述べて論議を呼んだことがある。当時、ソン・イルグクはこのような措置に対して「では私の息子の名前でも呼んでみたいと思います。テハン、ミングク、マンセー(大韓民国万歳)」というコメントをSNSに掲載して抗議していた。 

  また『独島は我が領土』の歌手チョン・グァンテ独島名誉郡守も1996年、SBS(ソウル放送)特集番組製作のため製作スタッフと共に日本ビザを申し込んだが、彼だけが釈然としない理由で入国を拒否された。 

  この他にも事例は頻繁にある。2011年、独島問題で韓日両国の対立局面が強かった頃、グループのBEAST(ビースト)、CNBLUE(シーエヌブルー)ら多数のK-POP歌手が、入国当時、空港に8時間ほど抑留されたのち、突然入国を拒否されるという侮辱を受けたことがある。当時、日本側は表面的にはビザを問題視していたが、独島などから始まった当時の悪化した韓日関係に起因したものと把握されている。 

  一方、イ・スンチョルは光復節の1日前の8月14に独島に入り統一ソング『その日に』を独島の現場で発表し、即席音楽会を持って国内外で話題をさらっていた。当時、イ・スンチョルは各種マスコミインタビューで「独島と慰安婦問題は韓国、北朝鮮の共通した関心事の一つだと判断して独島を訪れた」と話した。 

  現在、イ・スンチョルは1週間の日本現地のスケジュールを中断して韓国に戻って休息を取っている。 

  イ・スンチョル側関係者は「標的および報復性入国拒否と受け取っている」としながら「我が国内の土地に対して正当な権利をこのような形で問題にするなら、我々もこれに対し屈服しないつもりだ」と話した。また「日本に再入国できないことがあっても不当なことに積極的に対処して戦い抜く」と付け加えた。

http://japanese.joins.com/article/481/192481.html?servcode=700&sectcode=740
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る