韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

対立

さすが朝鮮チンww バ韓国国会のドア、議員によって破壊される!!

バ韓国の国会が議員によって破壊される


バ韓国の国会が荒れに荒れているようです。

与野党の対立が激化した結果、

国会のドアがバールで破壊される事態になったんだとかwwww


さすが、いつでもどこでも発火するキチガイ生物ですねぇ。



しかし、死傷者はゼロとのこと。



せっかく凶器まで持ち出したんですから、数十匹単位の死体が見たかったものです。



そもそも、きゃつら低能生物に国家を運営するなんて無理難題過ぎましたね。

バ韓国は野糞時代に戻るべき


地べたに座り込んで道端の野糞を食らうという以前の生活に戻ることを強くオススメしたいですなwww


-----------------------
大荒れの韓国国会、バールでドアが破壊される事態に=韓国ネットは呆れ「歴史に残るシーンが誕生」

 2019年4月26日、韓国メディア・韓国日報によると、「選挙制度改革法案」のファストトラック(迅速処理案件)指定をめぐり韓国の与野党が激しく対立する中、同日明け方に国会の議案課のドアがバールとハンマーで破壊される事態が発生した。 

 記事によると、議案課のドアが破壊されたのは同日午前3時ごろ。国会関係者が与党「共に民主党」関係者と共にバールとハンマーを使い、野党「自由韓国党」議員らにより封鎖されたドアの開門を試みた。これによりドアは激しく破損したという。 

 議案課は、前日に「自由韓国党」を除く与野党がファストトラック法案である検察・警察捜査権調整関連法案を提出しようとした場所。提出は「自由韓国党」議員らに阻止され実現しなかった。 

 これを受け、「韓国自由党」のナ・ギョンウォン院内代表は同日午前8時の議員総会にドアの破壊に使われたバールを持って現れ、「議会クーデターであり議会への暴挙だ。私たちは対抗せざるを得ない」と抗議した。その後「自由韓国党」関係者らは議案課の前で座り込みを開始し、ドアの破壊された部分を発泡スチロールなどで覆ったという。 

 一方「共に民主党」のホン・イクピョ首席報道官は「会議室のドアを開けるためにハンマーなどの道具が使われたのは、自由韓国党議員らの違法な会議妨害により国会議長の警護権が発動されたことを受け、国会の防護課職員が行ったもの」と説明したという。 

 これに、韓国のネットユーザーからは「危険過ぎる」「まるで小学生のけんか」「また1つ、歴史に残るシーンが誕生した」「そこは国会なのか工事現場なのか…。この国は腐ってしまった」「韓国の議員たちは国会を戦場と勘違いし、対立することしか考えていない」などため息交じりの声が上がっている。 

 また、「修理に国民の税金を使ったら、バールを持って抗議しに行く」「罰として国会議員らの給料を半分に減らすべきだ。これはひど過ぎる」と主張する声も。 

 その他にも「共に民主党の指示以外考えられない」「共にバール党に改名すべきだ」「違法占拠した人たちにバールを批判する資格はない」などさまざまな声が上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b701045-s0-c10-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【台湾を全力で応援すべし!】経済産業の70パーセントがカブる韓国と台湾

世界中から嫌われる国、それが韓国


香港メディアの報道によると、韓国と台湾は常に対立関係にあるようです。
双方の経済の70パーセントが競合しているのが大きな要因と見られているようですね。


ま、韓国と対立していない国なんて世界中どこを探してもありませんが。


台湾の味方をする国は数多くありますが、韓国の味方をする国なんて想像できません。


我々日本人としては、全力で台湾を応援したいところですね。
放置しておいても間もなく韓国経済は崩壊するでしょうが、ここは日本の底力を発揮して崩壊速度を加速させるべきでしょう。



-----------------------
韓国と台湾はなぜいつも対立するのか?―香港メディア

 今年10月、韓国のテレビ局チャンネルAが故意に「台湾鯛(ティラピア)」を中傷する報道を展開した。許可なく撮影し、汚染された養殖場で飼育されているなどとでっち上げ、地元漁民に大きな打撃を与えている。

 台湾と韓国の争いはこれだけではない。台湾政治大学で朝鮮半島問題を研究している教授は「学術、商業、政治、スポーツの分野まで、台湾人が韓国人と一緒になると必ず争い事が起こる」と指摘する。

 11月には台湾公平交易委員会が韓国サムスンに35万ドルの罰金を命じた。サムスンは学生を雇ってインターネット上に台湾の携帯電話メーカーHTCを中傷するコメントを書き込ませていた。

 2010年アジア競技大会のテコンドーの試合でも似たような騒ぎがあった。台湾人選手が韓国籍の審判に「失格」を言い渡され、準決勝に進めなかった。騒ぎはその後、外交問題に発展し、台湾の馬英九総統も巻き込まれることとなった。

 こうした原因は、両者の経済分野における激烈な競争関係にあるとみられる。双方は経済の70%が同じ産業によって構成されており、韓国と台湾の輸出先がかぶることも珍しくない。これが両者の競争を激しくさせ、多くの特許訴訟案件を引き起こす要因となっている。

 韓国が2011年と昨年に相次いでEU(欧州連合)、米国と自由貿易協定を結んだことは台湾にとって大きな打撃だった。韓国と米国が協定を結んでから1年の間に韓国の対米輸出は3.89%増えたが、台湾の対米輸出は4.65%減少している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131210-00000003-xinhua-cn
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る