韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


失業率

バ韓国の失業率、またまたワースト記録を更新!! その要因は“雨”!?

失業率の悪化が止まらないバ韓国


バ韓国の失業率が、またもやワースト記録を更新していました!!


この5月の全体の失業質は0.4ポイントほど悪化し、

若年層の失業率は10.5パーセントにも達したようですwwwww


バ韓国統計庁によると、


「雨の影響で建設業の日雇い労働が減ったせいニダ」


とのこと。



雨で失業率が悪化するとは、さすが発展途上国ですなぁ。


ま、バ韓国なんてものは“発展途上”のまま消えてなくなる運命なんですけどねwwww


-----------------------
5月の失業率4.0%に悪化 若年層は10.5%=韓国

 韓国統計庁が15日発表した雇用動向によると、5月の失業率は4.0%で、前年同月に比べ0.4ポイント悪化した。5月としては2000年(4.1%)に次ぐ高さとなった。また、若年層(15~29歳)の失業率も1.3ポイント悪化し10.5%と、同月ではワーストを記録した。公務員試験の日程が前倒しされ、求職活動中に分類される人が増えたことが影響した。

 一方、5月の就業者数は2706万4000人で、前年同月比7万2000人増加した。増加数は10年1月以来の低水準だ。今年2月に10万人台増に鈍化してから3カ月連続で10万人台にとどまっていたが、5月はついに10万人を切った。4カ月連続で20万人を下回るのは、リーマン・ショックの影響が大きかった2008年9月~10年2月以降では初めて。

 統計庁関係者は、自動車や造船などの人員調整により製造業の就業者数が減少したほか、集中豪雨の影響で建設業の日雇い労働の減少幅が大きかったと説明した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/15/2018061500967.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【ウリの道行くバ韓国】世界経済が好況の中、バ韓国だけが真逆に!!!!!!!!!!!!

雇用悪化が止まらないバ韓国


世界的には好景気を受けて、雇用が好調なようです。

しかし、バ韓国だけはその真逆を突っ走っているようですwwwwwwww



就業者数は微増し続けているようですが、

そのほとんどは政府が税金で無理やり作り出した仕事ばかりwwwwww



いやぁ、まさに自転車操業といった感じですなぁ。



きゃつらの知能ではどれだけの延命策を施しても無意味に終わるだけです。






さっさと生きること自体が無意味だと気付いていただきたいものですね。

でも、屑チョンだからそれは無理なのかもwwwwwwwwwww



-----------------------
「最悪」「最低」レベルに近づく韓国の経済指標

 4月の就業者数の伸びは前年同月比約12万人増で、3カ月連続で「10万人台」の伸びにとどまった。世界的な金融危機以降、約8年ぶりの低い伸びだ。政府の目標値であり、雇用安定の目安となる30万人には遠く及ばない。それでも善戦していた製造業の雇用も11カ月ぶりに7万人のマイナスに転じた。一方、国民の税金で強引につくり出した雇用が大半を占める公共・国防・社会福祉・保健分野では就業者数が22万人増えた。それを差し引けば、事実上就業者数は減少したことになる。先ごろには3月の製造業稼働率が過去9年で最低の70.3%まで低下したと発表された。金融危機当時と同じ水準だ。世界経済が好況なのに、韓国だけがこういう状況だ。尋常ではない状況だ。

 企画財政部(企画財政省)は、一時的要因が大きいとし、「来月以降は改善する」と説明している。しかし、最低賃金の大幅引き上げの結果と考えざるを得ない雇用減少は各所に見られる。コンビニエンスストア、飲食店のようにアルバイト雇用が多い卸小売業、飲食・宿泊業の就業者数は9万人減少した。最低賃金に敏感な臨時雇用、日雇いの就業者数も18万人減った。下位の労働者ほど衝撃が目立つ。労働弱者のためだという政策がかえって雇用を脅かす「最低賃金引き上げのパラドックス」が雇用統計に表れている。経済副首相ですら国会で経験と直感だと前置きしつつ、「最低賃金引き上げで雇用・賃金に影響があると思う」と述べた。これまで影響はないとしていた見解を改めた。

 大統領府(青瓦台)は4月の雇用統計の発表前日まで、製造業の雇用が減少しなかったことを根拠として、「最低賃金引き上げによる雇用減少はない」としていた。その翌日、製造業の就業者数まで減少したという統計が発表された。わざわざ統計を見るまでもない。雇用現場では最低賃金引き上げのせいで従業員を減らす商店主や自営業者が続出している。世界はこれまで例がないほど雇用が好調なのに、韓国だけが雇用不足に苦しんでいる。良い政策は推進し、誤った政策は正せばよい。それほど難しいことだろうか。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/17/2018051700978.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【反日精神を大事にしてください!!】東京のバ韓国大使館、日本企業に向けて「バ韓国塵を採用すればWin-Winになるニダ!!」

バ韓国とは一刻も早く断交すべし


東京のバ韓国大使館がとんでもない説明会を開催していました。

日本企業を対象にして、


「バ韓国塵を採用してほしいニダ!!」

「日本は求人難でバ韓国は就職難ニダ! その両方を一気に解決できるニダ!!」


と鼻息荒く説明していたようです。



いくらバ韓国の失業率が史上最悪のレベルだとはいえ、

敵国に対してこんな行動をとるとはwwwww



反日精神の欠片もないこの行いは、バ韓国で死罪に相当するのでは?



