韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

家族

エレベーターからの転落が日常茶飯事のバ韓国www 12歳の小学生が落下!!!!!

バ韓国のエレベーターは転落が日常茶飯事


一昨日、実に楽しい事故がバ韓国で発生していましたwwww


小学生の屑チョンがエレベーターに乗り込もうとしたところ、

扉の向こうにエレベーターが無くてそのまま転落したようですwwwwww



残念ながら1.2メートルしか落下しなかったので、軽傷で済んでしまったとのこと。


いやぁ、惜しかったですなぁ。


中途半端な結果に終わってしまい、この屑チョンの家族はさぞかし悔しい思いをしていることでしょう。



「死んでいてくれれば、夢の貴族生活を送れたのに……」


そんな心の声が聞こえてきますねwwwww


-----------------------
扉は開いたがエレベーターはなく…小学生が転落してけが=韓国

 18日午後4時ごろ、ソウル永登浦区新吉洞(ヨンドンポク・シンギルトン)の店の1階で、小学生がエレベーターの通路に落ちてけがをする事故が発生した。この事故で小学生A君(12)がひざを痛めて付近の病院に運ばれた。命に別条はない。 

 消防関係者は「当時エレベーターが故障中で、階の高さに合わせて停止しない状態だった」とし「これを知らなかったA君が扉が開くとすぐに足を踏み出し、通路の下に落ちたとみられる」と伝えた。 

 A君は1.2メートル下に転落した。消防当局は詳細な事故の経緯を調べている。

https://japanese.joins.com/article/321/249321.html?servcode=400&sectcode=430&cloc=jp|main|top_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【偽証が日常のバ韓国】セウォル号の"生存者"とその"家族(両親・兄弟・祖父母ら1匹ずつ)"に慰謝料支払いが命じられる!!!!

バ韓国では遺族様になるのが一番の夢


2014年に発生したバ韓国のセウォル号沈没事故。

その最大の被害者は、


生き残ってしまった屑チョンの家族でしょう!!



せっかく貴族階級の遺族様になれるチャンスを潰されてしまったのですからwwww


今回、バ韓国ではそんな生存者どもに対して、慰謝料を払うように地裁が命じていました。


どうやら“精神的苦痛”に対しての補償のようです。


笑わせてくれますねwwww



きゃつらの脳にはPTSDなんて絶対に起こりません。


いつものように偽証してPTSDのフリをしているだけでしょう。


被害者になれなかった憂さ晴らしとしか思えませんね。


-----------------------
セウォル号生存者への賠償を命令 国などに「精神的苦痛の責任」=韓国地裁

 2014年4月に韓国南西部の珍島沖で起きた旅客船セウォル号の事故を巡り、生存者とその家族ら計76人が国と運航会社に損害賠償を求めた訴訟の判決が14日、水原地裁安山支部であった。地裁は海洋警察や船長、船員らの避難誘導が不十分だったことなど、事故における違法行為と生存者の激しい精神的苦痛の間に因果関係があったと認め、生存者本人に1人当たり8000万ウォン(約770万円)の慰謝料を支払うよう言い渡した。

 また、修学旅行中だった高校生の生存者の両親・兄弟姉妹・祖父母に400万~1600万ウォン、一般人の生存者の配偶者・子ども・両親・兄弟姉妹に200万~3200万ウォンの慰謝料支払いも命じた。

 地裁は当時救助に当たった海洋警察が避難誘導を怠った職務上過失、セウォル号が出港する過程で運航会社の社員が犯した業務上過失、セウォル号の船長と船員が救助措置を行わずに下船した違法行為などを全て認めた。

 あわせて、このような違法行為と生存者、その家族が事故後に負った精神的苦痛の間に相当な因果関係があると判断した。

 地裁は「生存者は避難案内の措置を受けられず、遅れて避難する過程で相当な困難を経験し、浸水したセウォル号の中で長時間恐怖感に苦しめられたとみられる」とし、「生存者と家族は現在も心的外傷後ストレス障害(PTSD)、うつ病、不安症状などに苦しんでいる」と指摘した。

 また「大韓民国はセウォル号事故の過程で正確な救助・捜索情報を提供しなかったことにより混乱を招き、被害者の意見を反映した体系的な医療、心理、社会的支援を実施しないまま支援対策を一方的に発表したり、過剰に広報したりして原告に二次被害を与えた」と説明した。

 原告の弁護側は判決について、裁判所が政府の二次加害に対する責任を一部認めたことに大きな意味があると伝えた。

 これに先立ちセウォル号事故の遺族らが国と運航会社に損害賠償を求めた訴訟で、ソウル中央地裁は昨年7月、国と運航会社の賠償責任を認めて犠牲者1人当たり2億ウォン、両親に各4000万ウォンの慰謝料を支払うよう言い渡した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/14/2019011480143.html
-----------------------

生存者の"家族"までPTSDのフリをするだなんて……。

本当に性根の腐りまくった連中ですなぁ。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国与党議員「拉致被害者という表現は北朝鮮様に失礼ニダ! これからは"失踪者"と呼ぶべきニダ!!」

バ韓国の拉致被害者家族、飯のタネが無くなりそうで必死


バ韓国の与党議員がキチガイじみた法案を発議していましたwwww


「拉致被害者という表現は北朝鮮が嫌がってるニダ!」

「これからは“失踪者”と呼ぶべきニダ!!」


いやぁ、にわかには信じられないキチガイっぷりですね。


北朝鮮の機嫌を取るため、自国の拉致被害者家族の気持ちを無視するとはwwwww


これって、文大統領の差し金の可能性がかなり高いのでは?


