韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


嫉妬

【バ韓国のキチガイっぷりwwww】サムスンがセウォル号遺族様どもを嘲笑する団体を支援!!!!!!!!

バ韓国サムスンがセウォル号遺族様どもを嘲笑


セウォル号の沈没によって、貴族階級に昇進した遺族様ども。

その遺族様どもをやっかんで、バ韓国では遺族様どもを嘲笑する団体が少なからず存在しているようです。


遺族様どものハンガーストライキに対抗して、暴飲暴食デモを行ったり、元警察官が集まって追悼集会に反対するデモを行ったりといった活動をしているとのこと。


羨ましくて仕方がないんでしょうねwwwwww


こうした反・遺族様どもの団体に対し、

サムスンが多額の金を送金して支援していたことが判明していたのです!!!!



いやぁ、さすが屑チョンどもですなぁ。

やることなすことキチガイじみていて、我々人類のモノサシでは測れないことばかりですwwwwwww



その事実を知った屑チョンどもが「サムスン不買運動」を持ち掛けているようですが、

どうせ三日もしないうちにコロっと忘れてしまうんでしょうね。


-----------------------
サムスンがセウォル号遺族を“嘲笑”するデモを支援?=ネットが猛批判「サムスン不買運動を!」「韓国は世界で唯一の4権分立国」

 2018年4月23日、韓国・ソウル新聞は「セウォル号遺族に消すことのできない傷を与えた団体を、国内最大の企業であるサムスンが支援していたという疑惑が浮上した」と伝えた。 

 記事によると、韓国の右傾化インターネットコミュニティサイトとして知られる「日刊ベストストア」のメンバーと保守団体「自由青年連合」「セマウルフォーラム」などは14年9月、ソウルの光化門(カンファムン)でチキンやピザを食べるパフォーマンスを行った。これは同年4月に起きたセウォル号沈没事故の真実を明らかにするためハンガーストライキをしていた遺族らを嘲笑する目的のいわゆる「暴飲暴食闘争」だったという。 

 サムスンは13年10月、自由青年連合に1500万ウォン(約150万円)を寄託したという。「経済自由化拡散運動支援」が支援の名目で、「全国経済人連合会(全経連)」を通じて送金する方法をとっていた。全経連は14年にも自由青年連合の口座に1000万ウォン(約100万円)を、15年には6000万ウォン(約600万円)を入金していたそうだ。 

 さらにサムスンは14年5月のセウォル号追悼集会に反対する大規模な「対抗集会」を開催した元警察官の集まり「警友会」にも、13年8月に5000万ウォン(約500万円)、14年6月に1億5000万ウォン(約1500万円)の計2億ウォン(約2000万円)を支援したという。 

 これに関する裁判で、全経連のイ・スンチョル副会長は保守団体への支援について「サムスンの要求を拒否することが難しかった」と証言。一方、サムスンは「裁判中」との理由で同問題への言及を避けたという。 

 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは1万4000件を超えるコメントが集まっており、この問題への関心の高さがうかがえる。コメント欄には「こんなことをしていたのか」「何をやっているんだ」「サムスン不買運動を!」「セウォル号遺族を侮辱し蔑視する保守団体の背後にあるサムスンの黒い影」「ある意味、韓国最大の積弊がサムスンと言えるかも」「サムスンが韓国経済に貢献しているのは確かだが、国民の価値観を歪めているのも確かだと思う」など、サムスンへの批判の声が多く並んだ。 

 また「世界で唯一の4権分立国の国が大韓民国。司法、立法、行政、財閥」と主張するコメントも見られた。

http://www.recordchina.co.jp/b594230-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












日本のランドセルが海外で大人気なのを受け、バ韓国塵どもがアップを開始wwwwwwwww

海外で人気となっている日本のランドセル


おしゃれで機能的で可愛いと海外で評判になっている日本のランドセル。

ヨーロッパの女性の間でも人気のようで、世界中から注目を集めているところです。



そんな日本のランドセルに対し、バ韓国の屑どもが


ランドセルは日本の軍国主義の象徴ニダ!


と文句をつけはじめました。





驚きですね!!





あの馬鹿どもが起源を主張しないだなんて!!





