韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

専門家

アメリカ専門家の5割近くが「最も信頼するアジアのパートナー」として日本を挙げる。一方、バ韓国と回答したのは……

バ韓国文大統領を心底毛嫌いしているトランプ大統領


アメリカで行われた調査によると、

アジアで最も信頼できる国として日本が1位になっていました。


日本が何も特別なことをしているわけではありません。


国家間の約束を守り、法律を遵守しているだけに過ぎません。




ちなみに、バ韓国を信頼できるパートナーと考えていると回答したのは9パーセント。



これは意外でしたwwww


1割近くのアメリカの専門家は、バ韓国の実態を理解していないのでしょう。



これから先、大邱コロナの実態が明らかになるにつれ、屑チョンどもの化けの皮が剝がれることになります。



その時、バ韓国を信頼できると答える層がどれだけ減るのか楽しみですwww



-----------------------
米専門家集団「信頼するアジア国家」…日本48%で1位、韓国は9%

 米国の一般市民(1015人)と専門家集団(200人)を対象に実施された調査で「アジア地域で米国の最も重要なパートナー」を問う質問への回答が日本、中国、韓国、オーストラリアの順だったと、日本外務省が最近明らかにした。

 「アジアで最も信頼できる国」を問う質問に対する回答は日本、オーストラリア、韓国、中国の順だった。

 米国の世論調査機関ハリスが日本外務省の依頼を受けて昨年11月に実施した調査の結果で、先週、日本外務省が出入り記者団に関連資料を公開した。

 米国の一般国民を対象にしたインターネット調査で「アジア諸国の中で最も重要なパートナー」に関する回答は日本(34%)、中国(22%)、韓国(10%)、オーストラリア(4%)、ロシア(4%)、インド(1%)の順だった。

 「アジア諸国の中で米国が最も信頼できる国」を問う質問については日本(37%)、オーストラリア(11%)、韓国(9%)、中国(8%)の順だった。

 政官界、学界、言論界、宗教界、労働関係分野で「指導者的な地位」にいる200人を対象に実施された電話調査の結果も同様の傾向が見られた。

 「アジアで最も重要なパートナー」に対する回答は、日本(42%)、中国(18%)、韓国(17%)、オーストラリア(13%)、インド(5%)、ロシア(1%)の順で、「最も信頼するパートナー」は日本(48%)、オーストラリア(32%)、韓国(9%)、中国(4%)の順だった。

 全体的に韓国の位置や数値は停滞または後退している。

 米国の一般市民の調査で韓国に対する信頼度(9%)は中国の信頼度(8%)とほぼ同水準だった。韓国の数値は昨年と同じで、中国では6%から2%ポイント上昇した。

 専門家集団の調査では韓国に対する信頼度(9%)が中国(4%)より高かったが、2018年(20%)、2017年(14%)と比べると大幅に低下した。

 日本外務省の依頼で実施された調査でもあるが、全体的に日本関連の数値が上昇したのも特徴だ。

 毎日新聞は21日付の記事でこの調査結果を報じ、「2011年と2013年の調査では『アジア地域で最も主要なパートナー』で中国が日本を上回っており、トランプ政権発足後の米中関係の悪化と日米協力の強化が影響しているとみられる」と分析した。

 毎日新聞の報道のように、米国の一般国民の調査で2011年と2013年には中国(2011年39%、2013年39%)が日本(それぞれ31%、35%)より「重要なパートナー」に選ばれていた。

 米日の密着は他のチャンネルからも感知されている。

 毎日新聞は23日、「米国トランプ政権が中国の経済構想『一帯一路』に対抗するため、インド・太平洋地域の主要な港30カ所のリストを昨年秋に日本に渡し、共同開発と支援を提案した」という内容を1面記事で報じた。

 中国を牽制するための米国の確固たるパートナーとして日本の重要性がより高まっているという意味に解釈される。

https://japanese.joins.com/JArticle/263995
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















殺る気満々! パククネ婆が海外の防疫専門家に訪韓を要請!!

MERSウイルスに蹂躙されるだけのバ韓国


MERS災禍のバ韓国。

今回パククネ婆が、感染症対策のために海外の防疫専門家に訪韓を要請していたことがわかりました。


ウリだけ不幸になるのは許せないニダ! 世界中の国もウリと同じように不幸になるべきニダ!!


という屑チョンの国民性がよく表れていますね。



エイズやMERSを世界中に拡散するべく観光客のフリをして屑チョンどもが世界中に出向いているのです。


屑チョンはただ生きているだけで億害あって一利もないのです。

全世界がそのことに気付き、一丸となってバ韓国塵狩りを開始するその日が待ち遠しいものですね。


-----------------------
MERSの二の舞を避けたい韓国・朴槿恵大統領、感染症対策で海外の防疫専門家に訪韓を要請―韓国メディア

 2015年6月23日、環球網は韓国・聯合ニュースの報道を引用し、海外から流入する新型の感染症に備えるため、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は海外の専門家に訪韓を求めたと報じた。 

 要請を受けたのは米疾病対策センター(CDC)と世界保健機関(WHO)の防疫専門家5人で、防疫に関する経験や協力案について韓国側と意見を交わす。今月12日に朴大統領と電話で話をしたオバマ米大統領は、「中東呼吸器症候群(MERS)の早期終息に協力する」との考えを朴大統領に伝えていた。

http://www.recordchina.co.jp/a112224.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【馬鹿なの?】バ韓国政府が、日本の食品安全管理を調査するために専門家を派遣www

