韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

失業

自明の理www 不買運動の結果、失業者続出のバ韓国!!

不買運動で失業者続出のバ韓国


バ韓国で行われている日本製品不買運動が、素晴らしい効果をあげています!!


今回発覚したのは、バ韓国のある卸売業者の事情。




日本製ビールが売れなくなったことを受け、

全従業員に無給休暇を言い渡すことを検討中とのこと!!!



大量の失業者が発生するってことですね。




分かり切っていたことですが、


ヒトモドキどもが自分で自分の首を絞めているわけですね。




一連の不買運動で、日本へのダメージはほぼゼロ。

バ韓国に対するダメージは甚大でしょうwwwww



今後もこの調子で、狂ったように不買運動に邁進してほしいものですね。



-----------------------
サッポロビールの韓国内流通業者、無給休暇検討

 日本のビール「サッポロ」と「ヱビス」を韓国内で流通させている酒類卸売業者が全従業員を対象に「無給休暇」を検討している。日本製品不買運動の影響で売り上げが急減したためだ。サッポロの卸売業者m’s beverage(エムズ・ビバレッジ)は8日、全従業員64人を対象に無給休暇説明会を行った。会社側はこれまでの週5日勤務体制を週4日勤務に変えて無給休暇を増やす案について従業員の意見を求めた。

 2011年に設立されたm’s beverageは毎日ホールディングスが85%、日本企業のSapporo Breweries Ltd.(サッポロ・ブルワリーズ)が15%の株を保有している。昨年は売上高419億1916万ウォン(約36億7000万円)、営業利益は32億7818万ウォン(約2億8700万円)を記録した。m’s beverage関係者は「先月以降、発注量が皆無の状況。従業員の同意を求めた上で無給休暇制を導入する方針だ」とした。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/09/2019080980002.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【異常事態ww】バ韓国・ソウル、4か月連続で就業者数が10万匹以上も減少!!!!

雇用環境の改善を求めるバ韓国塵ども


バ韓国の首都ソウルでの就業者数が、

4か月連続で10万匹以上の減少を続けているようです。


都市部でこんな有様なのですから、他の地域ではもっと悲惨な状況になっているのでしょう。



公共行政部門で就業者数を保っているものの、

それらは大量の税金がつぎ込まれている結果なので何の意味もありません。



これから先、雇用の数も質も悪化し続けるバ韓国。

失業者が増える一方なので、政府に対する不満も右肩上がりになるでしょう。


文大統領が任期を終える頃には、今度こそバ韓国が完全に崩壊していそうです。


本当に楽しみで仕方がありませんねwwww



-----------------------
ソウル市で就業者減少続く…雇用悪化の中心地に

 ソウル地域が「雇用大乱」の震源に浮上した。就業者が増加するどころか、この数カ月間は10万人台の減少傾向が続いている。「人はソウルに送り、馬は済州(チェジュ)に行く」という言葉が色あせるほどだ。 

 統計庁が発表した10月の雇用動向によると、全国の平均雇用率は66.8%と、0.2%低下した。一方、ソウルの雇用率は0.7%落ちた65.9%だった。7月から下落し、むしろその幅が拡大する様相だ。今年10月の全国の15歳以上の就業者増加幅は6万4000人だった。保健・福祉や公共行政部門で19万人増加し、マイナスになる事態は避けた。政府が資金を投じて統計上の就業者増加をかろうじて維持したということだ。財政投入が中断すればいつマイナスに転じるか分からない状況だ。 

 特にソウル市は深刻だ。先月の就業者数は10万6000人も減少した。今年2月(5万2000人減)から9カ月連続で減少している。特に7月には11万3000人減と初めて10万人台となり、その後4カ月連続で10万人以上の減少となっている。財政を投入してもどうにもならない状態ということだ。 

 ソウル以外の地域は7月に11万8000人増となるなど、過去最悪の就職難の中でも月10万人ほど増加している。地域をみると事実上ソウル発の「雇用大乱」ということだ。失業率もソウルは4.2%と、蔚山(ウルサン、4.7%)に次いで2番目に高い。 

 産業別の雇用統計を見ても、ほとんどすべての産業が苦戦している。事業・個人・公共サービス業では就業者数が4万8000人(02.2%)減少した。2月から9カ月連続で減少が続いている。製造業就業者も3万8000人減少(-8.1%)した。今年6月から5カ月連続の減少だ。卸小売業と宿泊飲食店業、建設業も就業者の減少が続いている。 

