韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

家庭内暴力

【バ韓国・ナッツ婆】旦那が離婚請求!! 原因は家庭内暴力wwwwwww

旦那から訴訟を起こされたバ韓国のナッツ婆


あのナッツ婆が、旦那から三下り半を叩き付けられていましたwwww


「妻の頻繁な暴言と暴行による苦痛で、これ以上結婚生活を続けるのは難しいニダ!」


というのが理由のようで、離婚訴訟を起こしたんだとかwwww


しかし、韓進グループ側はこれを真っ向から否定して、


「慰謝料目当ての訴訟ニダ!! ナッツ婆が家庭内で暴力を振るったという主張は話にならないニダ!!」


と述べているようです。



いやぁ、朝鮮ヒトモドキならではの醜い争いですなぁwwww



この調子で騒ぎが大きくなれば、

醜いきゃつらの本性が今以上に世界に知れ渡ることになるので頑張ってほしいものです。



-----------------------
ナッツ姫の夫が離婚請求「妻の暴行・暴言による苦痛で結婚生活困難」

 韓進グループ趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長の長女・趙顕娥(チョ・ヒョナ)元大韓航空副社長の夫が、「妻の暴行」を主な理由に離婚訴訟を起こしていたことが分かった。

 法曹関係者が15日に明らかにしたところによると、趙顕娥元副社長の夫で整形外科医のA氏は昨年4月、ソウル家庭裁判所に離婚訴訟を起こした際、「妻の頻繁な暴言と暴行による苦痛で、これ以上結婚生活を続けるのは難しい」と主張したとのことだ。A氏は同様の理由で自身が子どもたちの親権も持つべきだと主張しているという。

 2人は小学校の同級生で、2010年10月に結婚した。A氏は韓進グループが投資した仁荷国際医療センターで勤務していたが、韓進グループ会長一族の「パワハラ問題」が報道された後、辞表を提出していたことが分かった。一般的に離婚を求める夫婦は訴訟を起こす前に裁判所の仲裁に応じて協議する調停過程を経るが、A氏はそのような手続きをせず、すぐに離婚訴訟を起こしたという。

 ところが、韓進グループ側は事実関係が違うとの見解を示している。韓進グループ関係者は「A氏は巨額の慰謝料を要求したが、受け取れなくなったために趙顕娥元副社長を陰湿な方法で攻撃し、今になってメディアを利用しているものだ。A氏は、2014年の趙顕娥元副社長による『ナッツリターン事件』から昨年まで続いた会長一族への大規模捜査で、当グループに対する否定的な世論が広がったのを悪用しているものと見られる。趙顕娥元副社長が家庭内で暴力を振るったという主張は話にならない」と述べた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/02/16/2019021680013.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国の殺害事件、5件に1件が"夫による妻殺し"!!!!!!!!!

バ韓国では夫が妻を殺すケースが急増中


昨年、バ韓国で発生した殺害事件のうち、5件に1件が“夫による妻殺し”だったようです。

そのほとんどが、家庭内暴力が発展したものとのこと。


さらに!

未婚のカップルや、元夫や元交際相手による事件も含めると、その割合はもっと上がるみたいですね。


屑チョンによる屑チョン殺しは大賛成です!!

なにしろ、我々人類の手を汚さずに害獣が減ってくれるのですから!


でも、1匹が1匹を殺すだけでは効率があまり良くありませんね。

そのついでに、子供や親なども殺害してくれれば後に控えている屑チョン狩りがかなり捗ります。





家庭内暴力による一家惨殺事件が毎日のように発生してくれることを祈りたいものです。

現在の経済不況が加速すれば、決して夢物語ではないはずですからwwww



-----------------------
韓国の殺人事件、5件に1件は夫が妻を殺害

 韓国で昨年発生した殺人事件の5件に1件は夫が妻を殺害した「フェミサイド」(femicide=女性を狙った殺人)であったことが確認された。

 警察庁が各地方庁ごとにまとめて国会のチョン・チュンスク議員に27日に提出した資料によると、昨年夫が妻を殺害した事件は計55件あったとのことだ。殺人を計画したり、試みたりした「殺人未遂」の段階を越えて、実際に死者が出た「殺人既遂」事件301件の18%を占めていることになる。

 複数の専門家が「このように夫が妻を死亡させるなどの事件の多くが、長期間にわたる家庭内暴力が殺人に発展したケースだ」と説明している。

 統計上の数字はこれだけだが、表立っていない数字まで含めるとさらに深刻だとの指摘もある。夫が妻を殺した事件(55件)と恋人間で発生した殺人事件(26件)を合わせると、昨年1年間で性や愛情に基づき親密な関係を結んだ男女の間で発生した殺人事件は81件に達した。これに元夫、元交際相手の男、元同棲相手の男が犯した殺人まで合わせると、こうした数字はさらに増えるものと見られる。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/11/28/2018112880021.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【もっと殺れ!】祝日明けに離婚するケースが急増しているバ韓国wwwwww

バ韓国で秋夕後の離婚が増加中


バ韓国では秋夕や正月の後に離婚するケースが増えているようです。


祝日期間にメスの家事が増え、それがストレスとなって離婚に至っているとのこと。


うーーん、なんとも中途半端ですなぁ。


配偶者同士が憎みあって殺し合いでもしてくれないと、きゃつらの生息数が減らないじゃないですか!