これだけ世界中で人気なのですから、いつものように起源を主張すればいいものを。

もっとも誰も信じませんがねwwwwww




バ韓国塵は嘘しかつかないという常識が世界に浸透しつつあるので、方向性を変えたといったところでしょうか?




ま、しょせんは虫けら未満でしかない屑チョンどもの戯言です。

軽く聞き流してスルーするのが一番でしょう。



-----------------------
韓国紙、今度は日本のランドセルを攻撃  「軍国主義の象徴だ」

 日本のランドセルは、軍国主義の象徴であり、韓国人なら見直すべきだ――。韓国の大手紙「朝鮮日報」がこんな荒唐無稽なコラムを書いて話題だ。欧米セレブの愛用をきっかけに国内で人気になっていることに対し、クギを刺す狙いらしい。

「韓国に今なお存在する日本軍国主義の残滓」。朝鮮日報で産業を担当する記者は、2015年6月12日付コラムにこんなタイトルを付けた。

 ランドセルは、幕末に洋式軍隊を導入するに当たって、オランダから輸入したリュックサックが起源とされ、学習院の初等科が1885年に児童の通学用に使い始めた。現在のような箱型が考案されたのはその2年後といい、日本の初代首相を務めた伊藤博文がこのとき、後に大正天皇になられる皇太子に小学校入学記念として陸軍将校のリュックに倣った特注品を贈っている。

 コラムを書いた記者は、この由来を紹介したうえで、日本語版では「ランドセルの由来は、日本軍国主義の精神を小学生に教えるところから来ている」との表現で独自の主張をした。

 また、日本のあるバラエティ番組では、ランドセルに靴袋を提げるために横に付いている金具の環は、元々は手榴弾を吊るすためのものと説明していたと紹介した。これを受けて、「ランドセルを背負った日本の子どもたちを見るたび、軍国主義が重なって見えてどうにも困る」と書いた。

 韓国では、子供用スマートフォンのテレビCMで子役がランドセルを背負って出てくるシーンが流れていたが、記者は、CMにも難癖を付け、「ランドセルの由来を知ったら、テレビの画面に日本軍国主義の象徴を映すことはなかっただろう」と指摘した。日本の歌舞伎も軍国主義の象徴だとして、テレビドラマがその用語を使ったことを批判し、「日本と日本人の軍国主義について、韓国人が何を知らずにいるのか、一度考えてみるのはどうだろう」と提案している。

 日本のランドセルは、2014年になってハリウッド女優が目を付け、欧米のセレブらがかわいいと愛用するようになった。それをきっかけに、外国人観光客が日本みやげに購入していくことが増えているとされる。

 この流れを受けて、韓国でも同じころから売り出されるようになり、最近、小学生の間で人気のアイテムになっている。韓国・MBCテレビは3月、デパートでランドセルが100個以上も売れており、7万円超の高額商品もすぐになくなる人気ぶりだと伝えていた。

 朝鮮日報の記者は、さらにCMにも流れるようになったのを見て、このコラムを書こうと考えたらしい。

 日韓の間では、軍艦島などの世界遺産登録について韓国が強制労働もあったと難色を示す騒ぎがあったことから、産経新聞が7月7日になってその内容を紹介し、「歪んだ反日どこまで...」と懸念を示した。

 ランドセルにも難癖が付けられたことは、ネット上でも話題になっている。


海外から好かれる日本の物には全てイチャモン

「じゃあ、セーラー服や詰襟の学ランも駄目だな」

そのうちランドセルの起源主張し始めるぞw」...


 もっとも、韓国人の中にも、このコラムは少しおかしいと思った人は、少なからずいたようだ。コメント欄では、


「記者の先生は、ソウルメトロ1号線の電車に乗っていますか? それ日本の技術で作られたものなのですが」

「排他的なことばかりすればよいの?」

「今の読者は、このような文を望んでいません」

といった声が支持を集めていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/10325299/
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【原因は嫉妬!?】セウォル号犠牲者遺族の1匹が首つり自殺!!

