韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

孤独死

【ヘルバ韓国】14年前に脱北した40代のオス、両親への遺書を残し自殺www

バ韓国の脱北者支持団体は金儲けの手段


14年前に脱北して、バ韓国で暮らしていた屑チョンが自殺していたようです。

生活苦からの自殺とみられ、両親に宛てた遺書を残していました。



やはり北も南も関係なく、この地球上にきゃつらが生きていていい場所なんてないのです。



我々人類の手を煩わせることなく死んだことに関しては一定の評価を与えてもいいでしょう。



しかし、どうせ死ぬのなら、ヒトモドキを1匹でも多く道連れにしてほしかったものですwwww



-----------------------
考試院で40代脱北者が遺体で発見…両親の長生き願う遺書見つかる

 考試院(簡易宿泊施設)に一人で住んでいた40代の脱北者の男性が、死亡した状態で発見された。

 3日、京畿道安養万安警察署によると、先月31日午前10時20分ごろ、安養市安養洞にある考試院のテラスで、2005年に韓国に帰順(亡命)したAさん(45)が死亡しているのが見つかった。考試院の管理人が倒れているAさんを発見し、警察に通報した。

 警察によると、現場で「お父さんお母さんへ ごめんなさい」「お父さんお母さん、長生きしてください」などと書かれたA4用紙3-4枚分の遺書が見つかった。警察は、監視カメラの映像に他の人が出入りした形跡がないことや、遺書が見つかったことから、Aさんが自ら命を絶った可能性が高いとみているが、正確な死亡原因を判断するために国立科学捜査研究院に剖検を依頼した。

 Aさんは、共に帰順した妹とは離れて一人で暮らしていたという。帰順して14年になり、最近まで基礎生活保障(生活保護)受給者として支援を受けていたことが分かった。

 警察の関係者は「Aさんは普段から妹とやりとりがなかったため、葬儀も管轄区庁に依頼した」として「生活苦だったものとみられる。また、普段から酒が好きだったと周囲の人々が言っていることから、アルコール中毒の可能性があることについても把握している」と話した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/09/03/2019090380240.html
-----------------------


この日本に巣食う害獣どもをもっと苦しめ、

自ら死を選ぶように導いてあげたいものですね。



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国の高齢者、4匹に1匹が「死にたいニダ!」

バ韓国の老害はもっと自殺するべし


バ韓国で行われた最新の調査によると、

65歳以上の高齢者のうち4匹に1匹が「死にたいニダ」と考えたことがあるんだそうです。



考えるだけじゃなく、是非とも実行に移していただきたいものです。



自殺したいと思った理由は、経済的に苦しいのと健康状態が悪いという二つが主なものでした。



うーん、屑チョンが自殺したがる社会というのは我々人類にとって素晴らしいことですが、

ちょっと効率がよろしくないですね。



老い先短い屑チョンが自ら死を選んでも善行とは言えません。

成長する前の幼獣どもがどんどん自殺してこそ、人類に貢献できると言えるのですからwwww




物心ついたばかりの屑チョンがこの世を儚んで自殺していく……。

そんな社会の実現を目指したいものです。




-----------------------
韓国の高齢者4人に1人「死にたい」「孤独死が心配」

 韓国の65歳以上の高齢者の10人に4人は老後の準備をしていなかったことが調査で分かった。4人に1人は孤独死を心配している。「死にたい」と考えたことがある高齢者も4人に1人いた。 

 国家人権委員会は昨年5-11月、全国の青壮年層(18歳以上65歳未満)500人と高齢者(65歳以上)1000人を対象にした高齢者人権実態調査の結果を含む「高齢者人権総合報告書」を「高齢者の日」(10月2日)を控えた1日に公開した。 

 高齢者の回答者1000人のうち26.0%は「死にたいと考えたことがあるか」という質問に「ある」と答えた。「経済的に厳しい」と答えた高齢者(43.2%)、「健康状態が良くない」という高齢者(39.1%)であるほど自殺を考えたことがある人の比率が高かった。「孤独死を心配している」と答えた高齢者も全体の23.6%にのぼり、70代前半(26.9%)と80代以上(26.8%)の比率が相対的に高かった。 

 「尊厳死」について高齢者の回答者の83.1%は「尊厳死に賛成し、無意味な延命治療に反対する」と答え、87.8%は「ホスピスサービスの活性化が望ましい」ということに同意した。 

 高齢者の主な経済的な老後準備手段は公的年金(34.4%)と貯蓄(32.4%)だった。男性高齢者(44.7%)は女性高齢者(27.1%)より公的年金の加入率が高かったが、銀行貯蓄の比率は29.8%で女性(34.2%)より低かった。 

 高齢者は青壮年より老後の準備が不足している。高齢者の回答者の35.5%が老後の準備をしていなかったと答えたが、青壮年は14.2%だった。青壮年は公的年金、銀行貯蓄、個人年金などで老後の準備をしている。 

 報告書は高齢者の人権を「高齢者が尊厳を保ち、老後の生活を人間らしく営むのに必要なすべての権利」と定義した。 

 一方、崔永愛(チェ・ヨンエ)国家人権委員会委員長はこの日、「高齢者が完全な権利の主体と認識され、尊厳を保った老後が保障されるよう我々の社会はさらに努力しなければならない」と呼びかけた。続いて「高齢者になることは誰も避けられない人生の旅程」とし「にもかかわらず我々の社会の低い出生率、青壮年世代の経済的問題と世代間の疎通の問題が重なり、高齢者世代が未来の世代の負担という社会的な認識と共に高齢者嫌悪という新しい現象が表れている」と懸念を表した。 

