韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

射撃訓練

【これぞバ韓国軍!】“謎”の銃弾に撃たれ、兵士1匹が死亡!!!!!!!!!!!

バ韓国軍は味方に撃たれて死ぬのがデフォ


先日、バ韓国軍で不思議な死亡事件が発生していました。

なんと、

どこからか飛んできた銃弾に撃たれ、陸軍の兵士1匹が死んだとのことwwwwwww


北朝鮮の仕業ニダ!」という疑惑の声もあがっているようですが、

まあどう見ても付近で行われていた射撃訓練の流れ弾でしょうね。


味方の銃弾に撃たれて死亡するというのは、バ韓国軍の伝統でもあるでしょうからwwwww



今頃、この兵士の親は座りションベンを漏らしながら“遺族様”になれたことに狂喜していることでしょうね。


-----------------------
銃弾はどこから飛んできた?韓国軍で「謎だらけ」の兵士死亡事件が発生=韓国ネット「北朝鮮が怪しい」「大統領が代わっても現状は…」

 2017年9月27日、韓国・聯合ニュースは、陣地工事を終え徒歩で部隊に戻っていた韓国陸軍の兵士が突然飛んできた銃弾に当たって死亡した事件について「さまざまな面で謎だらけである」と伝えた。 

 陸軍捜査機関は27日、「銃弾が発射された地点や銃弾の種類などを分析している」と明らかにした。また、銃弾は近くの射撃場から飛んできた可能性が高いとみて、射撃訓練中に安全規則が遵守されていたかどうかについても調査しているという。 

 事件は26日午後4時10分ごろ、江原道鉄原郡にある部隊近くで発生した。事故直後、A一等兵(22)は軍の病院に運ばれたが、午後5時22分ごろに死亡が確認された。突然飛んできた銃弾に当たって死亡したA一等兵は陣地工事を終え、同僚の兵士約20人と共に徒歩で部隊に戻る途中だった。A一等兵らが引率者と共に移動した通路は日ごろから利用していた道だ。ただ、同通路は近くに部隊の射撃場があるため、射撃訓練がある時には移動が制限される。 

 問題は、事件当日の射撃場では射撃訓練が行われていたが、A一等兵らは何の制限もなく同通路を利用し、部隊に戻っていたという点。射撃場とA一等兵が銃弾に当たって倒れた場所の距離はおよそ400メートル。K―2小銃の有功射程距離が460メートルであることを考えると、非常に危険な区間だったといえる。通常、射撃訓練を予定する部隊はあらかじめ近くの部隊などに告知しなければならない。捜査当局は射撃訓練部隊が訓練の予定を告知したかどうか、告知をしていた場合にA一等兵らを引率した部隊は移動を制限していたかどうかなどについて集中的に調べを進めている。 

 また、最近北朝鮮と緊迫した状態が続いていることから、一部では「北朝鮮の仕業ではないか」との疑惑も出ている。部隊関係者は「あらゆる可能性を念頭に置いて捜査中だ」と明らかにした。 

 この報道に、韓国のネットユーザーからは「内部の問題であれ北朝鮮の仕業であれ、徹底的に調べて全てを正直に明らかにしてほしい」「隠蔽(いんぺい)をたくらんだりしないでね」などと訴える声や、「昨日の事件なのにまだ何も分かっていないの?」「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は何をしている?。迅速な捜査を指示するべき」など事件の早期解決を望む声が寄せられている。 

 また、「両親の気持ちを考えると涙が出てくる」「誰かの大切な息子なのに。ちゃんとルールを守っていれば彼は死なずに済んだ」など犠牲者の両親を気遣う声や、「軍隊に行きたくない」と不安がる声も。 

 その他「引率者の責任だ。早く帰りたい一心で規制を無視し、一番近い道を選んだのだろう」「北朝鮮が怪しい」などと推測する声や、「大統領が代わっても軍人が無駄死にする現状は変わらない。これが国か?」と批判する声もみられた。

http://www.recordchina.co.jp/b191826-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【シュール過ぎるwwwww】乱射防止のため、銃口を固定して射撃訓練とかwwwwwwwwwwwww

銃器を固定しての射撃訓練になんの意味が?


