韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

容疑

いよいよ土壇場!? 世論操作疑惑で、バ韓国文大統領の側近が出頭!!

パククネ婆より能無しのバ韓国・文大統領


昨年のバ韓国大統領選挙の際にネット工作で世論を操作していたとして、

文大統領の側近が取り調べを受けています。


文大統領の支持率はここに来て急落中なので、踏んだり蹴ったりといった状態ですねwwww


ま、化けの皮が剥がれただけの話なんですが、

ここいらで反日ブーストをかましてほしいものです。



歴代の大統領のように、竹島に不法上陸したり、皇室を侮辱するのも時間の問題でしょう。


-----------------------
文大統領側近取り調べ=世論操作疑惑で特別検―韓国

 韓国与党「共に民主党」の元党員らがインターネット上で不正な世論操作をしていた疑惑をめぐり、特別検察官チームは6日、文在寅大統領の側近で、昨年の大統領選当時、文氏陣営スポークスマンを務めた金慶洙・慶尚南道知事(50)が関与していた疑いがあるとして、出頭を求め、業務妨害や公職選挙法違反の容疑で取り調べた。

 ソウル市内の特別検察官事務所に出頭した金氏は聴取前、記者団に対し、一連の疑惑について「事実ではない」と述べ、全面否定した。

 昨年5月、保守系の朴槿恵前大統領の罷免を受けて実施された大統領選で、革新系の文在寅氏が当選した。文陣営の中心人物が世論操作を指示していたかどうかが焦点で、文政権発足後初めて任命された特別検察官の捜査はヤマ場を迎えた。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00000025-jij-kr
-----------------------




本当に屑チョンという生き物は行動がワンパターンですね。


糞喰って、売買春して、レイプしての繰り返ししかできないバ韓国塵には、

生きている価値なんて皆無でしょう。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国ナッツ・リターン裁判】乗務員の証言「副社長は人間に見えなかったニダ。怒った虎のようだったニダ!」

性根の醜さが前面に現れているナッツ婆


ナッツ・リターンの裁判が始まったことによって、詳しい当時の事情が次々と明らかになっていますね。

検察の聴取に応じた乗務員によると、

副社長は人間には見えず、怒ったトラに見えたニダ。14時間のフライト中、恐怖と不安に震えなければならなかったニダ

と証言しています。



人間に見えないのは当然でしょう。ヒトモドキにしか過ぎないのだからww

ただ「虎のように見えたニダ」とは、随分と虎に対して失礼な言い分です。


屑朝鮮ヒトモドキなんざ、虎よりも遥かに低位の存在でしかないのですから。


それにしても容疑の大部分を否認しているあの不細工ナッツ婆。

ここまできたら実刑をうたれない限り、屑チョン世論は収まりがつかないでしょう。


どんな結果になるのか見物ですね。


-----------------------
大韓航空前副社長、ナッツ事件初公判で起訴事実否認

 いわゆる大韓航空の「ナッツリターン事件」で起訴された趙顕娥(チョ・ヒョンア)大韓航空前副社長(41)に対する初公判が19日、ソウル西部地裁で開かれた。

 初公判で趙被告は裁判官席に向かって一礼した後、長い髪を垂らしたまま終始うつむいていた。裁判長が職業を尋ねると、小さな声で「無職です」と答えた。「言いたいことがあればどうぞ」との言葉には「ありません」と答えた。趙被告は時折ティッシュペーパーで鼻をぬぐい、検察側の主張を聴いている間にはほおを手で支えた。

 趙被告の弁護人は起訴事実の大部分を否認した。徐昌熙(ソ・チャンヒ)弁護士は、航空機の航路変更罪について、「一般的に航路とは空路を意味するが、航路に対する明らかな規定がない状況で、地上路まで航路に含めるのは検察による拡大解釈だ」と主張した。徐弁護士はまた、「当時機長が(趙被告の暴言や暴行で被害を受けた)パク・チャンジン事務長と話し合って引き返したもので、趙被告は当時、飛行機が動いていると認識していなかった」と指摘した。

 国土交通部(省に相当)による調査に介入した疑いについても、「虚偽の陳述を強要したことはなく、大韓航空客室乗務本部の呂運振(ヨ・ウンジン)常務と『法的意味』で共謀したとみられる行為を行ってもいない」とした。女性乗務員を暴行するなど機内で騒いだ事実は認めたが、「航空機の安全を脅かすほどではなかった」と主張した。

 検察は搭乗口への引き返し当時のジョン・F・ケネディ空港の監視カメラ映像や機長と管制塔の肉声による交信記録を初めて公開した。長さ34分間の動画には、いったんトーイングカー(けん引車)によってバックした機体が止まり、その約3分後に搭乗口方向に引き返す様子が映っている。

 検察によると、当時ファーストクラスに乗っていた乗客P氏が韓国の友人にリアルタイムで「あの女(趙被告)1人のせいで今何人が被害を受けているか。こんなケースは人生で初めて見た」というメッセージを送っていた。参考人として検察の聴取に応じた他の乗務員は「正直副社長は人間には見えず、怒ったトラに見えた。14時間のフライト中、恐怖と不安に震えなければならなかった」と証言したという。

 担当判事は約5時間の公判の最後に「趙被告はいずれ社会に復帰できると思われるが、パク事務長が勤務を続けられるかが裁判官による関心事だ」と述べ、趙被告の父親である趙亮鎬(チョ・ヤンホ)韓進グループ会長を裁判官の職権で証人として召喚することを明らかにした。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/01/20/2015012000873.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る