さすがに自分では言い出せず、スケープゴートとして発議させたというのが真相でしょう。




反対の意見も出ているようですが、

文大統領のことなのでほとぼりが冷めたころにこっそり法案を成立させそうですなぁ。



-----------------------
北が嫌がる「拉致被害者」表現を「失踪者」に変更、韓国与党議員が法案発議

 韓国与党議員が、北朝鮮に連行された民間人に対する法的名称を「拉北者」ではなく「失踪(しっそう)者」に変更すべきだとして法案を発議したことから、論議が高まっている。辞書で見ると「拉北」は「北朝鮮に拉致された」という意味で、「失踪」は行方が分からず、どこに行ったかや生死が分からなくなった」という意味だ。名称を変更すれば、北朝鮮の拉致責任を消すことになる。拉北者(北朝鮮による拉致被害者)家族は「典型的な北朝鮮の論理を踏襲するものだ」と反発しており、物議を醸している。

 与党・共に民主党の宋甲錫(ソン・ガプソク)議員は13日、「6・25戦争(朝鮮戦争)拉北被害真相究明および拉北被害者の名誉回復に関する法律」(6・25拉北者法)と「軍事休戦に関する協定締結以降の拉北被害者の補償および支援に関する法律」(戦後拉北者法)」改正案を代表発議した。2010年に制定された「6・25拉北者法」は戦争中に北朝鮮に拉致された民間人の被害を集め、家族らの地位を国が確認し、名誉回復する根拠となる法律だ。07年に制定された「戦後拉北者法」は休戦協定(1953年7月27日)以降に発生した北朝鮮による強制拉致被害者の遺族や帰還した拉致被害者などを補償・支援する法律だ。

(以下、糞どうでもいいので略)

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/08/17/2018081701102.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国塵どもが家族からもっとも言われたくない言葉は?

日本を見ずにはいられない屑チョンどもに死を!



屑チョンどもが家族からもっとも言われたくない言葉は、

他者と比較する言葉」なんだそうです。



なにかにつけ日本との優劣を勝手につけたがる屑チョンどもですが、

自分が他者と比較されることには耐えられないみたいですねwwwwwww



器が小さいだけではなく男性器も小さい屑チョンども。

そんなに比べられるのが嫌なのならさっさと自殺してくださいな。

おまエラにできる数少ない善行なのですから。



-----------------------
韓国人が家族から言われたい言葉、ダントツ1位は?=韓国ネット「みんな器が小さいからね」「何回も言うと効き目がなくなるよ」

 2016年2月8日、韓国・聯合ニュースによると、韓国人が家庭で最も言われたい言葉は「よくやった」「お疲れさま」といった感謝の言葉や褒め言葉であることが分かった。

 韓国国立国語院が、配偶者や両親、子どもなど606人を対象に調査したところ、家族から最も言われたい言葉は「苦労や努力に対する感謝や称賛」との結果が出た。夫婦の場合、配偶者から「苦労に対する感謝」の言葉を聞きたいとした回答は81%と圧倒的、2位の「能力に対する称賛」(11%)、3位の「性格に対する称賛」(5%)を大きく引き離した。

 親の場合も、子から「苦労に対する感謝」を聞きたいとした回答が71%、「能力」「性格」への称賛はそれぞれ14%、7%にとどまった。一方、子が親から聞きたい言葉の1位は「努力に対する称賛」(51%)で、「行動に対する称賛」(27%)、「成績に対する称賛」(10%)が続いた。

 反対に、夫婦や子どもが最も言われたくないとしたのは「他人と比較する言葉」で、それぞれ29%、46%の回答となり、親の場合、「自分の発言を小言と受け取る言葉」が47%で最多だった。

 韓国は旧正月を迎え、家族や親戚同士の会話が増える時期。この結果に、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。


肯定的な言葉でないなら、口を閉ざした方がいい。時には何も言わないことこそが、けんかを避ける道だ

「お正月のたびに『いつ結婚するんだ』とうるさかったおばが、離婚したらしい」

親戚は他人より面倒な存在


他人と比較して自分の子どもや財産を自慢するような親戚は、相手にする必要はない

「学のない家ほど、子どもを自慢するものだ」

みんな器が小さいからね

「口は災いのもとと言われる」


「クラスで何番?大学はどこ?専門は何?資格はいくつ持ってるの?会社はどこ?彼女はいるの?結婚はいつ?家は持ち家?どこどこの誰々がこうなって…」

「よくやった、お疲れさまという言葉も、自分が言われたことがなければ言えないものだ」

「僕はどんな言葉も言われたくない」

「褒め言葉も、何回も言うと効き目がなくなるよ」

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20160211-128662/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る