 雇用の質もよくない。政府が雇用安定性が高まったと主張する「常用職」の増加はソウルでは見られない。7月から減少が続いている。一方、「日雇い」「臨時職」は今年10月にそれぞれ1万1000人増、5000人増となった。自営業者は9%(8万6000人)も減少した。特に政府が「雇用の質が改善した」として前に出す指標の「従業員がいる自営業者」の増加もソウル市だけは例外だ。8月に2万2000人減少し、10月には4万7000人も減少した。

https://japanese.joins.com/article/224/247224.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|top_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国塵の世論調査、16パーセントが「経済情勢は良くなるニダ!」と回答www

バ韓国政府が経済を悪化させている


バ韓国で行われていた最新の調査によると、

今後1年間の経済情勢が「悪くなる」と答えたのは53パーセントとのこと。

そして反対に「良くなる」と答えたのは16パーセントだったようです。



本当に馬鹿な連中ですね。


この経済状況で16パーセントもの屑チョンが「良くなる」と答えるだなんてwwwww



あの低能どものことですから、「これ以上は悪くならないので、後は良くなるだけニダ」とでも考えていそうですね。



ヒトモドキによる貨幣経済の終わりが刻一刻と近づいているので、

見世物としては十分面白いのですがね。



-----------------------
韓国の景気「良くなる」16%「悪くなる」=韓国ギャラップ調査

 今後1年間の経済情勢について「悪くなる」という見方が「良くなる」に比べて3倍以上多いことがわかった。韓国ギャラップが行った世論調査によると、今後の景気の先行きについて「悪くなる」は53パーセントで、「良くなる」が16パーセント、27パーセントは「変わらない」と答えた。肯定的な見方と否定的な見方には37ポイントの差があるが、これはギャラップが昨年9月に経済見通しに関する調査を始めて以来、最大となった。自らの生活についても「悪くなる」が29パーセントで、「良くなる」が16パーセント、「変わらない」は52パーセントだった。また56パーセントが「失業者は増える」と回答し、「失業者は減る」は15パーセントだった。労使紛争についても51パーセントが「悪化する」と予想し、「改善する」という回答は12パーセントにとどまった。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は4週連続で下落している。文大統領の支持率は先週に比べて1ポイント低い54パーセントで、不支持率は先週よりも1ポイント高い36パーセントだった。支持する理由は「北朝鮮との関係改善」が35パーセントで最も多く、不支持の理由は「経済、庶民生活の問題解決が不十分」が47パーセントだった。今回の調査は今月6-8日の3日間にわたり全国の成人男女1002人を対象に行われた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/11/10/2018111000490.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国の求職者の半数以上が「月給は20万円未満でも構わないニダ!」と回答wwwww

希望月給を下げるバ韓国塵が急増中


失業率が増加し続けているバ韓国に異変が生じていました。


就職希望者の半数以上が、

「月給200万ウォン(約20万円)未満でも構わないニダ!」

と回答していたのです!!




文大統領が躍起になって最低賃金の底上げをしているのに、

実状はトンデモないことになっているわけですね。



ま、希望の月給額を下げたとしても、まともに就職できるのはほんの一握りだけでしょう。



現在進行形で崩壊に向かっているバ韓国。

でも醜い見世物には変わりないので、さっさと終わりにしてほしいものです。


今日明日にでもあっさりと滅んでもらっても文句はどこからもでないのですからwwww



-----------------------
求職者の半分"月2百万ウォンでもOK" ..女15%"百万ウォンであっても"

 7日韓国メディアは、韓国統計庁の「2018年8月 非賃金労働と非経済活動人口付加調査」の結果を引用し、雇用の悪化で求職者は希望月給を下げ、求職者の1割は月給100万ウォン(約10万円)未満、求職者の半数は月給200万ウォン(約20万円)未満でも構わないと回答したと報じました。 

 7日、統計庁が発表した「2018年8月 非賃金労働と非経済活動人口付加調査」の結果によると、1年以内に賃金労働就職希望者のうち月に200万ウォン未満レベルの賃金を希望している人は51.6%だった。 

 求職者のほとんどが希望賃金を下げている中、月に100万ウォンにも及ばない賃金でも構わない求職者が10.0%に達した。月に200万ウォン以上の賃金希望者は48.5%であった。 

 賃金の期待値は、女性がより低かった。女性求職者10人のうち6人(64.7%)は、月に200万ウォン未満が希望給料だった。特に月100万ウォン未満まで下げた女性求職者(14.7%)は男性(4.0%)の約4倍に達した。月に200万ウォン以上を希望する女性求職者は35.2%であった。 

 逆に男性の求職者は、10人のうち6人(65.2%)が月に200万ウォン以上を希望していた。200万円未満の賃金希望者は34.8%で、女性求職者に比べて少なかった。 

https://news.v.daum.net/v/20181107120043104
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る