韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

失敗

警察が厳重に警戒していたのに……。バ韓国の脱北者団体、またもやビラを散布!!

バ韓国側に落下した批判ビラ


昨夜、バ韓国の脱北団体がまたもや北朝鮮を批判するビラを飛ばしていました。


バ韓国警察が厳重に警戒していたはずなのにwwwwww



しかし、所詮はヒトモドキのすること。

飛ばした風船は北上せず、結局バ韓国国内に落下していました。



どうせなら肥溜めの中にでも落ちればよかったものを……。



再発を防ぐには、脱北者団体を片っ端からぶちロコすしかないのでは?



北朝鮮のご機嫌をとるためには最も有効な方法でしょう。



屑が屑を掃除する……。

なんともシュールな構図ですが、ゴミ同士で殺し合ってもらうのは効率がいいですからね。




-----------------------
批判ビラ 北朝鮮に届かず

 韓国の北朝鮮脱出住民(脱北者)団体「自由北韓運動連合」が22日深夜、当局の警戒をかいくぐり北朝鮮へ飛ばした体制批判ビラをくくり付けた大型風船が23日に韓国北東部、江原道洪川郡の山あいで見つかった。金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)らの写真が貼られた風船。

https://jp.yna.co.kr/view/PYH20200623081100882?section=image/photos
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国・ソウルの国会議事堂前で車両火災!! 焼身自殺が失敗に終わっただと!?

バ韓国・ソウルの国会議事堂前で焼身自殺


50代の屑チョンが、ソウルの国会議事堂前で焼身自殺を計っていました。

しかし、乗っていた車に火を点けたまではよかったのですが、火傷をおって病院に運ばれてしまったようです。


本当に使えない屑チョンですね。


ロクに自殺もできないとは!!



当ブログの管理人である私は、

人種差別朝鮮ヒトモドキが死ぬほど嫌いです。



でも、複数の屑チョンを殺してから自殺する朝鮮ヒトモドキだけは好きです。



私の好きな朝鮮ヒトモドキが、もっともっと増えてくれることを祈るばかりです。


-----------------------
国会議事堂前で車両火災 焼身自殺か

 1日午前、ソウルの国会議事堂前にある芝生で、運転者の焼身自殺によるとみられる車両火災が発生した。車の中にいた50代の男性はやけどを負い、病院に運ばれた。男性は火災発生前、保守系と革新系団体に対し、「真の愛国愛族の道を模索すべきだ」などと訴えるビラをまいたという。

https://jp.yna.co.kr/view/PYH20190201034400882?section=image/photos
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国サムスン、中国スマホ市場のシェアがゼロパーセント台に突入!!

バ韓国・サムスン、中国でのスマホシェア1パ―セント未満に!


中国におけるスマホ市場のサムスンのシェアが、とうとう1パーセント未満になったようです。

この事態を受け、サムスンのトップが中国市場での失敗を認めていたのです。



ちなみに、この日本でのサムスン製スマホのシェアは……、

2017年1-3月期で「3.8」パーセント!



こ、これはとても恥ずかしい結果です。


支那畜どものほうがよっぽど正しい判断をしていることになります。


ま、日本でサムスン製スマホを使っているのは真性のキチガイか成りすましどもに決まってるでしょうけど……。


一刻も早く害獣どもを駆逐して、日本でのサムスンのシェアを「ゼロ」にしたいものです。



-----------------------
サムスン、スマホ中国シェア1%満たず、ついに中国市場での失敗認める

 2018年11月24日、米華字メディアの多維新聞は、「韓国サムスン電子のスマートフォンの中国市場におけるシェアは1%にも満たない」とし、「同社はついに中国市場での失敗を認めた」と報じた。 

 記事は、「調査会社ストラテジーアナリティクスの最近の発表によると、サムスンの今年第3四半期の中国でのスマートフォン販売はわずか60万台で、同社のスマートフォン事業トップの高東真(コ・ドンジン)氏が中国市場での失敗を認めた」と報じた。 

 さらに「調査会社カウンターポイントによると、サムスンのスマートフォンの今年第3四半期の世界市場におけるシェアは19%で依然トップの地位にある。だが中国のファーウェイはすでに米アップルを抜き14%のシェアで2位につけている。中国市場では、ファーウェイのシェアは23%と大きくリードしているのに対し、サムスンは6位まで落ち込み、vivoやOPPO、シャオミなどの中国メーカーの後塵を拝した。サムスンは今年第1四半期、中国市場で1%のシェアを有していたが、こうした状況を見ると、現在のシェアは1%に満たないだろう」と報じた。

https://www.recordchina.co.jp/b665355-s0-c20-d0054.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【今年10月予定の爆発ショー】バ韓国製エンジンを積んだ模擬ロケットが公開される

成功率が極めて低いバ韓国のロケット


バ韓国の航空宇宙研究院が、今年10月に打ち上げ予定の“模擬ロケット”を公開していました。

打ち上げることのできないこの模擬ロケットを使い、各種のテストを行うとのこと。


バ韓国では先代のタイプのロケットが、2009年、2010年と2年連続で発射に失敗しています。

2013年にようやく発射に成功していましたが、

その根幹部分のほとんどは海外製でとてもバ韓国製と呼べる代物ではありませんでしたwwww


今回も失敗の確率が高そうなので、10月の本番が待ち遠しいですなぁ。


どうせなら一旦発射してから、ソウルの都心にでも墜落してほしいものです。


発射場で爆発するだけなら、当たり前すぎて面白くもなんともないのですからwww



-----------------------
「宇宙強国」目指す韓国が新型ロケット発射へ、先代は3回のうち2回失敗

 2018年8月16日、澎湃新聞は、「宇宙強国」を目指す韓国が今年10月にKSLV−2型ロケット発射を計画していると報じた。 

 韓国紙・中央日報電子版の16日付報道によると、韓国航空宇宙研究院が14日、10月に発射予定の同ロケットの模擬ロケットを全羅南道高興外羅老島の発射台まで運んだ。模擬ロケットは実物と同じ寸法だが打ち上げることはできないとのことで、実物の発射に向けて1カ月間の各種テストや検査を受けるという。 

 KSLV−2ロケットは韓国製の三段型ロケットで、二段型ロケットだった先代の羅老ロケット(KSLV−1)よりも長くて重い全長46.5メートル、重さ200トンとなっており、一段ロケットの推力も300トンと羅老ロケットよりもはるかにパワーアップしているという。また、最大積載能力も先代期の100キロ余りから1.5トンへと大幅に拡大しており、10月の発射に成功すれば、韓国は小型衛星を自国のロケットで宇宙に運べるようになる。 

 記事は「先代の羅老ロケットは2009年、10年の2度発射に失敗し、13年の3度目でようやく成功。世界で11番目に自らのロケットを用いて衛星を宇宙に送り出した国となったが、その一段ロケットがロシア製だったことから、韓国メディアからは『半分韓国ロケット』などと批判された。KSLV−2は自国製のエンジンを搭載しており、正真正銘の『韓国ロケット』になりそうだ」と伝えている。

https://www.recordchina.co.jp/b635128-s0-c30-d0135.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る