韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

容疑者

30年前に発生したバ韓国のレイプ連続殺害事件、DNAで容疑者特定される!

バ韓国の華城連続殺害事件、容疑者特定


30年前にバ韓国で発生した連続レイプ殺害事件。

14歳から71歳の老婆まで、合計で10匹の屑チョンのメスがレイプされたのちに殺されていました。


その事件の容疑者が特定されたようです。


容疑者は、“妻の妹を殺して刑務所に収監中”の50代の男。


当時の現場に残されていた精液のDNAとこの男のDNAが一致したとのこと。


この事件は既に時効を迎えているようですが、どうなるんでしょうね。

容疑者の男は容疑を否認しているとのことですが……。




こういうニュースがバ韓国で報道された事は喜ばしことです。


模倣犯が100匹くらい現れてくれたら、

害獣駆除が捗りますからねwwwww



我々人類の手を煩わすことなく、ヒトモドキ同士で大量に殺し合ってほしいものです。





それにしても、71歳の老婆までレイプしてから殺すとは……。

さすがバ韓国塵ですなぁ。



-----------------------
韓国で女性10人殺害、30年前の未解決事件で容疑者が特定される

 韓国の華城(ファソン)で30年前に起きた連続殺人事件の容疑者が9月18日、特定された。この事件は女性10人が殺害され、映画のモチーフにもなる代表的な未解決事件だとして知られていた。

「華城連続殺人」として知られるこの事件は、1986年から1991年にかけて、現在の京畿道華城市で起きた殺人事件。韓国史上最大の未解決事件として知られている。

 被害者の女性は14歳~71歳。強姦された上に殺害され、山中や畑などに捨てられるといった被害が連続して発生しており、周囲の市民を震撼させた。

 京郷(キョンヒャン)新聞によると京畿南部地方警察は9月18日、現在刑務所に収監中の男を容疑者として特定したと明らかにした。

7月中旬ごろ、華城事件の証拠品の一部から採取したDNAと一致した対象者がいると言う通報を受けた」とのこと。

 チャンネルAニュースによると、警察と国立科学捜査研究所は、この10件の連続殺人事件の中で、2件の事件で発見されたDNAが、容疑者の男のDNAと一致したという。

 華城連続殺人事件の最後の事件が起こったのは、1991年4月3日。容疑者が逮捕されないまま、2006年に公訴時効が終わり、長期未解決事件となっていた。当時、のべ180万人の警察官が捜査に投入され、3000人の容疑者が捜査を受けたことで知られている。

 事件は演劇「私に会いに来て」や、これを映画化した「殺人の追憶」、そしてドラマ「シグナル」などで広く知られている。

https://www.huffingtonpost.jp/entry/south-korea-serial-murder_jp_5d82d808e4b070d468c6bef1
-----------------------


“ヒトモドキを100匹殺せば、来世で人間になれるニダ”


……そんなカルト宗教がバ韓国で生まれてくれたら最高ですね。



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国の売春婦像、酒に酔った60代の老害に襲撃される!!

売春婦はバ韓国塵にとって憧れの職業www


バ韓国で、売春婦像が襲撃されていましたwwww


酒に酔った60代の屑チョンが何度も蹴り、顔面にタバコの火を押し当てていたとのこと。


売春婦を神と崇める屑チョンどもがこれを目撃して通報。

そして逮捕に至ったようです。


この容疑者は、


「売春婦像が醜いと思い、犯行に及んだニダ」


……と供述。



ずいぶんと視力が悪いようですねwwww


ああいう化け物じみた顔が、バ韓国塵の好みのはずですが。


それに、売春婦像の顔は、バ韓国の中では美女の部類に入るのでは?

-----------------------
酒に酔った60代、少女像を蹴ってたばこの火で焦がした疑いで逮捕

 酒に酔って「平和の少女像」を蹴った上、少女像の顔をたばこの火で焦がした60代が警察に逮捕された。

 京畿道議政府警察署は9日、旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する平和の少女像を毀損(きそん)した疑い(共用物件損傷容疑)でA容疑者(65)を逮捕して取り調べていると発表した。

 A容疑者は8日午後8時ごろ、議政府駅東部広場で、平和の少女像を複数回にわたり蹴った上、顔の部分をたばこの火で焦がした疑いが持たれている。A容疑者は市民からの通報により現場で逮捕されたという。A容疑者は警察の調べに対し「酒に酔った状態で、少女像が醜いと思い、犯行に及んだ」と供述した。

 警察の関係者は「被疑者の取り調べは終えており、少女像の管理主体を把握して被害者の調査も行う予定」と話した。

 議政府駅の少女像は2015年に議政府平和碑推進委などの市民団体と市民の募金活動によって議政府東部広場の平和公園に設置された。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/09/09/2019090980257.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















警察病院から逃走した在日バ韓国塵、逮捕される!

