韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

安全不感症

歩きスマホをしていたバ韓国塵、蓋が開いていたマンホールに転落!!!!!!!!

シンクホールに落下するバ韓国塵の急増を願う!


バ韓国の首都ソウルでの出来事。

歩きスマホをしていた20代の雌チョンが、マンホールに落下!!

残念ながら死ななかったようですが、屑チョンらしい間抜けっぷりを披露してくれましたねwwwww


ちなみに、このマンホールは調査のために蓋が開いていたとのこと。

その周囲には赤いロードコーンが設置されていたようですが、それに気づかなかったようです。


今後も似たような事故は多発してくれそうですね。




歩きスマホをしている屑チョンどもが、レミングの集団自殺よろしくシンクホールに次々と転落……。

なんとも胸が熱くなる光景ですなぁ。



-----------------------
「ソウルの安全意識は不十分」マンホール転落事故への指摘に、韓国ネットが反論

 2018年4月20日、韓国・テレビ朝鮮はこのほど、女性が5メートルの深さのマンホールに転落した事故を取り上げ、韓国社会の安全意識の低さを指摘した。 

 記事によると、今月17日の午後、ソウル・江南(カンナム)の裏通りで、スマートフォンを見ながら歩いていた20代女性がマンホールに転落する事故が発生した。この事故で、女性は足にけがを負った。区役所が下水管の状態を調査するためマンホールの蓋を開けておいたことが原因とみられているそうだ。当時現場には赤いロードコーンが置かれ、誘導員もいたとされるが、事故は防げなかったとのこと。 

 これについて記事は「現場の安全措置に残念な点な多いため、歩行者の不注意のせいにはできない」と伝えている。事故当時、マンホールの周りにはロードコーンが3つ置かれていたそうだが、海外では通常、マンホール工事の際は四方を囲むマンホール屏風(びょうぶ)を設置するという。 

 記事は最後に「ソウル市内にマンホールは約60万カ所ある。不十分な安全意識があちこちで市民を脅威にさらしている」と締めくくっている。 

 しかし、これに対する韓国のネットユーザーからのコメントは「これはどう見てもケータイを見ながら歩いてた女性が悪い」「安全措置が不十分だったのも原因だけど、歩きながらスマホはやめて」「歩道でもないし、車道の真ん中でよくスマホ見ようなんて思ったね?」「ロードコーンが3つも置かれてたんだから気付かなきゃ」と女性に対する厳しい指摘が目立ち、「死ななかったことを感謝した方がいい」「今は病院でケータイを見てるんじゃない?(笑)」との皮肉まで。 

 また現代のスマホ事情に警鐘を鳴らし、「朝、地下鉄を降りて階段を上がるまでスマホを見つめている人が多い。通勤の邪魔になるし本当にみじめ」と嘆くユーザーも見られた。

http://www.recordchina.co.jp/b593448-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












バ韓国各地で大々的な避難訓練!! しかし、避難しない屑チョンが続出wwwwwwwww

屑チョンに避難訓練なんて真似はできない


先日、バ韓国各地で火災避難訓練が行われていたようです。


大型スーパー・映画館・デパートの1151カ所、

療養型医療施設・障害者施設の3611カ所などの施設において、

大々的に行われたとのことですが……。


しかし、

・映館で訓練が始まっても、映画はずっと上映されたまま

・エレベーターを停止しなければならないのに、運行したまま

・「寒いから外に出たくないニダ」と室内に残る屑チョンが続出

・病院では、どこに避難させればいいのかわからず職員がパニック

・公務員ですら傍観するだけで訓練に参加しない


……などの不様な姿を晒しただけで終わったようですwwwww



いやぁ、素晴らしいじゃないですか!!

この調子なら有事の際に焼け死んでくれる屑チョンが多発するでしょうからwwww


できることなら、有事が起きる前にさっさと死んでほしいものですがね。



-----------------------
韓国で大規模避難訓練実施するも避難しない人続出

 21日午後2時から20分間、韓国各地で火災避難訓練が実施された。最近相次いでいる大型火災などに備えるためのものだ。大型スーパー・映画館・デパート1151カ所、療養型医療施設・障害者施設3611カ所など火災に脆弱(ぜいじゃく)な複数の利用施設が義務対象で、漏電による火災を想定した訓練だった。本紙は政府果川庁舎・映画館・デパートなど6カ所を取材したところ、前よりも状況は良くなったとは言え、依然として形式的な訓練が多かった。

 ソウル・東大門の映画館。ここでは映画館全体ではなく、チケット売り場がある階のみで訓練があった。別階にある上映館では訓練中も映画が上映され続けた。スタッフのホンさん(28)は「訓練のために上映スケジュールを調整し、2時から2時20分までの間に上映が開始される映画はなかった。その前に始まった映画は中断することなく上映された」と言った。別のスタッフのシンさん(41)は「スタッフがお客様を非常避難所までご案内した。それ以上は強制できない」と話した。訓練時間に友達とチケット売り場近くにいたチョンさん(69)は「実際に火が出たわけでもないのに避難しなければならないのだろうか」と言った。

