韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

安倍首相

【馬鹿丸出し】なぜそうなるwwww 安倍首相がバ韓国の「文喜相案」に共感したらしいwwwww

バ韓国塵の基準でいうとこいつはキチガイじゃないらしい


とんでもないねつ造記事がアップされていました!!


なんと安倍首相が、自称徴用工問題の解決のため、

いわゆる「文喜相(ムン・ヒサン)案」に共感を表したというのです!!




記事の詳細を読んでみると、安倍首相は、


強制執行(差し押さえられた日本企業の資産の現金化)以前に法整備があればよい」と述べただけでしたwwww



それがどうして、

すしざんまいの案に賛成したことになるのでしょう?


本当に意味不明ですねwwww



あらためて、人とヒトモドキ(在日・帰化含む)の間で意思の疎通ができないことが分かりますね。




-----------------------
「安倍首相、文喜相議長の徴用解決法案に共感…韓国との情報共有を指示」

 安倍晋三首相が徴用問題の解決のための、いわゆる「文喜相(ムン・ヒサン)案」に共感を表し、秘書陣に韓国との情報共有を指示したと、日本メディアが27日伝えた。毎日新聞の古賀攻専門編集委員が書いたコラム「日韓の2本のパイプ」の内容だ。

 コラムによると、安倍首相は20日、首相官邸を訪問した河村建夫日韓議員連盟幹事長(元官房長官)から「文喜相案」に関する説明を聞いた。「文喜相案」は韓日両国の企業の寄付と両国国民の寄付で基金を設立し、徴用被害者に賠償金の代わりに返済する案で、文議長は関連特別法を国会に提出する予定だ。説明を聞いた安倍首相は「強制執行(差し押さえられた日本企業の資産の現金化)以前に法整備があればよい」と述べ、秘書官に(在日)韓国大使館との情報共有を指示したという。

 河村幹事長は22日、中央日報のインタビューで「南官杓(ナム・グァンピョ)駐日大使と安倍首相の最側近の今井尚哉補佐官兼首席秘書官が意思疎通を続けている」と明らかにした。

 一方、古賀委員のコラムはGSOMIA終了延期発表後の25日、河村幹事長と李洛淵(イ・ナギョン)首相がした電話会談の内容の一部も紹介した。「日本語の達者な李首相が『日本の言い方は冷たい』と言うので、河村幹事長は『もう少し配慮するよう伝えましょう』と応じた」という。コラムは「韓国はGSOMIAの継続カードで日本の対韓輸出規制を元に戻したいのが本音だが、日本が『輸出管理とGSOMIAは別次元』と強調しているため」と説明した。

 コラムは李洛淵首相-河村幹事長など両国議員連盟間チャンネル、趙世暎(チョ・セヨン第1次官)-秋葉剛男外務審議官の両国次官ラインが「日本と韓国をつなぐ2本のパイプ」と伝えた。

https://japanese.joins.com/JArticle/259996
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















姑息過ぎる!!!! ASEANでの日韓首脳の会話はバ韓国側の不意打ちだった!!

バ韓国の姑息な作戦で実現した日韓首脳の会話


先日のASEANで行われていた安倍首相と文大統領の10分ほどの会話。


これがバ韓国側の姑息な作戦だったことが判明!!!



あの様子を撮影していたのはバ韓国のメディアのみ。

それもそのはず、あの場所は控室で本来はマスコミが入室できないところでした。



しかし、あらかじめ安倍首相と会話している様子を撮影させるため、

バ韓国側が用意周到に準備していたのです。



本当に汚い連中ですね。



ま、今更何をしたって無駄でしょう。


この期に及んで安倍首相がバ韓国側に理解を示そうものなら、

とんでもない批判が沸き起こるでしょう。



このまま粛々とバ韓国を無視し続け、勝手に死に絶えていく様子を見守りたいものですね。


-----------------------
日韓首脳対話 無断で撮影 韓国が周到に準備、不意打ち 

 韓国大統領府が公表した安倍晋三首相と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領による面談の写真は、韓国側が日本側に無断で撮影、公開していたことが7日、分かった。いわゆる徴用工判決で生じた日韓請求権協定違反を是正することなく日韓関係を改善させたい韓国が、一方的に首脳間の対話を内外に示そうとしたためだが、日本政府は用意周到な韓国側の“不意打ち”に対韓不信を強めている。

