韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

小米

さすが朝鮮脳www バ韓国で中国製家電が大ブームに!!

中国の家電を買いあさるバ韓国塵www



現在、バ韓国塵どもは自国メーカーの家電よりも、中国製の家電を買うことが多くなっているようです。


その理由は、価格!


どんなに故障しやすくとも、バ韓国メーカーの半額以下で売られているので購入しているとのこと。



その結果、サムスンやLGのシェアがどんどん落ちているようです。


海外でもバ韓国メーカー製品は嫌われ、自国でもソッポを向かれているだなんてwwwww



本当に朝鮮ヒトモドキって後先を考えられない下等生物なんですねぇ。


-----------------------
サムスン・LGの「牙城」韓国家電業界で中国シャオミ製品が大ブーム

 ソウル市に住む30代の会社員Iさんは先月、中国のスマートフォン大手、小米(シャオミ)の空気清浄機「Miエアプロ」を海外通販で購入した。中国製品は信頼度が低いという懸念もあったが、韓国ブランドに比べ価格が5分の1というコストパフォーマンスを信じ、小米製品の購入を決めた。Iさんは「アフターサービスの面で難があるが、故障してもう一つ買うとしてもお得だ。安価でデザインも優れており、周囲では小米製品を買ったという人が多い」と話した。

 サムスン電子、LG電子の牙城だった韓国家電業界に中国・小米が旋風を巻き起こしている。小米は2010年に中国で創業したIT業者だ。創業10年目の小米はサムスンやLGの半額にも満たない価格でデザインや性能が優れた空気清浄機、ロボット掃除機などさまざまな分野に事業を拡大している。4-5年前に小米の補助バッテリーが人気を集めた際は一時的なブームに終わるとの見方が多かったが、最近はサムスン、LGの社員からも「小米のコスパが恐ろしい」との声が漏れる。

■半額以下の価格、韓国製品の80%の性能で勝負

 既に流通業界は「小米ブーム」を実感している。電子商取引(EC)サービスのオークション、Gマーケットを運営するイーベイコリアによると、小米のロボット掃除機、空気清浄機の売り上げが昨年は前年比で53%、14%増加したという。韓国の通販業者ダナワでも販売量、問い合わせ件数を総合した家電カテゴリーごとの人気順位で3位以内に入っている。ポータルサイトに開設された小米ユーザーの掲示板には40万人が登録している。中国の小米本社は韓国国内での売り上げを公表するのは難しいが、スマートフォンは全製品群を投入していないにもかかわらず、既に5大ブランドに入ったとし、「韓国市場には大きな可能性があると考えている」と説明した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/02/01/2019020180144.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【サムスン涙目www】バ韓国市場で人気の中国製スマホ! 外国製スマホの販売数は前年比111パーセント増!!!!!!!!

中国製スマホがバ韓国で人気のようです



バ韓国市場に進出した中国製スマホですが、これがまたなかなか好調なようです。


バ韓国・サムスン電子のスマホが96万ウォンなのに対し、中国・小米のスマホは20万ウォンと低価格なのが強みのようですね。


いやぁ、ただでさえサムスン電子の経常利益がガタ落ちとなっているここにきて、中国製スマホの躍進は更なるトドメを刺してくれることでしょう。



もっとも、バ韓国製も中国製も似たりよったりなので先進諸国で受け入れられることは今後もないでしょうが……。



それにしても、バ韓国スマホメーカーの販売は前年比11パーセント増なのに対し、中国を始めとした外国製スマホは前年比111パーセント増とはかなり大差がつきましたね。


ま、バ韓国塵どもの愛国心なんざこの程度なんでしょうねぇ。




-----------------------
中国スマホが韓国で高い評価を受けるのはナゼ?=韓国華字メディア

 韓国メディアの亜洲経済(華字版)は8日、韓国のスマートフォンメーカー(スマホ)市場に参入した中国のスマホメーカー小米(シャオミ)が韓国の消費者から高い評価を得ていると伝えた。