 ソウル市中区のデパートでは、午後2時になると買い物客らが各フロアに設けられた「避難スペース」に移動した。避難スペースはエレベーター前のいす周辺だった。買い物客らは店員の案内に従い、いすに座って終了までの時間を過ごした。エレベーターは運行を続行した。本来は非常階段を通じて建物の外に出なければならず、エレベーターの運行は中止しなければならない。ある店員が「姿勢を低くして口を覆ってください」と叫んだが、買い物客約100人は特に何の反応もなかった。

 この日は気温が低く、雪が降っていたために外に出ないケースもあった。政府果川庁舎第1棟で火災警報機が鳴ると、職員たちが1階に降りてきた。職員の多くは「風が吹いて寒いから外に出られない」と言って室内に残った。警備員が「訓練なので出なければならない」と言ったが、約100人が1階の休憩スペースや建物のひさしの下にとどまった。ソウル市陽川区内の療養型医療施設では、職員が患者役になって模擬訓練をした。実際に患者を移動させれば事故の恐れがあるため、しなかった。職員たちは右往左往した。看護師らは「どこに行けばいいのか」「私は何をすべきか」とあちこち聞いて回っていた。避難する様子を写真に撮ろうと、1階に避難した看護師が再び3階に上がるケースもあった。カメラの前で一生懸命に取り組む姿を演出していた。

 今回の訓練の義務参加対象ではない大きな建物の中には、避難訓練をしなかった所もあった。ソウル市竜山区の大型サウナでは非常ベルが鳴らず、案内放送もなかった。利用客は普段通り風呂やレストランなどの施設を利用していた。あったのは「ロッカーの鍵をなくさないでください」という案内放送だけだ。このサウナでは2015年に火事が発生、利用客約100人が避難したほか、今年1月にはソウル市の抜き打ち消防点検で摘発されている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/03/22/2018032201248.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








バ韓国・ソウルと平昌を結ぶKTXにとんでもないトラブル発生!!

バ韓国・ソウルと平昌を結ぶKTXで不具合発生


またまたバ韓国のKTXがヤらかしてました!!

なんとソウルと平昌を結ぶ路線で、

運転席の無線通信機が不能のまま走行していたというのです!!


しかも、

この2カ月間で40回もそんな状態だったんだとか!!



通信機が不能のまま走行を続けていただなんて、

さすが糞コリアン脳ですね。


安全運転とか、事故防止とかの概念が欠片もない証拠でしょう。


もちろんこの不具合は平昌冬季五輪開幕中も続くはずです。


どうせなら世界的な注目を集めるくらいの大事故が起きてほしいものですなぁ。

外国人が巻き込まれたとしても、自業自得なので同情する必要もありませんしwwwww


-----------------------
五輪観光客の安全は大丈夫?平昌行きの韓国高速鉄道が「通信不能状態」で走行=韓国ネット「典型的な安全不感症」「運行を中断して!」

 2018年2月7日、ソウルと平昌(ピョンチャン)を結ぶ京江(キョンガン)線のKTX(韓国高速鉄道)で、運転席に設置された無線通信機が通信不能状態のまま走行していた事実が明らかになった。この2カ月で40回も発生していたことが確認されたという。韓国・MBCが伝えた。 

 昨年12月29日の午前10時半。江陵(カンヌン)行きKTXの運転席に設置された無線通信機が突然作動ストップに。運転士が急いで携帯用の予備無線機をつけるも通信ネットワークは接続不能のままで、最大時速250キロで走る中、管制室や周辺の駅、他の列車との交信も途絶えてしまったのだ。当該列車に同乗していた通信モニター職員は「万鍾(マンジョン)駅から江陵まで、およそ45分から50分使えなかった」と話す。運転士は特別許可を得て自身の携帯電話で管制室と通話しながら終点まで行ったそうだが、運行中の携帯電話の使用は事故の危険性が高いことから禁止事項に指定されているという。同メディアでは「通信不能の状況では線路に何か落ちていても管制室の連絡を受けられず、衝突を避けることが難しい。列車内外での火災や、救急患者が発生した際にも大きな問題となる」と安全性を指摘している。 

 通話品質が悪く、頻繁に途切れた旧型の通信ネットワークと機器が新たにLTE級に変更されたのは昨年12月のことで、当時は「高速鉄道に適用したのは世界初」と宣伝されていた。乗客を乗せる前の試験運転時にも同様の通信エラーが数十件発生していたが、改善前に正式運行が開始されたとされる。開通から20日で見つかった固定型無線機の不具合は35件に達しており、関係者からは「平昌五輪の開幕に合わせて正式運行を急いだ」との批判が出ているという。 