在日バ韓国塵の逃亡犯捕まる


都内の警察病院から逃走していた屑チョンがやっと捕まりました。


この屑在日は、佐藤某と名乗りせっせと窃盗に精を出していたとのこと。


無事に捕まってなによりですが、やはり国内に巣食う害獣どもをこれ以上放置しておけませんね。



今すぐ37564にせよとまでは言いませんが、一目でヒトモドキだと分かるようにしたいものです。



例えば、屑在日、糞帰化チョン、そして訪日バ韓国塵観光客などに対して、

オデコの真ん中に「糞」の刺青を強制的に入れるというのはどうでしょう?


刺青を拒否するならその場で銃殺ってことでいいんじゃないですかね。



日本人の生命と財産を守るため、

ヒトモドキのDNAを持つ連中を1匹残さず駆除したいものです。




-----------------------
警察病院から逃走の韓国人の男 都内で逮捕

 今月18日、東京・中野区の東京警察病院から逃走し、窃盗容疑で指名手配されていた韓国人の男が27日、東京都内で逮捕された。

 韓国籍の佐藤もと基ことキム・ウォンギ容疑者は、中野区で起きた窃盗事件で現行犯逮捕された際にケガをし、釈放されて東京警察病院で治療を受けていたが、今月18日の朝、逃走した。

 キム容疑者はその後、知人の車などを使って東京都の外に逃走していたが、捜査関係者によると、キム容疑者は27日、東京都内にいるところを発見され、逮捕されたという。

 キム容疑者の身柄はすでに、警視庁の中野警察署に移されたということで、今後、本格的な取り調べが行われるとみられる。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190827-00000167-nnn-soci
-----------------------

それにしても、このキムとかいう成りすましはもの凄い顔をしてますねwww

これだけ醜いと、一目でヒトモドキだと分かりますなぁ。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















12年間逃走し続けていたバ韓国の殺人犯、無料キムチのためにアッサリ逮捕wwwwwww

バ韓国のキムチは汚物以下


バ韓国で、12年間逃走を続けていた殺塵犯が逮捕されていました!!


事件発生時、この屑チョンの名前と泊まっていた宿が判明していたにも関わらず、警察は発見できなかったようです。

そして、わずか3か月で捜査チームが解散するというお粗末さwwwwww


それが、ひょんな事から今回の逮捕に至っていました。


そのきっかけは、

「貧困層に無料でキムチを配布するニダ」

という嘘の情報でこの屑チョンをおびき出すことに成功したというもの。



いやぁ、キムチで簡単に釣られるとはwwwwww



この日本に巣食う害獣どもを無料キムチで一か所に集め、一気に駆除したいものですなぁ。



-----------------------
12年逃走していた韓国の殺人犯、「キムチ無料」につられて逮捕―韓国メディア

 2018年7月24日、多維新聞は、12年間逃走していた殺人犯が、キムチ無料につられて逮捕されたと伝えた。 

 記事は、韓国日報の同日の報道を引用。1995年10月7日に韓国高陽市にある旅館で、68歳の清掃作業員が刃物で刺され殺害される事件が発生した。事件発生当時、被害者の近くに落ちていた上着のポケットに金希哲(仮名)と記されたメモが見つかり、この名前の男が2カ月前にこの旅館に宿泊していたが、事件発生後、行方が分からなくなっていたことが分かった。 

 警察は、すぐにでも容疑者を発見できると考えていたが、当時は今ほど捜査手法が進んでおらず、指名手配のビラやテレビで情報提供を呼び掛けるなどしたものの発見できなかった。事件から3カ月後には捜査チームが解散となり、警察官2人だけがこの事件を担当して引き続き捜査することになった。 

 時間の経過とともに、事件は人々から忘れ去られていったが、捜査担当の警察官は「犯人が生きている限り、抹消された戸籍を再び登録するはず」と考え、行政窓口へ毎月調べに行っていた。そして2007年11月14日、容疑者が同年9月に抹消された戸籍を再び登録していたことを発見。生活が苦しいため、貧困者の身分を申請し、援助を受け取るため電話番号を残していたという。 

 担当の警察官は、記されていた住所へ行ったものの、そこは何もない廃墟だった。携帯電話の通話記録を調べたが、月に2回電話をしているだけで、いずれも無料の食物を得るために行政の担当職員に連絡しているものだった。 

 最終的に警察官はこの職員と連絡を取り、「貧困家庭に無料でキムチを配布する」との名目で容疑者をおびき出すことに。こうして、韓国のあらゆるところに身を隠していた容疑者を、12年の時を経てようやく逮捕することができたという。

https://www.recordchina.co.jp/b590304-s0-c30-d0062.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る