韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

失望

もはや精神病患者レベルwww バ韓国・文大統領の自画自賛ぶりが更にレベルアップ!!

バ韓国最後の大統領になってほしい


バ韓国の文大統領が新年早々自画自賛していましたwww


「昨年の新規就業者が28万匹増え、過去最高の雇用率を記録したニダ!」


「青年雇用率も過去13年で最高を記録したニダぁぁぁ!!」



どうやら、地獄と表現されているバ韓国の現状が視界に入っていないようですねwwww



非正規の社員が増えたり、超短時間就業者が増えたことで、

一部の数値が改善しているように見えるだけです。



しかも、その数値ですら相当盛られているものなので、

実質は更に深刻なものでしょう。





それでも決して現実を直視しない文大統領www

滅ぶべき国に誕生した素晴らしい指導者に拍手を送りたいものです!




-----------------------
「青年雇用率は最高値」とのことですが…体感失業率は23%

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は7日に発表した新年の辞で、経済・雇用問題に集中的に言及した。全体の半分以上を経済に関連する問題に割いた。しかし、経済界からは「雇用・輸出不振などが相次いでいるにもかかわらず、『我田引水のような歪曲(わいきょく)』で政府がうまくいっているという広報ばかりしている」との反応が聞かれた。

■雇用・分配、都合の良い指標ばかり自慢

 文大統領は新年の辞で、「昨年の新規就業者が28万人増え、過去最高の雇用率を記録し、青年雇用率も過去13年で最高を記録した」と述べた。また、「フルタイム労働者が大幅に増え、大企業と中小企業の賃金格差が縮小するなど雇用の質も改善した」と指摘した。

 しかし、昨年の新規就業者が増加したのは、雇用が不振だった2018年と比較したからだ。また、専門家は政府が税金で増やした高齢者の公共雇用も大きく作用したと分析する。経済の主軸と言える30-40代の雇用は減り続け、超短時間就業者が急増するなど雇用の質は悪化が続いた。昨年の青年層(15-29歳)の体感失業率は23.1%(1-11月)で、2015年の統計作成開始以来で最も高かった。非正社員の労働者が1年で87万人増えたことも雇用の質の悪化を告げるシグナルだ。文大統領はそうした事実に触れなかった。

 文大統領の新年の辞について、財界は失望している。ある財界幹部は「今年は『全体的な経済難局』と規定すべき状況だが、誤ったバラ色の現実認識ばかりだった。半導体、バイオ、未来カーなど民間事業に対する『便乗プロジェクト』で自慢げな新年の辞を見て失望が大きい」と話した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/01/08/2020010880003.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















駐韓アメリカ大使を呼び出し、「GSOMIA破棄でウリを批判するな」と抗議したバ韓国外交部!!

トランプ大統領がバ韓国・文大統領をこきおろすwww


アメリカ・トランプ大統領が文政権の対応に呆れ、失望を口にしていましたが……。

それに伴いトンデモない事態が発生していました。


バ韓国政府が駐韓アメリカ大使を外交部庁舎に呼び出し、


「GSOMIA破棄に関して、バ韓国を批判するのを止めるニダ」


と抗議していたのです。




慰安婦や徴用工の存在をでっちあげ、さんざん日本を批判していた連中が何を言ってるのでしょう?


この抗議に対し、トランプ大統領がどんな反応を見せてくれるのか楽しみですなぁ。



ヒトモドキをいくらきびしく調教しても、低能ゆえに全て無駄に終わるだけです。


何を言っても意味がないので、さっさと駆逐するしかないと世界中の人々に気づいてほしいものです。



-----------------------
韓国政府、米大使呼んで問いただす…前例のない衝突

 「韓国外交部の趙世暎(チョ・セヨン)第1次官が28日、ハリー・ハリス駐韓米国大使を外交部庁舎に呼び、青瓦台の韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄決定に対するトランプ政権の公の場での批判を『自制してほしい』と頼んだ」と外交消息筋が明らかにした。GSOMIA破棄をめぐり米国の懸念が高まっていることに対し、韓国政府が不満を公に伝えたものだ。韓国外交部は2人が会ったことを「面談」と表現したが、外交関係者の間では「事実上の警告・抗議の意味が込められていると見るべきだ」という意見が多かった。

