韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

少子化

バ韓国の8月の出生率、前年比9.3パーセントもダウン!!!!!!!!!!

バ韓国塵の絶滅は時間の問題


少子化が加速しているバ韓国ですが、今年8月の出生率は前年比9.3パーセントも減っていました!


この調子で行けば、年間出生数は30万匹を下回るとのこと。


2016年が40万匹。

2017年が35万匹。

そして、

2018年は30万匹!!!!


晩婚化が進み、既婚者も稼ぎが少ないので子供を産まない……。

そんな素晴らしい負の連鎖が行われているからです。


高齢化による死者の数も増えているので、屑チョンの棲息数は減るばかりwwww



とにかくバ韓国と真逆を行くのが人類の正義です。

我々日本人としては、少子化を解決して更なる発展を目指したいものです。


-----------------------
韓国、8月の出生数が前年比9.3%減…年間30万人割れも?

 韓国で今年8月に生まれた子どもの数は1年前に比べて9.3%少なかったことが分かった。世宗市(セジョンシ)など一部の地域を除いたすべての市・道で出生児が減少している。 

 韓国統計庁が24日に発表した8月の人口動向によると、今年8月の出生数は2万7300人と、前年同月比で9.3%減った。月別出生数は2014年8月の3万6500人から今年8月には3万人を下回り、今後も減少する傾向だ。 

 2018年1月-8月の出生数累計は22万6000人。9-12月の間に7万4000人以上が生まれなければ「年間出生児30万人」割れとなる。 

 2016年に40万6200人だった年間出生児は2017年に35万7800人に減った。 

 保健社会研究院のイ・サンリム研究委員は「月別基準の出生数の前年比減少幅は7-8%台が一般的だが、その幅がしだいに拡大しているようだ」とし「前月比で減少幅が拡大したのはよくない信号」と説明した。 

 出生数が減少した背景は大きく3つある。 

 1つ目は妊娠適齢期の女性の減少だ。統計庁によると、主な妊娠適齢期29-35歳の女性の人口は2016年の246万人から昨年は235万人に減少した。 

 2つ目は婚姻件数の減少が挙げられる。2012年に32万件を超えていた婚姻件数は昨年26万4500件まで減った。今年1-8月の累積婚姻件数は17万1800件と、前年同期比2.9%減少した。 

 一方、高齢化により死亡者の数は増加傾向にある。昨年の死亡数は28万5600人と、前年(28万800人)より1.7%増えた。今年8月の死亡数は2万3900人と、前年同月比4.8%増加した。今年1-8月の累積死亡数は20万人で前年同期比7%増。 

 3つ目は既婚者までが出産を避ける傾向だ。仕事と家庭の両立が難しいため出産をあきらめたり先に延ばしたりする女性が多いということだ。イ研究委員は「妊娠適齢期の女性自体が減少し、婚姻と既婚者の出産までが減っているため、出生数の減少はしばらく続くだろう」と話した。 

https://japanese.joins.com/article/423/246423.html?servcode=400&sectcode=400&cloc=jp|main|breakingnews
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【少子化と海外逃亡www】バ韓国の大学の数が今後10年で半数に!!

バ韓国の大学が今後消えていく


バ韓国では、今後10年間で半数の大学が消えてなくなると見られているようです。


ただでさえ子供の数が減っているのに、海外に逃げ出す学生も増えているバ韓国。


このままでは経営が立ち行かなくなる大学が続出するのは当然でしょうね。



そもそも、バ韓国では大学を出たとしてもコンビニのレジ打ちになるのが関の山です。


そんなコンビニすらどんどん廃業しているので、大学に行く意味なんて皆無なのでは?




バ韓国塵の生息数が減るのは大歓迎ですが、

海外に逃げ出す屑チョンどもをなんとかしないと問題は解決しません。



とりあえずはバ韓国塵の住みにくい社会の構築を目指し、

この日本に近寄らないようにさせるのが喫緊の課題でしょう。



-----------------------
韓国、今後10年で半数の大学が閉校?―韓国メディア

 2018年9月3日、環球網は韓国メディアの報道を引用し、韓国で学生数の現象に伴い今後半数の大学が閉鎖の危機に直面するとが報じた。 

 韓国政府が先月発表したデータによると、今年、韓国の大学に入学した学生43万8000人を基準とすると、2021年には5万6000人減少するという。コリア・タイムスは2日、21年に大学に入学する学生の数は43万人足らずに、23年には40万人足らずになり、向こう10年で半数の大学が閉鎖の危機に立たされる見込みであると報じた。KBSテレビによると、韓国では2000年以降ですでに16校の大学が閉鎖されているとのことだ。 

 ソウル大学の人口学専門教授は「韓国で最初の『低出生率世代』は2002年生まれで、現在高校1年生だ。このため、2021年から大学は学生のリソース数が明らかに減少し始める。急な学生数の減少は学校全体の収入に影響し、財務上の困難を引き起こす」との認識を示した。 

 記事によると、韓国教育部は大学の閉鎖に伴う教職員の失業や設備の放置などの問題について対策を協議し始めているという。また、同部と韓国教育開発院は先日「2018年大学基本能力診断結果」を発表し、大学に存在する経営問題を明らかにした。 