 記事は、携帯電話の購入に対して支払われていた高すぎる補助金を規制する法案が1日から韓国で施行されたことを紹介。これまでは消費者の年齢や居住地域、職業、契約内容に応じて消費者に補助金が支払われていたが、規制によって同じ携帯電話本体を購入する場合の金額は消費者一律で同額になったと伝えた。

 続けて、規制法案の施行によって韓国の消費者はコストパフォーマンスの高い中国製スマホに流れつつあるとし、韓国のネット通販サイトで20万-30万ウォン(約2万-3万円)という価格で販売されている中国製スマホに注目が集まっていることを紹介した。

 また、サムスンのGalaxy Note4が95万7000ウォン(約9万6300円)であるのに対し、中国での販売台数が計1800万台に達するシャオミの「MI3」は33万672ウォン(約3万3200円)という低価格だと指摘した。

 さらに記事は、ネット通販サイトの関係者の発言として、補助金の規制法案の施行以来、中国製スマホに対する消費者の関心が高まっていると伝えたほか、今年に入って以来、韓国メーカーのスマホ販売は前年比11%増にとどまっている一方、中国を始めとする国外メーカーの販売は同111%増と猛烈な勢いで伸びていると紹介した。

http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/sech-20141012-20141012_00003/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【開いた肛門が塞がらずウ●コだだ漏れ】韓国メディア「小米(中国のスマホメーカー)はiPhoneのパクリで伸し上がったニダ!」

小米のスマホwwww




バ韓国のメディアが中国の「小米」というスマホメーカーを取材した時のお話です。


取材相手の対外部責任者に対して、


小米はiPhoneをパクったことで国内のリーディングカンパニーになったニダ


と発言したんだそうです。




えっ?


え、エえっ?




どのクチがそんなことヌかしているんですかね。

ああ、あのキムチと糞尿臭いクチですか。



言われたほうも激怒したようですが、どっちもどっちの話ですね。





-----------------------
「iPhoneのパクリで伸し上がった」と言われて激怒! 中国スマホメーカー責任者が韓国メディアの取材で=韓国華字メディア

 韓国メディア・東亜日報の中国語版は9月27日、中国で急成長する電子製品メーカー・小米(シャオミ)の本社で担当者に「小米はiPhoneをパクッて伸し上がった」との話をしたところ、担当者が怒りながら否定したと報じた。

 記事は、9月15日に北京市にある小米本社で同社の対外部責任者に対して取材を実施、「iPhoneをパクったことで国内のリーディングカンパニーになった」との見方に対して責任者が激しく怒ったとした。そして「それは完全に誤解。われわれの製品は熱心な小米ファンの意見をもとに創作したものだ」と語ったことを伝えた。

 責任者は「小米は中国本土で成長した。中国人の操作経験をベースにしたものだ。2010年にOSの『MIUI』を開発してから多くのユーザーの意見を反映させて改善を重ね、1年後に携帯電話を発表した。」と説明した。

 さらに「まず、小米は中国消費者ならではの特性や体験を製品に反映させている」とし、その例として「録音中に着信があっても録音を中断しない機能」を挙げた。また、米国進出すればアップルから権利侵害の訴えを起こされるとの見方に対して「今のところ米国進出の計画はない。しかし、どんな国であっても訴訟に対する防御の準備はする」と語り、内部に訴訟専門担当部門があることを紹介した。

 責任者はこのほか「パクリの問題は品質保証にかかわるうえ、小米のイメージに傷を与える」と語った。小米も、パクリによる悪影響を被っているというのだ。

http://news.searchina.net/id/1545044?page=1
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【サムスンの凋落】米国で輸入販売禁止になり、中国でもシェアを奪われ続ける事態に!!