 AFP通信によると、米当局者は27日(現地時間)、青瓦台のGSOMIA破棄と関連して、「11月22日までGSOMIAは終わらない。米国は、その時までに韓国が考えを変えることを望む」と語ったという。この当局者は「(韓日確執をもたらした)一連の出来事は青瓦台と日本国内の人物たちに関連するものだ」として、「青瓦台責任論」を取りざたした。

 また、ロイター通信によると、米国務省当局者は同日、韓国軍が今月25日と26日に実施した独島防衛訓練について、「ただ(状況を)悪化させる(だけだ)」と述べたとのことだ。米国務省も「『リアンクール岩礁(Liancourt Rocks=独島)』での軍事訓練の時期とメッセージ、増強規模は(韓日間で)進行中の事案を解決するのに生産的でない」とのコメントを出したという。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/29/2019082980011.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【GSOMIA破棄】バ韓国大統領府「アメリカには理解してもらった」、その翌日「昨日の発言、アレは嘘だったニダ!」

バ韓国のGSOMIA破棄は自殺の一環


バ韓国によるGSOMIA破棄。

バ韓国政府は、この破棄について、


「アメリカには理解してもらっているニダ」


……と発表していました。



しかし!


その翌日。


「昨日の発言は間違いだったニダ」


「一度もアメリカの理解を得たことはないニダ!」


……と訂正していましたwwwww



ま、我々日本人にはお馴染みの事ですね。


ヒトモドキどもは息を吐くように嘘をつく生物だということを、日本人が一番理解しているのですから。



まだ続きがあります。

アメリカが今回の破棄について失望しているのを受け、



「アメリカが失望しているのは日韓両国についてニダ」


「そもそもGSOMIA終了は実際的には日本がさせたことニダ!」


「ウリは日本の実質的な破棄を受け入れただけニダ!!」



……などと言い出していました。


もう支離滅裂ですねwwwww


やはりヒトモドキと意思の疎通を図ることは不可能でしょう。


生かしておく価値はゼロどころかマイナスでしかないので、

一刻も早くきゃつらを根絶やしにしたいものです。




ま、今回のGSOMIA破棄によって、

ヒトモドキ完全駆逐がまた一歩現実に近づいたと言えるでしょうね。



-----------------------
「米が理解した」と言っていた青瓦台、翌日「米と疎通した」と言い直す

 青瓦台(韓国大統領府)は23日、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了決定前に米国と協議し、コミュニケーションを取ったとした。前日は「米国に理解を求め、米国は理解した」と言っていた。だが米国政府消息筋はこの日、「韓国政府は一度も米国の理解を得たことはない」と発言した。これにより「青瓦台のうそ」論争が大きくなったことを受け、後になって言葉を変えたのだ。

 金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次超は23日のブリーフィングで「米国は韓国にGSOMIA延長を希望した」「米国が表明した失望感は米国側の希望が実現しないかったことに伴うもの」と語った。続いて「外交的努力にもかかわらず日本から反応がなければGSOMIAの終了は避けられない、という点を(米国に)持続的に説明した」として、「私がホワイトハウスに行って相手方と会ったときも、このポイントを強調した」と発言した。「米国が理解したのか」という質問が相次いだが、これに対する回答は避け、事前協議の事実だけを強調した、政界からは「政府は波紋を小さくするためうそをついたのではないか」という批判の声が上がった。

 与党「共に民主党」の李海植(イ・ヘシク)スポークスマンは23日「米国政府が遠回しに遺憾を表明しているその実際の内容は、これまでの日本の傲慢な態度を併せての表現」と主張した。米国政府の懸念は韓国に向けたものではなく、日本を含む「韓日」双方を意識したものだという趣旨だ。その上でイ・スポークスマンは「一部メディアや野党は、あたかも韓米同盟と韓米日安全保障協力体系が崩壊するかのように不安をあおっている」として野党やメディアを批判した。しかし外交関係者の間からは、米国の強い懸念の表明を「我田引水」の形で解釈したという批判の声が上がった。