放射線ダダ漏れのバ韓国www


バ韓国政府が、日本の食品の放射能検査や安全管理の状況などを把握するために専門家を派遣してくるようです。


本当に馬鹿ですね。


わざわざ嫌いな日本のことを調べるよりも、放射能で汚染されまくっているソウルを調べるのが先でしょうに。



今回の日本での調査結果はバ韓国の国民に公開されるとのこと。


どうせなら「放射能だらけだったニダ! 日本に旅行するのは危険ニダ!」とでも発表してほしいものです。


そうすればこの日本にやってくるゴミ屑が少しは減るでしょうから。



-----------------------
韓国政府 日本の食品安全管理実態調査へ=専門家派遣

 韓国政府が、放射能に関する日本の食品安全管理の実態を把握するため民間の専門家を日本に派遣することを決めた。

 食品医薬品安全処は12日、日本産食品放射能安全管理専門家委員会が14~19日と来月12~17日の2度にわたり、東京、千葉、福島、神奈川、北海道、青森、岩手などを訪問し、調査を行うと発表した。

 同委員会は水産物販売所、民間検査機関、地方自治体、消費者団体などを訪れ、日本政府の水産物に対する総合モニタリングの状況や測定結果の管理、東京電力福島第1原発の汚染水対策、食品の放射能検査や安全管理の状況などを把握する予定だ。

 食品医薬品安全処は、委員会の調査結果を国民に公開する計画だ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/12/12/2014121202038.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








事あるごとに「ニセ専門家」が現れる韓国ww おかげで事態はますます悪化www

役立たずのダイビングベル(潜水鐘)


バ韓国では、国民の注目が集まる大きな事件や事故が起こると自称・専門家が突然湧いて出るようです。

向こうのマスゴミどもは面白がって、何の裏付けもとらないままエセ専門家の意見を電波に乗せるとのこと。

そんなインチキ専門家のトンデモ理論が、事態をますます悪化させているとのことでした。




バ韓国を滅ぼすのはやはり馬鹿ウンコ喰う塵の存在そのものなんでしょうね。


珍しく韓国のメディアが、

先進国になるためには、このようなウソをつく者が大手を振って活動できないようにしなければならないニダ

とヌかしています。



その通り!

韓国が先進国になるには、嘘をつく者を徹底的に粛清すべきでしょう。




そして誰もいなくなる、でしょうが。



-----------------------
危機のたびに「エセ専門家」が横行する国

 セウォル号が沈没した全羅北道珍島沖合に、ある民間企業が救助活動に利用するため持ち込んだ海難救助用の特殊機材「ダイビングベル(潜水鐘)」が、何の成果も出せないまま1日に撤収した。この会社を経営するイ・ジョンイン氏は撤収の際「今回は経営者として(自分の実力を)立証する良い機会だったのに」と言い残したという。この言葉には、これを機に世間の注目を集め、事故を金もうけの機会として利用したかったという意図が感じられる。

 ダイビングベルについては先月18日、ケーブルテレビ局のJTBCがニュースで「ダイビングベルを使えば、海中で20時間続けて作業ができる」とするイ氏の言葉をそのまま放映し、注目を集めるようになった。2010年に哨戒艦「天安」が爆破され沈没した際、韓国軍と民間の専門家による合同調査団は「北朝鮮の魚雷攻撃によるもの」と発表したが、イ氏はこれを否定し最後まで座礁説を主張していた。イ氏は当時、国政監査で座礁の根拠について尋ねる質問に「見れば分かる」と述べて周囲の失笑を買っていた。

 海洋警察と海軍は「ダイビングベルは水平状態を維持しなければ使えないが、周辺海域は潮流が速いため使用できない」として、ダイビングベルよりもはるかに高性能の同種の機器さえ使用していなかった。ところが一部メディアが「自称」専門家による科学的根拠のない「たわ言」をテレビで放映してしまったため、行方不明者家族を無用な混乱に陥れてしまったのだ。

 哨戒艦「天安」爆沈のときも、メディアの代表を自称するある男が「東海(日本海)に生息する赤いホヤが(西海〈黄海〉で「天安」を沈没させた)魚雷の中から発見された」と主張した。国防部(省に相当)の調査によると、北朝鮮の魚雷からホヤのDNAは検出されなかったが、この男は自らがこの分野に詳しい専門家でもあるかのように「陰謀論」を主張したのだ。2008年の牛海綿状脳症(BSE、通称:狂牛病)騒動際、MBCの報道番組『PD手帳』は「韓国人が人間狂牛病に感染する確率は94%」という虚偽の事実を放映し、国全体が大混乱に陥った。済州海軍基地建設に反対していた市民グループは「建設予定地周辺の海には天然記念物が生息している」と主張し、後からこれが虚偽であることが分かると、その次は済州島のごく普通の地形や岩を文化財として保存すべきだなどと言い出した。韓国が本当に先進国になろうとするなら、まずはこのように平気でうそを言い広める人間たちが、大手を振って活動できないようにしなければならないだろう。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/05/03/2014050300690.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る