韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

少子高齢化

前代未聞!!!! OECD加盟国の中で初めて出生率が1未満になったバ韓国wwww

バ韓国の出生率低下は前代未聞


バ韓国の昨年の出生率は、0.98匹!

これはバ韓国史上最低の数値とのことwwww


さらに!

出生率が1未満になったのは、OECD加盟国の中でバ韓国が初めてのようです。



この前代未聞の出生率の低下で、バ韓国の少子高齢化にますます拍車がかかることになります。


日本の大きなミスによって21世紀の現在まで生きながらえてしまった朝鮮ヒトモドキ。

その間違いが自然の摂理によって正されようとしているわけです。



何がなんでも我々の目の黒いうちに、屑チョンどもの絶滅を実現させましょう!


-----------------------
韓国、出産率世界最低…「類例を見つけにくい」

 韓国の合計特殊出生率が史上初めて0人台に落ちた。合計特殊出生率は一人の女性が妊娠可能な期間(15~49歳)に産むと予想される子どもの数を意味する。 

 統計庁が27日に発表した「2018年出生・死亡統計暫定結果」によると、昨年の出生数は前年(35万7800人)よりも8.6%減となる32万6900人と集計された。これは統計を作成し始めた1981年以降、歴代最低値だ。 

 昨年合計特殊出生率は0.98人で歴代最低だった前年(1.05人)を下回った。現在の人口水準を維持するには合計特殊出生率が2.1人でなければならない。「0人台出産率」は世界的にも類例を見つけにくい。統計庁のキム・ジン人口動向課長は「経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち、合計特殊出生率が1未満に落ちたところはなかった」と話した。 

 このような少子化の原因は複合的だ。まず20~30代序盤人口そのものが減った。加えて青年の婚姻年齢がますます遅れている。就職ができず、住居費負担などで結婚そのものを回避している。結婚しても出産を先送するか子供を産まない夫婦が多くなっているのも主な原因だ。 

 これに伴い、韓国の人口減少時点も早まる展望だ。カン・シヌク統計庁長は、最近中央日報とのインタビューで「少子高齢化が予測よりも早く進行していて、韓国の総人口減少時点が前倒しになるかもしれない」とし「急激な人口構造の変化によって雇用・福祉・年金・教育・住宅など主要政策に波及効果が大きいものと予想される」と話した。

https://japanese.joins.com/article/694/250694.html?servcode=400&sectcode=400
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国「少子化問題解決のため、日本の真似して責任長官を任命するべきニダ!!」

世にも醜い屑チョンの糞餓鬼ども


バ韓国でもこの日本同様に少子化が問題になっているようです。

ま、同じ少子化でも屑チョンどもは「滅ぶべき種」なので、きゃつらのそれは自然の摂理なんですがねwww


そんな少子化を受け、バ韓国では、

日本の安倍首相のように、少子化問題に取り組む長官を任命すべきニダ!

という声が上がっているとのこと。



ったく、本当にヒト真似が好きな屑どもですね。

色々と少子化対策に無駄金を投じているようですが、あの低脳どもがガイアの意思に逆らえるわけがありません。

さっさと諦めて、国民総自決でもしてもらいたいものです。



-----------------------
「韓国も日本のように『低出産担当長官』任命を」

 安倍首相が最近、人口減少問題に対応するために新設した「1億総活躍担当相」のように、韓国政府も少子高齢化問題を担当する「責任長官」を任命するべきだという主張が出てきた。企画財政部、雇用労働部、保健福祉部、女性家族部など複数の部処が少子高齢化対策の準備に参加し、政策の「選択と集中」が見られないという理由からだ。 

「第3次低出産・高齢社会基本計画」の福祉政策は大規模な政府支出を前提にしているが、予算など財源調達方法は具体的に明示されず実効性が疑われるという指摘も提起された。 

 カン・ヘリョン梨花女子大経営学科教授は19日に開かれた「第3次低出産・高齢社会基本計画公聴会」で、「安倍首相が側近の閣僚を1億総活躍担当相に任命し、50年後にも人口1億人を維持すると明らかにしたのは非常に象徴的」とし「韓国政府も少子化問題を解決する意志が本当にあるのなら、『低出産担当長官』を設けなければいけない」と述べた。 

 この日の公聴会は大統領直属の低出産高齢社会委員会(以下、委員会)が前日に「第3次低出産・高齢社会基本計画」を発表した後、各界の意見を聴くために準備された。 

 カン教授は経済社会発展労使政委員会内の「仕事・家庭両立のための職場委員会」委員長を2013年8月から今年6月まで務めた経験を例に挙げ、「雇用部、企画財政部、福祉部、女性家族部など政府部処がそれぞれ主張するポイントが違うため、この数年間、少子化問題に財政を投入したものの、実効性は得られなかった」と指摘した。 

 また「1994年に『エンゼルプラン』という少子化対策を施行して以来5年ごとに明確なアジェンダ(政策目標)を提示した日本のように、韓国政府も選択と集中を明確にする必要がある」と強調した。 

 委員会が公開した基本計画に具体的な財源調達案がないため実効性が疑われるという懸念も出てきた。キム・ウォンシク建国大経済学科教授は「福祉政策は事実上支出を前提とし、多くの福祉政策が列挙されているが、予算や調達方法についてはほとんど言及がない」とし「より体系的で予算調達が可能な福祉政策にならなければ深刻な『高齢化MERS』に苦しむことになるだろう」と述べた。現在施行中の「出産クレジット」制度が財政負担の大きい代表的な福祉政策に挙げられた。出産クレジットは第2子以上の子どもを出産した国民年金加入者に12カ月以上の年金加入期間を追加する制度。 

 キム教授は「出産クレジットのために2083年までに毎年平均3兆ウォン(約3200億円)の予算を政府が負担しなければならず、負債が膨らむが、政府がこれをまた拡大しようとしている」とし「現在ある制度から整備し、新しい制度の導入を検討しなければいけない状況」と指摘した。キム教授は基本計画に含まれた高齢親和観光産業・高齢親和食品産業など「高齢親和産業」育成案についても「政府の大きな支援があってこそきちんと育成される」とし「場合によっては投資しても赤字が出る可能性が高い」と分析した。 

http://japanese.joins.com/article/224/207224.html?servcode=400&sectcode=400
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る