 崔委員長は「人権委は虐待・自殺・貧困だけでなく最近新たに提起される高齢者間ケア、孫育て、世代の葛藤などに対しても社会的な関心を促し、制度改善案を用意するために高齢者人権総合報告書を出した」とし「これに基づき高齢者人権問題を解消するための制度改善に努力したい」と述べた。韓国は2000年初めに高齢化社会に、昨年初めに高齢社会に入った。

https://japanese.joins.com/article/653/245653.html?servcode=400&sectcode=410&cloc=jp|main|breakingnews
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【絶滅推奨種】単身世帯が急増中のバ韓国! この17年間で2.5倍にも!!!!!

世界中から嫌悪されているバ韓国塵


就職もできない、結婚もできない、まともに生きていくことができないとないない尽くしのバ韓国。


その結果、単身世帯が急増しているようです。



なんとこの17年間で、単身世帯の数が2.5倍にもなったとのこと!!



いやぁ、素晴らしい傾向じゃありませんか。


屑チョンどもが家族や子孫を作らず、糞だけをヒリ出して生き長らえているわけです。


この調子で行けば、放っておいても地上からヒトモドキの醜いDNAが淘汰されていくことでしょう。



しかし、放置するだけでは時間がかかるので、積極的にきゃつらを駆除していきたいものです。


バ韓国塵の住みにくい世界こそ、我わ人類の理想なんですから。



-----------------------
単身世帯数 17年で2.5倍に=韓国報告書

 韓国で一人暮らしの世帯が17年間で2.5倍に増えたことが、28日分かった。

 統計庁がこの日発表した報告書によると、2017年現在の単身世帯数は562万世帯だった。

 単身世帯は00年の222万世帯から、17年間で152.6%増加した。一般世帯のうち27.2%が単身世帯で、2人世帯の26.7%を抜いて全世帯に占める割合が最も高くなった。

 15年現在の単身世帯の婚姻状況は、未婚が43.8%、離婚が15.5%、死別が29.5%、配偶者ありが11.1%だった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/28/2018092802603.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【自殺大国・バ韓国】自殺・孤独死対策の部署を立ち上げることに!

自殺大国のバ韓国


バ韓国政府が、「自殺や孤独死」問題を担当する専門部署を立ち上げることを発表していました。


さすが、自殺大国のことだけはありますなぁ。


ま、しょせんは屑チョンがやることなので、税金を無駄に浪費するだけで終わるでしょうね。


むしろ、その専門部署で働く連中が自殺しまくりそうですwwwwwww



どちらにせよ、今後も自殺率世界1位を独走してくれることでしょう。



-----------------------
韓国政府、自殺・孤独死の専任部署新設へ=「それより原因から解決しないと」「相当メンタルの強い人でないと務まらない」―韓国ネット

 2017年8月16日、韓国の朴凌厚(パク・ヌンフ)保健福祉部長官が、同部内に自殺や孤独死問題を担当する専門部署を18年中に新設する方針を明らかにした。韓国・中央日報が伝えた。 

 韓国政府は先月、今後の100の国政課題を発表したが、このうちの細部課題の一つに「自殺予防・生命尊重文化の拡散」がある。その具体的方策として、国民のメンタル面での健康維持に関連したサービスを拡大する計画だ。 

 保健福祉部の関係者は、「自殺担当専門課の新設は最終協議段階に来ており、確定だけが残った状態。現在の『精神健康政策課』から自殺関連の業務を切り離して組織と人員を拡大すれば、自殺関連政策が一層強化されるものと期待される」と述べている。 

 新設される自殺担当専門課は、最近韓国で問題となっている孤独死問題も受け持つ。高齢者の1人世帯だけでなく、中年層でも孤独死が増加傾向にあるが、「孤独死」は政策的に規定された用語ではないためその正確な統計値もない。このため孤独死は「無縁故死者」の統計に置き換えられているのが現状だ。朴長官は「孤独死専門チームを作って体系的に概念を確立し、複数の行政的システムを備えることによって、韓国社会の孤独死を減らす」と述べた。 

 こうした動きの背景には、時に韓国人が自国を「自殺共和国」と呼ぶほどの自殺者の多さがある。経済協力開発機構(OECD)加盟国の中では、韓国の自殺率は2003〜15年まで常に1位だ。韓国の自殺者数は11年にピークを迎えた後、徐々に減少してはいるが、いまだに自殺率は世界で最も高い水準なのだ。 

 今回、政府が打ち出した対策について、韓国のネットユーザーからは「話をして自殺を思いとどまらせるのは難しいと思う」「その部署は、相当メンタルの強い人じゃないと務まらないよ」「自殺の相談を受けている側の人も自殺してしまう例があると聞いたことがある」「担当者もうつ病にかからないように定期的なカウンセリングが必要」など、自殺対策の難しさを訴える意見が多く寄せられた。 

 また、「それより原因から解決すべきでしょ」との指摘や、「行政として自殺率を下げるのであれば、保健福祉部より雇用労働部が力を発揮せねばならない」と、雇用・労働環境の改善こそが自殺対策につながるとの意見もあった。

http://www.recordchina.co.jp/b178302-s0-c10.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る