 梨花女子大の教授はコリア・タイムスに寄稿した文書の中で「現在韓国政府は、韓国人学生を国内に引き止め大学に入ってもらうための奨励策を多く出すとともに、宣伝を強化して外国人学生を多く呼び込むことで穴埋めを行うという2つの方面から取り組まなければならない」と指摘している。

https://www.recordchina.co.jp/b640460-s0-c30-d0135.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【少子化が止まらないニダ!!】バ韓国メディア「正常な国で起こるべき現象ではないニダ!」

この世に良い韓国塵なんて存在しません


年々出生率が下がり続けているバ韓国。

今年度の合計特殊出生率はついに1以下となり、0.9という数値を叩き出す見込みなんだとか!!


バ韓国のメディアは、


「正常な国で起こるべき現象ではないニダ!」


と指摘しているようですが……。



バ韓国が、異常な国であるという自覚が足りないようですねwwww




種として滅びたがっているんですから、無駄な抵抗はしないでほしいものです。


我々人類としてはそのお手伝いを粛々と行いっていくべきでしょう。


視界に入った屑チョンどもを問答無用でぶっロコせる……。

そんな社会を一刻も早く実現したいものです。




-----------------------
韓国で「正常な国で起こるべきではない」現象、人口問題が大変なことに

 2018年9月4日、環球時報は、韓国の今年の合計特殊出生率(1人の女性が一生に産む子どもの平均数)が0.9まで落ち込む可能性があることを報じた。 

 記事によると、この予測は韓国の専門家が示したもので、韓国メディアからは「正常な国で起こるべき現象ではない」との指摘が上がったという。 

 この問題を報じた韓国・朝鮮日報は「第2次世界大戦終結後に一定規模以上の国で1を割ったのは2例だけ」と説明。「2001年以降、韓国はずっと『超低出生率』国家に属している」とした上で、「仕事」「家」「教育」を韓国人が子どもを産みたがらない3大要因として挙げているという。 

 記事によると、今年4月の韓国の若者(20~29歳)の失業率は10.7%。「仕事がないから収入がない。つまり、家を買ったり結婚するお金がないということ。結婚しないのにどうして子どもなんて…」となり、仕事を見つけて結婚した人も高額な教育費を負担に感じて出産を諦めることがあるという。

https://www.recordchina.co.jp/b640802-s0-c30-d0063.html
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【自殺中の国家wwww】超スピードで高齢化が進むバ韓国!!

物凄い速度で高齢化が進むバ韓国


バ韓国の高齢社会化が著しく進んでいるようです。

65歳以上の老害の数は全体の14.2パーセントを占めているとのこと。


この日本より遥かに早いスピードで高齢化が進んでいるのです!!


少子化と高齢化社会は日本でも問題になっていますが、

この調子でいけば朝鮮ヒトモドキの種が絶えるほうが速そうですねwwww



高齢者の犯罪もますます増えていくでしょうから、

バ韓国のこれからが実に楽しみです。




-----------------------
韓国が「高齢社会」突入、日本より7年速いスピードで

 韓国統計庁が27日に発表した2017年の人口関連の統計で、韓国の生産年齢人口(15-64歳)が昨年、初めて減少したことが分かった。また、総人口のうち65歳以上の高齢者の割合が14%を超え、「高齢社会」に突入した。さらに、全世帯のうち3分の1が一人暮らしの世帯であることが分かった。

 今回の調査は、調査員が各世帯を訪問するのではなく、既存の住民登録簿や建築物台帳などの行政資料を利用して人口を推算した。

 昨年11月1日現在で、韓国の総人口は前年(5127万人)より約15万人増の5142万人だった。生産年齢人口は昨年(3631万2000人)より11万6000人減(-0.3%)の3619万6000人だった。

 65歳以上の人口は711万500人で全人口の14.2%を占め、年少(0-14歳)人口より48万4000人多かった。国連は65歳以上の人口の割合によって、「高齢化社会」(7%以上)、「高齢社会」(14%以上)、「超高齢社会」(20%以上)と定義している。この定義によると、韓国は2000年に「高齢化社会」に入り、それから17年で「高齢社会」に突入した。日本は高齢化社会(1970年)から高齢社会(1994年)に移行するのに24年かかっている。韓国の100歳以上の人口は3908人で、昨年より12.1%増えた。

 3軒に1軒は単身世帯であることも分かった。単身世帯の数が増え、韓国国内の世帯数は初めて2000万世帯を突破して2016万8000世帯となった。

 地域別に見ると、人口の約半数(2551万9000人)は首都圏に居住していることが分かった。特に京畿道の人口は18万人増えて1285万2000人となった。ソウルの人口は6万4000人減の974万2000人だった。

 韓国に居住する外国人は昨年より6万5000人(4.5%)増えて147万9000人となった。これは総人口の2.9%に当たる。韓国系中国人(朝鮮族)が49万8000人(33.6%)で最も多く、次いで中国人(21万2000人、14.3%)、ベトナム人(14万8000人、10.0%)の順だった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/08/27/2018082703431.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る