小米のスマホ


中国のスマホメーカーである小米が好調のようです。
低価格でありながら、糞サムスンとほぼ同程度の機能を有しているようで今後シェアの拡大が確実視されています。

ま、あくまでも中国国内だけのお話ですがね。


サムスンにとって、米国と中国は命綱とも言える大事な市場。

しかし、アメリカでは特許侵害による輸入販売禁止措置が取られ、中国では中国製スマホにシェアを奪われるといった具合で八方塞がりの様相を呈しています。


韓国経済の要であるサムスンが凋落していく様子をリアルタイムで楽しもうではありませんか。


-----------------------
“中国のジョブズ”“中国のアップル”が仕掛けるスマホ下克上、怯える「サムスン」…最後は“中韓共食い”の見方も

 スマートフォン(高機能携帯電話)業界で、中国の小米(シャオミ)が旋風を巻き起こしている。設立4年目の新興企業だが、独特の営業スタイルと、「中国のジョブズ」とも呼ばれる雷軍最高経営責任者(CEO)のカリスマ性でユーザーが急増。中国のスマホ市場でトップの韓国サムスン電子にとっては強敵の出現だが、「小米もサムスンも独創性に欠け、二番せんじのビジネススタイル」(関係者)との冷めた声も。業界の勢力地図は塗り変わるのか。それとも中韓の共食いで終わるのか…。

 小米の正式社名は「北京小米科技」。2010年4月創業と新興のスマホメーカーだが、今年の年間売上高見通しは300億元(約4800億円)に達するほど急成長を遂げている。
 米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、昨年のスマホ販売台数は約700万台、今年は目標を2千万台に設定。9月に発表した新製品「Mi3」の価格は1999元(約3万2千円)と米アップルの人気スマホ「iPhone」の廉価版「5C」のほぼ半額という。

 小米が急成長している要因のひとつは、この価格設定だ。低価格だが、機能はサムスン電子など業界大手のスマホと肩を並べ、ハイスペックを維持。「低価格」と「高機能」を両立できたのは「独特の販売手法によるところが大きいのでは…」と日本の業界関係者は推測する。

(中略)

 現在、中国市場では韓国サムスン電子がシェア17%前後(4~6月)でトップを誇る。小米は10位に食い込んだとはいえ、シェアは2%超とサムスンとの差は歴然だ。しかし、日本の電機メーカー関係者は「中国の消費者は国策もあって中国企業の商品を使う傾向がある。小米は中国においては強くなるだろう。サムスンにとっても必ず脅威になる」と分析する。

 右肩上がりで成長する小米に対し、スマホ市場で圧倒的な強さをみせていたサムスンの勢いに陰りが出ている。サムスンの4~6月連結業績は過去最高を更新したものの、営業利益の約3分2を稼ぎ出す携帯端末部門が前期比3・5%減と失速している。

 また、米アップルとの特許訴訟合戦の先行きが不透明感を増しており、10月8日には米通商代表部(USTR)がサムスンの一部製品の米国への輸入と販売の禁止に対して拒否権を発動しないと発表。中国と並び一大市場である米国でUSTRがサムスン輸入禁止を支持したことは、サムスンにとって大きな痛手だ。

「主力のスマホ事業で逆風が吹き始めたサムスンにとって、小米の躍進は気になるところでしょう」(関係者)。今年は2千万台を販売目標に掲げているといわれる小米だが、一説には3千万台に達するとの予測もある。業界内では「あと1年もすれば、間違いなくサムスンを脅かす存在になる」との意見も。

しかし、その一方で「中国のアップル」「中国のジョブズ」ともてはやされても、「製品も販売手法も過去にあったもので二番せんじ。中国企業は他社と似たようなものを作るのは得意でも、新しい物を生み出せるのか」と電機メーカー関係者は懐疑的である。小米に米アップルのようなライフスタイルを変えてしまうような新商品を出せるとは思えないというわけだ。

 浮き沈みの激しい携帯電話業界で、小米は今後も成長を続けることができるのか。「数年後には企業そのものがなくなっているのでは…」。業界の一部からはそんな厳しい声も聞こえてくる。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/131015/wec13101507010000-n1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る