 「あれは信義則に反する」。複数の日本政府関係者が口をそろえて憤る。両首脳の対話が発生したのは4日、タイのバンコク郊外で開かれていた東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)首脳会議の開始前の控室。首相の同行筋によると、入室できたのは、各国首脳とその通訳のみのはずだった。

 しかし、韓国大統領府が公表した写真には、首相と文大統領、それぞれの英語通訳の計4人が写っている。複数の日韓外交筋は、撮影した人物を「韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安全保障室長」と証言する。

 しかも韓国側は両首脳の接触から写真撮影、速やかな公表まで周到に準備していた節がある。首相の同行筋は「首相は控室にいた10人の首脳と順番に握手し、最後が文大統領だった」と明かす。最後の位置にいる文大統領から話を持ちかけられれば、首相は断りづらかったと思われる。

 韓国政府は大統領府の公式ホームページ(HP)などに両首脳が言葉を交わしている写真を掲載し、「文大統領が日本の首相と歓談」と発表した。韓国語だけではなく、英語、日本語などでも説明し、対外的なアピールも狙った。

 一方、日本外務省はHPで文大統領との対話は紹介していない。日本側は正式な会談ではなかったとの立場だからだ。そもそも日本側は日韓首脳が対話する事前の準備はしていなかった。写真撮影はなおのことだった。

 首脳間の非公式のやりとりに関する写真撮影やその公表には、明文化されたルールがあるわけではない。ただ、外務省幹部は「個人のSNS(会員制交流サイト)でも、誰かと写った写真をアップするときは、相手の許可を得るのが常識だ」と話し、日本側は韓国の行為を「エチケット違反」(外交筋)とみなしている。

 日韓首脳の面談は、昨年9月に米ニューヨークで行われて以来途絶えていた。徴用工判決をめぐり韓国側は、文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が5日、日韓の企業と個人から寄付金で元徴用工らに賠償の代わりとして支給する案を示すなど、日本との関係修復に躍起だ。

 7月以降の日本政府の対韓輸出管理の厳格化で経済に打撃を受けたためだが、日本政府は「あくまでボールがあるのは韓国側だ。韓国がしっかりした解決策を示すかどうかだ」(外交筋)と冷ややかだ。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/191108/for1911080004-n1.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国メディア「ついに安倍首相と文大統領が歓談したニダ!! これで日韓関係も安泰ニダぁぁぁ!!」

タイで安倍首相のバ韓国・文大統領が対話


昨日、タイで安倍首相と文大統領が会話していました。



日本側の発表は「対話した」というものでしたが、


バ韓国側の発表は「歓談したニダ!」と大々的に報じていました。



もう狙いが見え見えですねwwwww



自分で日韓関係を破壊しておきながら、

対話の努力を続けているというアリバイ作りでしょう。


本当に醜い性格してますね。


どうせ安倍首相のコメントもねつ造して報道しているのでしょう。


たった11分の対話を大げさに報じるということは、それだけバ韓国が切羽詰まっているということです。


このまま日本側は何もアクションを起こさず、バ韓国が崩壊していく様子を眺めたいものですね。



-----------------------
文大統領・安倍首相、13カ月ぶりに「11分間歓談」

 東南アジア諸国連合(ASEAN)+3(韓中日)首脳会議と東アジア首脳会議(EAS)に出席するためタイを訪問中の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は4日(現地時間)、日本の安倍晋三首相と11分間歓談した。文在寅大統領と安倍首相の歓談は、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了期限(23日午前0時)まであと18日という時点で行われた。

 両首脳が正式な会談ではなく「歓談」形式ででも会って話をしたのは、昨年9月の国連総会以来、13カ月ぶりだった。2人は今年6月に大阪で行われた20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)の時も「8秒間の握手」だけで別れた。