機動隊とヤリあうセウォル号遺族様ども


セウォル号犠牲者の遺族様どもの一匹が自殺したとのことです。

息子を失って苦しんでいたニダ!」とそのオスの弟が語っているようですが……。


このオスは離婚していて息子とは別々に暮らしていたので、遺族補償金が貰えなかったんでしょうね。

それゆえ、貴族階級となった遺族様どもを羨んでの自殺でしょうwwwwwwwww




どうせ自殺するのなら、遺族様ども数百匹くらいを道連れにしてほしかったものです。

厄介者を処分したということで英雄になれたでしょうにwwwwwwwwww

-----------------------
セウォル号犠牲者の父が自殺

  8日昼12時40分ごろ、セウォル号沈没事故の犠牲者である安山壇園高のクォン君の父(58)が、京畿道安山市の自宅の台所で首をつって死亡しているのを弟(56)が発見した。 

  弟は警察で「兄は離婚して息子とは別に暮らしていたが、息子を失ってから苦しんでいた」と伝えた。

http://japanese.joins.com/article/122/200122.html?servcode=400&sectcode=430
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








バ韓国塵「日本はウリよりも中国との関係を強化したいニカ? 許せないニダ!!」

敵性国家の屑チョンどもを駆逐するべし!


バ韓国の屑どもが顔を真っ赤にしています。

ま、いつものことですが……。


今回の発火原因は日本の外務省が中国に対して「東シナ海を挟んだ隣国で、切っても切れない関係」と意思表示したからです。


これを受け屑チョンどもは「ウリの存在が軽く見られているニダ!」とファビョっているとのこと。


また、「日本は韓国よりも中国との関係を強めたいニカ?」と捉える屑もいるようです。


中国との関係はともかく、蛆虫どもとの関係を深めたいと思うほど人類はキチガイではありません。

相変わらずきゃつらの頭の中ではバ韓国を中心に地球が回っていないと気が済まないんでしょうね。

もはやつける薬はありません。さっさと一匹残らず死んでいただくのが世のため人のためでしょう。


-----------------------
日本は韓国よりも中国との関係を強めたいのか? 「外交青書」の草案が日本で報じられ=韓国報道

 複数の韓国メディアは1日、日本のメディアが報じた内容を引用し、日本の外務省が外交の記録を記述した「白書」の一種である、「外交青書」の2015年版の中で「竹島(韓国名:独島)は、歴史的事実に照らしあわせてみても、国際法上からも明らかに日本固有の領土」と盛り込まれたことについて報じた。

 記事によると、この「外交青書」の草案の中で竹島に対し「日本固有の領土」と記載し、また韓国に対しては「最も重要な隣国」と記載したと日本のマスコミが報道したと伝えた。

 また、記事は、昨年までの「外交青書」に記載されていた「自由民主主義、基本的人権などの基本的な価値と地域の平和と安定の確保などの利益を共有する」という表現は、今年の「外交青書」最終版から削除される可能性が高いと思われると指摘した。

 続けて、「外交青書」の草案では中国に対しても記載されているとし、中国に対しては「東シナ海を挟んだ隣国で、切っても切れない関係」と記載された。昨年の「外交青書」と比較してみると、「非常に緊密な関係」との表現より進展したと評価できると伝えた。

 ただし、「外交青書」の草案の中で、中国が尖閣諸島(中国名:釣魚島)から12海里水域までの侵入をあげ、「一方的な現状変更の試みが継続されている」と批判していると報じた。

 また、記事は「外交青書」の草案では、戦後70年の日本の歩みとして「第2次世界大戦の深い反省」をベースに「平和国家としての歩みは今後も決して変わることはないだろう」と記載されたと紹介した。

 日本の岸田文雄外相は来る7日に、「外交青書」の草案を閣議で報告する予定であり、9年ぶりに「外交青書」の全文の英語版を作成する予定であると報じた。この「外交青書」は1957年から毎年発行されていると報じた。

 この報道に対し、韓国のネットユーザー達は「実効支配が1番強力な所有権だ」「対馬は我が(韓国の)領土だ」「対馬は韓国領土運動!」「誰がなんと言おうと独島は自慢の大韓民国の領土だ」など竹島や対馬は韓国の領土であるというコメントが数多く寄せられた。

 また、日本人を避難するコメントとして「それより奴ら(日本人)の声を翻訳しようとするのは大変だ」「奴らは人間ではない」「奴らはすでに韓国に対する好感度が私達が思っているより良くない」「日本人達は外面ではいいようなふりをする」などのコメントが寄せられた。

http://news.nifty.com/cs/world/koreadetail/sech-20150402-20150402_00043/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る