 与党内の日本経済侵略対策特別委の委員長を務める崔宰誠(チェ・ジェソン)議員も取材陣に対して、米国の「失望した」という反応について「(韓日)両国に共通的に語り掛ける、そういう基調を下敷きにしているもの」「GSOMIA終了は実際的には日本がさせたこと。(韓国政府は)日本の実質的な破棄を受け入れたのと変わらない」と主張した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/24/2019082480010.html
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国がTHAAD導入を決めたワケ】パククネ婆が中国の態度に憤怒とかwwwwww

中国・ロシアが反対するもパククネ婆がTHAADの導入を決意


同盟国アメリカの猛反対を押し切ってまで中国の戦勝節記念式に出席したパククネ婆。

しかし、北チョンのミサイル実験に対して中国側が積極的な行動に出ないことに対してパククネ婆は相当苛立っているようです。


これ以上中国に期待てはいけないニダ!


と側近に漏らすほど失望しているんだとかwwwww



日本の悪口外交をしながらアチコチに媚びへつらっていたパククネ婆。

嫌われただけで、有事の際に味方についてくれる国は存在しないのですwwwww



その中国への失望があってTHAADの配備を決めたパククネ婆ですが、間違いなくこれも裏目にでることでしょう。


やることなすこと全てが裏目となりバ韓国の崩壊を早めてくれるパククネ婆。

我々人類からしてみれば本当に有難い存在ですwwww



-----------------------
核問題:朴大統領、微温的な習主席に失望

 韓国の朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が、北朝鮮の核・ミサイル挑発に対する中国の習近平国家主席の態度に失望し、側近らに「これ以上(中国の役割に)期待するな」と語ったという。黄教安(ファン・ギョアン)首相が中国の博鰲フォーラム不参加を検討しているのも、同じ流れと見られる。

 与党の中心的関係者は12日「北朝鮮が核実験をやった直後、朴大統領は、習主席が北朝鮮制裁に積極的な姿勢を見せるだろうと期待した。しかしその後、電話会談すらきちんとやらない習主席に対し、大きな失望を抱いた」と語った。北朝鮮による核実験の後、朴大統領と習主席が初めて電話会談を行ったのは今月5日のことだった。この過程で朴大統領は「憤怒」に近い失望感を見せたと伝えられている。関係者によると、中国側は両首脳の電話会談を、韓国時間の4日深夜12時にやろうと求めてきたという。北朝鮮による核実験の後、1カ月以上も経ってから電話会談をやろうと言い、しかも外交慣例上受け入れ難い時間を指定してきたのだ。これに対し、韓国側は「その時間には電話できない」と答え、中国側は翌日の午後9時を再び提案してきたという。

 中国側との電話会談が確定した後も、朴大統領は「どのみち中国側が特に意味ある話をするわけでもないのに、メディアに事前に知らせる必要もない」と語っていた-と関係者は伝えた。このため当初は、大統領府(青瓦台)の側近らも「非公開」の方向で立場を決めていたという。しかしその後、別の側近陣が「とはいえ、そういうわけにもいかない・事前に知らせてやるべき」と朴大統領を説得し、結果として、事前に電話会談の事実がメディアに公表された。しかし電話会談の後も韓国側は、習主席の発言については「中国側が適宜公開するだろう」として、朴大統領が電話で語った内容だけを伝えた。実際、朴大統領の予想通り、習主席の態度は従来の中国の立場と別段変わらなかった。

 その後朴大統領は、北朝鮮のミサイル発射の直後、すぐさま中国が強く反対してきた「終末段階・高高度防空ミサイル(THAAD)」配備交渉の開始を決めた。外交関係者の間からは「この決定の背後にも、中国に対する朴大統領の『憤怒』がある」という声が上がっている。外交当局者は「『内外の反対を押し切って、中国の戦勝節記念式にも出席したのに、中国はこんなことをするのか』という朴大統領の恨めしさが、最近の決定にまとわりついているのは事実」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/02/13/2016021300554.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る