 青瓦台の高ミン廷(コ・ミンジョン)報道官は同日のブリーフィングで、「両首脳は、両国関係の懸案は対話を通じて解決すべきだ、という原則を再確認した」「文在寅大統領は『必要であれば、よりハイレベルな協議を行う案も検討してみよう』と提案した」「安倍首相は『あらゆる可能な方法で解決策を模索するように努力しよう』と答えた」と伝えた。青瓦台によると、文在寅大統領は首脳会議控え室で各国首脳と話を交わしていたが、安倍首相が入って来ると先に近づいていき、隣の席に促して歓談を行ったという。しかし、日本の外務省はプレスリリースで、「安倍首相は文在寅大統領に、二国間の問題(徴用問題)に関する原則的立場をしっかりと伝達した」と発表した。青瓦台が「GSOMIA問題などを対話で解決することに共感した」と明らかにしたのとはかなり違いがある。共同通信は「安倍首相は(文在寅大統領と)単独歓談をした際、(1965年の)日韓請求権協定を順守するよう、日本側の見解をあらためて明らかにした」と報道した。

 徴用賠償判決に関して、高ミン廷報道官は「韓国政府の公式見解は、韓国と日本の企業が(造成基金で慰謝料を支給する)「1+1」案だ。そこからさらに提案したことはない」と述べた。しかし、日本は「1+1」案の提案を拒否している状態だ。外交消息筋は「GSOMIA破棄期限が迫っているが、両国の見解は平行線をたどっている」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/05/2019110580003.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















安倍首相とバ韓国首相の会談、成果ゼロでバ韓国メディアががっかりwwwww

安倍首相とバ韓国の李首相


昨日行われた安倍首相と李首相の会談。


何の成果も得られなかったことに対し、バ韓国側はがっかりしているとのこと。



いったい何を期待していたんですかねwwwww


ブレずに立場を貫いた安倍首相には、一定の評価を与えても構わないでしょう。



現状の日韓関係の悪化は、我々日本人にとってはプラスでしかありません。

このまま断交にまで発展すれば、間違いなく日本はもっと発展するのですから。



しかし、ヒトモドキどもは相変わらず起きたまま夢を見ているようです。


「ウリががっかりする理由は何ニカ? 結果を出したいのは日本の方ニダ!!」


「日韓対立で優位に立っているのはバ韓国のほうニダ! わざわざ親書を持って行かなくてもいいニダ!」


……となぜか上から目線wwwww



相変らずのキチガイぶりですなぁ。


このまま日本側が何のアクションも起こさなければ、苦しむのはヒトモドキどもだけです。


さんざん人類に害を及ぼしてきた害獣どもなので、より苦しみながら息絶えてほしいものですね。


-----------------------
安倍首相と韓国首相の会談、韓国メディアの評価は「がっかり」

 2019年10月24日、韓国メディア・JTBCは、同日行われた安倍晋三首相と韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相の会談の成果について「残念だった」と評価した。

 記事は会談内容について「対話を続けることでは一致したものの徴用工判決などをめぐっては立場の違いを確認しただけだった」と説明している。韓国大統領府関係者も「韓国の対話要請に対して日本の首脳から回答を得られたことは肯定的」としつつも「日本の立場に大きな変化はないようだ」と話したという。

 李首相は会談前、記者団に対し「一定の結果が出ると思う」と話し注目を集めていた。そのため記事は「結果だけを見るとやや残念だ」と評価し、「日本の立場に変化の兆しが見られないため、期待されていた日韓首脳会談の開催も難しい」と指摘している。一方、李首相は「一定の結果」について「日韓両国が重要な隣国として厳しい状況を放置できないとの認識を共有したことだけでも一定の結果と言える」とし、「間欠的に続いていた外交当局間の非公式の対話が公式化された」と説明したという。

 これに韓国のネットユーザーからは「韓国ががっかりする理由は?結果を出したいのは日本の方でしょ?」「日韓対立で優位に立っているのは韓国。このままでもいいのになぜ親書を持って訪ねて行かなければならないのか、理解できない」と指摘する声が上がっている。

 その他「安倍首相は『約束を破る文大統領とは対話しない』との意思が強そうだ」「一定の結果というから期待してしまった。本当にがっかり」「また成果なし?日本からの謝罪は受けられないのに経済ばかり苦しくなる」などの不満の声も上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b754778-s0-c10-d0058.html
-----------------------


あ!

人類全体の発展を考えれば、さっさとヒトモドキどもの血を絶やすべきでしたね。



苦しまなくてもいいので、人類が一丸となって安楽死させるべきかもしれません。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る