 同メディアの取材を受け、運行会社のKORAIL(韓国鉄道公社)側は「1月初めに全て解決した」と伝えているが、その後も5件の障害が発生したことが明らかになっている。なお「山岳地形が多くて信号を確実にキャッチできなかったが、通信が途絶えても運転士が線路の信号と計器盤を見ていたため安全に大きな問題はなかった」と話しているとのこと。 

 これについて、韓国のネットユーザーからは「ありえない釈明。時速250キロで走行していて何か飛び出してきたらすぐ止まれる?何が安全だ」「国民だましに忙しい?絶対に乗らない!」「韓国の典型的な安全不感症。また大事故が起これば正気を取り戻すの?今すぐ運行を中断して!」などとがめる声が大半を占め、「韓国ではいつものこと」「韓国は1つもしっかりしたところを見たことがない」との嘆き節も漏れている。 

 また「五輪が何? 人の命を第一に運転して」「今後は二度と国際大会を開催しないで」と非難の矛先は五輪にもおよんだ。

http://www.recordchina.co.jp/b171965-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








バ韓国・アシアナ航空、乗客の搭乗中に機体が動き出す!!!!!!!!!

バ韓国・アシアナ航空でまたトラブル発生


空飛ぶ棺桶と化しているバ韓国アシアナ航空の機体。

今度は、

乗客の搭乗中に機体が動き出すというトラブルが発生していました!!


どうやら、タイヤストッパーが外れていたことが原因のようです。


安全確認という概念が存在してないバ韓国ならではの事故と言えるでしょう。



残念ながら今回のトラブルで死傷者は出ませんでしたが、

そろそろ航空機トラブルによる大量死のニュースが飛び込んできそうですね。


なにしろ、アシアナ航空側は、


「今回のトラブルは大したことではないニダ!」

「乗客の搭乗中にタイヤストッパーを外すことはよくあるニダ!!」


と非を認めていないんですからwwwww


-----------------------
乗客の搭乗中に飛行機が動き出す!?韓国アシアナで驚きの事故=韓国ネットが批判「安全不感症が深刻」「ヘル朝鮮だから可能」

 2018年1月21日、韓国の金浦空港で、乗客らが搭乗中のアシアナ航空機が動き出し、機体のエンジンカバーと搭乗用階段が衝突する事故が発生した。韓国・ソウル京郷などが伝えた。 

 アシアナ航空の関係者によると、事故は20日午後7時20分に金浦空港を出発し、済州に向かう予定だったOZ8993便で発生した。航空機のタイヤストッパーが外れていたことが原因だという。 

 事故当時、搭乗用階段にいた乗客らにけがはなかったものの、安全点検のために欠航となり、乗客266人に影響が出た。しかし、アシアナ航空は今回の事故について「大したことではない」との立場を示している。同社は「乗客の搭乗前に航空機のタイヤストッパーを外すことはよくある」と説明し、「大きな事故ではないが、発生原因を調査する」とした。 

 一方、航空機体開発会社関係者は「今回の事故は機体の欠陥ではないが、機長と滑走路との間の伝達ミスを迅速に把握できなかった点は安全の面で問題がある。機体が小さい場合、翼のエンジン部分に物理的衝撃が加わると飛行時の高圧に耐えられなくなる可能性もある」と指摘している。ある中国系航空会社の機長も「乗客を全員乗せたという合図を確認してからタイヤストッパーを外すのが原則」としている。 

 大林大学のキム・ピルス教授は「乗客が搭乗していない、ドアが閉まっていない状態でタイヤストッパーを外すのは、最低でも3段階の安全点検を無視したことになる」とし、「滑走路でこうした安全不感症の事例が多発しているのではないだろうか」と懸念を示した。その上で「今回のことを単純な事故と考えてはならず、数百人の命を乗せて飛ぶ飛行機では、手続きを徹底的に守り、どんなに小さな誤作動も見逃してはならない」と述べた。 

 これについて、韓国のネットユーザーからは「乗客の搭乗中に飛行機が動くなんてあり得ない」「大事故が起きるところだった。安全不感症が深刻だ」「怖くてもう飛行機に乗れない」など、驚きの声が上がっている。 

 その他、「ヘル朝鮮(地獄の韓国)だから可能なこと。下請け会社に全ての責任を押し付けて終わり」「このニュースが大きく取り上げられないヘル朝鮮社会がもっと恐ろしい」など批判的な声や、アシアナ航空について「本当に問題が多い」「事故が多いのに全く反省していないようだ」「客室乗務員が乗客にやけどを負わせる事故もあったよね?」などと懸念する声なども見られた。

http://www.recordchina.co.jp/b560588-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る