予備兵による銃器乱射事件を受け、バ韓国の予備役訓練場では銃口を回せないように固定したうえでの射撃訓練を実施していました。

いやぁ、ホント馬鹿ですね。

こんな訓練になんの意味があるというのでしょうwwwwwwww


朝鮮戦争がいつ再開してもおかしくないというのにwwwwwwwwwww


もっとも朝鮮戦争再開した途端、兵士どもは1匹残らず逃げ出すだけなので武器があってもなくても問題ないんでしょうが。



-----------------------
銃口固定し射撃訓練 乱射事件で

 ソウル市内の軍施設で予備役の男が銃を乱射し、2人が死亡、2人が負傷した事件を受け、大田市にある予備役訓練場では銃口を回せないように固定し、射撃訓練を実施した。

 また、射撃を行う予備役1人につき教官1人を配置するなど、安全管理を強化した。

http://app.yonhapnews.co.kr/YNA/Basic/ArticleJapan/new_ArticlePhoto/YIBW_new_showArticlePhotoView.aspx?contents_id=PYH20150515099700882
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








自走砲の射撃訓練を行うバ韓国軍wwwww

自爆して除鮮が捗りそう


今にも自爆しそうでwktk


今にも誤射しそうなバ韓国軍


先日行われたバ韓国軍の訓練の模様。

今にも自爆しそうでヒヤヒヤものですねwwww


どうせなら朝鮮戦争での勇姿を見たいのであまり訓練しないでほしいものです。

訓練すればするほど自爆の可能性が高まるだけですからね。


-----------------------
射撃訓練をする兵士たち

 江原市鉄原郡の陣地で22日午前、第5砲兵旅団の兵士たちがK9、K55自走砲の射撃訓練を実施した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/04/23/2015042300842.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【祝! 日韓関係の悪化】竹島沖での射撃訓練を強行実施したバ韓国!

射撃訓練のお返しとして、ぜひ開戦を!


昨日、バ韓国軍が日本の領海内である竹島周辺で射撃訓練を実施したとのこと。

もちろん日本政府は事前に抗議していましたが、それを無視しての実施したようですね。



ホッ。



まずは一安心です。


この訓練の強行でますます日韓関係は悪化することでしょう。

韓国との関係悪化イコール日本の国力強化であり、日本国民にとっての幸せにつながります。





中途半端な悪化に留まるのではなく、さっさと開戦の火花を散らしたいものです。

きゃつらはどれだけ射撃訓練などしていても実戦ではなんの役にも立ちません。

訓練のお返しとして、日本軍が実弾を韓国本土で撃ちまくるべきでしょう。

それこそ日本側にとってはいい塩梅の実地訓練となりますね。




標的はただの害獣なので、良心の呵責を感じることなく引き金を引きまくれることでしょう。

当ブログの管理人もぜひ志願して、浄化活動に参加したいと思っています。



-----------------------
韓国、竹島沖で射撃訓練実施 「どんな干渉も考慮せず」

 韓国軍は20日午前、竹島周辺で射撃訓練を実施した。韓国国防省関係者が明らかにした。日本政府は事前に韓国政府に抗議し、訓練の中止を求めていた。実施に踏み切ったことで、日韓関係がさらに悪化する可能性がある。

 韓国は竹島周辺で定期的に防衛訓練をしており、5月30日にも実施。韓国国防省は今回も「通常の訓練の一環」としている。同省副報道官は20日の会見で「防衛のための軍事訓練の実施について、どんな要求や干渉も考慮の対象にならない。訓練は計画通り進行している」と述べた。

 また、韓国外交省当局者は「訓練は固有の領土である独島の周辺海域で行われるもので、日本政府の問題提起は一顧の価値もない。独島に対する日本のいかなる不当な主張や挑発に対しても、断固として対応していく」とコメントした。

 日本の海上保安庁によると、韓国側から「20日午前9時から午後5時の間に射撃訓練をする」との通報が11日にあった。訓練海域の一部が竹島沖の日本領海にかかっているため、日本政府が中止を求めていた。

http://www.asahi.com/articles/ASG6N3582G6NUHBI00D.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る