ま、どの程度効果があるか不明ですが、

屑チョンを積極的に採用した企業の名前を是非とも公開してほしいものです。




そんな売国企業を設けさせるのは末代までの恥なので、

不買運動を行いたいものです。


たとえ大きな流れにならなくとも、

我々一人ひとりがそう心に決めて不買を続けることが大事ですからね。



-----------------------
「韓国人を採用して」 在日韓国大使館が日本企業向け説明会

 東京にある韓国大使館が9日、日本企業を対象に、韓国人の人材採用に関する説明会を開催した。

 説明会には日本の代表的なホテルグループ、ニューオータニやオオクラをはじめ、ソフトバンクなど外国人採用への関心が高い日本企業約90社が参加した。これらの企業のほとんどは、既に韓国人の採用経験があるという。

 日本ではこのところ外国人を雇用する企業が急増している。人手不足に苦しむ企業が外国人の採用を積極的に行っているからだ。

 10日付の読売新聞によると、日本で働く外国人の人数は127万人で、過去最高に達していることが分かった。一方の韓国は青年失業率が2014年以降10%台と高いままで、深刻な就職難に直面している。

 韓国大使館の関係者は「日本の求人難と韓国の就職難を同時に解決できる機会を設けた」として「今後、日本企業による韓国人の採用がもっと増えるよう、より積極的にやっていきたい」と述べた。

 説明会に出席した李洙勲(イ・スフン)駐日大使もあいさつで「両国が協力し、韓国の青年失業問題と日本の求人難を同時に解決できれば、ウィン-ウィン(双方の利益になる)協力の良い事例になる」と強調した。海外就職のための研修事業を展開する韓国産業人力公団は、日本企業に対し、就職向け研修プログラムを積極的に説明した。

 説明会に参加した日本企業の人事担当者らは、韓国人を採用するメリットとして、語学力と適応の早さを挙げた。しかし「入社3年目の壁」という言葉があるように、韓国人は離職率が高く、日本企業が韓国人の雇用で苦労していることも分かった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/04/10/2018041003221.html?ent_rank_news
-----------------------


もっとも、屑チョンを採用するような企業は遅かれ早かれ倒産するに違いないでしょうけどwwwww




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【崩壊まっしぐら!】バ韓国・20代の失業期間が過去最長を更新中!!!!!!!!!

バ韓国の失業率は悪化の一方


昨年のバ韓国の若者における『失業期間』が過去最長を記録していたようです。


いやぁ、いい傾向ですね。

文在寅政権になっても、バ韓国は崩壊への道をまっしぐらといった感じですwwww


それどころか、パククネ婆の時よりも加速していると言えるでしょう。


これから先もバ韓国経済は決して好転しないので、

未来を悲観してどんどん自殺していただきたいものです。


老い先短い老害ではなく、20代の若い屑チョンが自殺してくれたほうがモアベターですなwwwwww


-----------------------
韓国若者の苦痛はいつまで続く?昨年の失業期間が過去最長を記録=韓国ネットから不安の声

 2018年2月20日、韓国・聯合ニュースによると、韓国で昨年、20代の失業者の平均求職期間が3カ月を超え、過去最長記録を更新した。 

 韓国統計庁によると、昨年の20代の失業者の平均求職期間は2016年(3.0カ月)より0.1カ月増加し、3.1カ月となった。これは関連統計が集計され始めた2000年以降で最長となる。また、大学卒業生が集中する20代後半の平均求職期間は3.4カ月となり、20代の平均をさらに上回ったという。 

 20代以外の年齢層の失業者の平均求職期間は、15〜19歳で2.1カ月、30代で3.3カ月、40代で3.3カ月、50代で3.0カ月、60歳以上で2.7カ月だった。全年齢の平均求職期間は前年より0.1〜0.3カ月増加したが、昨年に過去最長を記録したのは20代だけだった。 

 統計庁の関係者は「求職期間が長くなったのは、昨年の状況が良くなかった若者の雇用状況を反映したものとみられる」と述べた。また、延世(ヨンセ)大経済学部のソン・テユン教授は「求職期間が増えるのは正規職・非正規職間の労働市場の二重構造の問題が原因の一つ」とし、「景気が良い時は大丈夫だが、景気が良くない時は労働市場の構造問題が浮き彫りになる傾向がある」と分析している。 

 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「文在寅(ムン・ジェイン)政権になってから悪い統計結果が続いている」「エンゲル係数も失業期間も増えた」「20代が支持した文政権だが、その中で20代が苦しんでいる」「今は失業期間の問題より、就職先がないことの方が問題」など現政権への否定的な声が寄せられた。 

 一方で「同じ20代として共に頑張ろう。雨の日もあれば晴れる日も来る」と前向きな声も見られる。 

 その他、「福祉ポピュリズムの韓国政治の実態を見た」と指摘するコメントもあった。

http://www.recordchina.co.jp/b568197-s0-c20.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る