殺し合いが難しいなら、ストレス過多でさっさと死んでいただきたいものです。


-----------------------
韓国で盆・正月後に離婚が増える理由―中国メディア

 2018年9月26日、中国紙・環球時報(電子版)は、韓国の秋夕(お盆)の休暇が終わったことに関連し、韓国・アジア経済の25日付けの報道を引用し、「韓国では近年、伝統的な祝日が家庭を破壊する危険要因となっている。お盆や正月などの休暇期間が終わると離婚率が上昇する」と報じた。 

 韓国最高裁の統計によると、2012年1月から17年8月までのお盆と正月のあった月に、裁判所が受理した離婚訴訟案件は、その他の月に比べ15%多いことが分かった。また民間の調査によると、女性の88.8%が、祝日に家事負担が増えることなどから「かなりのストレスと負担を感じる」と回答しているという。 

 祝日期間に女性が家庭内暴力などの被害を受ける事件も増えている。韓国女性家族部の統計によると、2013~17年の正月とお盆の期間に、全国の「女性緊急電話」に寄せられた家庭内暴力の相談件数は計3万1416件に上ったという。相談件数は2013年の3163件から17年の8779件へと、5年間で2.78倍増加している。被害の内訳は、「家庭内暴力」が60.7%で最も多く、「性的暴行」が4.54%、「性的売買」が1%だったという。 

 23日付の韓国紙・朝鮮日報によると、専門家は「女性は祝日に家事労働だけでなく、しゅうとめや夫の兄弟の妻への気遣いなどのストレスに悩まされる。だが夫の多くはこれを理解せず無関心であるため、知らず知らずのうちに夫婦間に亀裂を生んでいる」と指摘しているそうだ。

https://www.recordchina.co.jp/b647966-s0-c30-d0054.html
-----------------------


祝日期間には、家庭内暴力も増えているようですね。

やはり屑チョン同士であっても、長時間一緒にいると殺意が湧いてくるのでしょう。


バ韓国塵の皆さん。

殺意を抑えるのではなく、どんどんその気持ちを解放してくださいね。



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















増え続けるバ韓国の家庭内暴力!! 秋夕連休中には毎日1000件以上もの通報が!!!!

憎み合うために集まるキチガイ屑チョンども


バ韓国では秋夕の連休中に、家庭内暴力が多発しているんだそうです。

ま、当然でしょうね。


屑チョンが2匹以上集まれば、

互いに罵り合って暴力沙汰に発展するのは当然の流れですからwwwwwww


この秋夕連休中の家庭内暴力は年々増加しているとのこと。

果たして今年は何匹の屑チョンが死んでくれるのでしょう。



一匹一殺の勢いで盛大に殺し合ってくれれば、

地上の浄化が捗るんですがねぇ。


-----------------------
韓国で旧盆連休に起こる家庭内暴力事件、毎日1000件=韓国ネット「連休は恐怖でしかない」「お祝いの日のはずなのに皮肉だな」

 2016年9月15日、韓国・ニュース1は、「秋夕連休、家庭内暴力注意報」との見出しで、普段からわだかまりを抱えた家族や親戚が一堂に会す連休は家庭内の暴力事件が起こりやすい危険な時期と報じた。日本の盆に当たる韓国の「秋夕」は正月と並ぶ名節で、今年は14日からの3日間、週末にかけて5日間の連休となる人が多い。

 韓国警察庁によると、15年の秋夕連休(9月26~29日)の4日間に緊急通報された家庭内暴力事件は1日平均996件、9月1カ月の平均(706件)と比べ41.1%増加している。13・14年も同様に秋夕期間は通常に比べ30%余り事件が増加する傾向にあったが、実数では13年が776件、14年が920件で、年々増加傾向にあることが分かる。今年もこの傾向が続けば、1日の通報件数が1000件を超えることも予想される。 

 警察は、秋夕連休に家庭内での事件が急増する原因として、家族間の財産争いや価値観・生活環境の違いなどを挙げている。めったに顔を合わせることのない親戚同士が集まることで、摩擦やいさかいが生じるのだ。また専門家らは、男性には故郷へ向かうための長距離運転、女性には嫁ぎ先での家事など、連休ならではのストレスが原因でささいな言い争いが暴力に発展し得ると警告する。 

 警察は今月5~18日の2週間、「秋夕名節 総合治安対策」を推進しパトロール強化などの対策を取っているが、今年は早速15日、「連休に実家に帰りたい」と言った妻に夫が暴行を加えた事件が報じられた。 

 これについて韓国のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられている。 


連休は家族だけでどこかに遊びに行った方がいい。親戚と会ったところでろくなことがない」 

「うちは名節をなくすことにしたよ。楽に生きよう」 

そんな中、うちの前の家は朝の6時から庭でけんかしてる」 

「行き来のない親戚なんてただの他人」 


「夫の実家にいるのは本当に嫌だ」 

正月とか秋夕とか、古くさくて疲れるだけの名節なんてなくしてしまおう」 

うちは名節でなくてもけんかしてるから、名節はより激しくけんかする日になる。名節なんて大嫌い」 

「名節の連休は恐怖でしかない。わざわざ集まって祝う必要があるのか疑問だ」 


名節はお祝いの日のはずなのに、喜んでるのは小さい子どもだけというのは皮肉だな」 

やはり一人が天国」 

「遠くにいる親戚よりも近くにいる隣人の方が大事。兄弟間でも金がなければ無視されるし」

http://www.recordchina.co.jp/a150510.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る